不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

マンション管理士試験のテキストおすすめを紹介!合格する選び方を解説

いま、日本全土でマンションの老朽化が問題になっています。

「築30年超のマンション」の数は213.5万戸(2019年末時点)、また、マンション入居者のうち「60歳代以上」が占める割合は49.2%(2018年時点)となっています。

マンションの老朽化が加速する中、マンションの維持管理の専門家として注目されているのが「マンション管理士」です。マンション管理士になるには、どのような勉強をすればよいのでしょうか。

そこで今回は、マンション管理士に合格するためのテキストを紹介します。基本テキストだけでなく、一問一答や過去問、予想問題やオンライン講座までを取り上げました。

試験の概要や、テキストの活用法も紹介しています。この記事を読んで、ぜひマンション管理士の合格をつかみとってください。

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.マンション管理士のおすすめテキスト【基本書】

2.マンション管理士のおすすめテキスト【基本書】

「これからマンション管理士に挑戦したい!」という人のために、おすすめのテキストを紹介します。

多くの種類があり、評判もさまざまです。ぜひ自分に合ったものを選ぶようにしてください。基本書として紹介するのは次の2点です。

  1. らくらくわかる! マンション管理士速習テキスト
  2. マンション管理士独学道場

1-1.らくらくわかる!マンション管理士速習テキスト

まず1つ目の「らくらくわかる!マンション管理士速習テキスト」は、マンション管理士の受験生の中では定番のテキストです。

難解な内容の多い「マンション管理士」ですが、本書は具体例や図表による解説が多く「わかりやすい」と好評です。また「ですます調」で記載されているのも特徴です。

中には「用語解説」「プラス1点!」といったコーナーもあり、理解を促進したり、応用問題への橋渡しをしてくれます。初学者だけでなく中級者まで、幅広く活用することができます。

また、それぞれの章末には「コレが重要!確認問題」という一問一答形式の問題も用意されています。学んだことが理解できたかどうかをチェックするのに便利です。

また、Web登録を行うと、TACマンション管理士講座が制作した「オリジナルレジュメ」も配布されます。初心者でも安心して取り組める一冊です。

なお、本書テキストに合わせたDVDバージョンもあります。それが「らくらくわかる! マンション管理士 速習テキスト準拠講義 速攻マスターDVD 2020年度」です。

テキストの著者である平柳将人先生が、テキストに準拠したかたちで講義を行うというものです。DVDの収録枚数は7枚で、1枚あたり約2.5時間となっています。かなり本格的な講義です。

ポイント「らくらくわかる! マンション管理士速習テキスト」は、マンション管理士を受験する人たちの定番の基本書となっています。

1-2.TACのマンション管理士独学道場

マンション管理士独学道場」は、TAC出版から出ているパッケージ商品です。以下の定番テキストに加え、「独学道場」オリジナルの講義DVDや模試などがワンセットになっています。

  1. らくらくわかる!マンション管理士 速習テキスト
  2. マンション管理士 項目別過去8年問題集
  3. らくらくわかる!マンション管理士 速習テキスト準拠講義 速攻マスターDVD
  4. ラストスパート マンション管理士 直前予想模試

上記4点は書店でも販売されているものですが、これらに加えてパックされているのは次のとおりです。

なお、上記の①と②をすでに持っている人向け「『テキスト』『問題集』なしパック」という商品も用意されています。

  1. 項目別過去8年問題集 過去問攻略DVD【独学道場限定】 【全1枚】
  2. マンション管理士/管理業務主任者 試験対策 法律改正点レジュメ 【全1冊】
  3. マンション管理士講座 全国公開模試 【全1回】
  4. 学習ガイドブック 【全1冊】
  5. 質問カード 【全5回分】

