不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産営業に向いてる人の特徴8選!向いてない人には地獄?

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

「不動産営業に向いてる人って、どんな特徴があるの?」

この記事を読んで下さっているあなたは、こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

向いてない仕事についてしまったら、後が大変です。そう考えると、不動産営業として就職・転職をお考えになっている方にとって、切実な問題ですよね。

そこで本日は、不動産営業マンに向いてる人の特徴、逆に向いてない人、逆に向いてない人、不動産営業に関するよくある質問、ブラック企業を見極める方法を紹介します。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

監修者棚田健大郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健大郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数保有

不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数10万人以上。

目次

1.不動産営業に向いてる人【8つの特徴】

不動産営業に向いてる人の特徴は以下の8つです。

  1. 人と接することが好き(外交的)
  2. 精神的に強い(ポジティブ)
  3. フットワークが軽い(社交性)
  4. とにかくお金を稼ぎたい(目的意識)
  5. 社会の変化に敏感(トレンド)
  6. 素直にアドバイスを聞ける(人間性)
  7. 勉強を続けることが出来る(成長意欲)
  8. 家族や友達に営業マンがいる(心理的安全性)

ここでは、不動産営業に向いてる人について詳しく解説をします。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

1-1.営業に不可欠なのは「お客様に好かれる人間性と信頼性」

一般論として、営業に不可欠なのは、お客様から「この人にお任せしたい!」と思われることです。

インターネットが発達して、ITツールが人の代わりにさまざまな仕事をする世の中になりましたが、高額な商材の場合は、まだまだ「営業の人間性」を見てから判断するお客様がほとんどです。

住宅なども「こちらの要望に対して真剣に対応してくれる」「〇〇さんは、よくやってくれる」など、お客様からある程度の信頼を受けないと契約には至りません。最終的な判断は、営業の「人間性」が問われるので、日頃からお客様に良い印象を与え、信頼される言動が必要です。お客様から感謝をされることにより、仕事に対して充実感も感じられます。

1-2.不動産業界には「タフな精神力と向上心」が必要

不動産業界は、強い精神力と上を目指す向上心が必要です。
特に売買営業の場合は、厳しいノルマが課せられるので、メンタルが弱いと立ち行かなくなってしまいます。

また、実績を上げれば年齢に関係なく、高収入を得られるのも不動産営業の良い点です。
成果を上げれば上げるほどたくさんお金を稼げるようになります。
努力した結果はきちんと報酬に反映されるので、やりがいを感じられるでしょう。
常に高みを目指す向上心にあふれる人が向いているといえます。
【実体験で語る】不動産営業は楽しい?仕事のやりがい・魅力と楽しむためのコツを紹介

1-3.不動産営業に向いてる人の8つの特徴

ここでは、不動産営業に向いてる人の8つの特徴を詳しく紹介します。

1-3-1.人と接することが好き(外交的)

人と接することが好き(外交的)な人は、コミュニケーション能力が高く、初対面の人とでもすぐに打ち解けられるのが特徴です。ポジティブでいつも笑顔なので人に好かれやすく良い印象を与えられます。

【不動産業界ならではの理由】

人と接することが好きな人は、不動産営業に向いています。

契約を取るにはお客さんの要望を聞き、納得する物件を案内しなければならないからです。売買も賃貸も、決して安くない金額のためお客さんからもシビアに評価されます。

安心して契約をしてもらうためにも、相手目線に立ってコミュニケーションが出来る外交的な人が求められます

1-3-2.精神的に強い(ポジティブ)

精神的に強い、いわゆる「ポジティブ」な人は、人生に対して肯定的・積極的・楽観的であるため、困難な出来事が発生しても果敢に立ち向かっていきます。
何事においても積極的かつ好奇心旺盛で、自己肯定感が高く自分に自信があるので、失敗したとしてもウジウジ悩まないのがメリットです。

【不動産業界ならではの理由】

精神的に強い人も、不動産営業に向いています。

成果があがるまでは忍耐強く営業を続ける必要があり、プレッシャーに耐えなければならないからです。

成果が出ない期間が長ければ、上司から詰められることもあります。また、不動産は動く金額が大きいため、お客さんも真剣になり、きつい意見をぶつけてくる可能性もあります。

そんな辛い状況でも深刻に考え過ぎず、ポジティブさを保つことが出来れば、長く仕事を続けられます。

1-3-3.フットワークが軽い(社交性)

