不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

賃貸不動産経営管理士試験の難易度・偏差値は?必要な勉強時間も解説

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界の中でも注目を集めている資格が「賃貸不動産経営管理士」です。

民間の資格ですが、近いうちに国家資格になることが予定されています。受験者の数2015年(平成27年)試験では4,908名だったものが、2019年(令和元年)試験では23,605名と、4倍以上にもなっています。

こうした中、「どれくらい難しい試験なのか」「どれだけ勉強すれば合格できるのか」という点が気になる人も、意外といるのではないでしょうか。そこで今回は「賃貸不動産経営管理士」の難易度や、合格に必要な勉強時間について解説しました。

また国家資格化にともない、問題の難化も予想予想されています。今後の見通しも含めて紹介します。この記事を参考に、ぜひ「賃貸不動産経営管理士」試験にチャレンジしてみてください。

チェック▼当サイトで人気の賃貸不動産経営管理士の講座ランキングこちら!

AGAROOT(アガルート)|合格率がなんと92.3%!全国平均29.8%の3.1倍!

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

1.賃貸不動産経営管理士試験の難易度は高い?低い?【合格率】

1.賃貸不動産経営管理士試験の難易度は高い?低い?【合格率】

「賃貸不動産経営管理士」の難易度を探るにあたり、まずは現状の「合格率」に着目してみましょう。他の不動産資格との比較もふくめて紹介します。

1-1.賃貸不動産経営管理士の合格率は?

「賃貸不動産経営管理士」試験について、過去の受験者数や合格点、合格率を表にすると次のとおりです。なお試験がスタートしたのは平成25年です。

年度 受験者数 合格者数 合格点(40点満点) 合格率
平成25年 3,946名 3,386名 28点 85.8%
平成26年 4,188名 3,219名 21点 76.9%
平成27年 4,908名 2,679名 25点 54.6%
平成28年 13,149名 7,350名 28点 55.9%
平成29年 16,624名 8,033名 27点 48.3%
平成30年 18,488名 9,379名 29点 50.7%
令和元年 23,605名 8,698名 29点 36.8%

初年度の合格率は85.8%、2年目の合格率も76.9%という高い数字です。しかし年を経るにしたがって、合格率が低下傾向にあることがわかります。

とくに令和元年においては受験者数が急増し、合格率は過去最低水準(36.8%)になりました。

後述するように、現在「賃貸不動産経営管理士」資格は「国家資格」化に向けた準備が行われています。出題内容も難化していくと言われています。

ポイント「賃貸不動産経営管理士」試験は、平成25年に始まったばかりの新しい資格です。合格率は低下傾向にあり、国家資格になれば難易度はさらに上がると見られています。

1-2.宅建との比較

「賃貸不動産経営管理士」の合格率は上の表のとおりですが、この数字だけでは実感がわかないかもしれません。そこで、他の不動産資格と比べてみることにしましょう。

資格名 合格基準点 合格率
宅地建物取引士 35点前後(50点満点) 15%から17%
マンション管理士 35点から38点(50点満点) 8%から9%
管理業務主任者 33点から36点(50点満点) 21.7%から23.8%
賃貸不動産経営管理士 27点か29点(40点満点) 36.8%から50%

同類の資格と比べると「賃貸不動産経営管理士」の合格率は非常に高いです。

とくにマンション管理士は8%から9%という難関資格です。賃貸不動産経営管理士と比べると、5倍から6倍もの格差があります。

管理業務主任者と宅建の同時受験は可能?難易度は違う?1つ選ぶならどっちかも解説!

ポイント不動産系の国家資格と比べると、「賃貸不動産経営管理士」の合格率は非常に高い数字となっています。国家資格化に向け、合格率は下がっていくと予想されています。

2.賃貸不動産経営管理士試験の合格に必要な勉強時間は?

2.賃貸不動産経営管理士試験の合格に必要な勉強時間は?

不動産資格の中では「合格率が高い」のが「賃貸不動産経営管理士」の特徴です。とはいえ、しっかり勉強をしないことには合格できない資格であることも確かです。

「賃貸不動産経営管理士」合格するには「100時間から150時間くらい」の勉強が必要だと言われています。

「いつから勉強をスタートさせるか」によって、「毎日どれくらいの勉強をすれば合格できるのか」が変わります。具体的に説明してみましょう。

ポイント「賃貸不動産経営管理士」の試験に合格するには、平均で「100時間から150時間くらい」の勉強時間を確保する必要があります。

2-1.1日あたりの勉強時間のイメージは?

「賃貸不動産経営管理士」の試験が行われるのは毎年1回11月中旬です(2020年の場合は11月15日)。「1日あたりの勉強時間」が具体的に想像できるように、4つのパターンに分けてみました。

それぞれ、試験日の1年前、半年前、3ヶ月前、1ヶ月前から勉強を始めた場合の計算例です。試験実施日をふまえて「勉強可能日数」を逆算しています。

【1日あたりの勉強時間のイメージ】

勉強の開始時期 勉強が可能な日数 100時間の場合 150時間の場合
1年前(11月中旬)から 365日間 毎日16分 毎日24分
半年前(5月中旬)から 180日間 毎日33分 毎日50分
3ヶ月前(8月中旬)から 90日間 毎日1時間6分 毎日1時間40分
1ヶ月前(10月中旬)から 30日間 毎日3時間20分 毎日5時間
ポイント「1日あたりの勉強時間」が算出できれば、勉強の計画をより具体的に立てることが可能になります。

2-2.いつから勉強をスタートさせるべき?

