不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産テックとは?仕組み・求人・日本アメリカ企業事例・学べる本も紹介!【カオスマップ付き】

不動産テックとは、いったい何なのでしょうか?

IT技術などのテクノロジーを不動産ビジネスに活用する動きであることは、想像がつく人が多いかもしれません。

しかし不動産テックは、単純なIT化以上の大きな意味を持っています。

不動産企業の業務を効率化したり、消費者の利便性を高めたりするだけではなく、不動産業界の構造やビジネスモデルを変える可能性まであるのです。

今回は不動産テックの仕組みやサービスの事例、具体的な企業などを、わかりやすく紹介します。

不動産テックについて知れば、これからの不動産業界がどこへ向かおうとしているのか、よく分かるでしょう。

この記事を読むと分かること
  1. 不動産テックとは何なのか?
  2. 不動産テックで出来ることの例
  3. 日本の不動産テック企業やサービス
  4. IT先進国アメリカ・中国の不動産テック企業
  5. 不動産テック分野の将来性
  6. 不動産テックについて詳しく学べる本

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産テックとは【不動産×テクノロジー】

1.不動産テックとは【不動産×テクノロジー】

不動産テックとは、IT技術を活用した不動産関連の技術・サービスのことです。

「IT技術を不動産分野に活用しようという流れ」そのものも、言葉の意味に含まれています。

不動産テックという呼び名は、「不動産」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語です。英語で不動産を意味する「Real Estat」と「Technology」を組み合わせて「ReTech(リーテック)」と言われることもあります。

不動産テックの仕組みや内容については、下記で詳しく解説します。

1-1.最先端の技術であらゆる課題を解決できる

不動産テックでは、次のような最先端技術が活用されています。

不動産テックで活用される技術の例

  • AI : 人工知能。大量のデータを分析させることで、適切なデータが瞬時に取り出せる。
  • IoT : モノをインターネットと接続する技術。物や設備の遠隔操作などが可能になる。
  • VR :本物のような仮想空間をコンピュータ上に作り出し、視覚などで疑似体験する技術。
  • AR :実在する景色の映像にバーチャルの情報を重ねて表示する技術。
  • ブロックチェーン : ネットワークに接続した複数のコンピュータ間でデータを共有するシステム。安全なデータ管理や業務の効率化が可能。

これらの技術を活用すれば、不動産業界が抱えるさまざまな課題を解決できると言われています。

不動産テックで解決できる課題

  • IT化の遅れによる「非効率な業務」
  • 消費者が物件情報などを得にくい「情報の不透明さ」
  • データの不足による「物件価値の分かりにくさ」
  • 空間のシェアなど「新しい価値の提供」

つまり、不動産業者の業務効率化はもちろん、お客さんの利便性を向上させることも可能になります。

1-2.カオスマップで不動産テック業界がわかる

日本でも不動産テック関連のサービスやメディアはすでに多く登場しています。

不動産テック カオスマップ 最新版(第6版)2020年6月15日

(一般社団法人)不動産テック協会が作成しているカオスマップ(業界地図)では、具体的なサービス名や企業名を一覧で把握することが可能です。

弊社、宅建Job運営元の不動産投資メディア「イエベスト」も、不動産テックを活用したメディアとしてカオスマップに掲載されています。

不動産取引に役立つ情報を提供していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

日本最大級の不動産投資情報サイト「イエベスト」

1-3.不動産テックについて学べる本

不動産テックについて詳しく学びたい人には、『不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経BP社)』という本がおすすめです。

不動産テックの最先端、アメリカの不動産業界に起ころうとしている変化が図表や写真、数値を混じえながら解説されています。

下記のような疑問はこの本を読めば分かるでしょう。

  • どんな企業が不動産テックに乗り出しているのか?
  • どんなビジネスモデルがあるのか?
  • 不動産テックの登場によって業界はどう変わったのか?

アメリカに身を置く研究者やジャーナリストが書いているため、新しい事例が豊富です。

日本には欧米のトレンドが5〜10年遅れて入ってくると言われているので、不動産テックに関してもアメリカの事例が参考になります。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産テックで出来ること【職種別】

2.不動産テックで出来ること【職種別】

不動産テックと一口に言っても、IT技術と不動産を結びつけてどんなことが可能になるのか、よく分からない人もいるかもしれません。

以下では、日本で展開されているサービスを例に出しながら、不動産テックでできることを具体的に紹介します。

2-1.不動産管理業務

IT技術を活用すれば、不動産会社が行う管理業務管を効率化できます。

たとえば、顧客情報や契約情報、売上などをシステムとして一括で管理することでコスト削減が可能です。株式会社ネオスでは、『MAMA』『ZOE』などの不動産業者向けの管理システムを開発しています。

