不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

三井住友トラスト不動産の平均年収は610万円!賞与・各種手当・年収に関する口コミを詳しくご紹介!

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。

土地・一戸建て・マンション等の居住用不動産の仲介や、投資用・事業用の不動産まで幅広く手掛けており、信託銀行グループならではの幅広い情報網とコンサルティング力を強みとしています。

今回は、三井住友トラスト不動産の年収や福利厚生などについて詳しく解説をします。

三井住友トラスト不動産への転職を考えている方は、ご参考にしてください!

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

1.三井住友トラスト不動産の平均年収

1.三井住友トラスト不動産の平均年収

三井住友トラスト不動産の平均年収は610万円です。

年収は人により大きく変わり、310万円〜1200万円と幅広い収入金額となっています。*1

実力主義の会社なので、成果を上げればそのまま報酬に反映されるのがメリットです。

三井住友トラスト不動産の口コミ“年収事例: 実力主義1000万から300万まで。 1年間は賞与が保証される” 回答者:営業、在籍3~5年、退社済み(2020年より前)、中途入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

出典 *1:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

1-1.競合他社との違い

三井住友トラスト不動産の競合他社として、信託銀行系の不動産会社である「みずほ不動産販売(みずほ信託銀行系)」「三菱UFJ不動産販売(三菱UFJ信託銀行)」の2社と年収を比較してみましょう。

  • みずほ不動産販売(平均年収:487万円)*2
  • 三菱UFJ不動産販売(平均年収:539万円)*3

    みずほ不動産販売は、みずほ信託銀行系の不動産会社であり、個人の相続案件から事業用の投資案件など幅広い分野を手掛けています。

    銀行系不動産会社であるため、銀行や信託銀行からの相続案件が多いのが特徴です。銀行系ということでブランド力があります。

    三菱UFJ不動産販売は、三菱UFJ信託銀行系の不動産会社で何よりもコンプライアンスを重視する会社です。

    三菱UFJグループのなかでもトップクラスのコンプライアンス意識の高さを誇っています。したがって、目先の手数料に目がくらんで取引をするようなことはしません。

    競合他社の2社と同じように、三井住友トラスト不動産も、「銀行系不動産会社」としてプライドを持ちながらコンプライアンスを重視したビジネスを行っています。

    三井住友トラスト不動産は銀行系不動産会社のなかでも平均年収が高い方であり、実力のある社員は高収入を得られるのがメリットです。

    銀行系不動産会社にご興味のある方は、以下の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

    関連記事はこちら!
    銀行系不動産会社とは?三井・住友・みずほ系列別に会社を紹介!

    出典:*2 OpenWork「みずほ不動産販売」
    出典:*3 OpenWork「三菱UFJ不動産販売」

    2.三井住友トラスト不動産の平均年収の内訳・仕組み

    2.三井住友トラスト不動産の平均年収の内訳・仕組み

    ここでは、三井住友トラスト不動産の賞与や各種手当について詳しく解説をします。

    2-1.賞与

    三井住友トラスト不動産の賞与は以下の通りです。

    • 総合職:年4回(1月、4月、7月、10月)
    • 一般職:年2回(6月、12月)

    総合職は年に4回の賞与があり、成績が良ければ多額の報酬をもらえます。ちなみに一般職は年2回です。

    基本給は設定されていますが、年に四回あるボーナスにより年収が大きく違ってきます。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“年収事例: 基本給はあるが、年に四回あるボーナスにより大きく異なる”回答者 営業、在籍3年未満、退社済み(2015年より前)、新卒入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    2-2.各種手当

    三井住友トラスト不動産の各種手当は以下の通りです。

    諸手当 通勤費(月5万円まで)、営業交通費(全額)、時間外手当
    能力による 給与の見直し 年2回(1月、7月)
    保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金完備
    福利厚生 財形貯蓄制度、退職金制度、共済会制度、単身者借上社宅制度(総合職)、単身者家賃補助制度(一般職)、会員制福利厚生サービス(WELBOX)、持株会制度 等

    出典:三井住友トラスト不動産「新卒募集要項」

    通勤費は月5万円まで支給されるので、勤務地から多少遠いエリアに住んでいる人でも負担が重くなりません。営業で使った交通費はもちろん、全額支給されます。

    給与の見直しは年2回行われるので、能力に応じた給与が与えられやすいシステムといえるでしょう。雇用保険などの社会保険はきちんと完備されているので、安心して働けます。

    銀行系不動産会社ということもあり、福利厚生が充実しているのがメリットです。財形貯蓄制度も完備されているので資産形成に役立ちます。

    また、生活費の中で大きな割合を占める住宅費がサポートされるのもうれしいポイントです。総合職の単身者には借上社宅制度、一般職の単身者には家賃補助制度が用意されています。

    3.三井住友トラスト不動産の年収に関する口コミ

    3.三井住友トラスト不動産の年収に関する口コミ

    ここでは、三井住友トラスト不動産の年収に関する口コミを3つご紹介します。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“年収事例: 29歳 550万。 並みの仕事をしていれば、並みの給料はもらえる。”回答者 営業、在籍5~10年、現職(回答時)、新卒入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    29歳の男性営業社員の例ですが、特にハードな仕事をしなくても年収550万円となっています。

