不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

稼げる高収入の仕事を男女・資格なしあり・ランキング形式で紹介!

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

稼げる仕事に就いて、余裕のある暮らしがしたい。

そう思ったとしても、資格や学歴、職歴が原因であきらめる人は多いものです。

しかし、学歴や資格がない人でも目指せる高収入の仕事は、世の中に多くあります。

たしかに高収入を得るためにはそれなりの努力は必要ですが、どんな人にも可能性はあります。

今回は、稼げる仕事をランキング形式で多数紹介します。稼げる仕事のデメリットも包み隠さずお伝えしますので、資格がある人もない人もぜひ参考にしてください。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

1.資格必要・高学歴で稼げる仕事【ランキング】

1.資格必要・高学歴で稼げる仕事【ランキング】

まずは稼げる仕事の中でも、高い学歴や資格が必要なものから見ていきましょう。

各職業の年収ランキングは、次のとおりです

順位 職業  年収 平均年齢 月収 年間賞与額
1位 医師 1,232万円 42歳 95万円 90万円
2位 パイロット 1,192万円 43歳 89万円 119万円
3位 大学教授 1,051万円 57歳 64万円 277万円
4位 公認会計士・税理士 1,042万円 40歳 69万円 212万円
5位 弁護士 1,029万円 39歳 63万円 267万円

(データ引用〈小数点未満を切り捨てて記載〉:最新版!129の「職業別年収ランキング」 – 東洋経済)

それぞれの仕事内容は、以下で詳しく紹介します。

1位.医師

稼げる仕事として誰もが思い浮かべるのが、医師ではないでしょうか。

勤務医よりも開業医のほうが年収は高いものの、医師全体を平均しても年収1,000万円以上あります。

医師になるためには、医学系の大学で6年学び、卒業する必要があります。

そのためには、医学部受験に合格できる高い学力と、高い学費を払える経済的な余裕が必要です。

2位.パイロット(航空機操縦士)

パイロットは、就職時の倍率が数百倍にもおよぶ人気の職業です。

年収は勤める航空会社によって異なります。平均年収は1,000万円ほどですが、大手航空会社では2,000万円以上の年収と言われています。

パイロットを目指す道としては、大学卒業後に航空会社に就職してライセンスを取得するケースと、航空大学でライセンスを取得後、航空会社に就職するケースがあります。

飛行に関する知識を理解できる学力と、厳しい飛行訓練に耐え抜く体力の両方が必要な仕事です。

3位.大学教授

一般的には有名私立大学の教授がもっとも高収入で、国公立大学の教授は公務員のように安定しているかわりに給料はそれほど高くありません。

ただ、すべての大学教授を平均すると1,000万円以上の年収となるため、高収入の職業と言えるでしょう。

大学教授はポストが少ないため、能力があるからといって必ずなれる職業ではありません。

大学卒業後に大学院で博士号を取得し、助手や助教授などを経た後、准教授や大学教授を目指せます。

4位.公認会計士、税理士

税理士は企業や個人事業主の税務を行い、公認会計士は企業が作成した財務諸表を監査する仕事です。

どちらも税務や会計などを中心とした業務を行っており、似た面があります。

年収は受け持つ顧客によって変わります。とくに公認会計士は、大手企業が顧客になるとかなりの高収入が期待できます。

どちらも難易度の高い国家資格を取得する必要があり、高い学力が求められる仕事です。

5位.弁護士

最近では弁護士の数が増えてきたため、弁護士の平均収入は昔より低くなったと言われています。

しかし、今でも平均1,000万円以上を稼げる高収入の仕事であることはたしかです。

弁護士資格を得るための司法試験は、数ある国家資格の中でもっとも難易度の高い試験と言われています。

司法試験を受けるためには、大学卒業後に法科大学院を卒業して受験資格を得る必要があります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.資格なし・学歴不問で稼げる仕事【男性】

