不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

宅建おすすめ専門学校10選!費用・合格率・教材の質などをメリット・デメリット比較して解説!

みなさん高校時代や浪人で予備校に通った経験はありますか?大学受験同様、資格試験もたくさんの予備校=専門学校が存在します。

毎年20万人もが受験する宅建試験(宅地建物取引士試験)も、多数の専門学校がその充実度を競い、なかには「宅建専門」というところもあります。

では、いったいどんな点を基準に専門学校を選んだらよいのでしょう?

この記事では、宅建勉強におすすめの専門学校の具体的な選び方を解説します。試験準備のお供を選ぶ参考にしてください!

この記事を読むと分かること
  1. 宅建講座の分類「通学」と「通信」
  2. 宅建の専門学校の選び方
  3. 宅建勉強におすすめの専門学校比較・10選

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.宅建専門学校を利用するメリット

1.宅建専門学校を利用するメリット

「独学で宅建とった!」という人も中にはありますが、ほとんどの人が専門学校を利用して、試験準備をしています。

以下のその理由を解説しますが、独学との違いとしては、教材に対するトータルなフォローと、教材に連動した独自の答練や課題があり、あるレールに乗って勉強が進められる点だといえるでしょう。

2.宅建講座は「通学」と「通信」2種類

 

2.宅建講座は「通学」と「通信」2種類日本には「宅建試験の勉強」ができる専門学校が数多くあり、色々な特徴を持った学校がありますが、まずそのコースが大きく「通学」と「通信」に分かれるのは共通しています。

今回はその中で、代表的な10社を比較しますが、まず「通学」と「通信」ではどんな違いがあるのでしょう?

まず簡単に表にすると以下です。

通学 通信
メリット 教室に行くことで確実に勉強時間を確保できる

勉強仲間が出来るのでモチベーションが保てる

時間と場所に制約なく自分のペースで勉強できる

通学に比べ費用が比較的安い

デメリット 学校への通学時間がかかる

費用が高めになる

 

モチベーション管理が難しい

独学よりは費用は高め

3.通学のメリット・デメリット【宅建の専門学校】

3.通学のメリット・デメリット【宅建の専門学校】

3-1.通学のメリット

  1. スケジュールを決められる:通学ですとカリキュラムに従い、必ず学校へ行く時間がスケジュール化されます。教室に行けばそこでは確実に勉強をすることになります。(居眠りしていたらダメですが)
  2. 勉強仲間:同じ志の、年齢を超えた勉強仲間が出来るので、モチベーションを保ちやすくなります。たとえお互い話はしなくとも意識している関係なんかもありますよね。

そして通信でも課題は出ますが、通学の課題は生身の職員に向けて提出するので、いくらかプレッシャーが高く「遅れられない!」という意識になります。

その他、分からない点について直接すぐ質問が可能だという点も挙げられるでしょう。

3-2.通学のデメリット

  1. 通学時間:たとえば最寄りの行きたい専門学校が遠い場合、往復の通学時間の分勉強していた方がいい、という判断もあるかもしれません。電車なら車内でも勉強可能ですが、車ならそうも行きません。
  2. 費用が高い:教室等の設備を準備し、授業の講師・事務方のスタッフが常駐するわけですから費用はお高めになります。

4.通信のメリット・デメリット【宅建の専門学校】

4.通信のメリット・デメリット【宅建の専門学校】

4-1.通信のメリット

  1. 自分のペースで勉強:時間と場所に制約なく、自分のペースで勉強できます。やりたければ細切れですき間時間を使うことも、自宅学習ならではのメリットと言えるでしょう。
  2. 費用が安い:コストは教材の開発制作・教材や課題の発送がメインですから、利用する費用は通学に比較すれば安くなります。

4-2.通信のデメリット

  1. モチベーション頼り:課題の提出はあるものの、勉強を進めるかどうかはすべて自分のモチベーション次第となります。スケジュールを決めてストイックに守る習慣をつけ、時には週末をまとまった勉強時間に充てるなどの「強い意志と計画性」が求められます。
  2. 独学よりは高額:通信講座は課題添削や模試採点などがあり、独学するよりは費用はかかることになります。もちろんその分のメリットはあります。

5.宅建専門学校の選び方【5つの基準】

5.宅建の専門学校の選び方【5つの基準】

おすすめの専門学校は? その話をする前に、学校選びの基準=なにで選んだらよいかという要素を説明します。

5-1.合格率

本当にその合格率で学ぶ価値があるかは、その学校から何人受けて何人受かったかの「合格率」が1番分かりやすい指標になります。

合格率未発表で合格者数のみ分かるケースもあります。学校の規模が大きければ合格者数の絶対数は増えますが、その年の全合格者数の1割前後という、日建学院のような大規模校もあります。

