不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

宅建の勉強スケジュールの立て方!300時間で独学合格できる方法も解説!

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

宅地建物取引士(宅建)は、毎年20万人が受験するマンモス国家資格です。「5人に4人が落ちる」という難関試験ですが、合格者に共通するのは「きちんと勉強スケジュールを立てている」という点です。

しかし、「どうしたら適切なスケジュールが立てられるのか、わからない」という人も多いはずです。そこで今回は、宅建に合格するための勉強スケジュールを解説します。

試験は毎年10月です。試験の1年前、6ヶ月前、3ヶ月前からスタートさせる場合の勉強法も紹介します。これを読めば、きっと自分にあった勉強スケジュールのイメージが見えてくるはずです。

1.勉強スケジュールの作り方【宅建合格】

1.勉強スケジュールの作り方【宅建合格】

「宅建に受かる人」の勉強スタイルには、計画性(戦略)があります。もし宅建に合格したいなら、「勉強スケジュールを作ってから学習に取り組む」のがオススメです。

宅建に合格するには、300時間は勉強する必要があると言われています。300時間が確保できさえすれば、あとは残り期間に応じて時間配分を考えればOKです。具体的に説明していきましょう。

ポイント勉強スケジュール作るためのコツは「残り期間から逆算して計画を立てる」ということです。やみくもに学習を進めると十分な学習ができないうちに試験日を迎えてしまうので注意しましょう。

1-1.300時間を確保する

宅建の試験日は、原則として「10月の第3日曜日」です。まずは今日から試験実施日までの間に「300時間」の勉強時間を確保してください。

すでに宅建に関する知識があるなら、もっと短い時間でも合格できるでしょう。しかし余裕をみて300時間を確保することをおすすめします。

宅建日本有数の難関試験です。合格率は15%から17%程度なので、5人に1人しか受からない計算です。しかし、適切な勉強をすれば誰でも受かる試験です。

宅建出題内容や出題傾向は決まっています「合格するために勉強しておくべきこと」は明確なので、優先順位をつけて計画的にこなしさえすれば、誰でも合格できます

そのためには、まずは300時間を確保するようにしましょう。あとは残り期間に応じて科目と時間の配分を決めていくだけです。

ポイント宅建の合格に必要とされる時間は300時間です。しかし宅建分野の仕事をしている人なら、もっと短時間でも合格できます。個人差があるため、もし自信がないという人なら、400時間、500時間長めの勉強時間を確保することをオススメします。

1-2.科目ごとの勉強時間の目安

宅建4つの科目から構成されています。それぞれの勉強時間の目安は次のとおりです。

科目 問題数 目標点 勉強時間
宅建業法 20問 18点 130時間
民法など(権利関係) 14問 8〜10点 100時間
法令上の制限 8問 5点 35時間
税・その他 8問 5点 35時間

このうち重点的に学習すべき科目は、「宅建業法」と「民法など(権利関係)」です。配点割合の7割近くを占めるため、ここを得意科目にできるかどうかが勝負になります。

宅建業法得点をしやすい分野のため、満点近くを狙いたい科目です。また「民法など(権利関係)」多くの受験生が苦手とする分野です。できるだけ早めに、また時間をかけて学習するのが重要です。

ポイント「民法など(権利関係)」が苦手という受験生は多いです。理解が必要となる分野のため、丸暗記では対応できません。できるだけ早めに着手して、得意分野にしてしまうことが合格への近道です。

1-3.「1年前」から始める場合(毎日50分)

まずは試験の1年前から学習をスタートさせるというパターンから見てみましょう。試験が行われるのは原則として、毎年10月の第3日曜日です。

これを300時間で逆算します。たとえば1年なら、1ヶ月に25時間が確保できれば「25時間 X 12ヶ月 = 300時間」を確保することができます。1週間あたり約6時間、1日あたり50分という計算です。

1年もあれば勉強期間としては十分です。時間の余裕があるので、理解に時間を要する「民法など(権利関係)」から学習するのがオススメです。

逆にデメリットとなるのは、時間の余裕があるため学習が中だるみしがちだということです。「まだ時間があるから大丈夫」と思っていると、充分な勉強ができないまま、あっという間に試験日を迎えることになります。

まずは1日15分とか30分という短い時間でもよいので「毎日の勉強を習慣づける」ことを意識してください。勉強が習慣化すれば、次第に1日あたりの学習時間を増やすことは可能です。

