不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

賃貸管理ソフトはクラウド型の方が安い?おすすめ8選もご紹介!

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

近年では様々な賃貸管理ソフトが開発されており、各社が選りすぐりのサービスを提供しています。

時間や手間をかけずに正確な管理業務が行えるので、システムを導入する会社は今後も増える傾向です。

今回は、不動産管理業務の効率化に必須とされている「賃貸管理ソフト」について詳しく解説をします。

オススメの賃貸管理ソフト8選もご紹介しますので、これから賃貸管理ソフトの導入を検討している方はぜひ、この記事を参考にしてください。

1.賃貸管理ソフトとは?導入するメリット

1.賃貸管理ソフトとは?導入するメリット

賃貸管理ソフトを利用することで、やるべきことが多い「賃貸管理」が効率化できるようになります。

賃貸管理ソフトで行える具体的な業務は以下の通りです。

・入金・出金など金額の確認
・契約更新の確認
・契約書などの書類作成
・対応ステータスの確認
・紙がかさむ問題をネットで一括データ管理
・対応履歴が全てデータとして残る

かつては業務の属人化により、担当者が辞めたら案件について分からないことがよくありましたが、賃貸管理ソフトを導入すれば社内で共有できるため、誰でも業務に取りかかれます。

また、クラウド型なら外出先からでも使えるので、場所を問わずに仕事ができるのもメリットです。

関連記事はこちら!
不動産管理業の仕事内容メインは4つ!辛い?きつい?やりがいを紹介

1-1.入居者募集から退去まで様々なデータを一括管理

賃貸管理ソフトを利用すると自社が管理する物件について、入居者募集から退去まで様々なデータを一括管理し、業務を効率化できます。

かつては紙やExcelなどを利用した方式から替える場合、大規模な投資をしなくてはなりませんでした。

しかし、近年ではクラウド型のシステムが増えており、月額数万円の手頃な料金で最新機能を利用できます。また、インストール型の賃貸管理ソフトも使いやすいため、利用する会社が多いようです。

1-2.賃貸管理の機能

賃貸管理システムには様々な機能がありますが、大別すると「仲介業務」と「賃貸管理業務」の2種類に分けられます。

それぞれの機能について表にまとめましたので、参考にしてください。

1-2-1.仲介業務機能

機能 機能の内容
物件登録 ・一度登録すると複数のポータルサイトなどに自動反映
・入力補助機能で効率的に物件情報が入力可能
広告出稿 ・ポータルサイトに不動産広告をワンクリックでまとめて出稿
・入力不備も自動検出されるので作業時間が短縮
間取り図・チラシ作成 ・見やすいきれいな間取り図をドラッグ&ドロップで簡単作成
・チラシも作成や出力が可能
反響管理・分析 ・複数のポータルサイトに届いた問い合わせを一括管理
・交渉内容を一箇所に集約、提案済みの物件などを一覧化
マッチング ・顧客の希望条件に合った物件を自動選定し配信できる
・見込み客の取りこぼしを防止に役立つ

1-2-2.賃貸管理業務

機能 機能の内容
契約 ・必要な情報を登録して契約書や重要説明事項書類等の各種書類が作成
・電子契約に対応できるソフトもある
物件管理 ・修繕、点検、クレームなどの対応履歴や見積書・写真などをクラウド上で保存
・対応がスムーズにできる
更新管理 ・物件の更新日が近づくと自動で知らせてくれる
・更新通知書、更新契約書、更新精算書も自動作成
入出金管理 ・家賃の入金管理が可能
・支払報告書も作成できるのでオーナーへの報告に便利