5-2.教材の質

テキストの種類=活字だけでなく音声、動画、配信方法など利用者に寄添った方法が充実しているかです。

また、解説する講師に実績はあるか?分からない場合に質問できるサポート体制はあるか等も重要な要素となります。

5-3.受講しやすさ

教材がスマホなどで利用でき、電車の待ち時間などのスキマ時間を勉強にあてることができるかどうかです。

教材がCDやDVDの場合、プレイヤーも必要になるなど外出先で気軽に利用ができません。

5-4.費用

授業料はトータルでいくらか、割引はあるか、分割払いは可能か等の要素です。割引きは同じ学校からの不合格再チャレンジ割引他があります。

5-5.運営会社の信頼性

会社が大きければ質がいい、とは一概にはいい切れませんが、会社の信頼度が高ければ受講者数も多く、データ収集や教材開発に有利となっていきます。

いい先生も集めやすいでしょう。上場の有無、資本金、運営年数などを確認します。

6.宅建勉強におすすめの専門学校

6.宅建勉強におすすめの専門学校

おすすめの専門学校をそれぞれの特徴と、上記の要素でご紹介します。自分に合った学校を探す目線でご覧ください。

※項目によっては未記入=未発表のものもあります。

①資格の学校TAC

最小の努力で最大の効果を発揮:戦略的なカリキュラムで講師の質が高く、合格実績も優秀です。

URL https://www.tac-school.co.jp/kouza_takken.html
合格率(合格者数) 独自算出1,255名・報告300名以上(2019年)
教材の質 活字テキスト・DVD・音声ダウンロード
受講しやすさ 音声ダウンロード対応
費用 総合本科生S・初学者向け:149,000円
総本科生SPlus・初学者向け:166,000円
実力完成本科生・学習経験者:100,000円
答練本科生・学習経験者:90,000円
運営会社の信頼性 東証1部・資本金9億4,020万円・創業1980年

②資格の大原(社会人講座)

「本気になったら」のTV-CMなどで知名度は抜群です。全国各地に校舎があり、利用できる自習室など学習環境も万全です。

URL https://www.o-hara.jp/course/takken
合格率(合格者数) 宅建士は非公表
教材の質 スマホ専用アプリ「トレーニング問題集」
受講しやすさ 振替出席や転校あり。講義動画「合格Webアプリ」
費用 週2コース・入門 初学者(1月入学):172,100円
週1コース・入門 初学者(1月入学):142,500円
週2コース 全員(4月入学):149,700円
週1コース 全員(3月入学):122,200円
速修合格コース 全員(5月入学):122,200円
運営会社の信頼性 非上場・資本金1,238億円・創業1957年

③LEC東京リーガルマインド

売りは何といっても75.1%という高い合格率です。通常は15%~17%なので驚異的。予想問題の的中率も高く宅建を良く知る学校です。他の法律系講座も充実。

URL https://www.lec-jp.com/takken/
合格率(合格者数) 75.1%(2019年)
教材の質 レベルに合わせ、ポイントを絞った教材選びが可能。
受講しやすさ 書籍・Web・DVD全対応
費用 プレミアム合格 初学者:181,500円
パーフェクト合格 初学者:148,500円
再チャレンジ+スーパー 学習経験者:176,000円
シンプル&ミニマム 学習経験者:170,500円
運営会社の信頼性 非上場・資本金9000万円・創業1979年

④総合資格学院

合格に近づく学習サイクル:「インタ・ライブ講義」による対面指導で講義内容を確実に理解し、知識が得点に結びつくまでアウトプットを繰り返すことで合格を目指します

URL https://www.shikaku.co.jp/takken/kouza/sougou/index.html
合格率(合格者数) 宅建士非公表
教材の質 必勝合格宅建士テキスト(市販あり・DVD付録)
受講しやすさ 外出先でも可能
費用 セット割引・特別受講料:290,000円+税
運営会社の信頼性 非上場・資本金1億円・創業1980年

⑤資格スクール大栄

自分の弱点に合わせてオーダーメイドで作られる問題集「For You 答練システム」が特徴。コロナ禍による本試験延期・中止対応サポートあり。

URL https://www.daiei-ed.co.jp/takken/
合格率(合格者数) 非公表
教材の質 「For You 答練システム」・プロの専門講師にオンラインで質問・相談できるサービス「LOCS」
受講しやすさ 気軽に質問可能
費用 宅建士ForYou合格完成コース:209,110円
運営会社の信頼性 非上場・資本金1億円・創業1995年

