不動産賃貸営業の仕事内容とは?未経験女性でも転職可能な理由と成果を上げるコツを紹介!

賃貸専門の不動産会社は街でよく見かけることが多いですが、不動産賃貸営業の仕事内容とは、どのようなものなのでしょうか?

不動産賃貸営業は、部屋を借りたい人に希望する条件の物件を紹介することが仕事になります

インセンティブ制のため、成果を上げれば給料も多くなる「やりがいのある仕事」です。

今回は不動産賃貸営業として働く際に知っておきたい仕事内容や、メリット・デメリットなどについて詳しく解説してみました。

不動産賃貸営業の仕事に関心のある方はぜひ、こちらの記事を参考にしてください!

この記事を読むと分かること
  1. 不動産賃貸営業の仕事内容
  2. 不動産賃貸営業として働くデメリット(悪い点)
  3. 不動産賃貸営業として働くメリット(良い点)
  4. 不動産賃貸営業に向いている人
  5. 不動産賃貸営業で成果を上げるコツ

目次

1.不動産賃貸営業の仕事内容

1.不動産賃貸営業の仕事内容

不動産賃貸営業を大きく分けると「仲介」と「管理」の2種類になります。

仲介」の営業とは主に、居住用のマンションや一軒家を探している人に賃貸物件を紹介するのが仕事です。

管理」はマンションなどの建物に関する管理業務をオーナーに代行して行います。これから詳しく解説していきましょう。

1-1."貸主"と"借主"を繋ぐ「仲介」【賃貸営業】

賃貸営業」の主な仕事内容は、「借主と貸主」をつなぎ仲介手数料をもらうことです。

オーナーに借りたい人を紹介し、双方から仲介手数料や広告費などをもらって利益を上げます

借主が物件を借りる際に支払う入居者用の火災保険や、賃料保証会社を斡旋すると入る手数料も収益源の一つです。基本的に反響営業なので「飛び込み」や「テレアポ」はないのが良い点でしょう。

取り扱う物件はマンションやアパートなどが多いですが、オフィスや店舗など仕事のために借りる事業用の建物も仲介しています。

1-2.自社の管理物件を増やす「管理」【賃貸営業】

管理」の仕事とはすなわち、不動産経営をしているオーナー(大家さん)に営業をかけて、物件管理の代行をすることです。

主な収入源はオーナーから支払われる管理費となります。手数料の相場は、家賃の5%前後が一般的です。

また新しい入居者が決まったり、契約更新が決まると別途で契約手数料も受け取ります。なお、契約をする際に必要な「重要事項説明書」の説明は、宅建士でないとできません

1-2-1.管理業の主な仕事内容

ここでは管理業の主な仕事内容について簡単に解説をしていきましょう。

入居者募集などの営業活動から入居者からのクレーム対応、家賃の集金など幅広い業務をこなしていきます。

主要業務 業務内容
1.空室物件への入居者募集 ・入居者募集広告の作成
・見込み客の物件への内見案内
・賃貸借契約書の作成と締結
2.クレーム対応 ・騒音、故障、漏水など入居者クレームに対応
3.家賃集金 ・オーナーに代行して毎月の家賃を集金
4.建物の維持管理 ・共有部分の掃除、草取り
5.退去立会い・リフォーム手配 ・退去時に居室の状態を確認
・原状回復工事の見積もりや手配をする
6.賃貸借契約の更新 ・更新契約書を作成、契約を締結
7.オーナーへの報告 ・クレーム内容、対応した内容を報告
8.オーナーへの提案 ・入居者募集時や更新時の家賃設定
・修繕工事の提案

1-3.賃貸営業で有名な企業8選!

それでは賃貸営業で有名な企業8社をご紹介していきます。

どの会社も全国展開されており、地域で見かけることも多いでしょう。(※紹介している会社は全て求人ご案内可能です!)

1-3-1.大東建託リーシング株式会社

大東建託株式会社が100%出資したグループ子会社です。不動産仲介事業、不動産仲介関連サービス事業、ビル賃貸事業を主に行っています。

大東建託グループとして全国で管理している戸数は、100万戸以上で業界でもナンバーワンです。現在でも、新築の賃貸物件が続々と誕生し、管理戸数は増加し続けています。

1-3-2.株式会社ミニミニ

「お部屋探しはミニミニで~」のCMでご存じの人も多い、地域密着型の不動産仲介会社です。その他の事業として、不動産管理や住宅リフォームも行っています。

仲介手数料が家賃の50%とお得な金額になっており、敷金礼金ゼロの物件もたくさん取り扱っているのが特徴です。業界の古いしきたりに捉われない、斬新な企画力に優れていることで知られています。

