不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産管理の仕事がきつい・辞めたいと感じたとき読む記事【原因と解決策を解説】

「不動産管理」を調べてみると「きつい」という検索結果が出てきますが、本当なのでしょうか?

たしかに、そもそも不動産業界が離職率の高い業界であり、不動産管理の職種は業務内容が広く決して簡単な仕事ではありません

そのため、理解が浅いまま、うっかり管理会社に就職してしまうと「こんなはずじゃなかった!」「きつい…」「辞めたい…」と後悔することにも繋がります。

そこで本日は、不動産管理はきついのか?という関する疑問を解決できるよう、必要な情報をまとめました。

この記事を読むと分かること
  1. 不動産管理がきついと言われる4つの理由
  2. 不動産管理で管理戸数が多い4社
  3. 不動産管理で転職を成功させるポイント

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産管理の仕事が辛い!きつい!4つの理由

1.不動産管理の仕事が辛い!きつい!4つの理由

不動産管理の仕事が辛い!きつい!と言われる4つの理由を紹介します。

1-1.クレーム対応が多い

不動産管理の仕事は、クレーム対応が多いです。

騒音、ゴミ出しの時間などから起きる近隣トラブル、設備の故障など、カバーしなければいけない範囲が広いからです。

しかも、クレームは必ずしも理路整然としている訳ではなく、「お金を払っているから、要求が通るのが当然だろう!」というスタンスで、一方的に理不尽な要求をさせることもあります。

管理戸数が増えれば増えるほど、クレーム対応に当たる可能性も上がります。真正面から受け止めるのではなく上手くい受け流す力がないと、精神的に参ってしまうこともあるのが現実です。

1-2.プライベートがない【24時間365日体制】

不動産管理は、プライベートがなく24時間365日体制になる場合もあります

不動産営業にも共通して言えることですが、お客さん優先だからです。しかも、不動産管理の場合は「物件オーナー(大家)」と「入居者」の2方向からの連絡に対応しなければいけません。

働き方改革が叫ばれ、世の中的には労働環境は改善されてはいますが、お客さん次第では、「残業」「休日」という概念も関係なく仕事をしなければならないというのが現実です。

不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

不動産営業は辛い?辞めて後悔する人が多い5つの理由と解決方法を解説

1-3.インセンティブが無い

不動産管理のみの場合、インセンティブが無いです

マンション営業のように「1軒売ったら売上の○%がインセンティブ」というような、頑張りに応じた金銭的見返りがありません。いくら辛い業務でも、金銭的な見返りがあれば頑張ろうと思えます。

しかし、業務内容は多く、休日も関係なくクレーム対応を頑張っているのに、給料は変わらないとなると、精神的にも肉体的にもダメージが蓄積しやすくなってしまいます。

1-4.孤独死・自殺の現場に立ち会うことも

不動産管理に関わる人が全員経験する訳ではありませんが、場合によっては「孤独死・自殺の現場に立ち会う」こともあります

特に最近は、高齢化社会の影響で、身寄りがなく独りで暮らす老人の方も増えています。中には、死後誰にも気づいてもらえず、郵便物が異常に溜まっていることなどから発見されるケースもあります。

部屋の清掃自体は専門業者に依頼できますが、連絡が取れない入居者の方の様子を確認するときに、見たくないものを見てしまう可能性もゼロではないのです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.転職するなら大手?管理戸数が多い不動産企業4社

不動産管理といっても、世の中にどんな会社があるのか、パッと思い浮かばないのではないでしょうか?

ここでは、管理戸数が多い企業を4社紹介します。

離職率が高い不動産業界の中でも、売上が大きい分、ブラック企業と比べて労働環境が改善している企業が多いです。

2-1.大東建託グループ(103万6640戸)

大東建託
出典:大東建託
1社目は、建設から管理まで不動産関連事業を幅広く手掛ける「大東建託」です。

管理戸数は100万戸を突破。不動産管理会社としては、2位の「積水ハウス」の約2倍の差をつけて業界最大手になります。上場もしており、グループ全体の連結売上では1兆円を超えています。

残業に厳しく、保養所の割引や、家族旅行の補助などもあり、福利厚生や労働環境については良いという口コミ・評判です。

2-2.積水ハウスグループ(60万7000戸)

積水ハウス
出典:積水ハウス
2社目は、戸建住宅メーカーとして知られる「積水ハウス」です。

都市部で伸び、全体で1万6000戸もの管理戸数が伸びました。沖縄以外全国各地にオフィスがあり、幅広く業務をおこなっています。

また、男性の育休取得を推進するなど、不動産系企業にしては先進的な取り組みをしており、労働環境も悪くないという口コミ・評判です。

2-3.大和リビング(53万5661戸)

大和リビング
出典:大和リビング
3社目は、ダイワハウスグループの賃貸管理会社「大和リビング」です。

管理戸数は、昨年から約3万1000戸増え、53万5661戸です。

子供が産まれたら100万円支給する制度など、子育てを支援する制度も整っています。育休、産休制度は確実に取得可能、時短勤務もOKなので女性にも優しいという評判・口コミです。

2-4.スターツグループ(52万3787戸)

スターツグループ
出典:スターツグループ
4社目は、「スターツグループ」です。

管理戸数は昨年から約4万戸増え52万3787戸です。Web上で管理状況を確認できるオーナーにとって便利なサービスを提供するなど、先進的な取り組みもしています。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産管理の転職を成功させるなら

不動産管理の仕事が辛い!きつい!と言われる4つの具体的な理由
以上、不動産管理業がきつい理由に関する情報をまとめて紹介しました!

不動産管理の仕事は、専門的な業務内容も多く、独りで業界分析から企業探しまでをおこなうことは大変です。

そのため、プロの転職エージェントを利用することをおすすめします。

宅建Jobエージェント」では、数々の就職・転職を成功させてきた実績を持つキャリアアドバイザーが、

  • 興味のある会社があるけれど、ネットで調べても実際の様子が分からない
  • 大手会社なのに調べたら悪い口コミばかり出てくる。本当はどうなの?
  • 実際にその会社に転職した人はいる?その人は何と言っている?

などなど、あなたの疑問に対して、豊富なデータと会社の採用担当と直接繋がっているからこそ仕入れられる独自の内部情報を元に、それぞれ個別で相談にのります!

もし何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する
出典:「産業別の離職率」厚生労働省
出典:「マンション管理の仕事の年収・時給・給料情報」求人ナビ
出典:「全国管理戸数ランキング」全国賃貸住宅新聞
出典:「大東建託株式会社の評判・口コミ」カイシャの評判
出典:「積水ハウス株式会社の評判・口コミ」カイシャの評判
出典:「大和リビング株式会社の評判・口コミ」カイシャの評判

 

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る