⑥日建学院

無理なく続けられる1週間ごとの学習サイクル:学費は高額ですが充実のサポート

URL https://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/
合格率(合格者数) 66.1% 3,747名(2019年)
教材の質 講師に宮嵜晋矢先生(宅建みやざき塾) 民法改正専用テキスト。
受講しやすさ Web講座あり
費用 スーパー本科コース 全員:280,000円
本科コース 全員:230,000円
短期集中コース 全員:180,000円
直前対策コース 全員:120,000円
直前攻略コース 全員:50,000円
学生・2回目以降の割引あり
運営会社の信頼性 非上場・資本金1,000万円・創業1969年

⑦フォーサイト

通信講座専門。フルカラーテキストで見やすく、アプリ「道場破り」では自動で学習計画を立ててくれます

URL https://www.foresight.jp/takken/

https://www.foresight.jp/takken/courseGuide/material/04/

合格率(合格者数) 70.8%(2018年)
教材の質 使いやすいフルカラー・図解式テキスト 専任講師に窪田義幸先生
受講しやすさ 完全オリジナルのeラーニングシステム「道場破り®」で、パソコン・タブレット・スマートフォンにてどこでも受講可能
費用 不合格者全額返金制度付きコース:59,800円
運営会社の信頼性 非上場・資本金7,267万円・創業1993年

⑧スタディング

短期間で合格した人の勉強法を徹底的に研究:スキマ時間で学べるスマホビデオ講座が用意されていて、費用も安いです。

URL https://studying.jp/takken/
合格率(合格者数) 非公表
教材の質 ビデオ講座で効率的にインプット学習し、すぐに基本問題、過去問でアウトプット学習で知識定着。これらのすべてを、スマートフォンやタブレット、パソコンで行える通信講座。
受講しやすさ マルチデバイス対応・ビデオ・音声講座・Webテキスト
費用 18,500円+税(分割あり)
運営会社の信頼性 非上場・資本金766,100,000円・創業2010年

⑨スタケン

不動産会社オーナーズエージェント(賃貸オーナーサポート)が運営する通信講座。YouTubeで芸人が宅建情報を発信する「芸人宅建コント」など変わったコンテンツ=スタケンTVを配信しています

URL https://owners-age.com/star-takken/
合格率(合格者数) 非公開
教材の質 講師に田中謙次先生(Kenビジネススクール)
受講しやすさ オリジナル「宅建アプリ」
費用 19,800+税 法人割・学割あり
運営会社の信頼性 非上場・資本金1億円・創業2001年

⑩宅建学院

人気宅建受験本「らくらく宅建塾」を元テキストにしたDVD通信講座です。

URL https://www.takkengakuin.com/
合格率(合格者数) 非公表
教材の質 人気の宅建受験本「らくらく宅建塾」(宅建学院著)がテキスト。他多数のテキストを出版。
受講しやすさ DVD通信講座・本講義音声
費用 宅建超完璧講座  :115,500円(税込)
宅建完璧講座   :103,400円(税込)
宅建準完璧講座  :91,300円(税込)
宅建総まとめ講座 :29,700円(税込)
宅建公開模擬試験 :25,300円(税込)
運営会社の信頼性 非上場・創業1997年

この他、

  • 通学、通信への対応
  • 最寄に教室があるかどうか
  • 自習室利用の可否
  • 一般教育訓練給付制度による学費助成受給対象か

なども学校選びの基準になると思います。

私は日建学院の通学にお世話になりましたが、私の通った教室は割と年齢層が高かったのに、青春!ノリがあって、居眠りで怒られたり、みんなで休憩時間にしゃべったり、ちょっと学生時代を思い出すような懐かしい雰囲気がありましたよ!

7.「宅建 専門学校」のまとめ

宅建おすすめ専門学校10選!費用・合格率・教材の質などをメリット・デメリット比較して解説!

今回は「宅建 専門学校」というテーマで解説をしました。自分に合った専門学校選びの指針が分かっていただけたでしょうか?

 

「宅建 専門学校」 本記事のポイント
  • 宅建の専門学校はまず通学か通信を選ぶ
  • 宅建の専門学校の選び方
  • おすすめの専門学校10社の比較

宅建に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 宅建資格を取得して給料を上げたい!
  • 宅建資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に宅建がどれくらい役立つか分からない
  • 宅建を優遇している会社はどの位あるの?
  • 宅建がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る