用地仕入れの仕事はきつい?【売上を上げるコツと志望動機の書き方も紹介!】

用地仕入れ営業とは不動産業界の中でも特殊な分野で、あまり耳にしたことがない人も多いかもしれません。

また聞いたことはあっても専門的で難しそうな仕事のため、何となく身近に感じにくい職業と思われていることも多いでしょう。

実は用地仕入れ営業は未経験者の方でも採用してくれる会社も多く、努力すれば優秀な営業マンとして高収入を得られる仕事なのです。経験値を上げるほどスキルも自然に身につき、バリバリ活躍することができます

今回は用地仕入れ営業の仕事内容や営業スキルを上げるコツ、志望動機の書き方まで簡単に紹介していきます。興味のある方はぜひ、参考にしてください。

この記事を読むと分かること
  1. 用地仕入れ営業の仕事内容
  2. 用地仕入れ営業の年収
  3. 用地仕入れ営業として働くメリット
  4. 用地仕入れ営業として働くデメリット
  5. 用地仕入れ営業に向いている人
  6. 用地仕入れ営業として働くための志望動機の書き方

1.用地仕入れ営業の仕事内容とは

用地仕入れ営業の仕事内容とは

用地仕入れ営業は、不動産関係の営業職の中でも珍しいものです。

基本的には個人のお客様を相手にするのではなく、地主や不動産会社の担当者に営業をします。

そのため不動産に関する知識が豊富でなくては仕事になりません。ここでは用地仕入れの仕事内容について詳しく解説をしていきましょう。

1-1.不動産会社が販売するための物件(土地・建物)を仕入れる

用地仕入れとは簡単に言うと不動産会社が販売するための土地や建物を仕入れることです。

不動産会社がマンション販売会社の場合はマンション用地を、中古住宅の買取業者でしたら中古住宅を、地主や不動産会社などに売ってくれるように営業をします。

マンションデベロッパーや建売業者が利益を出すには、まずは用地仕入れが必要です。その際に人が住みたくなるような立地条件の良い土地に立てないと、なかなかマンションが売れないでしょう。

そのためにも人が住みたくなるような良い場所にある土地や、中古住宅などを仕入れなくてはなりません

条件がよくない物件を仕入れてしまうと大変な損失になるので、用地を取得する際は情報収集だけでなく、法律的な条件などもよく加味したうえでプロジェクトを進行させていきます。

1-2.用地仕入れの仕事の流れ

用地仕入れ営業の一般的な仕事の流れは、まず地主や不動産会社を相手に良い土地はないか情報収集を行うことから始まります。

造成工事をすれば現時点では価値がなさそうな土地でも、条件の良い土地に変化することもあり、情報収集や現地調査を念入りに行うのです。

調査の結果、良い土地が見つかったら地主や不動産会社と売買契約を締結し土地を仕入れます。仕入れるのは土地だけではありません。マンションや一戸建てを仕入れてリノベーションしたり、建物を解体して再建築したりする場合もあります。

責任を持って交渉にあたることで、地権者との間に信頼関係が築かれていくのです。

1-3.「用地仕入れ」と「地上げ」の違いは?

「地上げ」の本来の意味とは、土地の有効活用を目的として土地を購入することを指します。

不動産会社や建設会社、開発業者などが、マンション販売などの事業用の土地を確保するため、住宅用地などを買収するのです。

通常は地上げによって土地価格が上がることから、バブル期などに暴力団などが強引におこなっていたため、黒いイメージがあります。しかし本来は地道な営業による有効活用のための業務なので、高度な専門性が必要な活動と言えるでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.用地仕入れ営業の年収【成績を上げて年収アップするコツも紹介】

用地仕入れ営業の年収【成績を上げて年収アップするコツも紹介】

用地仕入れ営業の平均年収は約430万円です。

不動産業界の花形にしては安い方ですが、個人の能力によりバラツキがあり、成績が良ければ高収入を得られる可能性が高いでしょう。

2-1.用地仕入れ営業の平均年収

用地仕入れ営業の平均年収はこちらの表になります。日本人の年代別の平均年収が20代が345万円、30代が442万円なので、平均より少し高いと言えるでしょう。

キャリアがあるほど年収が上がる傾向があるため、ベテランになるほど高収入です。

年齢 平均年収
20代 407万円
30代 487万円

2-2.用地仕入れ営業で成果を上げるコツ

用地仕入れの営業は非常に難易度の高い仕事です。

知識も豊富で営業テクニックもなければなりません。ここでは「マインド」と「テクニック」に分けてご紹介をしましょう。

2-2-1.成果を上げるためのマインドとは

用地仕入れ営業は、地主や不動産会社と直接交渉しながら進めていく仕事です。

そのためには相手から信頼されなくてはなりません。真面目で正直な態度で接するうちに、少しずつ相手との信頼関係が構築していけるようになります。

地主の立場としては信頼できない人間に、大事な土地を託すわけにはいきません。自分は「人に喜ばれる仕事をしている」という熱意のあるマインドで、あせらず努力を重ねていくことが大切です。