また、株式会社TATERU の『Mireru』というサービスでは、遠隔で物件の鍵を開閉することも可能です。内見のときに鍵の受け渡しをする手間が省けるうえ、セキュリティ面も改善されて管理業務の負担を減らせます。

2-2.不動産仲介業務

不動産売買や賃貸の仲介業務を効率化する不動産テックサービスも登場しています。

イタンジ株式会社が運営する『OHEYAGO』という賃貸情報サイトでは、内見の予約から入居申込まで一連の手続きをサイト上で完結できます。

不動産会社側としては、これまで営業マンが担当していた手続き上の雑務が減り、業務の効率化が可能です。また、お客さん側からしても、不動産屋に行なくても手続きが進められるメリットがあります。

2-3.不動産関連メディア

物件情報を提供するメディアは、いち早く不動産テックが進んできた分野です。『SUUMO』や『HOME’S』といった物件情報メディアは、すでに知っている人も多いでしょう。

今まで不動産会社を通してでしか知れなかった物件情報をネット上で見られることは、消費者の利便性を高めました。

それらのメディアに加えて、近年では不動産テックに特化した情報メディアも登場しています。

SUMAVE』というメディアでは、不動産テックに関するニュースや海外事例、実証データ、レポートなどのコンテンツを発信しており、不動産テックの最新動向を知れます。

2-4.不動産情報(物件情報をのぞく)

不動産に関する情報(データ)は、物件情報以外にも多くあります。それらの情報を扱う際にテクノロジーを活用すれば、データ管理を効率化したり、マーケティングの効果を高めたりすることが可能です。

株式会社セレットが提供している『CERET』は、異なるデータ形式の書類を一元管理できる不動産業者向けサービスです。

登記簿謄本のPDFを画面にドロップするだけでデータ化できる機能や、登録された登記情報に変動があれば知らせてくれる機能もあり、業務を効率化できます。

また、株式会社アイリッジの『ジオリーチ』では、同社が保有するデータやユーザーの位置情報を活用したサービスを展開しています。特定エリア内の消費者の行動や属性を分析できるため、より効果の高い不動産広告を打つことが可能です。

2-5.不動産投資ローン・保証

住宅ローンの申請や借り換えなどに必要な計算も、IT技術を活用すれば瞬時にできます。

株式会社MFSが運営する『MOGE CHECK』は、今現在の住宅ローンと全国120銀行のローンを瞬時に比較し、借り換えた際のメリットを試算できるサービスです。

また、同じ運営元の『MOGE SCORE』では、年収などの情報をフォームに入力するとローンの借入可能額や、毎月の支払い額を簡単に算出できます。

これらのサービスを活用すれば、不動産業者の業務負担が軽くなることはもちろん、お客さんにとっても必要な情報をより早く手に入れられるメリットがあります。

モゲチェックの評判・口コミ|不動産投資ローン借り換えで金利約450万円削減!

2-6.不動産査定

大量のデータをAIに分析させれば、不動産の価格や将来的な価値をすぐに算出できます。

リーウェイズ株式会社が運営する『Gate. Market Survey』は、1億件以上の不動産ビッグデータをもとにレポートを作成するツールです。蓄えられたデータをもとに、賃料の分布や賃貸物件数、将来的な賃料変化などをエリアごとに算出できます。

不動産取引の意思決定をするときはもちろん、適切な賃料を設定するときにも役立つでしょう。

2-7.スペースシェアリング

スペースシェアリングとは、空き物件や特定のスペースをシェアすることです。民泊やシェアオフィスなど不動産の新たな使い方として近年、注目を集めています。

空き部屋を貸したい人と宿泊希望者をつなぐ『Airbnb』などのサービスは、知っている人も多いかもしれません。

貸し会議室から球場まで、さまざまなレンタルスペースの予約・決済が可能な『SPACEMARKET』というサービスも有名です。

2-8.不動産内見・内覧

VRを活用すれば、現地に行かなくても物件の内見・内覧が可能となります。

ナーブ株式会社が提供している『VR内見』では、ヘッドマウントディスプレーを装着することにより、現実に近い感覚での内見が可能です。

複数の気になる物件をVRで確認し、より興味の湧いた物件だけを現地で内見すれば、仲介業者もお客さんも手間が省けます。

また、ARを活用してバーチャル空間に間取りを再現することも可能です。

iLMiO AR』というアプリでは、スマートフォンのカメラで写した部屋に、家具の3D データを実物大で配置できます。入居前であっても家具のレイアウトをシミュレーションできるので、入居後のギャップを減らし、契約前の不安を解消できるメリットがあります。

