不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産事務を辞めたい女性必見!ストレスできつい・あるあるな理由とは?【おすすめ転職先も解説】

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産事務を辞めたい…」そんな悩みを抱えている方はいないでしょうか?

現在、不動産事務で働いているけれど、「人間関係や仕事のハードさなどで限界」「転職でしっかり休める仕事にうつりたい」など古い体質が残る不動産業界以外の仕事をしたいという人が増えています。

ここでは不動産事務を辞めたい理由と、キャリアを活かした他業種への転職先の選び方、失敗しない転職方法についてまとめました。不動産業界から転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

1.不動産事務を辞めたい理由

不動産事務を辞めたい理由

不動産事務を辞めたい方は、まず退職理由を明確にしましょう

不動産事務を辞めたい理由は、大きく下記の4つに分類されます。

1-1.休日、給料などの労働条件が悪かった

不動産事務を辞めたい理由で多いのが、「土日祝休みじゃない」「残業が多い」「仕事の量に対して給料が安い」など、労働条件に関するものです。

不動産業はサービス業のため、基本的に土日祝日は休みではありません。また引っ越しシーズンなど繁忙期には残業が多いこともあり、休日出勤になってしまう場合もあります。

忙しい割には営業職のように給料に反映されませんので、就労意欲をなくしてしまう場合が多いのです。

1-2.クレーム対応に疲れた

不動産会社は売買でも賃貸でも顧客からのクレームが多い業界です。

扱う金額が大きく、お客様も様々な方がいらっしゃるため、クレームが入るのも日常茶飯事になります。

クレームは電話で入ることが多く、どうしても事務が対応することが多くなります。対面ではありませんが、電話で直接お客様からの批判を浴びるのも、精神的に辛いものです。

クレーム対応に疲労してしまい、これ以上耐えられないと思う場合に転職を考えるケースが多くあります。

1-3.仕事内容に興味が持てなかった

不動産事務を辞めたい理由の一つに、「自分の能力や個性」「持っている資格」などを活かせなかったというものがあります。

どの職業でもそうですが、せっかく持っている能力や資格などを十分に活かせないと、働いていてもやりがいが感じられないものです。

また事務職なのに、人手不足の際には営業の仕事までやらされるなど、自分の仕事の範囲外のことまでさせられてしまう場合も中にはあります。

1-4.人間関係が悪かった

不動産事務職は大半が女性という特殊な環境です。

男性がいるのはほぼ営業のみで、女性同士のややこしい人間関係も悩みの種となることもあります。

不動産業に限りませんが、若い女性の場合は男性社員にちやほやされるので、「お局」から陰湿なイジメを受けてしまうこともあるのです。

「お局」になるのは若い頃から入社していて、性格的に自己中心的な人に多く見受けられます。「自分がいるからこそ職場が成り立っている」と本気で考えている場合もあるので、敵に回すと非常に厄介な存在と言えるでしょう。

1-5.会社の将来が不安だった

不動産会社にはいわゆる「ブラック企業」があり、間違って入社してしまうと「セクハラ」や「パワハラ」の被害にあってしまう場合があります。

基本的に不動産業界は、男性中心で根性主義の体育会系が多く、大半の会社は事務の女性に重きを置いていません。教育体制も整っておらず、仕事をそのまま社員に丸投げしてしまう会社も多いのです。

会社に対して信頼感が持てずに、将来が不安なため退職するというケースも目立ちます。このような会社ほど離職率も高いのが特徴です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産事務を辞めたいときの解決策

不動産事務を辞めたいときの解決策

不動産事務を辞めたい理由は、人によってそれぞれ違います

辞めたいと思う原因が分かったら、その原因によって取るべき解決策を決める必要があります。具体的な解決策をご紹介しましょう。

2-1.上司・人事に相談する

辞めたいと思った原因が解決できそうなレベルの場合は、まずは上司や人事など、会社の人に相談することをおすすめします。

例えば「他部署に移動できないか」「仕事量を減らせないか」「休日を調整できないか」など、環境や条件を変更したり見直してもらったりするだけで、解決できる場合があります。