「フットワークが軽い」人は、スピーディーに行動するのが特徴です。気持ちの切り替えも早く、タイミングよく新しいことにチャレンジします。急な場合でも、スケジュールを上手に調整するので、チャンスを逃しません。

【不動産業界ならではの理由】

フットワークが軽い人も、不動産営業に向いています。

不動産営業の仕事は、お客さんありきの商売なため、都合に合わせてスピーディーに対応できれば信頼を得やすくなるからです。

また、不動産業界に限らず、お金に繋がる情報は「人」が持ってくる特徴があります。そのため、色んな場所に顔を出して広く人脈を築ける人は、情報を持っていない人に比べて成果が上がりやすくなります。

1-3-4.とにかくお金を稼ぎたい(目的意識)

仕事に対しての目的意識が強い人は、目標を達成しようという意欲が旺盛です。
そのため、多少ツラいことがあったとしても負けずに立ち向かっていくことができます。
仕事に限らず、「目的意識があるのと無い」のとでは達成度が全然違うため、物事を成し遂げるには強い意識が必要です。

【不動産業界ならではの理由】

とにかくお金を稼ぎたい人も、不動産営業に向いています。

不動産営業の仕事は、毎月のノルマがきつい代わりに、売上に応じて貰えるインセンティブが高いからです。実際、成果をあげて、20代で1,000万円を稼いでいる人もいます

ただ、成果を上げるには多大なるストレスがかかるため「とにかくお金を稼ぎたい!」というような明確な目標がないと厳しいです。

1-3-5.社会の変化に敏感(トレンド)

社会の変化(トレンド)に敏感な人は、広い情報網を持っています。常に新しい情報を知っているため、時代に合った行動や考え方ができるのが良い点です。情報収集力が高いので、常に新鮮な話題で人を楽しませます。

【不動産業界ならではの理由】
社会の変化に敏感な人も、不動産営業に向いています。

不動産業界を取り巻く環境は、日々変化しているからです。例えば、現在東京では建設ラッシュですが、背景には2020年の東京オリンピック開催があります。

また、再開発で駅前に新しい商業施設ができると、街のブランド価値が上がり、住みたい人が集まるため地価が上昇します。

このような情報は、お客さんにとって有益な情報なので、それを正確に伝えることが出来る人が必要とされているのです。

1-3-6.素直にアドバイスを聞ける(人間性)

素直な人は裏表がなく真っ直ぐな性格の人が多いので、周囲から愛されるのが特徴です。他人からアドバイスされても素直に聞き入れるので自らの成長に活かせます。また、感情を素直に表現するのでストレスも溜まりにくく、ラクに生きられる人が多いでしょう。

【不動産業界ならではの理由】
素直にアドバイスを聞ける人も、不動産営業に向いています。

いきなり成果が出ることは少なく、最初のうちは上司から学ぶ必要があるからです。上手くいっている人を真似するのは、どんな業界でも共通の成功への近道です。

そのため、成果をあげる為と割り切って、素直になれる人は見込みがあります。

1-3-7.勉強を続けることが出来る(成長意欲)

成長意欲が高い人は、日々の業務に対して前向きな気持ちで取り組むのが良い点です。
責任を持って職務にあたるので、周囲の人からも信頼されます。ハードルが高くても努力を怠らずに自分を磨いていくので、多くの学びを身につけていきます。

【不動産業界ならではの理由】
勉強を続けることが出来る人も不動産営業に向いています。

不動産業務に必要な税法などの知識は、日々アップデートされていくからです。しっかり勉強していないと、お客さんからの質問に答えられないので信頼を失ってしまいます。

もし現在、不動産に関する知識が不足していると感じるのであれば「宅建」の勉強がおすすめです。

宅建の試験勉強では、宅建業法を始め、民法や税法など幅広く法律知識を学ぶので、効率よく不動産の知識を身につけることができます。

1-3-8.家族や友達に営業マンがいる(心理的安全性)

家族や友達に営業マンがいる人は、営業に向いている可能性が高いです。

何か困った時に、営業について気軽に相談できるからです。「社内の先輩や同僚ではダメなの?」と思ったかもしれませんが、いくら同じ会社の営業マンとはいえ、お互いライバル同士です。

自分のノウハウを教えることで、自分よりも成績が伸びることを恐れて、嘘の情報を伝える人がいないとも限りません。

だからこそ、利害関係なく相談できる営業マンが、家族や友達にいる人は向いている可能性が高いです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産営業マンはつらい?資格は必要?仕事内容から年収まで紹介【口コミ・評判】

