不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産事務の志望動機・失敗しない書き方を解説!未経験の自己PR方法も紹介

不動産事務職で書類審査を通過するための「志望動機」を書くには、どのような書き方をすればいいのでしょうか?

数ある事務職の中でも、専門性とやりがいを感じられる職種として、女性を中心に人気のある不動産事務職ですが、応募する会社に良いイメージを持ってもらえるには、いくつかのコツがあります。

今回は不動産事務職で採用してもらえる志望動機を書くために、必要な情報をまとめてみました。

事前準備から始まり、具体的な志望動機の書き方の要点や「良い例」と「NG例」まで解説しますので、少しでも興味のある方はぜひ、参考にしてください!

この記事を読むと分かること
  1. 不動産事務職で志望動機を書くための事前準備【最重要】
  2. 不動産事務職に応募する志望動機の書き方【5つの要点】
  3. 不動産事務職に応募する志望動機の例文【OK事例】
  4. 不動産事務職に応募する志望動機の例文【NG事例】

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産事務職で志望動機を書くための事前準備【最重要】

1.不動産事務職で志望動機を書くための事前準備【最重要】

不動産事務職で志望動機を書くには大前提として、「業界理解」と「職種理解」がとても大切です。

事務職は営業職を支える重要な仕事のため、業界と職種についてきちんとした理解をしていることが求められます。

不動産業界の営業は何かとハードですが、良い物件をお客様に紹介すれば深く感謝される、魅力的な仕事です。不動産会社の事務職は、多忙な営業マンを裏で支えるアシスト的な業務が中心となります。

手始めに不動産業の「業界理解」と「職種理解」を解説しましょう。

1-1.不動産業界は3つの業種に分類される(業界理解)

不動産業界の仕組み

不動産業界では、主に「開発」「流通」「管理」の3つに分類されます。

簡単に解説していきましょう!

1-1-1.開発

開発のメインの仕事は、マンションや商業施設、オフィスビルなどを建てることです。

まずは金融機関や不動産流通会社などからたくさんの情報を収集し、土地を仕入れることから始まります。

主に不動産開発を専門的に行なっている企業をデべロッパーと言い、主な収益源は、建築した建物の売却代金や建物利用で発生するテナント料などです。

代表的な企業は三井不動産、東急不動産、野村不動産、阪急不動産、東京建物などが挙げられます。

1-1-2.流通

‌不動産流通は、不動産仲介と不動産販売代理事業の2つに分類されます。

不動産仲介はオーナーと顧客を仲介する際の手数料で収益を挙げる事業です。例えばマンションのオーナーに借主を紹介することなどが該当します。

不動産販売代理事業は、不動産の持ち主から販売を完全に委託され、買主を見つけるための広告活動や販売といった営業を行います。販売代理であるため、売主から手数料はもらえます買主からはもらえません

代表的な企業は三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、アパマンショップなどです。

1-1-3.管理

管理はビルやデパートなどの商業施設、マンションなどの住宅を利用する人が、快適に利用できるためのサポートを行います。

主な仕事は建物の設備管理やテナント誘致、賃料回収やトラブルの対応などで、オーナーに委託され運営管理を行うのです。学校等、公共施設の管理を担っている企業もあります。

代表的な企業は、三井不動産レジデンシャルサービス、東急コミュニティー、株式会社レジデンシャルサービスなどです。

1-1.不動産事務職の主な仕事内容(職種理解)

不動産事務職の主な仕事内容はこちらになります。

営業と違い会社の外で働くことはありませんが、どの業務もお客様をスムーズに獲得するための下地となる大切な仕事です。

1-1-1.電話や来客者への対応

物件の問い合わせなどの電話に対応したり、事務所へ来店されたお客様の受付など最初の窓口となる業務を行います。

物件についての問い合わせは、売却物件の在庫確認や賃貸物件の条件確認など内容が様々です。

問い合わせがあった物件の図面や物件概要などの資料を、FAXやパソコンで送信します。お客様や仲介会社などと直接対応するわけですから、営業マンと同様に丁寧で感じが良く、スピーディーな対応が必要です。