学習の手順としては、以下の順番で取り組んでみましょう。

  1. 過去問を眺める。
  2. テキストを読む。
  3. 過去問を解く。

まず「過去問を眺める」ことで、どんな問題が出るのかを把握します。学習していない段階ですから、解けなくてもまったく問題ありません

全体像が把握できたら、テキストを読み込んでいきます。1つのテーマの学習を終えたら、そのテーマに関する過去問を解きます。不明点があれば、またテキストに戻りましょう。

このようにして最後まで学習が進んだら、あとは過去問を繰り返し解くことです。試験日までに、10年分の過去問を3周以上こなすことができれば、合格に近づけます。

ポイント1年もあれば、時間をかけてじっくりと学習できます。注意を要するのは「まだまだ時間があるから大丈夫」と安心してしまうことです。短い時間でもいいので「毎日必ず勉強する」ということを意識するようにしてください。

1-4.「6ヶ月前」から始める場合(毎日1時間40分)

試験日まで6ヶ月が残っている場合、1ヶ月に50時間が確保できれば「50時間 X 6ヶ月 = 300時間」を確保することができます。1週間あたり約12時間、1日あたり1時間40分という計算です。

6ヶ月というのは必ずしも十分な時間とは言えません毎日1時間40分の勉強量になるため、たとえば1日サボってしまうと次の日にかなりのしわ寄せが行ってしまいます

スキマ時間を活用しつつ、毎日コンスタントに学習するように心がけましょう。学習の手順は前述の「1年前から始める場合」と同じです。

  1. 過去問を眺める。
  2. テキストを読む。
  3. 過去問を解く。

基本的には、10年分の過去問を何周できるかが勝負です。

なお試験の直前期には、各予備校が模擬試験を開催します。できればそれまでには3周できるようにスケジュールを組むのが理想です。

ポイント6ヶ月もあれば、宅建合格可能圏内です。ただし、300時間の勉強時間を確実にこなせるようにしてください。

1-5.「3ヶ月前」から始める場合(毎日3時間20分)

最後に「試験まで3ヶ月しかない」という場合を紹介します。「3ヶ月では無理では?」と思う人もいるかもしれませんが、やり方次第では十分に合格は狙えます

残り3ヶ月という場合、1ヶ月に100時間が確保できれば「100時間 X 3ヶ月 = 300時間」を確保することができます。1週間あたり24時間、1日あたり3時間20分という計算です。

「1日3時間はキツイ」と感じるもしれませんが、短期合格のためには仕方ありません。平日に3時間20分を確保するのが難しいなら、土日やスキマ時間も活用するようにしてください。たとえば次のようなイメージです。

  1. 平日は3時間ずつ:土日は5.5時間ずつ
  2. 平日は2時間ずつ:土日は8時間ずつ
  3. 平日は1時間ずつ:土日は10時間30分ずつ

また時間が限られているため、あえて「難問は捨てる」というのも一つの方法です。頻出の問題に絞って学習し、誰もが得点できるような問題は確実に得点できるようにしておくことが大切です。

また、過去問3周できないかもしれません。それでもできるだけチャレンジするようにしてください。どうしても難しそうなら、頻出度の高い過去問だけを回転させるようにしましょう。

合格に近づきたいなら、せめて2周はしておきたいところです。ちょっとした移動時間会社の休み時間など、スキマ時間があれば1問でも多く解くことを心がけてください。

ポイント宅建の願書が配布されるのは、試験の3ヶ月前です。勉強も大事です。しかし後で慌てることがないように、まず先に試験の申込みを済ませてしまうのもオススメです。

2.スケジュール作成時の注意点【宅建の勉強】

2.スケジュール作成時の注意点【宅建の勉強】

勉強スケジュールの作り方を解説してきました。スケジュールの作成にあたっては、いくつかの注意点があります。そのうち、もっとも大事な次の2点について紹介します。

  1. 勉強範囲に優先順位につける
  2. 振り返りの時間も作る

2-1.勉強範囲に優先順位につける

1つ目に大事なことは「勉強範囲に優先順位につける」ということです。

宅建の試験範囲は決まっています。しかしすべてを完璧に覚えようとすると、いくら時間があっても足りません。効率よく確実に合格するには、試験に出る範囲、勉強すべき範囲を明確にすることが重要です。

たとえば過去問を見ると、頻出問題となっているテーマもあれば、たまにしか出題されないテーマもあります。よく出される問題は重点的に学習し、あまり出ない問題については後回しにしましょう。

誰もが得点できるような問題は、あなたも得点できていなければなりません。しかし多くの人が得点できないようなマニアックな問題であれば、得点できなくても問題ありません

ポイント試験に出るテーマはある程度決まっています。勉強範囲優先順位をつけて「覚えるべきことを覚える」こと、そして「理解すべきことを理解する」ということが大切です。