ただし「100時間から150時間」というのは、あくまでも「目安」に過ぎません

たとえば、宅建業に従事して一定の経験を積んでいる人や、宅建等の資格をすでにもっている人であれば、それなりの知識があるはずです。こうした人なら、もっと短い勉強時間でも合格することは可能です。

とはいえ、次第に合格率は下がっており、今後も難化が予想されるのが実態です。できるだけ余裕をもって、長めの勉強時間を確保することをおすすめします。

まったくの初学者なら遅くとも半年前(5月中旬)から、また一定の経験者なら3ヶ月前(8月中旬)には勉強に取り組み始めるとよいでしょう。

注意「100時間から150時間」という数字は「目安」です。学習経験がある人なら、もっと短い時間でも合格できます。しかし難化が予想されるため、できるだけ時間をかけて入念に準備をすることをおすすめします。

2-3.どんなレベルの問題が出題される?

「賃貸不動産経営管理士」の試験は、四肢択一のマークシート方式です。実際にどんな問題が出題されるのか、1問だけ紹介しましょう。

【問題】宅地建物取引業者である管理業者が行う借主の募集に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか(平成元年度:問12)

 

1.管理業者は、借主の募集業務を他の業者に委託する場合には、物件に法的な問題がないかどうかの確認を行う必要はない。

2.物件の権利関係の調査のために登記記録を閲覧するときは、乙区に基づき、登記上の名義人と貸主が異ならないかを確認する必要がある。

3.分譲マンション(区分所有建物)の1住戸を賃貸する場合、当該マンションの管理組合が定めた管理規約等、借主が遵守しなければならない事項について確認する必要がある。

4.管理業者が宅地建物取引業者である場合であっても、広告会社にその内容を全面的に任せて作成させた広告を使用して募集業務を行うときは、不動産の表示に関する公正競争規約に従う必要はない。

■正解肢は「3」

出典:試験の難易度 – 賃貸不動産経営管理士|LEC東京リーガルマインド

「賃貸不動産経営管理士」試験では、このような四肢択一式の問題が合計50問ほど出題されます。制限時間は120分間です。

「宅建」等に比べると合格率の高い試験ですが、油断は禁物です。入念に準備をした上で、試験にのぞむようにしましょう。

ポイント「賃貸不動産経営管理士」試験は、四肢択一のマークシート方式で、合計50問から構成されています。(ただし令和元年までは全40問

3.賃貸不動産経営管理士が国家資格になると難易度は上がる?

3.賃貸不動産経営管理士が国家資格になると難易度は上がる?

「賃貸不動産経営管理士」試験について、実際の「合格率」から見た難易度や、合格に必要な勉強時間について解説してきました。

しかし、今後はさらに難化していくことが予想されています。その背景にあるのは、民間資格である「賃貸不動産経営管理士」の国家資格化です。

まず過去の合格状況を見ると、次の3つの点がわかります。

  1. 年を経るにしたがって、合格率が低下傾向にあること。
  2. 受験者の数も増加傾向にあり、2015年から2019年にかけて4倍超の増加に。
  3. 直近の「令和元年試験」では、合格率が過去最低水準になった。

また、「賃貸不動産経営管理士」資格の「国家資格」化に向け、現在さまざまな整備が行われています。

たとえば「令和2年試験」からは、試験問題の数「40問」から「50問」へと増加し、試験時間「90分」から「120分」へと変更されています。

また「国家資格」として整備が進むと、出題内容も難化していくことが予想されます。

たとえば不動産関連の「国家資格」を見ると、どの資格も「賃貸不動産経営管理士」に比べて合格率が低いことがわかります。

資格名 合格基準点 合格率
宅地建物取引士 35点前後 15%から17%
マンション管理士 35点から38点 8%から9%
管理業務主任者 33点から36点 21.7%から23.8%

今後も内容の変更等が予想されるため、もし「賃貸不動産経営管理士」試験の合格を目指すなら、常に最新の状況に合わせた試験対策を練る必要があるでしょう。

また難化が予想されるため、早めに試験にチャレンジすることをおすすめします。

なお、国家資格化に関する背景や、それにともなう変化については、次の記事も参考にしてください。

ポイントデータを見ると、試験の難化がすでに始まっていることがわかります。国家資格への整備が進めば、合格率も下がっていくことが予想されています。

4.「賃貸不動産経営管理士の難易度」のまとめ

賃貸不動産経営管理士試験の難易度・偏差値は?必要な勉強時間も解説

「賃貸不動産経営管理士」資格の難易度について紹介してきました。

国家資格になることが予定されていることもあり、「賃貸不動産経営管理士」の活躍領域は、今後ますます広がっていくことでしょう。

記事で紹介したとおり、さらなる受験者数の増加と問題の難化が予想されています。

「賃貸不動産経営管理士」に興味のある人は早めに受験することをおすすめします。この記事をヒントに、ぜひ早期の合格を勝ち取ってください。

賃貸不動産経営管理士に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 賃貸不動産経営管理士資格を取得して給料を上げたい!
  • 賃貸不動産経営管理士資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に賃貸不動産経営管理士がどれくらい役立つか分からない
  • 賃貸不動産経営管理士を優遇している会社はどの位あるの?
  • 賃貸不動産経営管理士がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る