不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

CADオペレーターとは?在宅OK・高年収で将来性もある仕事?【未経験でも転職可能な理由を解説】

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

現在、手に職を付けて働く職業として、「CADオペレーター」の仕事が注目されています。

CADオペレーターは男女を問わず人気のある職業で、需要も豊富にあるようです。

今回は、CADオペレーターの仕事内容や年収、向いているタイプなどを中心に、詳しく解説をしていきます。

CADオペレーターの仕事にご興味がある方は、ぜひ、この記事を参考にしてください。

1.CADオペレーターとは?【仕事内容】

1.CADオペレーターとは?【仕事内容】

CADオペレーターとは、CADの操作を専門的に行う職種のことを指しています。

主な仕事内容は、設計士やデザイナーなどの指示に従い、CADソフトを使用して図面を修正・調整・作製することです。

建築物だけでなく、自動車や電子部品、インテリアなどでもCADで図面を作成しています。

CADには「2D(2次元)CAD」と「3D(3次元) CAD」がありますが、近年では立体設計ができる「3D(3次元) CAD」の方が、直感的に形状を把握できるため、そちらの方に移行されつつあるようです。

これから具体的な仕事内容を、ご紹介していきましょう。

1-1.設計図の作成

CADオペレーターCADソフトを使用して、設計士やデザイナーが描いた図面をパソコン上に作成していきます。

パソコンの画面上に、製品の設計図や必要な情報を入力していくのが主な仕事ですが、この作業はCADオペレーターの最も重要な業務であり丁寧さが必要です。

CADオペレーターが作成した図面に従って製品が制作されるため、ミスは許されません。

そのため、CADオペレーターには正確な図面づくりが求められています。

1-2.製図データの修正

CADを使用して製図データを作成する際には、何度も修正を行い、より精密な製図データを作成していくのが基本です。

とはいえ、CADでは紙に設計図を描く場合よりも、線を消すなどの作業が簡単にできますから、それほど修正自体は難しくないといえるでしょう。

また、製図データの修正は、製品を製造する段階になってから必要になる場合もあり、製品の仕様が変わることによって必要になる場合もあります。

そのため、いつでも製図データは、修正できるような状態にしておくことも必要です。

1-3.製図データの管理

作成された製図データは確認したいとき、すぐに閲覧できるように、きちんと管理しておかなければなりません。

設計図の作成だけがCADオペレーターの仕事ではなく、製図データの管理も重要な仕事のひとつでしょう。

また、製図データは複数のオペレーターが確認する場合もあるため、複製して情報を共有できる状態にしておく必要があります。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.CADオペレーターの年収

2.CADオペレーターの年収

CADオペレーターとして働いている人は、20代~30代の若年層が多いようです。

年収は会社にもよりますが、平均して300万円程度になります。

ただし、実務経験が豊富でスキルが高い人の場合、500万円以上の収入を得ている人も少なくありません。

基本的には経験年数の長い人であればあるほど、収入が高くなる傾向にあります。

時給では約1,500円前後となり、地方の場合、何の資格もないバイトよりは給料が高い方でしょう。

2-1.CADオペレーターになるには?資格が必要?

2-1.CADオペレーターになるには?資格が必要?

CADオペレーターになるには資格が必要なのでしょうか?

ここでは、資格の有無について詳しく見ていきましょう。

2-1.未経験OK

CADオペレーターの資格は、必要とされる場面が多く需要も高いため、未経験でもOKです。

人手不足の企業の場合、新卒であれば、未経験でも会社が研修してくれるところもあります。

ただし、未経験可能の雇用形態は正社員であることが多く、パート・アルバイトなど正社員から遠いほど、未経験者の採用率は下がるでしょう。

一般的には大学の建築学科、専門学校などでCADを学び、資格を取得して求人応募するのが多いようです。

また、未経験者の場合は求人に応募しようとしても、CADオペレーターの資格を持っていないと、応募を躊躇してしまうケースが少なくありません。

近年では、様々な種類のCAD検定資格があり、資格を取得後、転職先や派遣先などの求人に応募する際には、一定の技術や知識があるものとみなされ、採用されやすい傾向があります。

しかし、有資格者が非常に多く、企業によってCADオペレーターに求めるスキルが様々であるため、資格を取得したからといって、必ずしも採用に繋がるわけではないようです。

