不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産営業マンはつらい?資格は必要?仕事内容から年収まで紹介【口コミ・評判】

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産営業マンというと「飛び込み営業」や「クレーム対応」など、辛そうな仕事が多いイメージがつきまとう職業です。

確かに不動産営業はハードな仕事でありますが、仕事を成し遂げた際の報酬の高さや達成感は、なかなか他の職業では味わえない喜びもあります。

今回はそんな不動産営業マンの仕事内容や平均年収、向いているタイプまで詳しく解説しました。メリットやデメリットも紹介していますので、業界の仕組みが理解できることでしょう。

不動産営業マンの仕事に興味を持つ方はぜひ、参考にしてください!

1.不動産営業マンの仕事内容

不動産営業マンの仕事内容

不動産営業マンの仕事内容は、主に2種類「売買」「賃貸」に分かれます

その中でも特にハードとされる業種は「売買」で、土地や住宅などの不動産を「売る」のが仕事になります。

「売買」でも職種が色々と分かれており、「マンション営業」「ハウスメーカー営業」「住宅営業」「リフォーム営業」「建築営業」「用地仕入れ営業」などが主な職種です。

「売買」の給与形態は大体「基本給」+「インセンティブ(歩合)」で決まるため、不動産業界の他の職種と比較しても稼ぎやすい特徴があります。
不動産営業マンの仕事内容は?年収・成果を出すコツ・転職方法まで紹介

1-1.不動産営業マンに関する「よくある質問」5選

ここでは不動産営業マンに関する「よくある質問」を5選ご紹介します。

1-1-1.英語は必要?

国内で働く場合は基本的に日本人がお客様となりますので、英語は必ずしも必要ではありません

ただマンションなどの住宅を購入する外国人のお客様もいますので、英語が話せるにこしたことはないでしょう

大手不動産デベロッパーの場合は、海外展開をしているる企業も多いため、世界共通語とも言われている英語を話せると、ビジネスシーンでかなり役に立ちます

1-1-2.資格は必要?

不動産業界で働くのに特に資格はいりません

とはいえ不動産の専門家である証の「宅建」があると良いでしょう。売買の場合「不動産鑑定士」の資格もあると、土地の専門家として活躍の場が広がります。

たいていの不動産会社では「宅建」を持っていると資格手当がもらえ、「不動産鑑定士」の場合はさらに多くもらえるのです。成績に関係なく自動的に入るため、月額の給料手取りもアップします。

1-1-3.服装はスーツ?

不動産業は接客業のため仕事をする際にはスーツを着用します

私服はほぼ無く、あってもオフィスカジュアルのような服装が基本です。

スーツも派手なものではなく、紺系などベーシックな色味のものを選びましょう。不動産は大きな金額が動く買い物ですから、お客様に安心感を与える必要があるからです。

1-1-4.確定申告が必要?

会社員で確定申告が必要なのは、給与が2,000万円を超えている人です。

不動産営業は成果主義のため、年収2,000万円を超えることはサラリーマンでも現実にあります

そのほかにも副業をしている人や株式売買など、本業以外の部分で20万円超の所得金額がある場合も該当しますので注意しましょう。

1-1-5.髪型は自由?

不動産営業マンは常日頃から上司などに身だしなみのチェックをされます。

男性営業マンの場合は基本的に黒髪で短髪が社則によって規定されており、派手な印象を与える髪の色やヘアスタイルは禁止の会社が多いです。

お客様に好印象を与えるために、服装だけでなく髪形にも気を遣わなくてはなりません。「清潔感がない」と感じられないように注意しましょう。

1-2.不動産営業マンの日常を学べる本

不動産営業マンの日常を学べる本をいくつかご紹介します。

1-2-1.正直不動産

不動産営業マンの仕事内容を学ぶ本としては「正直不動産」がおすすめです。漫画で学べるので入りやすいのがメリットです。

営業に必要なこと以外はお客様に見せも教えもしなかった不動産営業マンが、あることをきっかけに「正直一辺倒」の営業マンへと変わってしまいます。

不動産業界の裏側を痛快にさらけ出す漫画で、業界の闇も垣間見える作品です。近年では一般消費者の方もこのような漫画で勉強している場合が多いので、参考にすると良いでしょう。