過去問を効率よく解くための解説DVDが付属する他、直前予想模試や、学習上の疑問点などが質問できる「質問カード」なども用意されています。

独学者の場合「テキストの学習だけで大丈夫だろうか?」と不安になるものですが、このパッケージは、そんな独学者を力づけてくれる商品内容になっていると言えるでしょう。

マンション管理士の試験内容は?難易度・試験会場・免除制度について解説【2020年最新版】

ポイント「マンション管理士独学道場」は、TACが提供する「マンション管理士に関する書籍のセット」「強力な支援ツール」が付属した商品だと考えるとよいでしょう。

1-3.一問一答、過去問、予想問題、模試、オンライン講座

テキスト以外にも、一問一答、過去問、予想問題、オンライン講座などもあります。それに関しては、こちらにまとめてあります。

マンション管理士試験に模試は必要?おすすめ理由・メリットを解説【2020年最新】

マンション管理士のおすすめ問題集・テキスト紹介【2020年・独学・過去問】

2.マンション管理士と管理業務主任者を同時合格を狙うテキスト

6.【番外編】マンション管理士と管理業務主任者を同時合格を狙うテキスト

「マンション管理士と管理業務主任者の2つの試験にダブルでチャレンジしたい」という人向けのテキストを2つご紹介します。

「ダブル受験ならではの課題」に応えることのできるテキストとして、ぜひ検討してみてください。

  1. みんなが欲しかった!マンション管理士・管理業務主任者 合格へのはじめの一歩 2020年度
  2. 2020年度版 マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト(全3冊)
ポイントマンション管理士管理業務主任者の2つの試験は、重複する分野が非常に多いです。効率よく勉強して、ダブル合格を目指しましょう。

2-1.みんなが欲しかった!マンション管理士・管理業務主任者 合格へのはじめの一歩 2020年度

みんなが欲しかった!マンション管理士・管理業務主任者 合格へのはじめの一歩 2020年度」は、宅建の受験書としても有名な「みんなが欲しかった!」シリーズの1冊です。

資格学校TACの書籍で、「マンション管理士」と「管理業務主任者」の両講座がタッグを組んで制作されているのが特徴です。初心者にもわかりやすいと定評があります。

本書は次の2部構成となっています。

  1. オリエンテーション編:資格や試験内容の全体像をフルカラーで解説
  2. 入門講義編:図表や板書を使いながら、2色刷りによるわかりやす解説

また「入門講義編」で理解をした後は、該当する過去問で理解度をチェックできるようになっています。

徹底的に「わかりやすさ」を追求したテキストなので、2つの資格をダブル受験する予定の人で「初学者にもわかるものを!」という人にはおすすめです。

2-2.2020年度版 マンション管理士・管理業務主任者 総合テキスト(全3冊)

本書もTACの「マンション管理士」と「管理業務主任者」の両講座が共同で制作したテキストです。2つの試験に対応する総合テキストで、次の3冊から構成されています。

  1. (上) 民法/区分所有法等
  2. (中) 規約/契約書/会計等
  3. (下) 維持・保全等/マンション管理適正化法等

本書の特徴は、学習内容の重要度が、マンション管理士と管理業務主任者のそれぞれの試験ごとに明示されていることです。「特A・A・B・C」の4段階です。

2つの試験は出題範囲が似ています。しかし、共通する分野の問題でも「マンション管理士の試験では難易度の低い出題だが、管理業務主任者の試験では難問が出題されやすい」というケースがあります。

試験別に優先順位がわかるため、ダブル受験をするにはとても便利だと言えるでしょう。

また本書でも、Web登録を行うことで、TACマンション管理士講座や管理業務主任者講座が作成した「オリジナルレジュメ」を入手できます。本書で学習を進めるなら登録をおすすめします。

3.マンション管理士のテキスト活用のポイント

7.マンション管理士のテキスト活用のポイント

ここまでテキスト過去問予想問題などを取り上げてきました。効果的に活用するには、どのように利用すればよいのでしょうか

効果的な活用方法は人によってさまざまですが、合格者に話を聞くと、ある程度まで共通する点もあるようです。そこでテキスト活用のポイントを紹介します。

ポイント合格者から効率の良い勉強法を学ぶことは、とても大切です。

3-1.テキストを軽く通読する

まずはテキストを軽く通読します。

読み進める中では、わからないこと理解しにくいこともあるでしょう。しかし大事なことは、ここで立ち止まらないことです。わからない点はそのままにして、まずは軽く読み流しましょう

不明点があればじっくり調べ、疑問点をきっちり解決しながら理解を進めるのもよいでしょう。しかし、立ち止まりながら勉強するというスタイルだと、なかなか全体像がつかめないという欠点があります。

わからない点がたくさんあるからと言って、自信をなくす必要はありません。まずはどんどん読み進めていくことが大切です。

ポイントまずは軽く通読することが大切です。はじめは完璧に理解する必要はありません

3-2.過去問を解いてみる

ある程度までテキストを読み進めたら、過去問にあたりましょう。テキストは最後まで読み切る必要はありません。1章でも1テーマでも読み進めることができたら、過去問にチャレンジです。