CAD検定資格は、「基本的な操作技術と知識を持つこと」を証明できるものですが、就職や転職に有利に働く種類の資格を、あらかじめリサーチしておくことが重要です。

例えば、建築設計であれば、建築CAD検定試験の取得がより効果的など、ジャンルに合わせて取得するようにしましょう。

2-2.独学の場合

未経験の初心者がCAD技術を学ぶ場合、専門のスクールに通う、または独学で勉強するのが一般的です。

専門スクールなら講師から直接指導を受けられ、わからないことがあれば、すぐに質問して回答を得られます。

CADの操作方法を一から学び、製図や作図に関する基礎知識や、CAD関連の資格対策などを効率良く学べるのが良い点です。

専門スクールで勉強をする場合には、自分に適したコースを選択し、通学に負担がかからない場所にあるスクールを選ぶとよいでしょう。

スクールに通う時間がなく、費用をかけずに資格を取得したい方は、自分のペースでじっくりと学べる独学での学習をおすすめします。

独学の場合は、パソコンを使用して、CADソフト、ソフトに対応したテキストを利用して、納得できるまで繰り返し操作方法を学習していきましょう。

本人のやる気次第ではスクールに行かなくても、着実に知識や技術の習得が可能です。

操作方法を実際に見て確認できるDVDなどの素材や、ネットで公開されている動画なども、参考資料として活用できます。

ただ、独学の場合は、どの程度のスキルがあるのか確認しにくいという面もあり、派遣会社に登録しても、すぐには仕事の紹介を受けられないことも少なくありません。

また、CADオペレーターとして働きたいと考えている方は、専門スクールだけでなく、職業訓練校などでもCAD技術を身につけることができます。

職業訓練校は、失業中の人が、再就職するための公共職業訓練を行う施設で、訓練を受講する費用は無料です。(テキスト代として5,000~12,000円程度は必要)

現在、失業中の方は職業訓練校を利用して、費用をかけずにCAD技術を習得するのもよいでしょう。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.CADオペレーターとして働くメリット【良い点】

3.CADオペレーターとして働くメリット【良い点】

ここでは、CADオペレーターとして働くメリットをご紹介していきましょう。

3-1.手に職をつけることができる

CADオペレーターとして働くメリットには、「手に職をつけることができる」というものがあります。

地方で普通にバイトだと、なかなか稼げないものですが、CADオペレーターの場合は時給が大体1,500円~1,800円くらいでの募集が一般的です。

令和元年10月における東京都の最低賃金(時給)は1,013円ですから、比較すると高めの時給といえるでしょう。

また、女性の場合は結婚や出産をすると、その後の仕事を見つけるのは、容易なことではありません。

CADオペレーターのスキルや資格を持っていれば、再就職もしやすくなるといえます。

3-2.柔軟に働ける【在宅も可能】

CADオペレーターの仕事は、柔軟に働けるのも魅力です。

フルタイムでなく、週に3日だけ働くなど自分の生活スタイルに合わせて、柔軟に働くことができます。

多くはありませんが、在宅ワークでの求人もありますので、自宅にいながら仕事をすることもできるようです。

企業にもよりますが、基本的に土日が休みのところが多く、プライベートも確保できるでしょう。

3-3.選べる企業が多い

CADオペレーターの仕事をする場合、選べる企業が多いのも特長です。

建設会社や土木、電気・機械分野の他、アパレル業界など幅広い業界から選ぶこともできるでしょう。

CADオペレーターは需要の多い職種のため、正社員だけでなく、契約社員やアルバイト、パートなど様々な雇用形態があります。

中には派遣社員や在宅ワークで働く人もおり、子育て中の女性も活躍している人が多いようです。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.CADオペレーターとして働くデメリット【悪い点】