2.資格なし・学歴不問で稼げる仕事【男性】

世の中の稼げる仕事は、資格や学歴が必要なものだけではありません。

中卒や高卒の人、何も資格を持っていない人でも、平均以上の年収を稼げる仕事を紹介します。

2-1.不動産営業

不動産営業は、不動産を借りたいもしくは買いたいお客さんに、物件を紹介する仕事です。内見の案内や契約の手続きなども業務に含まれます。

不動産営業は実力主義の仕事のため、学歴や資格、経験のない人でも就職可能です。

営業成績さえ上げられれば、入社1年目の新人でも年収1,000万円以上を稼げる可能性
もあります。

自分が紹介した物件の契約が成立すると、会社に入る手数料の一部がインセンティブとして給料に反映される場合がほとんどです。

そのため、動く金額の大きい売買物件を扱う営業では、より高収入を狙えます
不動産営業は稼げるのか?年収1,000万円を狙える会社の選び方を紹介

2-2.長距離トラックドライバー

長距離トラックドライバーは、物流会社や運送会社などに勤め、大型トラックで荷物を運ぶ仕事です。

ドライバー職の中でもっとも稼げる仕事は長距離トラックの運転手であると言われており、中型トラックの約1.5倍の年収が稼げます。

年収は所属する会社によって異なり、大手の物流会社がもっとも高年収です。

入社後に大型免許の取得を支援してくれる会社もあるため、普通免許さえ持っていれば無資格でも就職できます。

2-3.ゴミ収集スタッフ

ゴミ収集スタッフは、家庭や企業から出るゴミを清掃車で収集してまわる仕事です。意外にも高収入なことは、知られていません。

公営の業者なら年収800万円以上、民間でも年収500万円以上と言われています。

就職するにあたって資格や学歴が必要ない、ゴミ収集ルートがある程度決まっているため残業も少ないなどメリットの多い仕事です。

ただし労働条件が良すぎるあまり職場定着率が高く、なかなか求人が出ません求人が出されても応募が殺到するため、高い倍率を勝ち抜く必要があります。

2-4.Uber Eats (ウーバーイーツ)

最近、話題にのぼることの多いUber Eats (ウーバーイーツ)の配達員は、飲食店からお客さんの元へ食べ物を運ぶ仕事です。

簡単に言えば、出前の代行業と言えるでしょう。配達員は、個人事業主として配達を請け負います。

配達1件ごとに支払われる報酬は、配達する地域や時間帯で異なるため、働き方しだいで時給2,000円以上を稼ぐことも可能です。

ただし会社員のように基本給がもらえるわけではないため、本業として安定して稼ぐことは難しいでしょう。

2-5.期間工【寮付き】

期間工とは、自動車などを製造する工場で、一定期間だけ働く契約社員のことです。

待遇の良い会社だと、入社祝い金や残業手当、休日出勤手当、食事手当など多数の手当てが給料に加算されていきます。契約期間を満了すると、100万円前後の満了手当がもらえるケースもあります。

その結果、期間工の年収は大手自動車会社で500~700万円ほどとなります。

期間工には専用の寮が用意されている場合が多く、家賃や水道高熱費がかかりません。不自由さはありますが、短期間でお金を貯められる仕事です。

2-6.とび職人

とび職人とは、建設現場において高所での作業を担当する職人のことです。足場を組んだり、鉄骨を組んだりなど、職人によって専門分野は分かれますが、いずれも高収入です。

危険な高所での作業があることから、とび職人には高い給料が支払われ、600万円以上の高収入を稼ぐとび職人も多くいます

とび職人になるために特別な資格は必要なく、未経験から転職可能です。人材不足であることから、未経験者でも高額な日当を支払う会社も存在します。

2-7.漁師

漁師も特別な資格や学歴、年齢を問わず大きく稼げる仕事です。

体力面で非常にハードなうえ、漁によっては数ヶ月~1年ほど帰ってこられないため高額な給料が保証されています。

とくにマグロ漁などの遠洋漁業を行う漁師は、年収600~800万円ほどの高収入です。漁の成果によってはさらに収入が上乗せされる場合もあります。

また、船に乗っている間の光熱費や食費がかからないことから、貯金も貯まりやすい仕事です。

3.資格なし・学歴不問で稼げる仕事【女性】

3.資格なし・学歴不問で稼げる仕事【女性】

もちろん、女性でも資格や学歴を問わず稼げる仕事はあります。

中卒や高卒の女性、資格を持っていない女性でも稼げる仕事は、以下のとおりです。

3-1.不動産営業

不動産営業は女性でも稼げる仕事です。男性の稼げる仕事でも紹介したとおり、学歴や職歴も関係なく、実力しだいで年収1,000万円以上も狙えます

不動産営業は、物件をお客さんに紹介することで手数料を稼ぐ仕事です。人と接する仕事のため、きめ細やかなコミュニケーションがとれる女性は向いています。

実力主義の仕事のため女性でも就職できる求人が多く、職場での差別もほとんどありません。

女性だという理由で優遇はされませんが、男性以上に稼ぐ優秀な女性営業マンも存在します。
不動産営業に向いてる人7つの特徴!向いてない人や女性の場合も紹介

3-2.保険の外交員

保険の外交員は、一般の人や企業に対して保険商品を提案し、売る仕事です。

女性外交員の平均年収は300万円ほど営業成績に応じてインセンティブが反映されるため、さらに多く稼ぐ女性もいます。

外交員の仕事を行うには、業界が実施する試験に合格して国に登録する必要があります。

しかし就職時点では年齢や学歴、資格を問わない場合が多く、採用後に研修を受けてから資格を取得するのが一般的です。

3-3.コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフは、一般のお客さんから企業や団体にかかってきた電話に対応する仕事です。商品やサービスの注文対応、問合せへの対応など、部署によって細かな内容は異なります。