1-3-3.東急リバブル株式会社

東急リバブルは、不動産流通に特化した会社として1972年に設立され、売買仲介業に大手不動産企業として初めて進出しました。賃貸仲介にも精通し、数々の先進的なサービスに取り組んでいます。

約95 %の賃貸仲介営業スタッフが「宅建」を保有するなど、不動産のエキスパートとしてオーナーからの賃貸の相談を受けたり、お客様に最適な運営プランを提案したりしている会社です。

1-3-4.株式会社S-FIT

S-FITは、仲介、管理、投資、介護など不動産に関わる全ての業務を提供している会社です。単に不動産を提供するのではなく、その先にあるお客様の幸せと向き合うサービスをモットーとしています。

高級賃貸物件から老人ホームやシニア向けの部屋探しまで、お客様のニーズに沿った専門的な物件を紹介できるのが強みです。

1-3-5.株式会社ハウスメイトパートナーズ

株式会社ハウスメイトパートナーズは、賃貸仲介だけでなく管理やリフォームなど不動産に関する様々な事業を展開しています。

主にアパートやマンション、店舗事務所、駐車場等の仲介斡旋を軸に、損害保険代理業や引越、電話加入権、新聞等の取次など多岐に渡るサービス事業が特徴です。

1-3-6.株式会社ModernStandard

株式会社ModernStandardは六本木や銀座、新宿、麻布に店舗を構える会社です。主に東京の高級マンションを扱っており、大多数の顧客は富裕層になります。

セレブ向けの物件が多い高級賃貸サイト「Modern Standard」の運営をし、新築・新シリーズなど時代の先駆的タワーマンションやラグジュアリーな流行的マンションなどが得意分野です。

1-3-7.ピタットハウス(スターツグループ)

ピタットハウスは全国650店舗の総合不動産ショップです。売買のみならず仲介もCMなどで有名でしょう。こちらも一般的なアパートやマンションだけでなく、老人ホームや高齢者住宅に力を入れています。

WEB接客サービスもあり、来店しなくても相談や内見、契約までできるので、遠方に住んでいる方はわざわざ来店しなくてもいいのがメリットです。

1-3-8.APAMAN株式会社

APAMAN株式会社は不動産賃貸仲介業界の質的向上やIT化を目指して、全国の不動産賃貸店舗をフランチャイズチェーン化したさきがけの会社として知られています。

賃貸住宅仲介業では店舗数No.1と言われるほどのシェアを誇り、こちらも来店不要のITサービスに力を入れ、時代の流れにマッチしたビジネスを展開しています。

※紹介している会社は全て求人ご案内可能です!

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産賃貸営業として働くデメリット(悪い点)

不動産賃貸営業として働くデメリット(悪い点)

ここでは不動産賃貸営業として働くデメリットをご紹介していきます。

売買ほどではありませんが賃貸の場合も、営業目標としてノルマの数字が設定されるなど、仕事内容はハードな方です。

2-1.休日が土日ではない

基本的に不動産賃貸営業の休日は、土日祝日にはありません

部屋を内見する人は、たいてい土日に来店されるため、稼ぎ時に当たってしまうからです。

土日祝日が休日でないため、どうしても家族や友達との予定が入れられなくなってしまいます。そのため一人で休日を過ごすことが多く、友人関係が疎遠になってしまうこともありがちです。

2-2.業務が多く繁忙期は特に忙しい

不動産賃貸営業は内見案内や契約書の作成など、たくさんの業務をこなさなくてはなりません

さらに新学期前の2~3月にかけては特に繁忙期となり、残業も多くなってしまいます。

繁忙期になると週に一日でも休めれば良い方で、その休日でさえ仕事の連絡が来たりして、落ち着いて休んでいられないこともあるのです。心身ともにリラックスできないのが辛いところでしょう。

2-3.精神的にきつい

不動産賃貸営業のブラックな仕事の一つに、「滞納家賃の回収」という気が重くなる業務があります。

家賃の催促電話をかけると滞納者が逆ギレしたり、しらばっくれることもあるので、非常にストレスが溜まるのです。

また入居者からのクレーム対応も、ラクな仕事ではありません。中にはヒステリックな人がいるので、電話での対応だけでも、かなり精神的にきつくなってしまうことがあります。