4.CADオペレーターとして働くデメリット【悪い点】

CADオペレーターとして働くメリットには様々なものがありますが、反面、デメリットも存在するのが事実です。

ここでは、CADオペレーターとして働くデメリットをご紹介していきましょう。

4-1.派遣社員が多い

CADオペレーターの求人情報には「派遣社員」を募集している企業がよく見られるようです。

会社側の理由としては、「受注する仕事量が一定していない」ということがあげられます。

正社員の場合、一度雇ってしまうと簡単には解雇できないため、仕事がなくても給料を支給しなければなりません。

その点、派遣社員は雇用期限があり、契約更新をしなければ雇い入れる必要はなくなります。

企業としては繁忙期のみ人手を増やせるため、人件費に余計なコストがかからないのがメリットです。

また、派遣社員なら、最初から「スキルの高い人材」を指定して雇い入れることができます。

新入社員のように、一から教育しなくてもよいため、会社としては手間がかかりません。

実際のところ、新卒でも無い限り、正社員で雇ってくれる企業は少ないといえるでしょう。

4-2.納期に追われる

CADオペレーターが抱えるデメリットには、「納期に追われる」というものもあります。

施工ありきの設計図なので、施工日までには必ず間に合わせなければなりません。

忙しい時は、図面作成以外にも、実際に現場に行ったり、電話対応したりしなければいけない場合もあり、何かと時間に追われてしまいます。

他にも「辛い」「しんどい」という噂が立ってしまう原因としては、肩こりや眼精疲労になりやすいことです。

CADオペレーターの仕事は、長時間パソコンに向かったまま細かい作業を行うため、どうしても避けられないのでしょう。

また、同じ姿勢で作業を続けるため、ある日突然ストレートネックになっていたり、慢性腰痛を抱えたり、健康に被害が出てしまう場合も少なくありません。

一見、デスクワークのため、ラクに見えるかもしれませんが、見た目以上に、肉体的にも精神的にも負担が多い職種のようです。

4-3.AIに代替されるかもしれない【将来性】

CADオペレーターに興味があるけれど、「将来も続けていける仕事なのか?」「AI(人工知能)に代替されて仕事がなくなってしまうのではないか?」と不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、CADオペレーターの仕事は、ものづくりの業界において必需品となる技術です。

そのため、完全になくなる訳ではないといってもよいでしょう。

ただ、一部の作業がAIで代替されるというデータもあり、「CADが使える」というだけでは、特別なスキルを持っているとはいえません。

ソフトを使えるだけで仕事がある時代は終わりを迎え、CADオペレーターが満足な収入を得るには、業界ごとに求められる様々なスキルを身に付ける必要があります。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.CADオペレーターに向いている人

5.CADオペレーターに向いている人

ここでは、CADオペレーターに向いている人をご紹介していきます。

「手に職をつけたい」「パソコンが使える」「細かい作業が苦にならない」などが当てはまるようです。

5-1.手に職をつけたい

CADオペレーターは、女性でも働きやすい仕事です。

また、普通にバイトするよりは給料も高いため、CAD関連のスキルを身につけて働きたい女性が増えています。

CAD利用技術者試験などの資格試験に合格すると、「自信がついた」「操作の習熟度が高まった」など、キャリアアップにつながるようです。

中には社内の資格評価制度でポイントが上がったという人や、派遣社員から正社員に昇格したという人もいますので、一度スキルを身につけると、社内で重宝されるようになるでしょう。

5-2.パソコンが使える

CADオペレーターの仕事はパソコンで行うため、パソコンが使えなくてはなりません。

ソフトはパソコンで使いますし、ワードやエクセルなどもできたら採用に有利となるでしょう。

基本的に長時間図面と向き合うので、パソコンでの作業が好きであることが好ましいようです。

5-3.細かい作業が苦にならない

CADオペレーターは設計士やデザイナーなどの図面に従い、CADソフトを利用して図面を修正・調整・作製することがメインとなる仕事です。

製品を実際に制作するための設計図を仕上げるため、少しのミスも許されません。

CADを利用して設計図を作成するには高い精度が求められ、非常に細かい作業となります。

長期間にわたって作業を続けなければならないケースもあり、そのため、丁寧で細かい作業が苦にならない人が、CADオペレーターには向いているといえるでしょう。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

「6.CADオペレーター」のまとめ

CADオペレーターとは?在宅OK・高年収で将来性もある仕事?【未経験でも転職可能な理由を解説】

今回は、女性にも人気の職種である「CADオペレーター」について、詳しく解説をしていきました。

CADオペレーターは、柔軟な働き方ができるケースも多く、時給も高い職業です。

スキルを磨けば収入も上がり、派遣社員から正社員へと昇格できる場合もあります。

AIが登場したとはいえ、まだまだ人の手でないと、細かなニュアンスなどは作り出せません。

これからはCADのスキルだけでなく、プラスアルファの知識を身につけているCADオペレーターが、AIに仕事を奪われないといえるでしょう。

CADオペレーターへの転職に興味がある方へ!

CADオペレーターの仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、条件の良い信頼できる企業の求人を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、細かな点までサポートしますので、不動産業界は初めてという方でも安心して転職活動ができます。

登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る