2.不動産営業に向いてない人【3つの特徴】

不動産営業に向いていない人の特徴は以下の3つです。

  1. 人と接することに苦手(内向的)
  2. 安定志向が強い(公務員タイプ)
  3. 仕事よりもプライベートを重視する(家庭持ち・趣味人)

ここでは、不動産営業に向いていない人について詳しく解説をします。

2-1.そもそも「人と接するのが苦手」な人は営業に向いていない

一般的に営業の仕事は、お客様にどんどん営業をかけて契約を取ることです。
したがって、そもそも「人と接するのが苦手」な人は営業に向いていません。
不動産売買営業の場合はテレアポや飛び込みなど、過酷な営業スタイルも存在するので、基本的に人と接することが好きな人でないとツラい職業といえます。

2-2.一般的なサラリーマンのような働き方はできない

不動産業界の休日は、基本的に「火曜・水曜」など平日休みが一般的です。
営業のお客様が休みのときに接客をすることになるので、普通のサラリーマンのように「土日祝日は休み」というわけにはいきません。繁忙期には残業や休日出勤もすることがあります。したがって、プライベートを重視する人には向いていないといえます。

また、インセンティブ制度を給与システムに導入している場合が多く、契約数が少なければ給与が下がってしまい安定性はありません。収入に「波がある」ということに留意しておく必要があります。

2-3.不動産営業に向いていない人の3つの特徴

続いて、不動産営業に向いていない人の特徴を3つ紹介します。

「当てはまったら絶対NG!」という訳ではありませんが、人それぞれ適正があるので、不動産営業は選ばない方が無難です。

2-3-1.人と接することに苦手(内向的)

人と接するのが苦手な人は自分から話しかけることができないため、せっかくのチャンスがあっても、みすみす見逃してしまうことが少なくありません。一人でいることが好きなので、人間関係が極端に狭い場合もあります。

【不動産営業に向いていない理由】

人と接することが苦手な人は、不動産営業に向いていないです。

仕事柄、お客さんとのコミュニケーションが発生するからです。飛び込みかテレアポ位しか営業手段がなかった頃に比べると、インターネットが発展したおかげで接点を作る方法は多様化しました。

しかし、お客さんと交渉して、最終的に契約に結びつける部分は変わっていません。そのため性格が内向的で、人と関わることがあまり好きではない方は目指さない方が無難です。

【やめとけ】不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

2-3-2.安定志向が強い(公務員タイプ)

安定志向が強い人は、定期的に一定の収入が見込める仕事に就いています。例えば「公務員」などです。収入は多くなくても、間違いなく安定した生活ができることを強く願い、現状だけで満足する人が多い傾向です。

【不動産営業に向いていない理由】

安定志向が強い人も、不動産営業に向いていません。

不動産営業マンの給料は、売上に応じたインセンティブによる部分が大きく不安定だからです。基本給も安く設定されているので、成約できなかった場合は、大卒初任給程度の給料しか稼ぐことができません。

なので、勤続年数を重ねるごとに毎年安定的に昇給する、年功序列の給与体系を求める方には向いていません

2-3-3.仕事よりもプライベートを重視する(家庭持ち・趣味人)

近年では仕事より、「家庭や趣味」などのプライベートを優先して生きる人も少なくありません。高年収を得るためにガツガツ働くよりも、平穏無事に身の丈に合った暮らしをしていければ満足なのです。世の中は多様化しており、さまざまな考え方の人が増えています。

【不動産営業に向いていない理由】

仕事よりもプライベートを重視する人も、不動産営業に向いていません。

不動産営業マンの勤務時間は、お客さんの都合次第の部分が大きいからです。例えば「日曜日の午後21時以降しか空いていません」というお客さんがいたとしたら。契約の為には、こちらが時間を合わせるしかありません。

また定時、残業、休日・祝日という、一般的なサラリーマンの常識が通じにくい傾向にあります。そのため、プライベートを重視した生活を送りたい人には向いていません。

「働き方改革」などの影響を受けて、徹夜続きが続くような労働環境は改善されつつあります。ただし、不動産業界には、いまだに古い体質が残っている企業もあるので注意が必要です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産営業に関するよくある質問【向いてる人】

ここでは、不動産営業に関するよくある質問(向いている人)についてお答えします。

3-1.女性にも向いている?

