不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産キャッチコピー成功事例を紹介!具体的な書き方や注意点も解説【売却・投資】

日頃から新聞広告やテレビのCMなどで不動産会社の「キャッチコピー」を良く見かけることはありませんか?

キャッチコピーは「人の注意を引く宣伝文句」という意味ですが、短いフレーズの中に消費者の心に刺さる言葉がこめられています。

このキャッチコピーの成否によって、不動産が売れるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

優れたキャッチコピーは、その不動産の良い点を消費者に瞬時に伝えることができるため、契約がスムーズに成立する可能性が高まるのです。

今回は不動産のキャッチコピーについて、その重要性や参考となる事例に、効果的な書き方などを詳しく解説をしていきます。

不動産のキャッチコピーに興味のある方はぜひ、参考にしてください!

この記事を読むと分かること
  1. 不動産ビジネスでキャッチコピーが重要な理由
  2. 不動産ビジネスでのキャッチコピーの書き方
  3. 不動産のキャッチコピーを作る際の注意点【誇大広告はアウト】

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産ビジネスでキャッチコピーが重要な理由

1.不動産ビジネスでキャッチコピーが重要な理由

世の中には、たくさんの不動産企業があります。

そのため、数多くのライバルが広告を出す中で、短い時間で自分たちのサービスに興味をもってもらう必要性があり、短い言葉で端的に興味を持たせる「キャッチコピー」が重要となってくるのです。

ここでは、不動産広告で大切な役割を果たす「キャッチコピー」について詳しく解説をしていきます。

1-1.不動産のキャッチコピーで成功した事例

キャッチコピーが成功したかどうかは「反響」があったかどうかでわかります。

反響があれば「成功」なければ「失敗」と捉えることができ、これはキャッチコピーを書く目的が「売却」「投資」「賃貸仲介」のいずれにしても変わりません。

それでは、伝わるキャッチコピーを書くにはどのようにすればよいのでしょうか?

反響を取れるキャッチコピーを書くには、まずアピールポイントは何かという点に着目します。例えば駅が近い物件ならば「駅歩○○分の駅近生活!」などと、その物件で一番魅力的な点を、人目を引くような短い文でわかりやすくアピールするのです。

これから反響の取れる不動産キャッチコピーの事例を紹介しますので、参考にしてください。

1-1-1.反響の取れた不動産キャッチコピー事例【販売用】

不動産会社が顧客に主に居住用不動産を販売する際に、反響の取れた不動産キャッチコピーの事例です。

お客様が不動産を購入する際には、「お金・立地・建物」の3つが最も気になるポイントです。

特にこれからマイホームを購入するのは、若い世代のファミリーが多く、少しでもお得に、家族みんながゆったりとくつろげる家に住みたいと思っています。

小学校や病院、スーパーなどが近いと子育てをするのにも便利な環境なので、建物の外観・内装だけでなく、立地条件の良さなどをアピールすると反響が期待できるでしょう。

キャッチコピー アピールしたいポイント
・モデルハウス展示期間終了につき、大幅プライスダウン
・これであなたも節約家!!ついに登場!!太陽光発電システム標準搭載の家!
値引きや節約などお金に関してお得なこと
・あなたが今、お家賃を45,000円以上払っておられるなら、次の週末は、オープンハウスにお越し下さい 家賃並みの支払い金額でマイホームが購入できる
・遊びも!勉強も!兄弟仲良く、家族の会話が増える間取りを教えます 各部屋の良さや仕様など
・○○鉄道○○駅徒歩2分の場所に、月々48,854円の支払いで買えるマンションがあるのです 駅近など立地条件が良い
・小さなお子さんがいらっしゃるあなたへ
・子育て世代のパパ・ママへ
ファミリー向けの物件であること

1-1-2.反響の取れた不動産キャッチコピー事例【投資用】

不動産会社が顧客に主に投資用不動産を販売する際に、反響の取れた不動産キャッチコピーの事例です。

資産家でなくてもオーナーになれる夢を抱かせるようなイメージを、消費者に与えています。

また資産価値の持続性や簡単にマンション経営ができるというのもはずせないポイントです。

キャッチコピー アピールしたいポイント
・2020年以降も価値が下がらない不動産とは? 将来資産価値の高いマンションが手元に残る
・東京のワンルームマンション
・入居率99%
空室リスクを避けられる
・少ない資金からでも始められます 手持ち資金が少なくてもオーナーになれる
・オーナー様は、家賃収入を受け取るだけ 無理なくマンション経営ができる
・不動産投資で開けた 自分の未来 不動産投資をすることにより明るい未来が開けていくこと