2-2.自分のスキルを上げる

会社を辞めたいと思ってしまう原因が、単純に自分の実力不足という可能性もあります。

どうしたら改善できるのかを自分でプランを作ってみるのも良いでしょう。

不動産事務は資料作成、受注の管理、請求書の作成など、膨大な量の事務を行いますから、正確かつスピード感のある事務処理を求められます。

処理能力を高め、かつミスのない仕事を期限内に完了できるように、努力することも必要でしょう。

2-3.転職を考える

上記に挙げた2つの方法で解決ができなさそうな場合は、転職を視野に入れるのも良いでしょう

職場の問題は自分の力だけで解決できるものではありません

考えても無駄な場合は、早めに見切りをつけることも必要です。

次の転職先を見つける際には、きちんとした会社を選ぶためにも「転職エージェント」を利用するのをおすすめします。転職エージェントならば企業調査もしっかり行っているので、信頼性の高い会社を紹介してくれるからです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産事務を辞めたい人の転職先

不動産事務を辞めたい人の転職先

不動産事務を辞めたい…と思ったときに考えるべき転職先として、「同業他社の事務職」か「他業界の事務職」の2つの選択肢があります。

自分が感じた不満のポイントを分析して、どこなら解決できるかで選ぶことが大前提です。それを踏まえてから、転職活動を行うようにしていきましょう。

不動産事務の求人「宅建Job」

3-1.同業他社の事務職

同じ不動産業界で他の会社の場合は、今までの職場で培ってきた不動産事務のスキルをそのまま使える可能性が高いのがメリットです。

ただし休日に不満があって転職したい場合は、同じ不動産業界だと平日休みの会社も多いので留意しましょう。

転職先が競売物件や任意売却専門の会社などは、裁判で土日は休みのため、土日祝日休みを重視する人におすすめします。業種が「管理」の会社も基本的に土日祝日が休みです。

3-2.他業界の事務職

他業界の事務職の場合、求められる知識は多少変わるものの、事務としての職種のスキルを活かすことができます。

転職先としては、「司法書士事務所」「建設会社」などが不動産業と関連性があっておすすめです。

土日祝日の休日を重視する人は、法人向け業種の事務職が最適です。法人向け業種は基本的に土日祝日は休みのため、平日のみ働くことができます。

サービス業以外はカレンダー通りの休日を取れる会社が多いので、最初に業種を選んでから転職先を見つけると効率が良いでしょう。

3-3.その他

思い切って事務職ではなく営業職に転身してみるのもいかがでしょうか

事務処理能力を活かせる仕事として、カスタマーサポート、バックオフィス全般、マンションフロントなどが挙げられます。

転職すると基本的に年収は下がる場合が多いです。次こそは環境や条件の良い職場に出会うためにも、転職エージェントの利用は必須と言えるでしょう。

不動産業界で他の会社に転職したい方は、不動産業界に強い「宅建Jobエージェント」をおすすめします。ネット検索では出てこない非公開求人を1,000件以上を用意していますから、あなたの希望にあった最適な求人をご紹介することが可能です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.「不動産事務を辞めたい理由」のまとめ

不動産事務を辞めたい女性必見!ストレスできつい・あるあるな理由とは?【おすすめ転職先も解説】

不動産事務は他業種の事務と比較すると、責任が重いうえに仕事のボリュームもあり、何かと社内の人間関係で問題が起こりやすく、ストレスが溜まりやすい仕事と言えます。

会社によっては営業職に近いハードな働き方を強要されることもあるため、ブラック企業などに間違って入社してしまうと大変な目に遭ってしまうでしょう。きちんとした会社を選ぶには、転職エージェントを上手く活用することが必要です。

不動産事務を辞めて新しい仕事を探したいと考えている方へ

もし、現在のお仕事に不満があり次の仕事を探しているのであれば「宅建Jobエージェント」にご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント」は不動産業に特化した転職エージェントなので、不動産営業や管理など不動産に関連する全ての職種の中から、あなたの希望にぴったり合った求人をご紹介できます。

時間がない方でもスマホ1台あればサービスの利用が出来ますし、履歴書や職務経歴書などもLINE・電話・メールを使って、気軽に相談できるのがメリットです。

費用は一切かかりませんので、ご興味のある方はぜひ、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

出典:平成30年雇用動向調査結果の概要厚生労働省

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る