不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

リフォーム営業の女性が増えている!働く際のメリット・デメリットも解説

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

近年リフォーム業界では女性が活躍しており、女性のリフォーム営業を見かける機会も増えてきました。

ただ、いまだにリフォーム業界には男性のイメージが強いといえるようです。

この記事では、リフォーム営業に女性が増えている理由などについて解説をします。これから女性の方でリフォーム営業として働くことを検討している方はぜひ、参考にしてください。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

1.リフォーム営業に女性が増えている理由

1.リフォーム営業に女性が増えている理由

リフォーム営業というと「オジサマの営業マン」を思い浮かべる方が多いようですが、近年では女性の営業も少なくありません。

ここでは、リフォーム営業に女性が増えている理由について解説をします。

1-1.女性は住まいに関する知識力が高い

女性のリフォーム営業が業界で求められている理由の一つは、一般的に女性の方が男性より家事をする割合が高いため、水回りの設備などに強いということです。

たとえば、システムキッチンの流し台や収納などについては、女性の方が家庭での実体験が豊富なため、お客様に役立つ知識をアドバイスできます。

日頃から住設機器を使い慣れている女性ならではの目線で、役に立つ機能などをお客様の奥様に紹介することも可能です。

住設機器に関してリアリティあふれる説明ができるので、お客様がつい何でも聞いてしまいたくなるような雰囲気づくりも簡単にこなせます。

関連記事はこちら!
リフォーム営業はきつい?飛び込みもするの?【転職に役立つ資格も紹介】

1-2.大手企業でも女性のリフォーム営業に力を入れている

良い人材を採用しようとすると、もはや女性の存在は欠かせません。

業界大手の積水ハウスグループのリフォーム会社「積水ハウスリフォーム」では女性が活躍しており、神戸営業所ではメンバーの7割が女性です。

それぞれが培ってきた今までの価値観や経験を強みにし、お客様へ適切なアドバイスを提供しています。

積水ハウスリフォームでは約400人の女性営業マンが活躍しており、男性営業マンに勝るとも劣らない勢いです。*1

現在では同社で働いている営業マンの半数を占めており、リフォーム業界における営業ウーマンは年々その存在感を増しています。

2.リフォーム営業で女性が働くメリット

2.リフォーム営業で女性が働くメリット

ここでは、女性がリフォーム営業として働くメリットについてご紹介します。

リフォーム営業の不動産求人/転職情報はこちら!
宅建Job「リフォーム営業の不動産求人/転職情報」

2-1.お客様に安心感を与えられる

世の中には男性の営業マンが怖いと感じている人も実は少なくありません。

女性のお客様の場合は特にそう感じる方も多いでしょう。実際にリフォームの打ち合わせをするときには担当営業が自宅に入るため、日中奥様しかいない場合には同性である女性が担当すると安心するようです。

住まいに関することは旦那様より奥様の方が主体的に進める場合が多いので、「こんなことに困っている」「こういう点を便利にしたい」など、細かい悩み相談にも乗ることができます。

2-2.成果に応じて給料が上がる

性別で差別される業界はいまだに多いものですが、リフォーム業界は実力さえあれば売上を作りガンガン稼いでいくことが可能です。

そのため、成果を上げれば女性でも高収入を稼げます。

収入の面だけではなく、実力がある女性は営業所の所長など役職に就いてバリキャリとしてキャリアを重ねていく方も少なくありません。

一般職では年収を上げるのは難しいものですが、営業職は頑張って結果を残せば収入もキャリアも両方手に入れられます。

関連記事はこちら!
営業は稼げる職種!20代で年収2000万円が可能な理由・おすすめの業界・会社の選び方を解説

3.リフォーム営業で女性が働くデメリット

3.リフォーム営業で女性が働くデメリット

女性がリフォーム営業として働く際にはメリットがありますが、その一方で建築・不動産業界ならではのデメリットも存在します。

ここでは、リフォーム営業で女性が働くデメリットについてご紹介します。

3-1.男性優位な会社が多い

建築・不動産業界は女性の活躍が増えてきているとはいえ、まだまだ男性社会なのが現実です。

近年では「女性が活躍できる社会」の仕組みづくりが進んできてはいますが、会社によっては古い考えの上司も多く女性が働きにくい会社も存在します。

女性の場合、子育て中の方は短時間勤務になる割合が多いこともあり、男性のように夜遅くまで働くのは難しい状況です。

男尊女卑な考え方をする上司も皆無とはいえないため、女性が働く場合は性別に関係なく働きやすい環境であることが重要といえます。

3-2.ノルマが厳しい

リフォーム営業は女性でも働けますが、女性だからといって優遇されることはありません。

実力主義の業界のため厳しいノルマに追われます。厳しい会社の場合、電話と飛び込み営業を100件以上させられるなど、かなり無理なノルマを課せられることもあるようです。