1-1-3.反響の取れた不動産キャッチコピー事例【売却用】

顧客が不動産会社に不動産を売却する際に、反響の取れた不動産キャッチコピーの事例です。

少しでも他社より高く買取りをすることをアピールしています。

また住み替えを考えている人には、手間をかけさせない点も重要なアピールポイントとなっているのです。

キャッチコピー アピールしたいポイント
・あなたの大切な資産であるマンション。今、売るといくらで売れるのか知りたくないですか? 現時点での自分が所有しているマンションの資産価値を知ることができる
・当社があなたのマンションを高く売る事が出来る8つの理由をご存知ですか? 自社なら高くマンションを買取りできるということ
・圧倒的な売却率 他社より抜きんで物件を売却できるということ
・わが家、意外と、高く売れるかも? 相場より高めに売却できる可能性があるということ
・高く早く売却。住み替えもフルサポート 住み替えを考えている人にフルサポートし、手軽に住み替えできること

1-1-4.反響の取れた不動産キャッチコピー事例【地域密着型】

地域密着型の不動産会社のキャッチコピーの事例です。

いずれも長い期間にわたって地域に根差してきた実績をアピールしています。

キャッチコピー アピールしたいポイント
・30年、この街を思ってきたから、あなたもこの街で暮らそう 30年という長い期間にわたって営業を続けていること
・○○県の住まいのことならおまかせください! ○○県に特化して地元ならではリサーチ力があること
・地域密着で50年!賃貸・管理・売買から不動産コンサルティングまで不動産のお悩みを解決します 地域密着型の不動産会社として実力と信頼があること

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産ビジネスでのキャッチコピーの書き方

2.不動産ビジネスでのキャッチコピーの書き方

不動産ビジネスでのキャッチコピーの書き方にはコツがあります。

ここでは効果的なキャッチコピーを作成するために重要なポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

2-1.ターゲットを明確にする

キャッチコピーで反響を得るためには、「どんな人にメッセージを届けたいのか?」という点を明確にしなければなりません。

扱う物件によって購入層に違いがあるため、職業・年収・住所や、何を求めているのかなどを徹底的に考えることが必要です。

例えば同じ分譲マンションという部類でも、ワンルームなどの単身者用マンションは、主に投資用不動産として投資家などに販売し、3LDKのマンションなどは、居住用不動産として若い世代のファミリーなどが主な顧客となります。

2-2.自社の強み・弱みを分析する

他社と差別化するためにも、自社の強みや弱みを分析することも欠かせません。

具体的に言えば、「自社で扱っている商材が売れており、評判が良いのはなぜなのか?」や、反対に「売れない、または評判が悪いのはなぜなのか?」を考えていくことです。

特化した強みがないと、「この不動産会社は何をしてくれるのかが具体的に分からない」という印象をお客様に与えてしまいます。

自社の強みをアピールして、また弱みを分析すれば強みになることもあり、その結果、有効なビジネスモデルを構築することにつながっていきます。

一般的には自社の強みを強化していく方向か、または弱みを補完するような方向で考えると良いでしょう。

2-3.競合企業のキャッチコピーを分析する

競合企業のキャッチコピーを分析するのも効果があります。

なぜ競合企業がそのキャッチコピーを利用するのかを分析すると、その会社が得意としている分野の商品が分かってくるからです。

たとえば同じ不動産売買会社でも、投資用不動産のみを扱っていたり、どちらかというと居住用不動産に力を入れていたりと、会社によって得意とする分野が異なります。

自社が扱っている商材に近いものを手がけている、競合他社のキャッチコピーをリサーチしてみると、参考になる点が見つかるかもしれません。

2-4.過去反響があったキャッチコピーを分析する

もし自社が過去に作って反響があるものがあれば、「なぜ反響があったのか?」を分析することもおすすめします。

そのキャッチコピーが消費者の心に触れることができたから、反響を得ることが出来たのです。キャッチコピーが自社の商材の売り込み方法に上手くマッチしたのでしょう。

過去に成功したキャッチコピーの良い部分を取り入れて、書いてみてはいかがでしょうか。

あるフレーズを何回も多用すると、そのフレーズがその企業のイメージを表すキャッチコピーとなることもあります。

2-5.「具体的なワード」と「数字」を入れる

キャッチコピーには一目でパッと理解できる「○○駅から徒歩△分」などの具体的な地名など、わかりやすいワードが必要です。

「具体的なワード」と「数字」が入っていると、消費者が瞬時に、物件について想像を膨らませることができます。

キャッチコピーは短い文ですが、作成するとなると非常に難しいものです。

いきなりしっくりくるキャッチコピーを考え出せることは滅多にないので、とにかく書いてアイデアを出すしかありません。

もし自分で出すことが難しければ、クラウドソーシングを使って募集してみてはいかがでしょう。駆け出しのコピーライターが安価な金額で、すばらしい作品を作成してくれる可能性もあります。

2-6.第三者の声を使う

キャッチコピーに真実味を持たせるには、実際に利用された方の声を載せると、信頼性が増してきます。

俗に言う「お客様の声」などを紹介すると、消費者にとって他者の意見を聞くことができるため、大変有効な手法なのです。

アマゾンなどのレビューで購入を決めるユーザーが多いように、不動産に関しても、「他の人の評価はどうなのだろうか?」という点は、購入を検討する際にチェックしておきたいポイントでしょう。

