不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

宅建試験の最短合格はどのくらいで可能?【期間・独学含む勉強方法を解説】

宅地建物取引士試験=宅建試験も、試験日がある程度近づいてくるとよく聞くようになるのは、こういう声です。

「まだ手をつけてない!今から頑張れば合格できるかな?」
「ギリギリで出願はしたけどゼロからのスタート。合格狙えるかな?」

そのへんの基準「どのくらいから始めれば大丈夫?」は確かに気になりますよね?

今回は「宅建試験」の最短準備時間について、具体的に解説します。スロースタートのあなたもこれを読んで、集中力で合格目指しましょう。

この記事を読むと分かること
  1. 宅建試験は最短どのくらいあれば合格できる?
  2. 宅建最短合格のメリット・合格体験談
  3. 宅建短期合格のための勉強法

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.宅建に最短合格を目指すなら「3ヶ月」が現実的

1.宅建に最短合格を目指すなら「3ヶ月」が現実的

1-1.必要な勉強時間から計算

まず、合格に必要な勉強時間ですが、一般的には約300時間が必要と言われています。

したがって3ヶ月合格を目指すと、90日で割れば1日約3時間の計算となり、週末の勉強時間を増やしてバランスをとれば、働きながら勉強する人にも現実的な数字となりますね。

1ヶ月なら1日10時間なので、勉強時間の確保だけなら、時間がある学生・フリーターなどなら可能かもしれませんが、社会人は現実的には無理な数字です。

できれば6ヶ月の準備期間があると、余裕を持って勉強ができるため精神的に肉体的にも楽になってきます。

実際に通学の専門学校でも通信教育でも、4月開講の講座や教材で10月の本試験を目指すというパターンが平均的です。

1-2.短期合格向きかどうかは、個人差がある

以下の要因は勉強に割ける時間、記憶性能などの個人差です。工夫して克服できる項目も含んでいます。

年齢 記憶力には個人差があるが、一般的に若いほど有利。学歴等に関係なく記憶力は加齢で衰える傾向がある。
立場 平日は仕事で時間を自由に使えない社会人に比べ、時間の采配が自由にできる学生・フリータは有利。
経験 「人生経験」「実務経験」。既に覚えていること・生きた知識は理解を進めるうえで、記憶相互の関連性を橋渡ししやすくなる。

このほか「法律の勉強経験」があると宅建の試験勉強は相当有利となる。

モチベー
ション
「受かって就職に活かす」「仕事に活かす」「合格を彼女へプロポーズのマイルストーンにする」など、明快な目標を持つ。勉強の姿勢が変わって苦痛でなくなる。このモチベーション方式が脳の海馬の記憶性能向上にも直結する。
身体の
状態
以下の状況を改善してみる。

  1. 睡眠時間のコンディション
  2. 脳への血流(サラサラの血がよい)
  3. 空腹状態を利用(満腹だと勉強に不利)
  4. 長く服用している薬を見直す
記憶中枢
の活用
脳の海馬の修正を利用し、短時間に繰り返し反復学習を行う。学習内容を普段の生活になるべく身近な内容としてとらえて記憶する

ご自分に当てはめて「どこまで短期合格を目指せるか」考えてみてください。

宅建の短期合格の個人差の詳細他については、下記の記事もぜひご覧ください。

宅建は最短1ヶ月の独学で合格できる!?必要な勉強時間と過去問の使い方を解説!

2.宅建を最小限のコスト・最短で合格するメリット

2.宅建を最小限のコスト・最短で合格するメリット

何といっても他のことに時間が使えるのは大きいです。睡眠時間、家族と過ごす時間、趣味の時間…挙げればきりがないでしょう。

特に社会人の場合、なるべく少ない時間で合格できた方が、コストパフォーマンスがよくなります。時間があればその分、仕事の取れるような自営業の人はとくにそうでしょう。

既に不動産業で働く人は、短時間の合格で確実に受かれば、そこから給与に上乗せで宅建手当が支給されるようになり、やろうと思えば副業が出来るようになるのです。

宅建資格でできる副業については、こちらの記事もぜひご覧ください。

宅建の副業はサラリーマンにおすすめ!稼げる金額や求人の探し方・名義貸しは違法なのか?を解説

3.宅建に最短合格した人の体験談【1ヶ月・2週間】

3.宅建に最短合格した人の体験談【1ヶ月・2週間】

もちろん広い世の中ですから中には、2週間〜1ヶ月で合格した人も実際におられます。

そんな人たちの「勉強法」も、参考になる部分はあります。ただし、資格試験や法律学習に対する高いスキルがあったり、そもそも合格ラインギリギリを狙って受験していたりするのを、そのまま真似すると失敗する可能性も高いので、オススメは出来ません。

