不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産事務の仕事内容は4つ!未経験でも転職可能な理由とは?

不動産事務の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか?

「不動産」と聞くだけで、忙しそう、難しいことをするんじゃないか?とネガティブな想像をされるかもしれません。

確かに不動産業界は、まだまだ多忙な会社が多いのも事実ですし、不動産業務は幅広い知識が要求されます

でも心配は無用です。不動産事務は未経験からでも挑戦することができ、とてもやりがいのある仕事です

不動産事務での就職・転職に少しでも興味のある方は、まずはこの記事を最後まで読んでみてください!

この記事を読むと分かること
  1. 不動産事務の仕事内容
  2. 不動産事務の待遇面
  3. 不動産事務のメリット、デメリット
  4. 不動産事務に向いている人
  5. 未経験でも不動産事務での転職は可能か?

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産事務の仕事内容4つ

不動産事務の仕事内容4つ

不動産事務を一口で言えば、営業活動をサポートする仕事です。

競合ひしめく中、営業マンは新規顧客の獲得から物件案内、契約準備など、日夜さまざまな業務に追われています。

そんな営業マンを支える不動産事務は、いわば「部活のマネージャー」の様な存在です。

ここでは、WEB上で掲載されている不動産事務の求人内容を基に、その仕事内容を大きく4つに分類しました。

1-1.一次接客・問い合わせ対応

来店客の受付や、電話等での問い合わせに対する一次対応を行い、営業マンへ顧客を引き継ぎます

その後の物件案内などは、基本的に営業マンが行います。

例えば、「ご予約されていますか?」「お部屋をお探しでしょうか?」と訪問されたお客様に対しお声がけをし、必要があれば受付シートなどに名前や住所などを記入してもらいます。

ただし、店舗によっては不動産事務に限定した仕事内容ではなく、営業職が受付をする場合もあります。

本部(本社)の場合だと、オーナー様や他社の不動産営業職、不動産管理職などあらゆる方が来社されるので覚えておきましょう。

1-2.広告物の作成

営業マンの指示に従い、新聞やチラシ、WEB媒体に掲載する広告物の作成をします。

例えば、広告に記載する物件概要や間取り図などをまとめた「マイソク」の作成などが挙げられます。

1から全て制作するのではなく、テンプレートが用意されていることが多いです。

作成後は、媒体への出稿および修正なども行います。

1-3.データ管理

取り扱う不動産の物件情報や顧客情報の入力や修正、更新といったデータ管理を行います

中小企業ではエクセルを使用して管理を行うことが一般的な様ですが、大手不動産会社では専用ソフトを導入し、会社全体で一元管理しています。

いずれにしても、専門的なスキルは不要ですので、パソコンにあまり慣れていない方でも心配なく取り組んでいただけるでしょう。

1-4.契約書等の作成および説明

不動産売買契約書や重要事項説明書の作成および説明をします。ただし、作成にあたっては営業マン、もしくは大企業であれば専門の部署で行うことが一般的です。

重要事項説明書の説明については、そもそも宅建士資格を所有していなければ行うことができません。

なお、「大企業」と「中小企業」では、任せられる業務範囲が若干異なります

大企業は業務効率化を図るため各業務を担当制にする場合が多く、一方中小企業はスタッフの数が限られることから、幅広く業務を任せられる傾向があります。

また求人サイトでは「一般事務」および「宅建事務」と種類を分けて掲載されていることがあります。

一般事務は上記1〜3まで、宅建事務は宅建士資格が必要な4を含んだ業務範囲と理解していればよいでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産事務の給与相場

不動産事務の給与相場

求人サイトの統計データによると、正社員の場合、年間の平均給与は約373万円(月給31万円)となっています。

また派遣社員の場合は平均時給が1,403円、アルバイト・パートでは1,004円と試算されています。

なお、宅建士資格を保有している場合、企業によって異なりますが、通常5,000円〜10,000円程度/月の資格手当が付与される場合がありますので、求人内容をチェックしてみましょう。

3.不動産事務の休日・残業

不動産事務の休日・残業

不動産会社のほとんどが土日祝日必ず営業しているため、平日休みが多いです。

一般的に、火曜・水曜もしくは水曜・木曜を2連休とします。なお、休日出勤はほとんどありません

土日祝日にの祝日にこだわりたい場合、店舗の不動産事務ではなく、本社事務だと休み希望の融通が利くところが多いのでおすすめします。

また、残業もあまり無く、通常は定時で帰宅することができます。ただし、2月〜3月は契約取引が多く繁忙期となるため、場合によっては残業が発生することもあります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産業界で水曜日の休日が多い理由とは?もう1日の休日も紹介

