不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産売買仲介会社へ転職を成功させるには?志望動機の書き方や面接対策も詳しく解説!

「不動産売買仲介会社への転職を成功させたいけれど、専門的な知識がないと無理?」

「ブラック企業が多いらしいけれど、変な会社を選んでしまったらどうしよう」

不動産売買仲介会社への転職に興味はあるけれど、「不動産売買仲介=ハードルが高い」というイメージが先行してしまい、なかなか踏み切れない方も中にはいらっしゃるかもしれません。

今回は売買仲介会社への転職を成功させるために、必要な知識や向いているタイプ、履歴書の書き方や面接対策などについて詳しく解説をしていきます。

これから売買仲介会社に転職することを検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.売買仲介会社への転職を成功させるには業界・職種理解が必要

1.売買仲介会社への転職を成功させるには業界・職種理解が必要

転職が成功するかしないかは、事前準備をどれだけ出来たかで結果が大きく変わってくるものです。

売買仲介会社への転職は比較的に転職しやすいといえますが、業界や職種に関しての基礎的な部分はしっかり押さえる必要があります。

ここでは売買仲介会社への転職を成功させるために必要な、業界や職種についての基礎情報をご紹介していきましょう。

不動産業界での転職成功ノウハウを紹介会社が徹底解説します!【毎月600名の相談実績】

1-1.仕事内容

不動産売買仲介会社の仕事内容は、「土地や建物などの不動産を買いたい人」と「売りたい人」を繋いで紹介料をもらうビジネスです。

不動産の契約は買主と売主の間では情報の格差がかなり生まれやすいため、仲介会社はこれらの点をサポートする役割があります。

不動産仲介の契約は業務内容の違いによって「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類に分類。

3つの業務内容を簡単にまとめた表が下記の通りです。

媒介契約の種類 複数社との契約および
売主自らが発見した
相手との取引
指定流通機構への
登録義務
売主への
業務報告義務
一般媒介契約 複数社との契約(〇)
売主自らが発見
した相手との取引(○)
任意 任意
専任媒介契約 複数社との契約(×)
売主自らが発見
した相手との取引(○)
媒介契約締結日の
翌日から7営業日以内
2週間に1回以上
専属専任
媒介契約
複数社との契約(×)
売主自らが発見
した相手との取引(×)
媒介契約締結日の
翌日から5営業日以内
1週間に1回以上

1-1-1.仕事の流れ

不動産売買仲介会社の仕事の流れは下記の通りです。

  1. チラシ配布などの営業活動
  2. 売却希望者から反響
  3. 売却物件の査定
  4. 売却希望者と媒介契約を締結
  5. WEBやチラシなどの広告を出稿
  6. 購入希望者から買い反響
  7. 購入希望者を物件に案内
  8. ローン審査を依頼
  9. 物件の登記情報(法務局)や水道・ガスの状況(役所)を確認
  10. 契約書・重要事項説明書の作成と説明
  11. 本契約
  12. ローン申し込み
  13. 引き渡し準備(司法書士依頼・銀行調整)
  14. 残金決済

不動産仲介業とは?仕事内容・必要資格・年収・将来性まで解説!

1-2.年収

ハードと揶揄される売買仲介を目指すうえで、年収は1番のメリットと言える部分でしょう。

売買仲介の平均年収は約400万円で、日本の平均的なサラリーマンと同程度ですが、インセンティブ部分が多くを占めるので、人によって差が大きいのが特徴です。

大抵の売買仲介会社の給与体系は「基本給+インセンティブ」が基本となります。

営業のインセンティブ制度の仕組みとは?相場や割合、確定申告は必要なのか?幅広く解説!
自分の売上次第では、20代の若さでも年収1,000万円を超えることも夢ではありません。

不動産営業は稼げるのか?年収1,000万円を狙える会社の選び方を紹介

1-3.学歴・資格

たとえ学歴がなくても、若くてやる気があれば受け入れられやすいのが不動産業界の良いところ。

実力主義の業界のため、成果を上げれば性別や学歴など関係なく高収入が得られます。

宅建など不動産系の資格があれば、さらに有利になるでしょう。

大抵の不動産会社では宅建手当を支給しているので、資格を取得していれば自動的に2~3万円程度の手当てが給料に上乗せされます。

また不動産に関する専門知識も身につくため、キャリアアップも目指せます。

宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!