2-4.売買と比較すると給料は低い

不動産業界の仲介手数料はインセンティブ制がほとんどです。

インセンティブは成約金額によって比例するので、土地や建物など高額の物件を扱う売買の場合は、かなり高めの報酬がもらえます。

しかし賃貸のインセンティブは、家賃の金額をもとに計算するため、もともとの利益が少なく給料はそれほど高額になりません。件数を多くこなすか、事業用の店舗など家賃が高いものを契約しないと、稼ぎにくいのがデメリットと言えるでしょう。

2-5.売買ほどではないがノルマもある

賃貸の場合も売買ほどではありませんが「ノルマ」を持たされます。

課せられるノルマはひと月当たり5件や15件など、会社によって様々です。

売上ゼロが1ヶ月ほど続くと、賃貸の場合でも社内でかなり肩身が狭くなるでしょう。金額が売買と比べると小さいため、実現しやすいとみなされるからです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産賃貸営業として働くメリット(良い点)

不動産賃貸営業として働くデメリット(悪い点)

不動産賃貸営業はハードな面も多いですが、未経験の方も採用されやすいなど良い点もあります。

ここでは働くメリットについて解説をしていきましょう!

3-1.未経験の女性でも働くことが出来る【学歴不問】

賃貸営業は売買営業と比べると、飛び込み営業やテレアポもありません

稼ぎは大きくありませんが、売買よりストレスは少ないと言えるでしょう。

精神的に追い込まれるほどの営業力を強いられることが少ないため、女性でも安心して働けます。賃貸の場合は基本的に経験や学歴も不問なので、転職へのハードルが低いのも良い点です。

3-2.資格を活かして働くことが出来る

不動産賃貸営業の仕事に、資格は特に必要ありません

しかし「宅建」の資格があると、不動産会社への就職や転職にはさらに有利になるでしょう。不動産の専門家として、知識を活かしながら活躍できます

宅建を持っていると契約書の作成や物件に関するトラブル対応など、実務にも役立つのがメリットです。たいていの会社では資格手当がもらえるため年収がアップします。やりがいを感じながら働けるのも嬉しいポイントです。

3-3.将来、独立するときの役に立つ

不動産賃貸営業の経験を活かして、将来独立することも可能です。

不動産仲介会社を開業するには事務所を構えたり、免許や集客のために最初にまとまった資金が必要となります。

決して簡単ではありませんが、いざ独立というときになったら、これまでに培ったスキルとノウハウを十分に役立てることができるのです。独立すれば定年がありませんし、自分のペースで働けます。元気なうちはずっと働き続けられるのもメリットでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産賃貸営業に向いている人

4.不動産賃貸営業に向いている人

それでは不動産賃貸営業に向いている人のタイプをご紹介していきましょう!

ここに紹介してある点と真逆の人は、残念ながら向いていない可能性が高いともいえます。

4-1.コミュニケーションが得意

不動産賃貸営業は接客業のため、常に人と接することになります。

オーナーやお客様に感じの良い印象を与えなければ成約へとつながらないので、人とのコミュニケーションが得意な人でないと向いていません。

基本的に反響営業のためお客様が自ら来店され、接客をすることになります。そのため営業に関しては提案力よりも接客態度が重視されると言えるでしょう。お客様が満足を得られるような、親切で温かみのある対応が何よりも求められるのです。

4-2.日程などの調整業務が得意

お客様と賃貸契約を締結するまでには、様々な業務が必要です。

営業の仕事は賃貸のご相談を受けることから始まって、お客様の希望に沿った物件をいくつかピックアップしてから物件への内見案内をしていきます。

物件案内の日程や契約に至った際の重要事項の説明など、お客様の予定とすり合わせながら、日程を調整していかなくてはなりませんスケジュール調整を組むのが得意な人ならば、仕事がスムーズに捗ることでしょう。

4-3.担当地域のリサーチが得意

自分が担当している地域のリサーチ力が得意な人も向いています。

物件内容を詳しく説明することも必要ですが、周辺の住環境についての情報をお客様に伝えられると、「できる営業マン」として信頼性が増すからです。

周囲の住環境に関しては他県などから来るお客様の場合、ネットの情報だけでは詳しいことはわかりません。自分が担当している地域について、プライベートなどでも興味を持ってリサーチできる人は賃貸営業にぴったりのタイプでしょう。

4-4.住まいに興味がある

この点も重要なことですが、扱う商材である「住まい」について興味があることも欠かせません。

お客様に質問されたときに即答できるためにも、部屋の構造や設備機器については、基本的な内容だけでも勉強しておくと良いでしょう。

住まいは人が心身ともに休息するために必要な、生きていくうえで欠かせない重要なものです。お客様に良い物件をご紹介するためにも、住まいに関してリサーチしたり、勉強するのが好きな人は賃貸営業に向いている人と言えます。

4-5.精神的に打たれ強い

精神的に打たれ強いタイプの人も賃貸営業にぴったりです!