コールセンタースタッフの年収は平均300万円ほどです。しかしコミュニケーション能力が高い人がそれなりに経験を重ねていけば、上の地位へと昇進した結果、平均以上の収入を得る場合もあります。

学歴や資格、経験を問わず就職できるほか、年齢が高い人であっても活躍できる職種です。

3-4.チャットレディー

チャットレディーは、パソコンやスマートフォンの動画通話を利用して男性と会話する仕事です。

会話の内容は、登録するサービスによって異なります。なかには健全な会話のみをするサービスや、顔を非公開にして会話をするサービスもあり、ある程度プライバシーを守りながら働くことも可能です。

時給4,000円以上のサービスも存在するため、短時間で稼げる仕事です。企業に勤めるような安定はありませんが、スキマ時間で稼ぐのであれば割のいい仕事と言えるでしょう。

3-5.女性ドライバー

トラックドライバーの仕事は、男性だけのものではありません。最近では、人手不足の運送業界が女性ドライバーを積極的に採用しています。

固定ルートをまわる宅配ドライバーや高齢者向けのケアドライバーなど、女性に向いたドライバーの仕事も多くあります。

収入面でも月20~30万円の月給が出る場合が多く、安定して稼げる仕事です。

小型トラックや大きめの普通車であれば普通免許で運転できるため、学歴や資格不問で応募できる求人も多くあります。

3-6.ナイトワーク(水商売)

高級クラブやキャバクラなどのお酒を扱う飲食店でのナイトワークは、女性の稼げる仕事として有名です。資格や学歴なども関係なく働けます。

都市部のキャバクラであれば平均的な時給は5,000円以上が多く、売上によってはインセンティブがつくこともあります。

もっとも稼げるのは高級クラブで、平均40万円以上の月収が狙えます。

ただし優良な顧客が多いため、厳しいマナーを身につけ、経済やビジネスに関するニュースを常に勉強するなどの努力が必要です。

3-7.期間工【寮付き】

自動車の組み立て工場などで一定期間働く期間工は、男性のイメージが強い仕事です。しかし、女性の期間工も多くいます。

男性の期間工は力仕事が多い一方で、女性の期間工は単純作業や検品作業など集中力が必要な仕事を割り当てられるのが一般的です。

収入面では、男性の期間工と同じように一般的な職業より稼げます。期間工には専用の寮が用意されている場合が多いため、生活費が節約できて貯金も貯まります

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.自宅でも稼げる仕事【在宅ワーク】

4.自宅でも稼げる仕事【在宅ワーク】

ここまでに紹介してきた仕事は、ほとんどが出勤または外出する必要があります。

しかし、最近では在宅で稼げる仕事も増えてきました

以下のような仕事であれば、外出が難しい主婦の人や、接客が苦手な人でも稼げる可能性があります

4-1.クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事を受注できるサービスです。

アンケートモニターやデータ入力などの簡単な作業から、WebライティングやWebデザインといったスキルの必要な仕事までさまざまな仕事があります。

基本的に仕事単位での契約となるため、さまざまな働き方が実現できます。

空いた時間のみ作業して稼ぐことも可能です。また、翻訳やプログラミングなどの特技を生かして在宅で稼ぐこともできます

4-2.アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のサイトやブログに広告を載せて利益を得る仕事です。

月収は0円~数千万円と、人によって大きな幅があります。

アフィリエイトで稼ぐためには、自分でサイトやブログを立ち上げ、定期的に記事を更新し続けるなど、地道な努力が必要です。

また、人の心を動かす文章の書き方や、検索で上位に表示させるテクニックなどの研究も必要です。

研究熱心な性格の人であれば平均以上の収入が狙える、夢のある職業と言えるでしょう。

4-3.ネットショップ

インターネット上で商品を販売するネットショップは、今や誰でも始められる仕事です。

大手のモールにお店を構えて商品を売る方法もあれば、フリマアプリなどを利用して経費をほとんどかけずに商品を売る方法もあります。

収入は、1商品あたりの利益率や販売数によって変わります。

どのような商品が売れ、利益が多いのかを知ることが大切です。大きく稼げるかどうかは、商品選びのセンスや販売戦略にかかっていると言えるでしょう。

4-4.自宅の活用

自宅のスペースを活用して稼げる仕事もあります。たとえば自宅でサロンを開く、自宅の空きスペースを貸すなどです。

ネイルサロンやエステサロンでの勤務経験がある人なら、必要な機材を揃えて開業届を提出するだけでサロンを開業できます。

また特別なスキルがなくても、家の空きスペースを貸すだけで収入を得ることもできます

荷物の置き場所を探している人向けに、荷物を置くスペースを貸すのです。最近ではダンボール1箱単位で他人の荷物を預かれるサービスがあり、1ヶ月ごとに報酬を得られます。