2.賃貸管理ソフトの選び方

2.賃貸管理ソフトの選び方

賃貸管理ソフトには様々な種類があり、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。

ここでは、賃貸管理ソフトの選び方についてご紹介をしましょう。

2-1.操作性・動作環境

まず、見るべきポイントは、操作性や動作環境が簡単かということです。

社員の誰もが使うため、あまり複雑な操作では困ります。直感的に使えるかどうかなど、操作性がとても重要です。

また、ソフトを購入してインストールする必要があるのか、クラウド上でネット環境さえあればどこでも使えるのかという点も確認します。

クラウド上ならばテレワークでも管理しやすいため、コロナ禍による出社制限があっても業務に差し支えないでしょう。

2-2.サポート体制

困ったときに対応してくれるサポート体制が、きちんと整えられているかも重要な点です。

ソフトは分からないことが起きたら対処するのに時間がかかります。問い合わせたらすぐ対応してくれるサポート体制があるかどうかの確認をしましょう。

特にITに慣れていない人が多い職場ではサポート体制が充実していないと、導入しても逆に効率が悪くなるので注意しなければなりません。

中には、ダンゴネットのように訪問して導入サポートしてくれるサービスもあるので、活用するのをおすすめします。

2-3.費用

一度、賃貸管理ソフトを導入すると毎月、一定のランニングコストがかかります。

そのため、自社の予算で無理なく支払える賃貸管理ソフトを選びましょう。月額の継続課金型か、それとも買い切り型なのか費用を確認することが必要です。

おためし無料期間はあるのか?という点も見逃したくありません。そのソフトが自社にとって使いやすいシステムであるのかを費用をかけずに試せます。

2-4.運営会社

運営会社が信頼できる会社のソフトかどうかも重要です。

顧客情報などの個人情報や、自社の業務情報が外部に漏れたら大問題となります。中にはサービス自体がなくなっているものもあるので注意しましょう。

一度導入したあとに、すぐ違う賃貸管理ソフトに切り替えると社員はたまったものではありません。

途中でサービス終了すると大変なので、信頼できる会社を選ぶようにしてください。

3.賃貸管理ソフトおすすめ8選

3.賃貸管理ソフトおすすめ8選

ここでは、おすすめの賃貸管理ソフト8選について、それぞれ解説していきましょう。

3-1.賃貸名人(ダンゴネット)

賃貸名人は賃貸管理ソフトのパイオニア的存在です。

20周年の歴史があり、導入企業は5,500社を超えています。(公式HP)

情報はデータ化して一括管理するため欲しい情報が見つかりやすいのがメリットです。賃貸管理に必要な機能は全て揃っており、その数は50種類以上もあります。

金融機関と連携することで、入送金や口座振替などを円滑に行えるファームバンキング機能も好評です。

ソフト名 賃貸名人
運営会社 株式会社ダンゴネット
提供形態 インストール型のソフト
料金 1台:198,000円~
サポート体制 ・問合せ専用コールセンター
・無料訪問デモ
・システム導入作業サポート
・購入者専用カスタマーページ

3-2.らくらく賃貸管理(らくちん)

らくらく賃貸管理(通称:らくちん)は、その名の通り賃貸管理が「らくちん」にできる賃貸管理ソフトです。

家主・物件の管理はもちろんのこと、契約書もワンクリックで作成できるので手間がかかりません。トップ画面でTODO管理が行えるため、入金消込作業や応対履歴の登録も可能です。

ソフト名 らくらく賃貸管理(らくちん)
運営会社 株式会社いえらぶGROUP
提供形態 インストール型のソフト
料金 初期費用 50,000円 月額 8,000円~
サポート体制 無料体験中もサポート、コンサルが対応

3-3.Redocs(リドックス)

リドックスは「お手頃価格」でスタートできる賃貸管理ソフトです。

初期費用49,800円を払った後、月額 2,980円 から始められます。30日の無料トライアル期間もあるので、気軽に試してみるのもよいでしょう。

一番高いプランでも12,480円なので、ソフトにあまり費用をかけたくない会社におすすめです。

安価とはいえ契約情報の管理、更新対象者の抽出、家賃入金管理など一通りの管理業務がラクに行えます。

ソフト名 Redocs(リドックス)
運営会社 Bambooboy株式会社
提供形態 クラウド型
料金 初期登録料 49,800円 月額 2,980円 ~
サポート体制 ・電話、メールでサポート
・WEBデモ

3-4.賃貸革命10

賃貸革命10は、仲介業務から管理業務までひとつのソフトウェアで一元管理できる賃貸管理ソフトです。

システムで情報を一元化できるため手間も削減でき、ミスやチェックを防げます。契約や請求、入金業務を1つのシステムで運用するので社内での情報共有が可能です。

解約業務は営業へ空室の共有と、解約精算を一元管理することにより、解約から次の募集をスピーディに行えます。

ソフト名 賃貸革命10
運営会社 日本情報クリエイト株式会社
提供形態 インストール型のソフト(クラウド版もあり)
料金 問合せ
サポート体制 ・日本全国11拠点で地域に密着したサポート
・システムアドバイザーが全国をサポート
・コールセンター対応

3-5.大家クラウド

大家クラウド1件のみ所有しているオーナーも利用できる、クラウド型の賃貸管理ソフトです。

空室募集する際には、レインズなど業者間の掲載も保証してくれます。入居者一覧、修繕履歴、家賃入金消込チェック表、などもクラウド上で管理するのでデータの確認にも手間がかかりません。

レントロールの出力、稼働率の集計、過去の管理履歴を検索して見返すこともできるため、効率的に管理業務を進められます。

物件情報を登録すると、詳細版・簡易版の募集図面(PDFデータ)が自動で作成されるのもうれしいポイントです。

ソフト名 大家クラウド
運営会社 ココレア株式会社
提供形態 クラウド型
料金 初期費用 無料 月額 3,980円
サポート体制 オプションサービスで大家さんに代わって住まいのトラブルに緊急対応