以下は、不動産・ライフプラン系の資格試験を短期間合格してブログにアップしている方の体験記です。

 さて、筆者が、この「平成26年度宅地建物取引主任者資格試験(以下、宅建試験)」の勉強を開始したのは、同年9月1日頃で、試験日まで「あと約1か月半」という時期だった。とは言え、毎日欠かさず勉強し続けたというわけではなく、休暇として、少なからず勉強を怠ってしまった日もあったために、実質的には、概ね1か月程度の勉強期間だったと思われる。
だがしかし、「信頼できる受験参考書」等を使用し、「なすべき勉強のみ」をなしたところ、結果的に、筆者は、およそ1か月程度の試験勉強期間で、本試験に合格することができた(ということになる)。

約1か月間の勉強期間で宅建士試験に一発合格した「普通の勉強法」/要説 不動産資格取得基準と試験等対策ガイドライン

どちらの体験も簡単に真似できないですが、「極限まで無駄を省いた勉強方法」は参考になりますね!

4.宅建に最短合格するための勉強方法【独学は可能?】

4.宅建に最短合格するための勉強方法【独学は可能?】

今どきは様々な情報がインターネットで無料で取得できるようになり、勉強のハードルが下がったため独学で勉強しても合格することは現実的に可能性が上がってきました。

ただし、これまで高校入試、大学受験などで成功体験がない人、1人では勉強できない人はスクールで学ぶほうがお金はかかりますが費用対効果や学習の効率は良いです。勉強の仲間からの刺激、プレッシャーもプラス要素です。

しかも今年、2020年の宅建試験は、民法改正が出題内容に影響するので、独学をする人は思い直してスクール通学をするか、法改正内容によく気を配った教材選び、模試への積極的参加が必要になると思われます。

民法改正の宅建試験への影響については、こちらの記事もぜひご覧ください。

宅建の問題は民法改正の影響で難しくなる?過去問の正誤が変わる事例も解説!

4-1.過去問が最優先

基本のテキストをひと通り通せたら、過去問を解き始めましょう。過去問を解くのが最優先です。実際の問題の出題形式と、あらためて宅建学習の全体像を把握することができます。

順番としては「宅建業法」が最優先となります。本番で出題される20問を全問正解できるつもりで、暗記項目をつぶします。

「権利関係」は暗記だけでは対応できず、理解に時間がかかるので、本来どうしても早めの勉強が必要となりますが、苦手意識を持たずに取り組むと、すんなり頭に入ってくる項目もあります。

過去問・宅建業法の学習方法は、こちらの記事もぜひご覧ください。

宅建一発合格には過去問が必須!問題の入手方法・使い方・注意点を解説。便利なアプリも紹介!宅建業法の勉強方法のコツを解説!満点が合格最短距離な理由とは

4-2.スキマ時間を上手に活用する

宅建学習用のアプリなどを使って、電車移動のスキマ時間などをうまく活用することが大切です。「ひとつ覚えたら1点につながる」という気持ちで、根気よく続けましょう。

自宅の自室、トイレや可能な場所に、暗記項目を集約した表(自作がおすすめ)を張り出して眺める作戦が、意外と効果的です。

時間の活用だけでなく、意識を高め、「今の期間はとにかく勉強!」と気分を盛り上げる効果があります。

スキマ時間学習に役立つアプリや学習方法は、こちらの記事もぜひご覧ください。

宅建おすすめアプリ(有料・無料)を紹介!【初心者向け2020年決定版】宅建士一発合格に必要な勉強時間・いつから始める?オススメ勉強方法(独学・スクール)参考書まで一挙紹介【2020年決定版】

5.「宅建 最短」のまとめ

宅建試験の最短合格はどのくらいで可能?【期間・独学含む勉強方法を解説】

以上、「宅建 最短合格」というテーマで解説をしました。最短時間で合格する方法はひと通りお分かりいただけたでしょうか?

「目的」と「手段」を磨き上げると、「短期合格」も可能になってくると思います。

「宅建 最短合格」 本記事のポイント
  • 宅建試験の短期合格で現実的なのは準備期間「3ヶ月」
  • 「最短合格」は自分を知り、自分に合った方法で実現しよう!
  • 無駄を省いた勉強法と、スキマ時間を最大限活用して「最短合格」目指そう。

宅建に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 宅建資格を取得して給料を上げたい!
  • 宅建資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に宅建がどれくらい役立つか分からない
  • 宅建を優遇している会社はどの位あるの?
  • 宅建がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

キャリア相談に、費用は一切かかりません!

宅建Jobエージェントの登録はこちら

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る