5.稼げる仕事の闇【デメリット】

5.稼げる仕事の闇【デメリット】

稼げる仕事には良い点もあれば、悪い点もあります。メリットだけではなく現実的な面も知ったうえで目指せば、必要のない挫折も避けられます。

これから紹介するようなデメリットは、とくに見逃しがちのため注意しましょう。

5-1.稼げる仕事は簡単に始められない

稼げる仕事は、仕事を始めるまでハードルが高い傾向にあります。

とくに弁護士やパイロット、医師などの職種は、資格や学歴を得るための時間がかかります

これらの人気職業に就こうと思った場合は、準備時間がかかることを覚悟して計画的に進めていく必要があるでしょう。

5-2.稼げる仕事は肉体的・精神的にきつい可能性が高い

稼げる仕事は、精神的・肉体的にきつい場合が多くあります。

たとえば不動産営業であれば、営業ノルマに追われる精神的なプレッシャーは付きものです。

期間工であれば、重い物を持ち運んだり、同じ作業を繰り返したりすることによる肉体的な疲れは大きいでしょう。

また、弁護士や医者であっても、社会的な責任の重さによる負担が大きい点は見逃されがちです。

人一倍稼ごうと思った場合は、こういった負担があることを覚悟しておくことが大切です。
不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

5-3.資格不要で稼げる仕事はライバルも多い

資格不要で稼げる仕事は皆がやりたいと考えるため、競争率が高めです。

多くのライバルがいる中で採用を勝ち取るには、数社落とされただけではあきらめない粘り強さも必要でしょう。

また、人気の高まりによる賃金の低下には、気をつける必要があります。

世の中の需要(仕事の量)に対して供給量(仕事を行う人数)が多すぎると、賃金を下げてでも仕事をしなければならない状態となってしまいます。

これから先も稼げるかどうか、という視点も大切です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

6.コスパで考えると「宅建」がおすすめ

6.コスパで考えると「宅建」がおすすめ

資格を持っていれば、資格なしの人よりも就職に有利です。

また、無資格の人との間にハードルを設けられるため、賃金の低下に悩まされることもありません。

とは言っても、何の資格を取ればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

もしイチから資格を取得して稼げる仕事を目指す場合は、「宅建(宅地建物取引士)」の資格がおすすめです。

なぜなら宅建は、コストパフォーマンスの面から考えてメリットの大きい資格だからです。

宅建取得のコスパが良い理由
    • 数ある国家資格の中でも取得しやすい
    • 宅建を持っていなければできない業務がある
    • 不動産営業で生かせる
    • 資格手当てがもらえる

宅建は数ある国家資格の中でも、試験に合格するための勉強時間が少なくて済む資格です。

一般的に弁護士は6,000時間、公認会計士は3,000時間の勉強が必要だと言われています。

しかし、一般的な宅建合格者の勉強時間は300~400時間ほど。社会人として働きながら、家事や育児をこなしながらの勉強も可能です。

もちろん試験が簡単というわけではありません。しかし受験資格の制限がないため、試験勉強を頑張れば学歴の低い人でも取得できるメリットがあります。

宅建は稼げる仕事の一つである不動産営業に生かせる資格です。宅建を持った人にしかできない業務もあるため、他の人に取って代わられる可能性も低いでしょう。

採用後に宅建の資格を取ることも可能です。ただ、宅建の資格を持っていると未経験者でも資格手当てがもらえる場合がほとんどのため、最初から給料が増やせます。

資格に少しでも興味があるのなら、宅建の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
宅建は就職に有利!取得をおすすめする3つの理由や平均年収等を紹介

7.「稼げる仕事」のまとめ

稼げる仕事を男女・資格なしあり・ランキング形式で紹介!【裏の闇とは】

これから稼げる仕事を目指すのであれば、宅建を取得して不動産営業として就職するのがおすすめです。

ただし、不動産営業で大きく稼ぐには会社選びも大切です。

なぜなら、インセンティブ(歩合給)の有無や割合は不動産会社によって違うからです。

宅建Jobエージェントでは、不動産業界に精通した転職エージェントが希望条件に沿った非公開求人を紹介しています。また、応募書類の添削から入社後のフォローまでプロがサポートいたします。

少しでも興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る