ノルマが達成できない場合は上司からパワハラめいた叱責をされることもあるので、頑張れば稼げますが厳しい面も多いでしょう。

仕事に関することにおいては、女性であるからといって甘やかされることはないため、強靭な精神力が必要です。

関連記事はこちら!
【図解】不動産営業ノルマはどのくらい?達成がきつい理由と売上目安を紹介

4.リフォーム営業職に女性が就くには

4.リフォーム営業職に女性が就くには

実際にリフォーム営業職として女性が働くには、どのように就職先を見つければよいのでしょうか?

ここでは、リフォーム営業職に女性が就く方法についてご紹介します。

4-1.求人サイトで探してみる

インターネットの就職・転職サイトを利用して求人を探す方法が一般的です。

就職・転職サイトは、多くの情報を集めたい人にぴったりといえます。都合の良い時間に一人で気楽にリサーチできるのが良い点です。たいていの就職・転職サイトは無料で会員登録できるので無駄な費用はかかりません。

ただ、応募する企業の選択や面接の日程調整は自分自身で行うことになるので自己責任も伴うといえるでしょう。自分に本当に合っている企業かどうかまではわからないので、何社も受ける場合も考えられます。

4-2.企業の公式Webサイトの採用情報から探す

企業の公式Webサイトに公開されている採用情報を閲覧して探すのも一つの方法です。

就職したい企業が具体的にある方は、その企業の公式Webサイトをチェックしてみてはいかがでしょう。

直接応募する場合は会社に対する熱意を感じられるとして、評価される可能性も少なくありません。実際に働いている社員の就業スタイルや社風などを確認して、合っているようなら応募するのをおすすめします。

4-3.求人広告から探す

新聞の折り込みチラシの就職広告やコンビニに置かれている無料のフリーペーパーなどの紙の媒体で探すのもよい方法です。

求人広告では、地域密着型の求人がたくさん掲載されているため、地元で働きたい方にはぴったりの求人が見つかることもあります。

ただし、希望通りの求人がなかったり、雇用条件が詳細に記載されていなかったりする場合も少なくありません。

応募する際には自分で企業に直接問い合わせ、情報を得ることになります。

4-4.ハローワークで探す

公共の職業安定所であるハローワークは信頼できる就職支援機関です。

全国各地に設置されており誰でも無料で利用できます。職員が就職活動をサポートしてくれるので、初めて仕事を探す方にぴったりです。インターネットでも仕事を検索できます。

ただ、求人数が多いですが、職員は企業の内情に詳しいとは限りません。応募の際には口コミ情報などをリサーチしてしてもよいでしょう。

4-5.転職エージェントに相談してみる(オススメ!)

転職エージェントは無料で利用できる民間の就職支援サービスです。

プロのキャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれ、求職者の相談にも乗ってくれます。一般的に就職・転職エージェントの方が、質の良い求人を紹介してくれる傾向が高いようです。

また、条件の良い非公開求人の情報も多数取り扱いしており、応募書類の添削や面接対策をしてくれるなど、手厚いサービスを提供しているところも多く存在します。

運営会社により「専門職向け」「派遣向け」など相談者のターゲットが違うのが特徴です。

女性のリフォーム営業の求人を探す場合には、「女性向け」「不動産」などに強いエージェントに依頼するようにしましょう。効率よく自分の条件に合った求人を探すことができます。

関連記事はこちら!
宅建Job「リフォーム営業の不動産求人/転職情報」

5.「リフォーム営業職 女性」のまとめ

リフォーム営業の女性が増えている!働く際のメリット・デメリットも解説

今回は「女性のリフォーム営業職」について詳しく解説をしました。

男女共同参画社会が提唱されている近年では、今まで男性が主力とされてきた不動産業界においても、女性の活躍が目立ち始めています。

リフォーム営業でも女性ならではの住まいに関する視点を活かし、お客様に有益なサポートを提供する方が増えてきました。

これからもますます多くの女性が活躍する業界とみられています。

リフォーム営業の仕事に興味がある方へ!

リフォーム営業の仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、信頼できるきちんとした企業の求人を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、面接対策や志望動機の書き方まサポートしますので、不動産業界は初めてという方でもご心配には及びません。

登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

出典1:産経新聞社「住宅各社で営業ウーマン“争奪戦” リフォーム需要高まる」

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る