    日本のサラリーマンの平均年収が毎年400万円台なのと比較すると、29歳で550万円もらえるということは割の良い仕事といえるでしょう。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“年収事例: 稼いでいる人で、1,000万以上 稼いでない人で、500万前後” 回答者 営業、在籍3~5年、現職(回答時)、新卒入社、男性、出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    上記の口コミは男性営業社員のものですが、稼いでいる人は1,000万円以上、稼いでいない人でも500万円前後の年収となるようです。

    成果をあげれば1,000万円以上の高収入を得ることも夢ではないので、やりがいのある仕事といえます。稼いでいない人でも年収500万円ということですが、けして低い年収ではありません。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“年収事例: 月20万円程度に件数給とボーナス(歩合給)で500万円前後” 回答者 営業、在籍3~5年、退社済み(2015年より前)、中途入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    上記の口コミも男性営業社員のものですが、三井住友トラスト不動産の基本給は総合職で月給20万5,000円、一般職で月給18万3,000円と設定されています。(新卒の場合)*3

    基本給は一般的な会社と同程度に設定されていますが、「件数給」や「ボーナス(歩合給)」で年収が500万円前後になるようです。

    このように、銀行系不動産会社といえども、歩合給の金額次第で年収が決まるという点では、一般的な不動産会社と違いはありません。

    出典:*3 三井住友トラスト不動産「新卒募集要項」

    4.三井住友トラスト不動産への転職をオススメする人

    4.三井住友トラスト不動産への転職をオススメする人

    転職を成功させるには、自分の判断基準に合致する会社を選ばなければなりません。

    ここでは、三井住友トラスト不動産 への転職をオススメする人についてご紹介しましょう!

    4-1.今より有利な条件で物件情報を得たい人

    三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行が親会社の会社です。

    そのため、お客様から信頼があり情報が入りやすく、仕事もしやすい環境といえます。個人の相続案件などが親会社である三井住友信託銀行から多数紹介され、1件の手数料だけでも何百万円になることも少なくありません。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“銀行が親会社であるため、地場業者が入り込めない、銀行の顧客情報がある”回答者 営業職、在籍3年未満、現職(回答時)、新卒入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    金融機関に連なる不動産会社ということで、普通の不動産会社よりも信用されやすいのが特徴です。

    親会社が信託銀行の中でもトップクラスということもあり、三井住友トラスト不動産には強大なブランド力が備わっています。

    信託銀行の顧客案件も多いため客層もよく、レベルの高いビジネスを任せられることが多いでしょう。

    三井住友トラスト不動産の口コミ“やはりブランド力があるのでそれなりにお客様も安心してくださるのでやりやすい”回答者 営業、在籍3年未満、退社済み(2020年より前)、中途入社、男性 出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    4-2.賞与でガッツリ稼ぎたい人

    三井住友トラスト不動産は、賞与の金額が凄く高いのが特徴です。

    賞与に関する制度は、営業成果に対する歩合報酬が約70%以上を占める年収構成となっています。したがって、年収を上げるには歩合で稼ぐしかありません。

    銀行系不動産会社なため、一見安定した会社に見えますが、その中身はなかなかドライなところもあり、能力に応じた金額が支給される現実的な会社です。

    三井住友トラスト不動産の口コミテキスト“賞与に関する制度は、通常の企業のものとは大幅に異なっており、営業成果に対する歩合報酬が約70%以上を占める年収構成となっており、安定性を希望する方々には全く向かないが、数字さえ出せれば高額な報酬を手にすることができるといった極めてドライな会社である。”回答者 本社、営業・管理、管理職、在籍15~20年、退社済み(2020年以降)、中途入社、男性、出典:OpenWork「三井住友トラスト不動産」

    5.「三井住友トラスト不動産 平均年収」のまとめ

    三井住友トラスト不動産の平均年収は610万円!賞与・各種手当・年収に関する口コミを詳しくご紹介!

    今回は三井住友トラスト不動産の平均年収について詳しく解説をしました。

    三井住友トラスト不動産は銀行系不動産会社として、社会的な信頼度が高く、実績に応じて年収が考慮される実力主義の会社です。

    三井住友信託銀行グループのネットワークを活かしながら、バリバリ働いて高収入を得たい人にぴったりの会社といえます。

    三井住友トラスト不動産への転職に興味がある方へ!

    三井住友トラスト不動産の仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

    宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、信頼できるきちんとした企業の求人を多数保有しております。
    プロのキャリアアドバイザーが親身になって、面接対策や志望動機の書き方まサポートしますので、不動産業界は初めてという方でもご心配には及びません。

    登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

    スタッフ一同、心よりお待ちしております。

    不動産業界で転職をご検討の方!
    宅建Jobに相談してみませんか?

    ※経験や資格は問いません。

    Step1 Step2 Step3 Step4

    ご希望の働き方

    OK

    お住まいの地域

    OK

    生まれ年

    OK

    就業状況

    OK

    不動産業界の経験年数

    OK

    ご希望の転職時期

    OK

    ご希望の職種(複数選択可)

    OK

    お名前

    OK

    携帯電話番号

    OK

    メールアドレス

    OK

    プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
    ご登録をお願いいたします。

    戻る
    戻る
    戻る

    不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
    理想の働き方に出会おう。

    あなたにあった求人を受け取る