1-4.大変な点

不動産売買仲介の営業の大変な点といえば、ノルマがあり、給与体系もインセンティブが多いため、売れなければ少なくなることです。

年功序列制度ではないので、成績が悪ければたとえ30~40代の社員でも、新卒以下の給料というのもあり得ます。

また不動産に関する様々な知識や、度々変わる法令改正への対応などが要求されるので、日々の勉強や情報収集も欠かせません。

常に不動産に関する最新の知識や情報を、アップデートする必要があります。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産営業マンはつらい?資格は必要?仕事内容から年収まで紹介【口コミ・評判】

2.売買仲介会社への転職が向いてる人

2.売買仲介会社への転職が向いてる人

不動産業界の主な業種には「売買」「賃貸」「管理」の3つがあります。

ここでは売買仲介会社への転職が向いてる人のタイプをご紹介していきましょう。

2-1.稼ぎたい!という目的意識が強い

売買仲介会社への転職には「稼ぎたい!」という目的意識が強い人が最適です。

売買仲介会社の営業は、ノルマや飛び込みなどキツイ営業が当たり前のようですが、インセンティブ制のため、成果を上げれば1,000万円以上稼いでいる人もたくさんいます。

将来的に「独立したい!」と考えている方も向いているでしょう。

稼ぎよりも安定して働きたい人には「賃貸仲介」の方がオススメです。

ただし、賃貸仲介と売買仲介は仕事内容がまるで違うので、稼ぎたいなら遠回りせずに売買仲介を最初から目指した方が良いといえます。

不動産仲介業とは?仕事内容・必要資格・年収・将来性まで解説!

2-2.メンタル(精神力)が強い

不動産売買仲介の営業は、辛いことも乗り越えられる精神力が必要です。

飛び込みやテレアポなど、人から敬遠されやすい営業方法だけでなく、ノルマが達成できない場合には上司から罵声を浴びることも少なくありません…。

そのため体育会系出身など、メンタルが強い人なら凄く向いているといえるでしょう。

また不動産は高額商品のため、動く金額が非常に大きいのが特徴。

大金がかかるだけにお客様もシビアになり、問題が発生した際にはクレーム対応もしないといけないときもあります。

【やめとけ】不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

2-3.幅広い知識を身に着けたい

「幅広い知識を身に着けたい」という前向きな姿勢の方も、売買仲介会社への転職に向いています。

不動産売買の仲介業務には様々な専門的な知識が必要なため、日頃から不動産に関する勉強や情報収集などに取り組まなければなりません。

業務を通して様々な知識を身につけることが出来るため、いずれ独立したいと考えている場合には、不動産仲介業で様々な経験を積んで知識を得るのには、非常に役に立つといえるでしょう。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産営業マンの仕事内容は?年収・成果を出すコツ・転職方法まで紹介

3.売買仲介会社への転職を成功させる履歴書・面接対策

3.売買仲介会社への転職を成功させる履歴書・面接対策

ここでは売買仲介会社への転職を成功させる履歴書の書き方や、面接対策をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

3-1.履歴書

売買仲介会社への転職を成功させる履歴書の書き方や面接の対策のキーワードは、「論理的に説明する」ということがあげられます。

「なぜ不動産業界」「なぜその会社」「なぜ売買仲介会社」「なぜ賃貸仲介ではないのか」「どう会社に貢献できるのか」などの転職理由をしっかりと書くのがポイントです。

サンプル例文をご紹介しましょう。

志望動機のサンプル例文私は前職では損害保険会社に勤務していましたが、人が生活するうえで欠かせないものである「衣食住」に関連する仕事をしたいと思い、貴社の不動産売買仲介営業職を志望いたしました。

貴社を志望した理由は、分譲マンションや分譲戸建住宅、オフィスビル、商業施設等の企画開発などを総合的に手がける不動産会社だからです。これまでは損害保険会社で営業を行っておりましたが、人生最大の買い物ともいわれているマイホームをお客様に提案したいと思い、不動産売買仲介の営業職に関心を抱きました。

賃貸仲介もお客様の希望に沿った住宅を提供するという点では似通っていますが、私としては売買仲介会社の方が、営業の醍醐味を味わえる仕事だと思いそちらを選びました。前職でも営業として常にノルマを達成していましたので、貴社においても売上を上げることに貢献できるのではないかと思います。