1-2-2.不動産営業マンはつらいよ

不動産営業マンの悲哀漂う日常が、おもしろおかしく展開された本です。

つらい不動産営業マンのファッションや、悲しい部屋事情なども含めて「つらい不動産営業マン」をさまざまな角度から紹介していきます。

全宅ツイがまとめた「不動産営業に関するつぶやき」をまとめた内容で、不動産業界を必死に生き抜く不動産営業マンたちのリアルな口コミを得られる本です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産営業マンの平均年収

不動産営業マンの平均年収

不動産営業の平均年収は約400万円で、日本のサラリーマンの平均年収とほぼ同じです。

ただ不動産営業マンの年収額は「基本給」+「インセンティブ(歩合)」で決まるため、人により稼げる金額にはバラツキがあります。

一般的には「売買」より「賃貸」の方が扱う物件の金額が大きいため、稼げる金額は高い場合が多いです。

高年収の売買不動産営業マンは年収1000万を超える強者もおり、稼げる職業と言えるでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産営業で年収2,000万円は可能?たった1つの給料アップ方法も紹介

3.不動産営業マンとして働くデメリット(悪い点)

不動産営業マンとして働くデメリット(悪い点)

不動産営業マンは成果を上げれば稼げる職業ではありますがその分、辛いことも多いです。

ここでは不動産営業マンとして働くデメリットをご紹介します。

3-1.ノルマが厳しい

不動産営業につきものなのが、厳しいノルマを課せられることです。

成果が出ないと上司に詰められたり、精神的に追い込まれるので辛くなります。

労働基準法によりいきなりクビにはなりませんが、会社に居づらくなることが多いです。厳しいノルマを達成できるだけの強靭な精神力が必要でしょう。
不動産営業ノルマはどのくらい?達成がきつい理由と売上目安を紹介

3-2.休日が不定期

不動産営業は接客業なので、どうしてもお客様の都合が優先になります。

そのため残業も多く、休日も関係ないのが実情です。

せっかく休日を取っていてもお客様から呼び出しを受ければ、対応しなくてはならない場合もあります。休日でもリラックスして休みにくいのもデメリットの一つでしょう。
不動産営業マンの仕事内容は?年収・成果を出すコツ・転職方法まで紹介

3-3.クレームが多い

不動産は取引金額が高額なためクレームはつきものです。

高い買い物なのでお客様からしてみたら、少しでも問題があれば納得が行かないことでしょう。したがってクレームが多いことにも苦慮させられます。

あまりにもクレームの内容がきつすぎて精神的に参ってしまう人も多いです。お客様には色々な方が多いので、どんなお客様にも柔軟に対応することが求められます。
不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

3-4.社会的なイメージが悪い場合もある

残念ですが不動産営業は世間から「嘘つき」「チャラい」などのマイナスイメージが持たれている場合があります。

過去に不動産会社とトラブルがあった人は特に、言葉を聞いただけで「嫌い」ということもあるようです。

不信感がある状態からスタートしなければいけないこともありますので、常にお客様から信頼を得られるような外見や言動が必要とされます。

3-4-1.ダメな不動産営業マンの特徴

ダメな不動産営業マンの特徴を下記のリストにまとめてみました。一つでも心当たりのある方は注意しましょう。

【ダメな不動産営業マンの10の特徴 】

  1. 自分の営業トークに一生懸命で、お客様の話は聞いてくれない
  2. 知識、経験、能力がなさすぎる
  3. 初対面なのになれなれしく言葉づかいが横柄で圧がある
  4. マナーが悪い。人柄が悪い。仕事に対する姿勢が悪い
  5. 約束を忘れたり守らなかったりする
  6. 物件のプラスポイントのみを強調し、マイナス面には言及しない
  7. 自社の最大利益になる物件(手数料が多くなる物件など)を優先して強く営業してくる。
  8. 顧客が希望する物件が、その担当者のすすめたい物件ではない場合、露骨に嫌な顔をしたりする
  9. 質問をしても返答が曖昧で、日をおいても回答してくれない
  10. 購入申込を急かし、検討する時間を与えてくれない

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産営業マンとして働くメリット(良い点)

不動産営業マンとして働くメリット(良い点)

不動産営業はノルマもきつくクレームも多い大変な仕事ですが、苦労しただけ成果が上がったときは感慨深い喜びも味わえます

ここでは不動産営業マンとして働くメリットをご紹介しましょう。

4-1.学歴・性別不問で未経験でも就職できる

不動産営業はハードな仕事なので離職率が高い傾向にあります。

そのため常に人が求められており、求人募集は絶えません。成果主義の業界ですから学歴や性別は関係なく就職できるのがメリットです。

未経験でも先輩や上司がある程度仕事について教えてくれますから安心です。女性でも男性並みにバリバリ活躍している方も多いので、学歴や性別に関係なく働き続けられるのが良い点です。
不動産営業の志望動機を例文で解説!未経験転職・第二新卒の場合も紹介

