不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産業界で水曜日の休日が多い理由とは?もう1日の休日も紹介

「不動産業界の休日は、なぜ水曜日が多いのだろう?」素朴に疑問を感じたことはありませんか?

よく街で見かける不動産会社は、水曜日を定休日とし、土日祝日は休まず営業をしています。そのため不動産業界に就職しようとしても、二の足を踏んでしまう方もいるかもしれませんよね。

ですが、すべての不動産会社が水曜日を定休日にしているわけではありません!中には、土日祝日もしっかり休日を取れる不動産会社もあります!

今回は、不動産会社の休日が水曜日に多い理由と、土日祝日も比較的休める不動産業種の情報をまとめてみました。

休日の実情にも触れておりますので、不動産会社に就職を希望する方は、ぜひ参考にして下さい!

この記事を読むと分かること
  1. 不動産業界の仕事内容
  2. 不動産業界で水曜休日が多い理由
  3. 不動産業界の平均休日数
  4. 不動産業界で休める会社の見つけ方

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産業界で水曜休日が多い理由

不動産業界で水曜休日が多い理由

不動産会社の多くは、水曜日が休日となっています。

なぜ不動産会社では水曜休日が多いのでしょうか?今回は、その疑問について情報をまとめてみました。

1-1.土日はお客さんの来店が多く忙しいから

たいていのお客さんは土日祝日がお休みです。

そのため土日祝日に集中して多くのお客さんが、物件の相談をしに来店します。不動産業は接客業なので、お客さんの来店率が高い土日祝日に営業をするのが効率的なのです。これは大手や中小に限らず同じことがいえます。

不動産の契約は金額が高めですから、じっくりと検討しなければなりません。お客さんとしてはまとまった時間が取れる休日の方が、慎重に物件の下見や契約締結が行えるのです。

たくさんのお客さんが来店する土日祝日は、不動産会社にとって最大の稼ぎ時!ただ、この場合は主に売買や賃貸を専門にしている会社が一般的です。

管理や法人を顧客としている会社の場合は、土日祝日が休みの会社もあります。

1-2.管理会社も水曜日が休みだから

管理会社とは、マンション等の物件を管理している会社のことを指します。

管理会社は不動産会社が多くを占めているため、水曜定休が多いのです。管理会社が休みだと連絡が取れないため、物件の下見や契約条項などがすぐに確認できません。

せっかくお客さんが気に入った物件があっても、スムーズに交渉がはかどらなくては困りますよね。このような理由からも、売買や賃貸を取り扱う不動産会社は、水曜日を休日にしている傾向が多いです。

1-3.「水曜日は契約が水に流れる」という迷信・ゲン担ぎ

不動産契約は、どう転ぶかわからないもの。

契約の直前でキャンセルになってしまったり、契約を締結した後でも、急に契約解除されてしまうこともあります。

ゲンを担ぐ不動産業界では「約束事が水に流れる」という意味合いから、「水」をイメージする水曜日は避けられているのです。不動産契約は、大きな金額が動くもの。契約を無事に済ませたいという願いもあるのかもしれません。

実際のところ売買や賃貸は土日祝日が接客で多忙なため、週の中間である水曜日が休みを取るのにちょうどよいということもあります。

管理会社は基本的に契約を締結された物件を管理しているので、あまり当てはまりません。

1-4.火曜日も「火事になる」という理由で休みが多い

不動産業界はゲン担ぎを大切にしている業界です。

火曜日に関しても「火」を連想させることから、休日にしている会社も少なくありません。理由としては「火」というイメージから物件の「火事」、会社の経営が「火の車」になるのを避けるためという説もあります。

売買や賃貸の場合、土日祝日はお客さんとの交渉や下見が集中して入り、月曜日は契約書類の作成や決済などで忙しいいケースが多いです。火曜日は事務処理などがひと段落つくので、休日が取りやすくなります

管理は物件を管理するという仕事柄、シフト制の会社が多く、曜日にはあまり関係なく休日を取れるのがメリットです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産業界の平均休日は少ない?【結論→会社による】

不動産業界の平均休日は少ない?【結論→会社による】

不動産業界というと休みも返上し、夜遅くまで働くというイメージがつきものです。

実際のところはどうなのでしょうか?これから詳しく解説していきます。

2-1.休日が少なめで祝日も関係ない会社もある

基本的に不動産会社は休日が少なめで、土日だけでなく祝日も関係ない会社もあります。とくに街の小さな不動産会社は、その傾向があるようです。

ただ働き方改革などの影響もあり、大手の不動産会社では週休二日制をキッチリ取っている会社もあります。賃貸や売買の場合は、土日ではなく、火水と休むのがほとんどです。

会社により休日の内容に違いが見られるため、転職活動をする際には求人情報をきちんとチェックすることをおすすめします。

不動産業界は、年末年始やお盆にはしっかり休むところが多く、ゴールデンウィークなどの連休は営業するところが多いです。

2-2.賃貸・売買は土日の休日が難しい

賃貸・売買を取り扱う会社の場合は、土日に休むのは難しい傾向があります。

なぜならお客さんが来店するのが他の曜日に比べて、圧倒的に土日が多いからなのです。賃貸や売買は契約締結を完了させないと仲介手数料がもらえません。売り上げにならないため、どうしてもお客さんに都合を合わせるようになってしまうのです。