2-9.鍵や家電の遠隔操作・物件の監視

IoTの技術を活用すれば、設備や家電を遠隔操作したり、システムを通して物件の状況を監視したりできます。

たとえば、株式会社ライナフが提供しているサービス『NinjaLock』では、専用の機器を鍵に取り付けるだけでスマートフォン上から鍵を開閉することが可能です。アプリ上での鍵の共有や、開閉できる時間の制限もでき、利便性やセキュリティ面も考えられています。

また、大崎電気工業株式会社の『home watch』というクラウドサービスでは、外出先から部屋の状況を確認できたり、帰宅前に照明やエアコンを付けたりといった遠隔操作ができます。賃貸物件のオーナーや管理会社が、入居者の利便性を高める目的で導入するケースも多いようです。

2-10.マッチングサービス

不動産物件を探す場合、不動産会社に行く、情報サイトを見るなど、今まではお客さん側が行動を起こす必要がありました。

しかしマッチングサービスを利用すれば、わずかな手間で希望条件に合った物件を探せます。

たとえば、『ietty』という賃貸物件の仲介サイトでは、最初に登録した希望条件に合わせて、AIが物件を提案してくれます。

AIの提案に加えて、チャット上で営業マンによる物件の提案を受けることもでき、内見の手配も可能です。

このようなサービスでは、お客さんのニーズが可視化されるうえ、接客にかかる時間が減ります。不動産会社側からすると、商機を増やせるメリットがあります。

2-11.リフォーム・リノベーション

Web上のプラットフォームを活用すれば、リフォーム・リノベーション業者と消費者を簡単にマッチングさせることも可能です。

リフォーム分野の代表的なサービスとしては、『ホームプロ』があげられます。家の状態や予算に合わせて、約1,000社のリフォーム会社の中から、対応可能な会社を複数紹介するサービスです。

リクルート・オージーキャピタル(大阪ガス100%出資)・NTT西日本・NTT東日本が出資する合弁企業が運営していて、リフォーム会社紹介サイトの先駆けでもあります。

リノベーション分野では、株式会社 WAKUWAKUが運営する『リノベ不動産』というサービスが有名です。中古物件選びから設計デザイン、リノベーション工事までをワンストップで完結できる仕組みのため、消費者にとっては利便性が高いと言えるでしょう。

2-12.クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、個人を中心とした投資者から資金を集めて、不動産などへの投資・融資を行うサービスです。

高額の資金が必要な不動産投資は、個人にとってハードルが高いと言えます。

しかしインターネットの発達によって、より多くの人から少額の資金を集められるようになりました。

OwnersBook』や『CREAL』といったクラウドファンディングでは、1口1万円からの少額で投資できます。ユーザーは、物件情報や想定利回りなどを見たうえで投資可能です。

これらのサービスでは、個人が気軽に不動産投資を行えます。不動産業者側からしても、これまで資金調達が難しかったプロジェクトを動かせるメリットがあります。

3.不動産テックと呼ばれる企業を紹介【上場・日米中】

3.不動産テックと呼ばれる企業を紹介【上場・日米中】

不動産テックと呼ばれる企業は、すでに世界中に多くあります。

その中でも代表的な企業や有力な企業を、日本と海外に分けて紹介します。

3-1.上場している不動産テック企業

不動産テック企業は、日本国内にも多数あります。

下記は、日本で上場している不動産テック関連企業を一覧にしたものです。

企業名 不動産テックへの取り組み
GAテクノロジーズ AIなどを活用した中古不動産関連サービス「RENOSY」を運営。業者間での物件情報サイトや、仲介業務のサポートツールなど法人向けサービスも展開。
TATERU インターネットを活用したアパート経営プラットホームを展開。
LIFULL 不動産情報サイト「HOME’S」を運営
ジェイホールディングス 不動産投資家向け、管理会社向けのプラットフォームを開発。
SREホールディングス AI技術を活用した不動産事業・コンサルティング事業を展開。
ランディクス 不動産売買のマッチングサービスを提供。
アンビション 住宅のIT化ツール、仲介業者向け契約管理システムなどを提供。
ハウスドゥ 加盟店向けに営業支援システムを提供。子会社が不動産査定アプリを開発。
ロードスター 不動産クラウドファンディングのプラットフォーム「OwnersBook」を運営。
いい生活 仲介業者、管理会社向けの業務効率化システムを提供。
ギガプライズ 集合住宅向けIoTプラットフォームやVRによる不動産接客システムなどを提供。
日本情報クリエイト 賃貸物件の管理ソフトや業者間での物件共有システムなどを提供。
プロパティデータバンク 不動産・施設を管理するクラウドサービスの提供。
弁護士ドットコム ウェブ完結型のクラウド契約サービスを提供。
アルヒ 住宅ローンの申し込みから実行までを一括できるシステムなどを提供。
シノケングループ 賃貸経営をサポートするオーナー向けアプリを開発・提供。
カチタス 自社のポータルサイトを入口とした中古住宅の買取・再販事業を展開。