2-2.振り返りの時間も作る

そして、もう1つ大事なことは「振り返りの時間も作る」ということです。

勉強することは大事です。しかしどんなに勉強しても、それが記憶に定着できなければ意味がありません。ぜひ折に触れて「勉強したことが本当に身についているか」を確認するようにしましょう。

そのためには「テキストを読む」というインプット作業だけでなく、「問題を解く」というアウトプット作業が欠かせません。

そして、もし間違えた問題があれば、なぜ不正解だったのかという「理由」を調べるようにしてください。原因がわからなければ、また同じ失敗を繰り返します。一つひとつの正答・誤答を振り返るなかで、自然と実力は上がっていきます。

ポイント宅建に合格できる人の多くは「振り返り」を大事にしています。実力がついたかどうかをチェックしているからこそ、自分の苦手分野がわかります。苦手分野がわかれば、そこを重点的に勉強するようにしましょう。こうした「穴」をつぶしていけば、合格に近づけるはずです。

3.スケジュール作成の参考になるYouTube・ブログ【宅建の勉強】

3.スケジュール作成の参考になるYouTube・ブログ【宅建の勉強】

ここまでは、宅建合格に向けたスケジュールの作り方注意点を解説してきました。

もし勉強の具体的なイメージがわかないなら、実際に受験した人たちの事例を見てみるのもオススメです。

ポイント宅建の合格者たちは、どのような方法で勉強をしてきたのでしょうか。実際の勉強事例を見ていくうちに、あなた自身の「宅建合格への道」が、きっとイメージできるようになるはずです。

3-1.アラサーOLの宅建合格スケジュール(misaさんの場合)

1つ目に紹介するのは、アラサーOLのmisaさんのブログ記事です。

【半年あればOK】宅建勉強時のスケジュールと月別の勉強方法を大公開!【一発合格しました】|アラサーOLの知恵袋

misaさんは仕事が忙しかったため、試験直前期以外は「平日に1時間を捻出する」のが限界だったそうです。

勉強を始めたのは1月で、わりと早い時期からスタートできていたものの、当初は毎日10分〜15分、動画を眺める程度の学習しかできなかったと書かれています。

そんな状況の中で合格を勝ち取られたわけですが、このブログ記事では、「どのような時間配分で勉強をしてきたのか」、その勉強内容と振り返りが紹介されています。

misaさん本格的な勉強をスタートされたのは6月に入ってからです。限られた少ない時間の中、どのように格闘してきたのでしょうか。ぜひチェックしてみてください。

ポイント実際に合格した人の体験記ブログは、勉強スケジュールを立てる上での参考になります。人によって適した勉強法は異なるので、いろいろな人のブログをチェックしてみましょう。宅建に合格した身近な先輩や知人に話を聞いてみるのもオススメです。

3-2.合格者メッセージでモチベーションアップ(Youtube 棚田行政書士の不動産大学)

2つ目に紹介するのは、Youtubeチャンネル「棚田行政書士の不動産大学」です。


棚田さんは、宅建やマンション管理士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士など、合計9つの資格を完全独学で取得したという不動産コンサルタントです。人気ユーチューバーとしても知られ、チャンネル登録者数は5万人を超えています。

今回の番組では、宅建の「2020年試験の合格者」からのメッセージがたくさん紹介されています。

これを見れば、モチベーションアップは間違いなしです。「努力をすれば必ず結果がついてくる」ということが強く伝わってくる内容になっています。

ポイント宅建に合格するためには強いモチベーションも必要です。「絶対合格するぞ!」という気持ちをもって勉強スケジュールを作っていきましょう。

4.「宅建 勉強 スケジュール」のまとめ

1.勉強スケジュールの作り方【宅建合格】

宅建の勉強スケジュールについて解説してきました。

宅建難関資格です。しかし適切な勉強スケジュールを立てて、確実に実行をすることができれば、誰でも合格が狙える資格です。

今回の記事では、宅建に合格するための勉強スケジュールの立て方や注意点1年、6ヶ月、3ヶ月という3パターンそれぞれのイメージについても解説しました。

これを参考に、ぜひ自分にあった勉強スケジュールを見つけてみてください。合格をお祈りしています。

不動産業界への転職に興味がある方へ!

不動産業界の仕事にご興味があるという方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、信頼できるきちんとした企業の求人を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、面接対策や志望動機の書き方まサポートしますので、不動産業界は初めてという方でもご心配には及びません。

登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る