賃貸仲介会社には部屋を借りるため、様々なタイプのお客様が来店されます。中にはクセの強い個性的なお客様もいらっしゃるため、クレーム対応など、何かと面倒なことになってしまう場合もあるのです。

また営業所の業績が振るわなかったり、自分のノルマが達成できなかったりしたときなどは、上司から詰められてしまうこともあり得ます。精神的に強いタイプの人でないと、生き残っていけない業界と言えるでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.不動産賃貸営業で成果を上げるコツ

5.不動産賃貸営業で成果を上げるコツ

ここでは、不動産賃貸営業で成果を上げるコツをいくつかご紹介していきます。

マインド」と「テクニック」の両方を使って営業すると、成果が上がりやすいでしょう!

5-1.成果を上げるには成功マインドが必要!

全ての営業に言えることですが、成果を上げるには「成功マインド」が必要です。

それには、次の2点が重要となります。

  1. セールスに罪悪感を持たない
  2. 営業する商品は本当におすすめ出来るものだと信じる

お客様の立場としては、営業する人自身が「罪悪感」を持っていたり、「本当はおすすめできない」と思っていたりする商品を紹介されると、何となく契約する気にはなれないものです。

これらを踏まえた上で、自分がお客様にとって自信を持っておすすめできる商品で、営業することが肝心と言えるでしょう。

5-2.言葉を使ったテクニックも効果的!

不動産の営業で特に必要なものは、言葉を使ったテクニックです。このテクニックがないと、途中までは上手く行っても、なかなか成約まで辿りつけないことでしょう。

代表的なテクニックとしてはこちらが挙げられます。

  1. 共通点を見つけて親近感を得る
  2. 他社に取られないように即日契約に持ち込む

まず①の方法でお客様との心の距離を少しづ縮めていき、警戒心を解かせます。また重要なクロージングに関しては、②の「他社に取られないように即日契約に持ち込む」などのテクニックが必要です。

方法としては、成約後にあえてバックヤードに戻り「お客様だけに7000円値引きします」というようなテクニックがあります。

この方法は競合が多い賃貸仲介の場合、契約後にお客様が「他にもっと安いところがあったのでは?」という不安に駆られているようなときに使うと効果があるようです。

5-3.不動産賃貸営業で成果を上げるのに役立つ本

不動産賃貸営業で成果を上げるために学べる本としては、「あなたが賃貸営業で契約率90%を達成する極秘マニュアル」がおすすめです。

こちらで紹介!

賃貸営業で契約率が90%以上達成する極秘のマニュアルがまとめられた本です。

賃貸営業をしていて「わからない」「決まらない」「つまらない」など三重苦に悩まされている営業マンの方にぜひ、おすすめします。

相手の手の内を読めるようになり、営業交渉力が一段と上がるようになるでしょう

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

6.「不動産賃貸営業の仕事内容」のまとめ

不動産賃貸営業の仕事内容とは?未経験女性でも転職可能な理由と成果を上げるコツを紹介!

不動産賃貸営業は部屋を借りたい人とオーナーをマッチングさせる、社会的にも非常に役立つ仕事です。

良い物件を紹介して利益が上がれば、お客様とオーナーの両方からも感謝されることもあります。

様々な人と接するため、クレーム対応など大変な仕事もありますが、インセンティブ制なので頑張れば頑張るほど給料も上がり、やりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。

しかし入社する会社を間違ってしまうと、特に不動産会社の場合は大変な目に遭ってしまうこともあります。ブラック企業に入社してしまわないためにも、きちんとした会社選びが必要です。

不動産賃貸営業の仕事を検討されている方は、「宅建Jobエージェント」にご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェントは不動産に特化した転職エージェントですから、条件の良い非公開求人をたくさんご紹介できます!

プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗りますので、未経験や女性の方でも安心して転職活動ができるのがメリットです。

登録やご相談に費用は一切かかりませんので、少しでも興味のある方はぜひ、宅建Jobエージェントまでお気軽にお問い合わせください!

出典:不動産会社で賃貸営業を5年していた女性にインタビューみんなのインタビュー
出典:大東建託リーシング

出典:株式会社ミニミニ
出典:東急リバブル
出典:株式会社S-FIT
出典:ハウスメイト
出典:ModernStandard
出典:ピタットハウス
出典:APAMAN株式会社

おすすめの記事