3-6.ビジュアルリサーチ

ビジュアルリサーチは、業務に合わせて「オンプレミス型」「クラウド型」の2つの賃貸管理システムが選べます。

オンプレミス型では管理戸数が10,000戸以上でも高速処理が可能です。業務に合わせて柔軟にカスタマイズもでき、財務会計ソフトへ連動します。標準帳票は150種類以上あるので、どんな種類の書類でも作成可能です。

クラウド型はすぐに利用が可能なシステムで、登録戸数に応じた価格設定でお得に利用できます。

クラウド型で保管するため、セキュリティ性は非常に強固ですからデータ管理に心配はいりません。標準帳票は100種類以上あるので、たいていの書類は作成できます。

ソフト名 ビジュアルリサーチ
運営会社 株式会社ビジュアルリサーチ
提供形態 オンプレミス型・クラウド型
料金 問合せ
サポート体制 ・電話サポート
・リモートソフトによる沿革操作でのトラブル解決
・担当者が実際に訪問するオンサイトサポート

3-7.ESいい物件One

ESいい物件One区分所有建物の賃貸管理にも最適な、クラウド型の賃貸管理ソフトです。

管理戸数10,000戸クラスの大手賃貸管理会社から街の小さな不動産会社まで、幅広く利用できます。

学習機能による入出金自動消込が可能で、利用するほど賢く賃貸・入出金を管理できるが良い点です。

オーナーマイページで賃貸物件オーナーと密にコミュニケーションが図れるため、効率よく管理業務が行えます。

ソフト名 ESいい物件One
運営会社 株式会社いい生活
提供形態 クラウド型
料金 家賃管理タイプ
初期設定料金 500,000円 月額費用 78,000円~
サポート体制 ・サポートセンター
・サポートサイト

3-8.Kuras

Kurasは、社長1人で経営する不動産会社から、5~10人の中小規模の不動産会社に最適なクラウド型の賃貸管理ソフトです。

必要なのはエクセルとインターネット環境だけで、利用人数には制限がありません。賃貸管理ソフトを導入するのが初めての方に向いています。

導入費用もサポート費用も低コストで開始できるので高額な費用がかかりません。

家主、物件、入居者、申込、お客様など基本情報の管理機能を始めとするあらゆる機能が手軽に利用できます。

ソフト名 Kuras
運営会社 日本情報クリエイト株式会社
提供形態 クラウド型
料金 初期設定費用 70,000円 月額費用 5,000円
サポート体制 ・PCで遠隔サポート
・メール、電話でのサポート

4.賃貸管理ソフトをオススメする人

4.賃貸管理ソフトをオススメする人

ここでは、賃貸管理ソフトをオススメする人についてご紹介します。

4-1.忙しい管理会社にオススメ

不動産の管理業務は山のようにあるので、賃貸管理ソフトは忙しい管理会社にオススメです。

ほとんどが契約更新や家賃・入居者管理の仕事となり、管理戸数が多いほど受け持つ業務が多くなります。

賃貸管理ソフトを導入すると家賃の収支や督促業務など、今まで数人がかりでやっていた業務が一人の担当者でも数多くの物件に対応できるようになるのです。

システムが作業をしてくれるため、手入力でありがちなミスが大幅に削減できます。業務の効率化が図られ、社員の労力も半減できるでしょう。

4-2.個人オーナーにもオススメ

賃貸物件を所有している個人オーナーにとって、物件の管理業務は何かと面倒なものです。

したがって、個人オーナーにもオススメします。

賃貸管理には家賃の収支だけでなく、更新業務や退去時の精算など様々な書類作成をしなくてはなりません。

賃貸管理ソフトを導入すれば、更新時が近づくとリマインドしてくれるため、更新契約の抜けもなくなります。

契約書やお知らせの書類などもテンプレートが多数用意されているので、自分でわざわざ作成する必要もありません。自分一人でもあらゆる管理業務を滞りなく完了できます。

関連記事はこちら!
不動産管理業界の仕組みとは?動向や企業ランキングを紹介【志望動機の書き方も解説】

5.「賃貸管理ソフト」のまとめ

賃貸管理ソフトはクラウド型の方が安い?おすすめ8選もご紹介!

今回は賃貸管理ソフトについて詳しく解説をしました。

賃貸管理ソフトは、家賃管理や入居者管理など不動産管理にまつわる業務を全て代行してくれます。コロナ禍により出社制限がある中、クラウド型ならテレワークにも最適です。

近年では各社がクラウド型の賃貸管理ソフトを提供しており、費用の面でも導入しやすくなりました。賃貸管理ソフトを導入して、業務の効率化を図りましょう。

不動産への転職に興味がある方へ!

不動産の仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、信頼できるきちんとした企業の求人を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、面接対策や志望動機の書き方まサポートしますので、不動産業界は初めてという方でもご心配には及びません。

登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る