この第三者の意見を有効的に使うと、商材のイメージアップにつながるため、ぜひ試してみたい方法としておすすめです。

2-7.不動産関連企業のキャッチコピー参考例

主に居住用不動産を売却している不動産関連企業のキャッチコピーで代表的なものをご紹介します。

どれも自社のアピールポイントを最大限に活かした素敵なキャッチコピーばかりなので、ぜひ参考にしてください。

会社名 キャッチコピー
積水ハウス 家に帰れば、積水ハウス。
ダイワハウス 人に暮らしに、未来にコネクトする家、Daiwa Connect、始まる。
大東建託 一人で生きられないという幸せがある。 生きることは、託すこと。
旭化成ホームズ 私が建てた二世帯は、息子が帰る場所でもあった。
トヨタホーム ずっと、ここが、我が家

この中でも特に有名なのは積水ハウスの「家に帰れば、積水ハウス」というフレーズでしょう。CMや新聞広告で、何度も目にした方も多いと思われます。

帰りたくなってしまう温かいマイホームを実現してくれる会社として、最高のイメージを消費者に伝えてくれるキャッチコピーです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産のキャッチコピーを作る際の注意点【誇大広告はアウト】

3.不動産のキャッチコピーを作る際の注意点【誇大広告はアウト】

一般の取引に比べ、不動産取引は内容が複雑で金額も桁違いに高額となります。

そのため、広告内容に虚偽や誇大があると、企業や業界の信用が失われるばかりか、競争秩序が乱れてしまう可能性もあるのです。

キャッチコピーを作る際は、つい大きく見せがちですが、誇大広告になる可能性もあるのでくれぐれも注意してください。

ここでは不動産のキャッチコピーを作る際の注意点について、いくつかご紹介をしていきます。

3-1.誇大広告はNG!

消費者の購買意欲を高めるために使用されやすい「不動産の表示に関する公正競争規約」の「特定用語」については使用を控えるようにしましょう。

不動産広告の表現に関しては、基本的に表示内容を裏付ける合理的な根拠等が必要だからです。

さらに、その中でも「根拠となる事実を併せて表示していない限りは使ってはいけない」用語もある為、非常に厳しい制限が課せられています。

具体的なワードはこちらになります。

NGワード 概要
「抜群」「日本一」「日本初」「業界一」 ・他社の物件よりも優位に立つことを意味する用語
・第三者機関の調査や行政の統計データならOK、自社などの主観的なデータはNG
「特選」「厳選」 ・一定の基準により選別されたことを意味する用語
何となくではNGだが、一定の基準によりしっかり選別されていればOK
「絶対」「万全」「完全」「完ぺき」 ・全く欠けるところがないことを意味する用語
100%完璧な物件は存在しないため、使用することは不可能
「完売」 ・著しく人気が高く、売れ行きがよいという印象を与える用語
「完売間近!」など煽るような表現はNG
「最高」「最高級」「極」「特級」 ・最上級を意味する用語
・その内容の根拠となる事実を併せて表示できればOK
「お買得」「掘出」「破格」「格安」「激安」 ・著しく安いという印象を与える用語
・価格や賃料は相場が決まっており、他の物件に比べて著しく安い価格や賃料で供給されることは滅多にないから

4.「不動産 キャッチ コピー」のまとめ

不動産キャッチコピー成功事例を紹介!具体的な書き方や注意点も解説【売却・投資】

今回は不動産のキャッチ コピーについて詳しく解説をしていきました。

不動産を売るために欠かせないツールであるキャッチコピーですが、上手く打ち出せば大きな反響を得ることが出来、顧客の獲得へとつながっていきます。

このように非常に効果がある方法なのですが、作成する際には誇大広告にならないように細心の注意が必要です。

お客様の心に印象深く残る、わかりやすいキャッチコピーを作成するようにしましょう。

不動産業はこのように様々なツールを効果的に利用しながら、ビジネスを行っていくのです。

不動産業に関心を持っている方は「宅建Jobエージェント」まで、ご相談をしてみてはいかがでしょうか?

「宅建Jobエージェント」不動産に特化した転職エージェントなので、条件の良い非公開求人もたくさん保有しています。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談を受けますから、未経験の人でも安心して転職活動ができますよ!

少しでも興味のある方は「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

引用:ご存知ですか?反響が取れる不動産広告作成法 梶本のコンサル
参考:伝わるキャッチコピー アットホーム
出典:【実践大家コラム】魅力的な不動産のキャッチコピー。それ「違反」しているかも? 楽待
引用:株式会社トーシンパートナーズ
引用:株式会社クレアスライフ
引用:キャッチコピー集めました makel

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る