管理は賃貸や売買と違い、週休二日制を土日で取れる会社も多いです。管理会社の顧客は物件のオーナーや入居者であるため、基本的に交渉や連絡などは予約をしてから行われます。平日に調整してもよいので、他の不動産業務より土日に休みが取りやすいのが特徴です。

2-3.休日なのに電話対応することも

できれば避けたいことでありますが、緊急の要件の場合、休日でも電話対応を求められる場合があります。

とくに賃貸の繁忙期にはありがちといえるでしょう。会社側としては急な案件で担当者でないとわからないときは、すぐに確認したいからです。

ただし完全に休日にしてしまう会社もあるため一概にはいえません。管理会社は休日に電話応対をするケースは、ほとんどない会社が多いです。

3.休みもキッチリとれる不動産会社で働くことも可能!

休みもキッチリとれる不動産会社で働くことも可能!

不動産会社というと休日もまともに取れず、ひたすらエネルギッシュに働くというイメージが湧きがちですが、全ての不動産会社が該当するわけではありません。

休みがきっちり取れるかどうかは会社や業務内容によって決まります

ここでは、休日をしっかり取りやすい会社の情報をご紹介します。

3-1.仕事とプライベートはキッチリ分けるのも可能!

休日はしっかりと休み、仕事をする日はバリバリ働くというように、キッチリと分けるのも可能です。ただし賃貸に関しては繁忙期の場合、中々そうはいかない場合があります。

とはいえ賃貸の場合でも、一年中忙しいわけではありません。夏や秋は比較的、人の動きが鈍いので、お盆休みなどは時期をずらして取得が可能です。合格した受験生が動き出す11月から、春の引っ越しシーズンである4月上旬までが忙しさのピークとなります。

シーズンに関係なく仕事とプライベートを分けたい方は、管理会社や法人向けの会社を選ぶのをおすすめします。

管理会社は物件の管理業務を行っているため、新規のお客さんとの直接やり取りはあまりありません。法人向けの会社も顧客である法人が土日祝日は休日が多いため、決まった休日が取りやすい方です。

このような理由から休日をきちんと取りたい方は、管理や法人向けの会社を選ぶのをおすすめします!

3-2.労働環境の改善により休める会社も増えている!

ハードな勤務状況のイメージがつきまとう不動産業界ですが、人手不足や働き方改革の影響で以前よりかなり労働環境は改善しています。きちんと休める会社が増えてきているのも事実です。

働く時はバリバリ働き、休む時はしっかりと休む。メリハリをつけて、楽しみながら働ける環境の方が仕事の効率も良くなります。休みに関しては応募をする際に、実情をしっかり確認しておく方が無難です。

3-3.どうしても土日に休みたいなら法人向けや管理の会社を選ぼう!

「不動産業に就きたいけれど、どうしても土日は休みたい!」という方は、法人向けのオフィス仲介会社などに応募するのはいかがでしょうか。法人向けの会社はたいてい土日が休みなので、基本的にキッチリと土日休みが取れます。

また管理会社や開発デベロッパーなども平日に業務をこなすのが基本です。ただ開発デベロッパーは、プロジェクトの進捗状況により残業時間が長くなる傾向があります。平日の業務で完了できないと土日に出勤というケースもあり得るのです。

個人向けの賃貸仲介、売買仲介は、土日が稼ぎ時なので、ガンガン稼ぎたい方や平日休みでも抵抗のない方に適しています

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産業界で水曜日の休日が多い理由まとめ

不動産業界で水曜日の休日が多い理由とは?もう1日の休日も紹介

今回は不動産業界の休日について情報をまとめてご紹介しました!

不動産業界の休日は会社や業務内容により、休日の日数や休める曜日などがそれぞれ違いがあります。募集要項を見ただけでは実情がわからないケースもあるでしょう。

悔いのない転職を実現するには、プロの転職エージェント宅建Jobエージェントを利用してみてはいかがでしょうか。弊社では不動産に特化したプロのキャリアパートナーが、不動産業に就きたい方の就職を成功に導きます

不動産業界に精通したプロのアドバイザーが親身になって、相談に乗ってくれますよ。好条件の非公開求人やリアルな内部情報まで詳しくお伝えしますので、安心して転職活動が行えます。

相談や登録に費用はかかりません!もし何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る