4-2.自分の実力次第で青天井で稼ぐことができる

不動産営業の年収額は、「基本給」+「インセンティブ(歩合)」のため、自分の実力次第では青天井で稼げるのがメリットです。

成果を上げればどんどん年収が上がりますから、若手でも年収1000万円プレーヤーになれます。実力主義の業界なので、ガンガン稼ぎたい人には向いている職種でしょう。
不動産営業マンの仕事内容は?年収・成果を出すコツ・転職方法まで紹介

4-3.年功序列ではなく実力主義

不動産業界に年功序列はあまり関係がありません

実力次第では20代の若手でも年齢に関係なく出世できるのが良い点です。

能力がある人ならば社内でも重要なプロジェクトに抜擢されたり、責任のある立場で仕事を推進できますから、非常にやりがいもあるでしょう。
不動産営業は稼げるのか?年収1,000万円を狙える会社の選び方を紹介

4-4.独立・開業にも活かせる

不動産業に限らず営業は全ての仕事の基本です。

どの業種でもそうですが、お客様を見つけて売るスキルが身につけば、独立した後も成功しやすいといえます。

特に不動産仲介の場合は在庫がいらず「売りたい人」と「買いたい人」を繋げるだけなので、比較的独立しやすい業種と言えるでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.不動産営業マンに向いてる人の3つの特徴

不動産営業マンに向いてる人の3つの特徴

ここでピックアップした3つのタイプに当てはまる人は、不動産営業マンにぴったりの人でしょう!

該当するものが多ければ多いほど不動産営業マンに向いていると言えます。

5-1.稼ぎたい!など明確な目標がある(目的意識)

ハードな不動産業界には、明確な目標のある人が向いています。

人より稼ぎたい!」「将来は独立したい!」というように自分なりのキャリアビジョンを持っている人にぴったりでしょう。

インセンティブ制の仕事は波がありますが、やればやっただけの報酬がもらえるという仕事の醍醐味が味わえます。やりがいの感じることを重要視する人には最適な職業です。

5-2.人と接することが好き(外交的)

不動産営業は接客業のため、常にお客様と接することになります。

したがって人と接することが好きな外交的な人は向いているでしょう。

加えて外交的なだけでなく、身だしなみや接客態度などマナーを大切にできる人でなければいけません。一度信頼されると次も仕事が舞い込んでくる可能性もありますので、人に好印象を与えられるタイプの人が適しています。

5-3.精神的に強い(ポジティブ)

不動産営業は喜びもありますが、辛いことの方が多いのが現実です。

どんなトラブルが発生しても慌てず冷静に対処できる、精神的に強いタイプの人が不動産営業には向いています。

精神的にタフであれば長く働き続けられ、成果も出やすいことでしょう。不動産営業にはスキルも必要ですが、何よりも仕事を全うできるポジティブな思考が大切なのです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産営業に向いてる人7つの特徴!向いてない人や女性の場合も紹介

6.「不動産営業マンはつらい?」のまとめ

不動産営業マンはつらい?資格は必要?仕事内容から年収まで紹介【口コミ・評判】

不動産営業マンは仕事に波があり、良いときと悪いときの差が激しいのが実情です。

しかし、辛いことばかりでもありません。成果を上げれば年齢に関係なく高収入が得られ、出世も早いなど社会的な地位も高められ、やりがいのある仕事なのです。

良い物件を紹介してお客様の利益になれば、感謝の声もいただける素晴らしい仕事であると言えるでしょう。ただ会社によって条件や待遇に違いがあるので、きちんとした会社選びが必要です。

不動産営業マンに興味のある方は「宅建Jobエージェント」にご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェントは不動産業界に特化した転職エージェントで、条件の良い非公開求人もたくさんご案内しています。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗りますので、未経験の方でも安心して転職活動できるのがメリットです。

少しでも不動産営業マンへの転職を考えている方はぜひ、宅建Jobエージェントまで気軽にお問い合わせをしてください!

無料で相談する
出典:確定申告の基礎知識freee株式会社
参考:こんな不動産営業マンに注意! 16のチェックポイントDIAMOND online

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る