もちろん、女性でも不動産営業の仕事に就くことは出来ます。
実際に「20~30代女性活躍中!」というキャッチフレーズで、求人を出している企業も少なくありません。不動産営業の仕事は実力さえあれば認められるので、学歴・職歴・性別で差別がされにくい傾向があります。

「お客さんに警戒感を与えない」「きめ細やかな気配りが出来る」など、女性ならではのソフトな雰囲気を活かした接客も好評です。

ただし、差別もされませんが、女性だからという理由で特別扱いされることもされません。男性と同様に実力主義であることは同じなので、日頃から努力が必要です。

関連記事はこちら!
不動産営業は女性に向いている?危険って本当?結婚したら退職?リアルな年収も解説!

3-2.どんなジャンルの出身者が活躍してる?【学歴・職歴】

完全実力主義のため、不動産営業は基本的に学歴や職歴は関係ありません。

とはいえ、実力主義的な傾向があるジャンルで経験を積んだ人は強く、体育会系の人は向いていると言われています。しかし、ただ言われたことをやるだけの体育会系では意味がありません。目標を立てて頑張ってきた経験などが重要です。

違う業種でも、販売や営業などの経験がある人は有利な面もあります。しかし、未経験でも採用されるので、入社してからスキルを磨けば大丈夫です!

3-3.取得しておくと良い資格は?

不動産営業になるならば、真っ先に取得を目指したいのが「宅建」です。
1つの営業所においては従業員5名に対して、必ず1名以上の宅建士を設置しなければならないので持っていると重宝されます。

また宅建を保有している人にしかできない業務(重要事項説明など)もあり、たいていの不動産会社では給与に資格手当が加算されます。不動産の専門知識を有しているので、お客様に適切なアドバイスも行えるでしょう。

なお、ほかの資格では下記のものがあげられます。

・ ファイナンシャルプランナー
・ 不動産コンサルティング技能士
・ 不動産鑑定士
・ 賃貸不動産経営管理士

関連記事はこちら!
宅建は不動産営業に必須の資格?「必要・不要」それぞれの意見を詳しく紹介!

3-4.「向いていないかも」と感じたらできることは?

現在、不動産営業の仕事についている人、あるいは、これから不動産営業になることを検討している人の中には、「もしかしたら、自分は不動産営業に向いていないかも…」と思う人がいるかもしれません。

不動産営業の仕事はハードな面もありますが、良い物件を紹介すればお客様に感謝をされることもあるやりがいのある仕事です。「向いている人」の考え方を参考にして、不動産営業の仕事を楽しくしていきましょう!

不動産営業に向いている人の考え方のポイントは以下の4つです。

  1. ストレスを上手く発散する
  2. 仕事にやりがいを持つ
  3. スキルアップを目指す
  4. 成績が良くないときでも諦めずに続ける

不動産営業の仕事は、成績が良ければ高年収が期待できるのがメリットですが、波があるためいつでも好調とは限りません。ノルマを達成できないと上司に詰められるなど厳しいときもありますが、ストレスを溜めずに上手に発散するのがポイントです。

仕事にやりがいを持つのも大切です。売買営業の場合、お客様から売却を依頼された物件を高めの金額で売ることにより、お客様の人生にプラスの効果を与えられます。

常に最新の情報をアップデートするなど、常にスキルアップも目指しましょう。お客様に有益な情報を与えられると信頼度が上がり、大きな案件を任される可能性もあります。

そして、これが肝心なことですが、「上手く行かないときでも諦めずに続ける」ことです。
営業成績には波があり、いつもスムーズに契約が取れるとは限りません。しかし、諦めずに仕事を続けていくうちに、チャンスが巡ってくる可能性もあります。

常に明るく前向きな気持ちで、目の前の仕事をきっちりこなしていきましょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産営業は未経験も転職可能!仕事内容や役立つ資格、志望動機の書き方も詳しく解説

4.不動産営業の仕事内容【向いてる人】

不動産営業の向き不向きを知るには、仕事内容を知ることが大切です。

不動産営業の仕事は、主に以下の3つに分けられます。

  1. 開発・販売
  2. 売買仲介
  3. 賃貸仲介

「開発・販売」は、主に自社が開発した分譲の戸建て住宅やマンションを、個人のお客様に販売する仕事です。住宅展示場やモデルルームを訪れたお客様に対応します。

「売買仲介」は物件を売却したい人と購入したい人をマッチングさせる仕事で、店舗に来店した人やチラシを見て問い合わせをした人に接客をします。売却したい人に対しては、物件を査定して売却価格を提示し、購入したい人に対しては希望する物件のヒアリングから始まり、物件の提案、内見、契約までを行います。