不動産営業は未経験でも転職可能?他業界の転職先も多い?【志望動機の書き方も解説】

3-2.面接対策

面接対策としては、明るく元気に「一緒に働きたい」と思ってもらえるような印象を、採用担当者に与えるように心がけましょう。

不動産売買仲介会社はアグレッシブな人が多くテンポの速い業界です。

仕事内容もハードなため、少々のことでへこたれるような弱い精神力の人ではとうてい務まらないといえます。

逆境にあってもポジティブな気持ちでいられる人がぴったりでしょう。

またお客様と接することも多いため、見た目の清潔感も重要です。

折り目正しいきちんとした服装を心がけ、姿勢も正しくさわやかな印象を与えるような人が求められます。

最後に重要なポイントですが、逆質問は絶対にするようにしましょう。

面接の際に応募者としての意欲をアピールでき、きちんとした回答ができれば、面接官に好印象を与えられるからです。

多くのライバルと差をつけて転職に成功しやすくなるので、ぜひ逆質問を上手くこなせるようになってください。

逆質問の上手な答え方を下記のリンク先記事でご紹介していますので、よろしかったらご覧になってみてはいかがでしょうか。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産業界の面接で合格するコツとは?落ちる人の特徴は?【逆質問の答え方も解説】

4.売買仲介会社は未経験・女性でも転職できる?

4.売買仲介会社は未経験・女性でも転職できる?

「売買仲介会社は未経験・女性でも転職できる?」という質問もよくありますが、結論から申し上げますと「可能」です。

ここでは未経験や女性でも転職できることについて、解説をしていきます。

4-1.やる気とコミュニケーション能力が高い人は採用されやすい

売買仲介は間口が広いため、やる気とコミュニケーション能力が高い人ならば採用される確率が非常に高いと言えるでしょう。

宅建やマンション管理士など、不動産系の資格があるとさらに有利となります。

まだ合格していないとしても、宅建資格の取得を目指して勉強をしている人も、向上心が高い人とみなされて好印象を与えるようです。

また性別も関係ないため、女性でももちろん採用されます。

年間10億円売っている、すご腕の営業ウーマンも実際にいるので、女性でも成果を上げれば年収1000万円も夢ではありません。

下記の動画は面接が受からないのは「未経験や宅建がないせいじゃない」ということを、わかりやすく解説しています。

これから売買仲介会社の営業に転職するのを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

不動産営業は女性でも転職可能!結婚・出産したら退職?年収は?【リアルな口コミ評判を紹介】

4-2.転職サイト・エージェントは使うべきか

転職先をみつけようとする際に、転職サイトや転職先エージェントはぜひ、活用することをおすすめします。

ただ転職サイトは求人を見れるだけで、自分に適した企業選びや面接の段取りなど、で全て自分で行わなくてはなりません。

その点エージェントは、履歴書作成サポートから面接対策まで行ってくれるところが大半です。

そのため初めて転職する方や、なかなか転職先が決まらない人なども、安心して転職活動ができるでしょう。

また求人サイトには、やたら年収が高い会社や常に求人を募集している会社など、ブラック企業の気配を漂わせている会社も見られます。

「実際のところはどうなのか?」を詳しく知りたいときには、企業の採用担当と直にコミュニケーションをとっているエージェントの方が最適です。

特に売買仲介系はブラックも少なくないので、運悪く入社してしまうと大変な目に遭いかねません。

素人判断で決めてしまうと、その後の人生が台無しになってしまうこともあり得ますので、ぜひ転職エージェントをフルに活用して、ホワイト企業に転職するようにしましょう。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産業界の転職エージェントおすすめ8選【2020年最新版】

「5.売買仲介会社への転職成功」のまとめ

不動産売買仲介会社へ転職を成功させるには?志望動機の書き方や面接対策も詳しく解説!

今回は売買仲介会社への転職を成功させるために必要な情報を、詳しく解説していきました。

売買仲介会社の営業は、飛び込みやテレアポなどハードな営業方法も多いですが、成果を上げれば若くても高収入を得られるやりがいのある職種です。

理想通りの物件をお客様に提供した際には感謝されることもあり、責任は重いですがお客様の夢の実現をサポートできる、すばらしい仕事でしょう。

ただブラック企業も多い業界ですので、転職エージェントを上手く利用して、信頼できるきちんとした不動産会社への転職を成功させましょう!

売買仲介会社への転職に興味がある方へ!

売買仲介会社の仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、一般公開されていない貴重な企業情報を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、初歩的なことからばっちりサポートしますので、不動産業界は初めての方でもご心配には及びません。

登録やご相談は、もちろん一切無料です!

少しでも不動産関係のお仕事にご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る