1-1-2.物件広告の作成

WEBサイトの物件情報の登録や修正、削除も行います。

また店頭に貼る広告POPの作成やチラシの整理(物件資料や折込チラシ)も重要な仕事の一つです。

広告POPやチラシは最初から全て作成するのではなく、テンプレートが用意されているので、写真の差し替えや文章を多少変更する程度で済みます。

1-1-3.データの管理

物件情報や顧客情報の入力や修正、更新といったデータ管理も行います。

賃貸の場合は売買より顧客件数が多いですが、更新契約等の際に漏れがないように、日頃から顧客管理をきちんとしなくてはなりません。

仕事自体はエクセルなどを使用してデータを打ちこむだけなので、パソコン初心者の方でも無理なく務まります

大手不動産会社では専用ソフトを導入し、会社全体で一元管理しているのが特徴です。

1-1-4.契約書等の作成と説明

不動産売買・賃貸借契約書や重要事項説明書の作成および説明をします。

ただし、重要事項説明書の説明は宅建士の資格を所有していなければ行うことができません。作成だけなら資格がなくても可能です。

通常、契約書や重要事項説明書も会社ごとにテンプレートがありますので、物件によって条件などを変更すれば事足ります。

とはいえ契約書や重要事項説明書は契約に関する重要な文書のため、営業マンもしくは宅建資格を持った事務員が行うことが多いでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産事務の仕事内容は4つ!未経験でも転職可能な理由とは?

2.不動産事務職に応募する志望動機の書き方【5つの要点】

2.不動産事務職に応募する志望動機の書き方【5つの要点】

不動産事務職に応募する志望動機の書き方としては、最低限押さえるべきポイントが5つあります。これから解説していきましょう。

2-1.不動産業界を選んだ理由

事務職は他業界でもたくさんある仕事です。

その中でも「なぜ不動産業界を選んだのか?」という理由を、採用する側としては最も知りたいところでもあります。

「小さい頃から家に興味があり、就職するならば不動産業界で仕事がしたいと思っていました」などと、不動産に絡めた答え方をすると良いでしょう。

2-2.会社を選んだ理由

同じ不動産業界でも「なぜ自社を選んだのか?」という点も採用する側にとっては重大なポイントです。

会社としてはこの質問で、あなたの本気度が大体分かります

答え方としては他の会社ではなく、この会社だから応募したという熱意を見せなくてはなりません。

「私の持っている将来のビジョンが貴社の経営理念と一致していて、共感することができたから」などが無難でしょう。

2-3.事務職を選んだ理由

他にも「営業」「販売」などたくさんの職種がありますが、「なぜ事務職を選んだのか?」という理由も大切になります。事

務職を選んだ人は「性格的に合っているから」という理由を上げる人が大半です。

「対人よりも事務的なことが性格にあっているので今の仕事を選びました」など、自分が事務職に応募しようとした理由を素直に伝えるだけで良いでしょう。

2-4.自分が入社した場合のメリット

ここも重要なポイントなのですが、「自分が入社した場合のメリット」をアピールすることも必要です。

自分を採用したら会社にどう貢献できるかを、具体的に伝えましょう。

Word・EXCEL・PowerPointなどのPCスキルやコミュニケーション能力でもいいのです。不動産業に必要な「宅建」の資格を持っていると、とても有利になります。

2-5.将来自分がどうなりたいか

将来のキャリアビジョンを示すことも大切なポイントです。

将来なりたい自分がなりたい姿」から逆算して、事務職につくことがどう結びつくかを説明できるようにしてください。

採用選考において会社がとても気にしているのは「すぐに辞めないかどうか」です。

そのため長く働いてくれそうな人を採用しますので、未来に向かってその会社でビジョンを描けるような人が採用されやすくなります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産事務職に応募する志望動機の例文【OK事例】

3.不動産事務職に応募する志望動機の例文【OK事例】

それでは実際に「会社に良い印象を与えられる」志望動機のOK事例をご紹介します。

ポイントとしては「論理的であること」や「根拠が明確で、できれば実績など数字で語れること」が大切になります。

3-1.事務職の経験がある場合の例文【OK事例】

事務職の経験がある場合の例文はこちらです。

事務職を経験している人ならではのパソコンなどを使ったスキルなどをアピールすると、即戦力になるとして採用率が高まります

志望動機のOK例文はこちらです。

「私はこれまでにデータ入力や営業アシスタント、電話対応業務などの事務職を経験し、営業マンと連携を取り合いながら業務を進めてまいりました。ワード・エクセルを使った資料作成なども対応でき、パワーポイントを使用したプレゼン資料作成も得意としています。その事務経験を生かしたいと考えて、今回志望致しました。」