「賃貸仲介」も「売買仲介」と同様に家を借りたい人に物件を提案して、内見、契約をするのが仕事です。
不動産営業マンの仕事内容は?年収・成果を出すコツ・転職方法まで紹介
不動産営業の仕事内容とは?売買と賃貸の違い・年収・メリットを紹介

5.不動産営業に転職するメリットとデメリット

ここまで、不動産営業に向いてる人の特徴と仕事内容を解説してきました。

ここでは、不動産営業に転職するメリットとデメリットを紹介します。

5-1.不動産営業に転職するメリット

5-1-1.年収アップ

不動産営業に転職する1番のメリットはやはり年収アップでしょう。営業職は基本給とは別に、成果に応じたインセンティブが支給されます。

インセンティブは基本的に営業マンの売上に比例して大きくなるので、高額商品を取り扱う不動産営業は高年収を狙うことができます。

5-1-2.やりがいを感じられる

不動産はお客様にとって大きな買い物です。特に戸建て住宅の購入は一生に一度の買い物になる可能性が高いでしょう。

与える影響が大きい分、成約したお客様から感謝の声をもらえることも多く、やりがいを感じることができます。

5-1-3.年齢や経験に関係なく出世できる

不動産営業は基本的に実力主義の世界です。年齢や勤続年数に関係なく、営業の成果のみで評価されるため、本人の能力次第で出世を狙えます。

5-2.不動産営業に転職するデメリット

5-2-1.ノルマがある

多くの不動産会社では、営業マンに売上ノルマを設けています。ノルマを達成できなければ即クビというわけではありませんが、連続してノルマ未達成だと上司から詰められるケースもあります。

5-2-2.給料が安定しない

メリットの部分でもお伝えしましたが、営業職の給与はインセンティブの比率が高いため、営業成績が良ければ高くなりますが、そうでないとガクッと下がることもあります。

給料を安定させるには、継続して営業成果を上げ続ける必要があるため、精神的なポジティブさや勉強し続けることが必要になってくるわけです。

6.ブラック企業かどうか?を見抜く方法【プロに任せる】


ブラック企業かどうか?を見極める方法はあるのでしょうか。

ブラック企業に就職してしまうと、ストレスが原因でうつ病、精神障害、アルコール中毒などになる可能性があります。悪化すると後遺症になり、その後の人生に大きな影響を与えてしまいます。

そう考えるとブラック企業への就職だけは、絶対避けたいですよね。具体的方法としては「会社名 + 評判」「会社名 + 口コミ」というキーワードで検索するやり方があります

しかし実際のところ、ネットの情報は匿名で信頼性が低く、お仕事を探している方がブラック企業を見抜くことは、ほとんど不可能です。

宅建Jobエージェント」では、企業の採用担当・経営陣と直接繋がることで、会社の雰囲気・ノルマ・離職率などの正確な情報を集めています。結果、ブラック企業を徹底排除することに成功しているのでご安心ください。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産業界の魅力とは?就職するメリット・向いてる人の特徴を解説!【業界の今後は?】
不動産営業の志望動機を例文で解説!未経験転職・第二新卒の場合も紹介

7.不動産営業に向いてる人に関する情報まとめ


以上、不動産営業に向いてる人を具体例をあげて紹介しました!

少しでも、この記事があなたの就職・転職の参考になっていれば幸いです!
不動産売買営業の仕事内容とは?求人の探し方や年収を上げる方法を解説!

不動産営業に興味がある方へ

  • 不動産営業に興味はあるけどブラック企業は嫌。ホワイトな会社に就職したい!
  • どうやって会社を探してよいのか分からない。
  • いま営業で働いているけど、別の会社に転職して新しい生活を始めたい!
  • 自分の働いている不動産会社って、他の会社に比べてどうなの?

などなど。あなたの状況に合わせて、個別に話を聞いてみたくないですか?

宅建Jobエージェント」では、これまで数多くの転職をサポートしてきた実績とデータを元に、あなたの要望に応じた情報を提供いたします!

相談することだけは完全無料です!せひお気軽に、お問い合わせください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る