いざ過去問に取り組んでみても、全く歯が立たないという状況になるかもしれません。すでに学習した範囲のはずなのに、わからないことが多いことに気づくかもしれません。

しかしそれでも構いません。まずは「何がわからないのか」「なぜ正解できないのか」を知ることです。

過去問をやることで「なるほど、こういう点が問われるのか」「こんな部分まで勉強しないといけないのか」といった発見があるはずです。その発見こそが重要です。正解できなくても、まったく問題ありません。

ポイント過去問は「実力をはかるためのもの」と考えず、「テキストの一部」と考えるとよいでしょう。

3-3.テキストに戻り、熟読する

「わからない点」が明確になったら、またテキストに戻りましょう。先ほどは「軽く読み流す」という状態でしたが、今度は確認をしながら「熟読する」ということを心がけてください。

過去問を解いた時は「こんなこと、テキストに書いてあったっけ?」と感じたかもしれません。しかし実際にテキストに戻って熟読してみると、意外と解説されているものです。

わからなかった部分は明らかになっています。しっかりテキストを熟読して、不明点をつぶしていきましょう

もし、きちんと理解できたとしたら、それは「過去問にチャレンジしたら、解けなくて悔しかった」という経験をしたからこそです。その要領で、どんどんテキストを読み、どんどん過去問に当たりましょう。

ポイントテキストは何度も繰り返し読みましょう一度で理解できなくても大丈夫です。

3-4.再び過去問に取り組む

このように、「テキストを軽く読み、過去問にチャレンジし、不明点を明確にしてから、またテキストに戻る」という流れが大切です。

合格者の声を聞いていると、多くの人たちがこのサイクルを繰り返しています。

「じっくりテキストで学んでから、過去問で答え合わせをする」のではなく、「テキストと過去問を併用しながら理解を深めていく」というイメージをもつとよいでしょう。

あとは、その繰り返しです。

ポイント過去問は何度も繰り返しましょう。繰り返すことによって、どんどん理解度が上がります

3-5.予想問題や模試にチャレンジする

こうして理解が深まったら、試験前にやっておきたいのが予想問題や模擬試験です。

先ほど紹介した「予想模試テキスト」を利用するのもよいでしょう。また大手の資格学校なら、本番の試験を想定した「会場受験による本格的な模擬試験」を開催しています。
(注:コロナ期「会場受験」ではなく自宅受験」に限定しているようです)

予想問題や模試も、実際にやってみて合格基準点に達しなかったからといって悲観する必要はありませんわからなかった論点を明確にして、テキストに戻って復習しましょう

この時期になれば、試験日まではもうすぐです。過去問を繰り返しながら、知識や理解の「抜け漏れ」を見つけましょう。そしてまたテキストに戻りながら、どんどん弱点をつぶしていきましょう。

ポイント予想問題や模試をやらなくても、「マンション管理士」に合格できたという人もいます。予想問題や模試は、時間の余裕があれば活用するようにしましょう。

3-5.マンション管理士受験者の声

最後に、実際の受験者による「テキスト関連のツイッター投稿」を紹介します。

写真付きの生の声を見れば、マンション管理士の受験が、より身近に感じられるはずです。まずは、これから受験される方の声です。

また、すでに勉強をされてきた方の投稿です。バラバラになるぐらいまでテキストを使い込んだとのことです。

まずは書店に行って、たくさんのテキストを見比べてみましょう。ぜひ、マンション管理士の受験にチャレンジしてみてください。

4.「マンション管理士のテキスト」のまとめ

マンション管理士試験のテキストおすすめを紹介!合格する選び方を解説

マンション管理士に合格するためのテキストについて解説しました。

マンション管理士は、マンションの維持管理に関する専門家です。「宅建」に比べると知名度の低い資格ですが、マンションの老朽化入居者に占める高齢者の増加を考えると、今後の需要増は明白です。

マンション管理士に合格するためのテキストを総解説しました。この記事をヒントに効率の良い勉強を進めて、ぜひ「マンション管理士」の合格を勝ち取ってください。

マンション管理士に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • マンション管理士資格を取得して給料を上げたい!
  • マンション管理士資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際にマンション管理士がどれくらい役立つか分からない
  • マンション管理士を優遇している会社はどの位あるの?
  • マンション管理士がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る