4.不動産事務の福利厚生

不動産事務の福利厚生

正社員として就職した場合は、会社の福利厚生を利用することができます

大企業であれば、グループ会社の各種割引や保養所なども利用することができるのでオススメです。資格手当てや残業代、研修手当てなども充実しています。

一方で、中小企業の場合は福利厚生があまり充実していないことが多いです。

福利厚生を重視される方は、「正社員」かつ「大企業」の求人に絞って応募することがよいでしょう。

5.不動産事務4つのメリット

不動産事務4つのメリット

そんな不動産事務のメリットとデメリットも気になるところ。まずはメリットを4つ見ていきましょう。

5-1.時給が高い

業界未経験であっても、高時給の求人が多いことが特徴です。

都心の不動産会社であれば比較的に高時給ですが、地方や郊外であっても大手不動産会社では1,500円以上の求人も数多くあり、一般的な事務職の給与相場よりも高いことがうかがえます。

さらに、宅建士資格を取得することにより、時給アップが狙えることも不動産事務のポイントです。

5-2.不動産の勉強になる

仕事を通じて、不動産に関わらず、税金や住宅ローンに関する知識が自然と身についていきます

ご自身が不動産を売買、賃借する際も、ここでの知識がきっと役立つはずです。

5-3.宅建を活かせる

「何か資格を」ということで、宅建士免許を取得された方もいるはず。

不動産事務では、仕事を通じて宅建を活かすことが出来ます。また、先述した様に資格手当を貰える可能性もあります。

5-4.パート・アルバイトOK

パートやアルバイトでの求人もたくさんあります

主婦やフリーターの方が気軽に始められる点はメリットとして捉えられますね。ただし、学生アルバイトはお断りしている場合もあるため注意が必要です。

不動産事務の仕事は幅広いことから、業務内容を特化し、時間を決めて働くという手段も検討してみてはいかがでしょうか。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

6.不動産事務4つのデメリット

不動産事務4つのデメリット

続いてデメリットを4つ紹介します。

6-1.基本的に派遣が多い

「事務」という職種柄、正社員ではなく「派遣」という求人方法をとっている会社が多いのも事実です。

まずは派遣から仕事をはじめ、業界経験を積んだ後、正社員に挑戦するという方法もよいでしょう。

6-2.飲み会が多い

不動産業界は営業マンの割合が大きいためか、他業界よりも飲み会の頻度は多い様です。

「目標達成はみんなの働きがあってこそ!」という考え方のせいで、不動産事務の女性でも強制参加という経験をした方がいるのも事実です。

しかし、最近は世の中の流れと同様に、不要な飲み会は敬遠される傾向にあります

6-3.業務の幅が広く覚えることが多い

不動産業務が幅広い分、それをサポートする不動産事務の仕事も必然的に覚えることが多くなります

幅が広いゆえに、一つの仕事を完璧にこなせるようになるのが遅くなってしまうこともあります。特に、不動産特有の商慣習などは、時間をかけて体得していく必要があります。

しかし、慣れてしまえばそれもルーティーンワークです。最初の数ヶ月だけ頑張れば、業務を効率的に進められるようになります。

6-4.土日休みが少ない、平日休み

お客様商売であるため、平日休みの求人が多くを占めています

また、イレギュラーに土日休みを申請する場合であっても、繁忙期は受け入れてもらえない可能性もあるため、特に子育て中の方にとっては難しい勤務条件となります。

ただし、平日休みだからこそ、混雑を避けて買い物を楽しめ点という発想もあります。そのため、休日にこだわりがないのであれば、デメリットとして捉える必要はありません

7.不動産事務に向いている人

不動産事務に向いている人

メリットとデメリットが理解できたところで、不動産事務の仕事にはどの様な方が向いているのでしょうか。

7-1.接客が好き

お客様と接する機会が多く、またお客様もファミリーや単身者とさまざまなため、接客好きの方には特にオススメです。

7-2.メンタルが強い

パワフルな人が多く働く不動産会社では、時に難易度の高い要求を受ける場面もあるかもしれません

そんな中でも業務を全うできる強いメンタルを持つ方は、きっと社内で重宝されることででしょう。

7-3.不動産業界経験がある

業界経験者は職務の内容によって、待遇面で優遇される可能性があります

しかし、業界未経験でも募集している会社は数多くあり、また必要スキルは一般事務の内容であるため、採用面において目立った優劣は無いかと思われます。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

8.「不動産事務の仕事内容」まとめ

不動産事務の仕事内容は4つ!未経験でも転職可能な理由とは?

以上、不動産事務の仕事内容を紹介しました。

不動産事務は何かの業務に特化するというよりは、接客や資料の作成など、他の事務職よりも幅広い業務内容です。そのどれもが難しいわけではなく、仕事を通じて誰もが習得できる内容となっています。

そのため、不動産業界の経験が無くても挑戦することが十分可能なのです。

また、仕事の中で不動産知識を勉強できるうえ、宅建士免許を取得することで業務の幅や待遇面を向上させるチャンスもあります

まずは難しく考えずに、不動産業界の門戸を叩いてみましょう。もし、他にもご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

数々の就職・転職を成功させてきた実績を持つ「宅建Jobエージェント」キャリアアドバイザーが、ご相談に乗らせていただきます!

無料で相談する

出典:不動産事務の仕事の年収・時給・給料情報 – 求人ボックス給料ナビ

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る