上記の中でも今勢いのある不動産テック企業は、GAテクノロジーズです。

「不動産業界にテクノロジーで革命を起こす」を志に創業され、わずか5年で東証マザーズに上場。現在も右肩上がりで業績が伸び続けています

弊社、宅建jobではGAテクノロジーズの求人を取り扱っているため、紹介が可能です。GAテクノロジーズへの転職に興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

3-2.アメリカ・中国(海外)の不動産テック企業

不動産テック先進国のアメリカでは、関連企業が増え続けています。

近年でとくに大きな動きは、Amazonが全米最大の仲介会社グループRealogyとの共同事業として「TurnKey」を設立したことです。

Amazonが集客したユーザーに仲介エージェントを紹介するビジネスモデルで、将来的にはAmazonが提供するスマートホーム機器でユーザーを囲い込む目的もあると言われています。

AmazonといえばGoogleやAppleなどと合わせて「GAFA」の一角とされる巨大IT企業です。そんな企業が不動産テックに乗り出したことは、不動産テックの将来性や市場規模の大きさを物語っていると言えるでしょう。

そのほかアメリカで有名な不動産テック企業としては、物件情報サイトの「Zillow」。価格アルゴリズムを活用して物件を査定し、業者自ら買い取って転売している「Opendoor」や「Offerpad」などがあります。

一方、IT技術の高さで知られる中国でも、不動産テック関連のベンチャー企業が多数出てきています。

その中でも代表的な企業が、「Homelink(链家)」という2001年に設立された仲介会社です。新築・中古・賃貸物件、リゾート不動産や海外不動産などのマッチングサービスを提供していてます。

アプリやオンライン上のプラットフォーム、実店舗を複合的に駆使して今や中国最大級の仲介会社となりました。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産テック企業の将来性

4.不動産テック企業の将来性

不動産テック企業への就職を考えている人や、不動産テック企業との取引がある人にとっては、その将来性が不安な人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、今のところそのような心配は必要ありません。不動産テック企業は、これからも伸び続けます。

なぜなら不動産業界は、市場規模が大きいわりにIT化が進んでいないからです。

日本の不動産業界は市場規模が46兆5,3634億円あり、GDPの11.3%を占めるような大きな業界です。そのうえ、利益率は約11.1%と他業界よりも高い傾向にあります。
(出典:年次別法人企業統計調査(平成30年度) – 財務省)
(出典:2018年度国民経済計算 – 内閣府)

しかし不動産業界では未だにFAXを使うことがあるなど、かなりIT化が遅れています。

つまり、不動産テック企業が活躍する余地がたくさん残っているのです。

その伸びしろの大きさは、(一般社団法人)不動産テック協会が作成している「不動産テック カオスマップ」に掲載される企業・サービス数を見れば明らかでしょう。

掲載されている企業・サービス数は、約3年で80件から352件にまで増えています。

5.「不動産テック」のまとめ

不動産テックとは?仕組み・求人・日本アメリカ企業事例・学べる本も紹介!【カオスマップ付き】

不動産テックは、AIやVR、ブロックチェーンといったIT技術を不動産分野に活用する取り組みです。

これらの最先端技術を活用すれば、不動産の管理業務や仲介業務を効率化できるほか、お客さんの利便性も大幅に向上します。また、空きスペースのシェアやレンタルといった、不動産の新たな使い道も広がることでしょう。

不動産テックは近年になって始まったばかりですが、今後はますます広がりを見せると予想できます。不動産業界の市場規模の大きさや、IT化の遅れによる改善の余地が、大きなビジネスチャンスとなっているからです。

日本も例外ではなく、今後は不動産テック企業が業界大手にのし上がる日も近いかもしれません。

不動産テック企業で働いてみたいと考えている方へ

もし、これから不動産業界で活躍したいと考えているなら、不動産テック企業への就職も検討してみてはいかがでしょうか。

宅建jobは、不動産業界に特化した転職サービスです。本文中で紹介したとおり、GAテクノロジーズなどの不動産テック企業の求人も取り扱っています。

業界や各社の事情にも精通しているため、相談のうえご要望に合わせた高待遇の求人を紹介することも可能です。

登録・利用は無料のため、安心してご相談ください。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

出典:一般社団法人 不動産テック協会
出典:不動産テック関連が株式テーマの銘柄一覧 – Kabutan

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る