3-2.事務職が未経験の場合【OK事例】

事務職が未経験の場合は、今までに培ってきた経験やスキルを活かして、事務の仕事に携われることをアピールすると良いでしょう。

さらに新しい仕事に対しての熱意を見せるのもおすすめです。

志望動機のOK例文はこちらになります。

「私は人当たりが良く穏やかな性格で、社内の人々と上手くコミュニケーションを取って業務を遂行するタイプです。前職の受付業では常にお客様を誠実な態度でお迎えし、多くの方から喜んでいただけました。事務は未経験ですが、学生時代にエクセルやワードなどを使いこなしていましたので、パソコンのスキルはある程度持ち合わせております。また受付をしていたため、接客や電話応対には自信があります。今までの経験を活かして働き、入社後は資格などの勉強も始め、御社に貢献していくことを目標としております。」

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産事務職に応募する志望動機の例文【NG事例】

4.不動産事務職に応募する志望動機の例文【NG事例】

ここでは不動産事務職に応募する志望動機の例文の「NG事例」をご紹介します。

会社の利益より自分の利益を追求するような内容はくれぐれも避けるようにしてください。

4-1.待遇面(給料・残業・休日など)に関する意見が多い

本人にとっては一番気になる点かもしれませんが、給料や残業、休日などの待遇面に関する意見は、書かないようにしましょう。

自分の待遇ばかりを気にして会社に貢献するような熱意が見られない人は、さらに条件が良い会社があると、すぐに辞めてしまうようなマイナスイメージを持たれかねません。

待遇面に関する条件は、転職エージェント等を利用して情報を上手く集めましょう

志望動機のNG例文はこちらです!

「私が貴社に応募させていただいた理由は、給料が安定していて残業が少ないところです。また休日もしっかり取得できるとのことで、長期的に無理なく働ける環境であることにも魅力を感じました。福利厚生もきちんとしていてすばらしいと思います。」

4-2.勉強したいアピールが強い

勉強したいという向上心は悪いことではありませんが、あまりにもアピールし過ぎると会社に悪い印象を与えてしまいます。

自分の勉強や経験の為に会社を利用するようなイメージを感じさせてしまうのです。

会社は学校ではありません。会社とは社員を雇うことにより利益を生み出すものであって、勉強を教える場所ではないのです。

最低限の社員教育は研修などで行いますから、あとは自分自身の力で能力やスキルを磨いていくように心がけましょう。

志望動機のNG例文はこちらです!

「私が貴社に応募させていただいたのは、自分の事務的なスキルを磨くためです。また将来的には宅建の資格を取得することを考えております。貴社では資格の取得に対してバックアップ制度があるとのことです。貴社で働くことは自分の学びにも非常に役に立つと思い、志望させていただきました。」

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産業界で内定を獲得する志望動機の書き方【新卒・中途・未経験】

「不動産事務職 志望動機」のまとめ

不動産事務の志望動機の失敗しない書き方を解説!未経験の場合の自己PR方法も紹介

不動産事務職は華やかな職種ではありませんが、営業マンを裏から支える、極めて重要なパートナー的存在です。

事務職がきちんと事務作業をやってくれることにより、営業の仕事がスムーズにいき、ひいては会社に大きな利益をもたらします。

営業職と違って「飛び込み」もなく給料の大幅な変動もないため、安定した環境で働けるのがメリットです。残業や休日出勤なども基本的にないため、女性の場合は家庭との両立もしやすいでしょう。

ただ会社によってはそうもいかない場合もありますので、きちんとした会社選びが必要となります。不動産事務職のお仕事を探している方は、宅建Jobエージェントへご相談をしてみてはいかがでしょうか?

不動産事務の仕事に興味がある方へ

宅建Jobエージェントは不動産に特化した転職エージェントなので、条件の良い非公開求人をたくさん保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗りますので、経験のない方でも安心して転職活動ができるのがメリットです。

少しでも興味のある方はぜひ、宅建Jobエージェントまでお気軽にお問い合わせください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る