不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産業界への転職成功は自己PR次第?未経験・新卒の例文も紹介

「不動産業界に就職をしてみたいけれど、自己PRはどのようにすればいいの?

不動産業界で働いてみたいと考えている方の中には、新卒だけでなく中途採用や未経験の方も多いです。

自己PRは応募書類の中でも特に人事が注目する項目ですから、ここ上手くクリアすればライバルに大きく差を付けられるでしょう。

そこで今回は、不動産業界への就職・転職で重要な自己PRの方法について、詳しく解説をしていきます。

それぞれの立場に合わせた自己PR方法も詳しくご紹介していきますので、ぜひ、参考にしてください。

この記事を読むと分かること
  1. 不動産業界への就職・転職で重要な自己PRの方法
  2. 不動産業界での自己PRに重要なポイント【就職・転職】
  3. 不動産業界の就職・転職で使える自己PR事例【職種別】
  4. 不動産業界に新卒就職・未経験で中途転職する際の自己PR

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産業界への就職・転職で重要な自己PR方法

1.不動産業界への就職・転職で重要な自己PRの方法

不動産業界に限らず、転職する際は、自己PRするときに相手が求めている姿から逆算して自分の魅力を伝えることが大切です。

そのためには不動産業界、会社、職種についてのおおよその理解が必要です。

不動産業界の仕事内容や求められている人材の特徴について、分かりやすく解説をしていきましょう。

1-1.不動産業界の仕事内容について

不動産業界の仕事は大きく分けると4つの業種に分類されます。

それぞれの業種について簡単に説明をしていきましょう。

不動産業界の仕組み

1-1-1.開発

開発は不動産会社が、自社でマンションや一戸建て、土地などを企画開発して販売する業種です。

商業施設やオフィスビルなど、大規模開発も行い、用地の仕入れから建築、販売まで一気に手がけています。大規模施設に関しては、管理まで行っている企業も多いです。

特に不動産開発を専門的に行なっている企業はデべロッパーと呼ばれ、建築した建物の売却金や建物管理のテナント料で利益を上げています。

一件の成約金額が非常に高額で、売上高を一気に伸ばせるのがメリットです。

開発を手がけている代表的な企業には、三井不動産、東急不動産、野村不動産、阪急不動産、東京建物などが挙げられます。

1-1-2.賃貸

賃貸業は、個人や企業がマンションやビルなどを所有し、入居者からの賃料を収入源としています。

自分で管理するオーナーもいれば、管理会社と契約して管理全般を任せる場合もあり様々です。

大手住宅メーカーでは、自社ブランドの賃貸マンションなどを建築し、賃貸事業にも各社が参入しています。

自社ブランドの賃貸マンションなどを展開している企業には、ダイワハウス、積水ハウスなどが有名です。

1-1-3.管理

不動産の管理を行う仕事は、オフィスビルや商業施設、マンションなどの入居者が快適に利用するためのサポートを行います。

建物の設備管理や修繕、テナント誘致、賃料回収やトラブル対応など、不動産オーナーの代わりにそれらの業務を担うのが仕事の内容です。

‌不動産会社や個人オーナーが所有している建物だけでなく、公共施設の管理運営を担っている企業もあります。

不動産管理を手がける代表的な企業は、三井不動産レジデンシャルサービス、東急コミュニティー、株式会社レジデンシャルサービスなどです。

1-1-4.販売

不動産販売には、不動産仲介と不動産販売代理事業の2つの業種があります。

不動産仲介は、不動産オーナーと利用者を仲介する際の手数料で収益を挙げる流通事業です。

不動産を「売りたい、貸したい」というオーナーと、「買いたい、借りたい」という個人や法人の双方の要望をマッチングさせる役割を担っています。

売主と買主の両者を自社で取り扱いできれば、仲介手数料はそれぞれからもらえる仕組み(両手仲介:片手の2倍もらえる)です。

不動産販売代理事業は、不動産オーナーから販売を完全に委託され、広告活動などの営業を行い、買い手を見つけて販売するのが仕事です。

売主の販売要望に答えるのが販売代理であるため、売主への手数料は発生しますが、買主への手数料は発生しません(片手仲介:片方からしかもらえない)。

不動産の流通を手がける代表的な企業は、三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、アパマンショップなどです。

不動産業界はどんな仕組みになっている?向いているタイプは?【今後の将来性や新型コロナの影響も分析】

不動産業界の職種と仕事内容を紹介!年収は?向いているのはどんな人?

1-2.不動産業界で求められている人材の特徴【自己PR】

不動産業界で求められている人材には、いくつかの特徴があります。

ここでは、代表的な特徴を3つ、ご紹介していきましょう。

1-2-1.協調性・コミュニケーション能力がある

不動産業界が求める人材は、高いコミュニケーション能力を持つ人です。

不動産取引は高額なため、お客様には様々な心配がつきまといます。そんなお客様の不安な心に寄り添ったり、お客様が実現したい要望に応えたりするときには、優れたコミュニケーション能力が必要です。

お客様が安心して取引ができ、思った通りの住まいを提供できてこそ、顧客満足度が向上していきます。

また、不動産取引には買い手だけでなく、売り手や建築関連の業者など、様々な人々と関わっていくことになりますから、そこでもコミュニケーション能力を発揮しなくてはなりません。

不動産取引は、とにかく人と人との繋がりから発生しますから、不動産業界に関わる人には優れたコミュニケーション能力が求められているのです。

1-2-2.責任感がある

不動産業界で働くには、責任感もなくてはなりません。

不動産取引は、売買の場合、何千万円以上という非常に高額のお金が動きます。

そのため、住宅を購入する人や投資運用をする人は、失敗したら大変な金額の負債を背負ってしまい、人生が破滅することさえあり得ます。

人の人生を左右しかねない不動産取引に対して、販売する側は大変な責任を負っていると言えるのです。

全ての仕事に対して言えることですが、不動産業に関しては、特に信用は命綱のようなものなので、取引に従事する人間には、責任感が強い人物が求められています。

1-2-3.勉強熱心

不動産や金融に関連する情報にはアップデートや法改正などが頻繁に行われています。

特に法律の場合、法改正した箇所についてきちんと知識を得ていないと、知らぬ間に法律違反を犯すことにもなってしまいかねません。

そのため、不動産業界で働く人は、常に最新の情報を取得する必要があります。

最近では、不動産テックと呼ばれる最新のIT技術を利用した営業方法も注目されており、旧態依然とした不動産業界でも革新的な動きが活発になっているのです。

常に新しい情報や知識を取り入れて自分自身を磨いて行ける勉強熱心な人が求められています。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産テックとは?仕組み・求人・日本アメリカ企業事例・学べる本も紹介!【カオスマップ付き】

2.不動産業界での自己PRに重要なポイント【就職・転職】

2.不動産業界での自己PRに重要なポイント【就職・転職】

不動産業界に就職や転職をする際には、上手く自己PRすることが重要です。

面接をするときや志望動機を書く際に、押さえておきたい4つのポイントをご紹介していきます。

2-1.論理的である

まず、第1のポイントは、論理的であるという点です。

支離滅裂で訳の分からない話をしては「この人は大丈夫だろうか?」と思われかねません。

応募先の業務形態や仕事内容を事前に調べたうえで、会社が求める人材として、自分のこういう点が会社に貢献できるなど、具体的にアピールすると、より論理的で魅力的なPRになるでしょう。

下記の点に留意してPRするのをおすすめします。

  1. キャリアの整理をする
    「過去に何をしてきたか」「現在は何ができるか」「未来や今後どう会社に貢献したいのか」などについて説明をします。
  2. 自己分析をして自分の長所をPRする
    「仕事に役立っている自分の長所」「周囲からはどんな人だと言われているか」「仕事をする上で大事にしていること」など、自分の特性についてPRします。
  3. 資格や特技、自己啓発中のものをPRする
    「持っている免許や資格」「自分ならではの技能や趣味」「自己啓発のために勉強したこと・あるいは勉強中のこと」などについて、会社に役立ちそうな自分の特技などを伝えます。

2-2.具体的な数字の実績がある

第2のポイントは、具体的な数字の実績をあげる事です。

営業マンの場合は特に効果的になりますが、ただ、単純に「売上を伸ばしました!」と言っても、どれだけ伸ばしたのか、その成績は会社内でどれくらいの順位なのか、など客観的に判断できないとあまり意味がありません。

不動産営業は、不動産に関する知識やスキルなど、仕事を通して身につけなくてはならないことが多い職種なので、経験期間が長いほど有利に働きます。

経験が豊かであることを証明するために、「住宅営業○年」「賃貸仲介営業○年」など「経験年数」についても記載しましょう。

2-3.長所・短所が明確

第3のポイントは、長所と短所を明確にすることです。

それには、自己分析をきちんとしておく必要があります。

そして、自己分析だけでなく他己分析(自分が人からどう見られているか)を行うと、他人の客観的な視点から自分を知ることができるでしょう。

また、長所と短所は表裏一体なので、裏を返せば短所も長所になることが多いのです。例えば、「飽きっぽい」ところが短所の場合、「好奇心旺盛」ということも言えます。

2-4.愛想が良い【面接の場合】

4つ目のポイントは、面接の場合にはできるだけ愛想を良くすることです。

いくら志望動機などの内容が良くても、無愛想だと印象が悪くなってしまいます。特に不動産業は接客業のため、愛想が悪いようでは務まらないと思われてしまうでしょう。

明るい笑顔で「一緒に働きたい!」と採用担当者に思ってもらえるようにするのが重要です。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産業界で内定を獲得する志望動機の書き方【新卒・中途・未経験】

3.不動産業界の就職・転職で使える自己PR事例【職種別】

3.不動産業界の就職・転職で使える自己PR事例【職種別】

自己PRは、企業が求める人材に、自分がマッチしていることをアピールする場です。

ここでは、職種別に自己PRの例文をそれぞれご紹介していきましょう。

3-1.営業

例文私は賃貸アパートやマンションなどを取り扱うカウンターセールスに5年間従事し、電話やメールの問い合わせや来店されたお客様の対応に従事しております。業務では、お客さまのご希望に沿った優良案件をご紹介し、丁寧なご説明をして納得していただいてから契約することを信条としております。20XX年には契約数○○件を達成し、顧客満足度で社員300名中3位になり社内表彰を受賞しました。

3-2.管理

例文前職では、東京都○○区の投資用マンションの管理をしている不動産管理会社で、分譲マンションの管理業務を10年に渡って担当してまいりました。物件オーナーに代わって、毎月の賃料集金、空室の客付け営業、入居者管理など、様々な実務を一手に担ってきました。管理の仕事でしたら、一通り経験をしておりますので、貴社でも即戦力として貢献できるのではないかと思われます。何卒よろしくお願い申し上げます。

3-3.事務

例文私はマンションやテナントなどを仲介する不動産会社で、7年間、営業事務として従事しております。宅建の資格も取得しておりますので、営業マンに代わって重要事項説明書などを用意し、お客様にご説明をしたうえで作成する業務も担当してきました。また、電話やメールなどの問い合わせや来店されたお客様への対応など、不動産事務に関する業務はマスターしております。お客様には明るい笑顔で接し、活気のある店舗づくりに貢献していけるかと思います。また、資産運用などの知識を更に深めるために、ファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて勉強中です。

4.不動産業界に新卒就職・未経験で中途転職する際の自己PR【例文】

4.不動産業界に新卒就職・未経験で中途転職する際の自己PR【例文】

不動産業界には、同じ未経験でも、新卒で入社する人ばかりではなく、中途採用で転職する人も多いです。

ここでは、新卒と未経験で中途転職する場合のPRの仕方を例文付きでご紹介していきます。

4-1.新卒の場合

新卒の場合は、不動産業界が求める人材であるということを自己PRをしていくと良いでしょう。

基本的にはコミュニケーション能力の高さや、若いので体力がある点などをアピールしていきます。

また新卒には明るさと新鮮さが求められていますので、面接のときなどは元気よく受け答えをするようにしてください。

学生時代に頑張ったことを、論理的に考えて分かりやすく説明すると、良い印象を与えられるでしょう。

4-1-1.新卒のPR例文

例文私の強みは統率力と企画力です。大学でもサークルの幹事長を経験し、リーダーとして組織を上手くまとめることが得意であると思われます。また大学ではゼミでマーケティング戦略を専攻し、物事を徹底的に分析しそれに対する効果的な対策を考え企画することも得意です。この能力を活かし貴社では、チームの目標を達成するとともに、徹底的なマーケティング調査や分析により情報を収集し、プロジェクトを成功に導くことで、貢献していきたいと考えております。

4-2.未経験の場合

不動産業は未経験でも、前職で営業経験があれば大きなアピールポイントになります。

業界や企業によって扱う商材は違いますが、基本的に営業はモノを売るという点では同じなので、大きな違いはないのです。

営業職を経験した人は、大いに営業経験やスキルについて自己PRをしていきましょう。

前職からなぜ不動産業界なのかは非常に聞かれる部分なので必ず抑えるようにするのも忘れないでください。

前職の経験を現職に、どう活かすことができるのかを考えることが重要です。

営業職も未経験の場合は、前職でのエピソードなどを交えながらコミュニケーション能力などについてアピールしてみてはいかがでしょうか。

不動産業界には、コミュニケーション能力が高い人が向いていますので、人と関わることが好きなことをアピールすると良いでしょう。

4-2-1.未経験転職のPR例文

例文前職では服飾販売の仕事に就いていましたが、長い期間にわたって専門的な仕事をしていきたいと思い、宅建の資格を取得しました。現在さらに、時間を見つけてファイナンシャルプランナーの勉強も続けています。今回の職種の業務にも活かせる資格のため、未経験ながら貴社に貢献できるのではないかと考えました。もちろん、未経験入社のため入社後に教えていただくスキルなども多いかと思いますが、早く即戦力になれるように頑張りたいと思います。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

「5.不動産業界への転職自己PR」のまとめ

不動産業界への転職成功は自己PR次第?未経験・新卒の例文も紹介

今回は、不動産業に就職や転職をする際の自己PRについて、詳しく解説をしていきました。

自己PRは、応募する企業に自分を知ってもらうための大変重要なものです。

アピールの仕方によって採用担当者の印象がかなり違ってくるので、ぜひとも良い印象を与えられるように頑張りたいところです。

とはいえ、必要以上に自分を良く見せる必要はありません。

自分が持っている良い点で、企業に貢献できそうなことを見つけるようにすると上手く行くでしょう。

5-1.不動産業に就職や転職を考えている方へ

不動産業界で働いてみたいと考えている方は、ぜひ一度、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか。

自己PRの書き方なども、プロの専任キャリアアドバイザーが丁寧にサポートさせて頂きます。伝え方さえ間違えなければ確実に受かるような会社でも、自己PRが上手く出来ないばかりに涙を飲む人は意外に多いです。

ご相談や登録は無料ですので、未経験の方でも、安心して転職活動ができます。少しでもご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る