2-2-2.営業に効果的なテクニックとは

優秀な営業マンほど、むやみやたらに飛び込み営業ばかりはしません

できる営業マンは契約ができそうな案件を見つけてから動き出すというように、戦略的に営業活動をします。

その際に効果的なテクニックの一つに、ビジネス人脈を活用するという方法があります。例えば地主などの資産家は、税理士や司法書士など士業を生業としている人とつながりのある場合が多いです。

用地仕入れの商材は土地なので、いきなり飛び込みで営業をかけても最初は相手にしてくれません。まずは自分のビジネスにおける人脈を利用して、地主などに紹介をしてもらうとあなたの信頼度が最初から上がります。

自分にできるテクニックを駆使して、効率よく営業活動をしていきましょう。

用地仕入れ営業のトップ営業マンの効率的な営業ノウハウが音声で聞ける記事もぜひ、参考にしてください。
不動産土地仕入れ・用地仕入れのコツ!目標達成率400%-900%のトップ営業マンとの対談音声公開!

3.用地仕入れ営業として働くメリット

用地仕入れ営業として働くメリット

数ある不動産業界の職種の内、用地仕入れ営業は高度で専門性の高い仕事なので、不動産業界の花形と呼ばれています。

ここでは用地仕入れ営業として働くメリットを紹介していきましょう。

3-1.不動産業界では「花形」と呼ばれる職種

用地仕入れの仕事は土地や建物の仕入れを担当することです。中古住宅や建売・マンション用地などを仕入れますが、利益を生み出せそうな物件を見極める眼力がなくては務まりません

デベロッパーは用地仕入れから全ての仕事が始まります。良い土地でないとマンションなどが売れませんので、確かな知識とスキルが必要になります。

不動産業界では「花形」と呼ばれる職種ですが、努力なしでは続けられない仕事です。個人の営業力など実力によって評価が決まりますから、優秀な営業マンほど高収入につながるでしょう。

3-2.経営者感覚が磨かれる

用地仕入れの仕事は仕入れの金額やローン状況により、その後の販売する部門の利益が変わってきます。動かせる金額も大きく、会社全体の利益に関わる部分に携わるため、経営者感覚を磨くこともできるのです。将来、起業したい人にぜひおすすめの職業でしょう。

土地の売買に必要な書類や手続きは多岐にわたるため、驚くほど不動産の知識が身につきます。用地仕入れの仕事を通じて自然と不動産のエキスパートへと変化してしていける職業です。

3-3.土日祝に休むことができる

用地仕入れの仕事は基本的に個人が相手ではないため、不動産営業としては珍しく土日祝で休めます「激務」「きつい」などの噂はありますが、比較的残業も少ない傾向のようです。

完全週休二日制の会社もあり、不動産業界の中では労働環境が良い方と言えるでしょう。休日出勤もない会社が多く、土日祝日にきちんと休みたい方にはぴったりの職業です。

3-4.未経験からでも入社できる

用地仕入れの仕事は豊富な不動産知識が必要ですが、入社後からでも学べるので未経験者でも入社ができます。できたら宅建を持っていると有利でしょう。

営業経験者は他業種でも歓迎され、必須の資格としては自動車普通免許が必要になります。学歴は8割以上が大卒ですが、残りの2割は高卒で活躍している人も多いです。どちらかというと学歴よりも入社してからの実績で評価が決まる傾向があります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.用地仕入れ営業として働くデメリット

用地仕入れ営業として働くデメリット

用地仕入れは不動産の職種の中でも、扱う金額が大きいため極めて高度な知識と経験が必要です。

受けるストレスも甚大なものがあります。ここでは用地仕入れ営業として働くデメリットの実態について解説をしていきます。

4-1.プロを説得できるレベルで専門知識が必要

用地仕入れの営業をかけるのは、不動産会社などプロが相手となりますから、プロを説得できるだけの専門知識が必要です。

交渉相手が地主の場合は不動産の知識はもちろんのこと、先祖代々受け継いだ土地を簡単に売り渡したくないという考えもあるため、相手の立場に沿った見識も不可欠となります。

新人さんなど固定の営業先がない場合は、飛び込み営業もしなければいけないときもあり、精神的に辛いことも多いでしょう。参考までに「不動産屋さんのつぶやき」という実体験ブログを書いている人がいますので、よかったら参考にしてください。

不動産屋さんのつぶやき

4-2.仕入れる土地の規模が大きいほど利害関係者が増える

用地仕入れは仕入れる土地の規模が大きいほど、利害関係者が増える傾向があります。

土地が大きいほど複数の地権者がいるため、権利問題等が複雑になるのです。不動産の知識だけでなく、法律の知識や交渉を円滑に進めるコミュニケーション能力が必須となります。

取り扱う土地によっては思わぬトラブルが起きてしまうこともあるため、非常に大きなプレッシャーがかかるでしょう。しかし新人の内は、それほど大きな案件は任されませんので安心して仕事をしてください。

4-3.契約前後は忙しくなることがある

用地仕入れの交渉期間はある程度まとまった土地などを扱うことが多いため、非常に長いのが特徴です。

また契約の前後は、書類上の手続きなどで特に忙しくなってしまいます

しかし通常は残業などがないため比較的早く帰宅でき、土日祝日もきっちり休めるのが良い点です。忙しい時期は大変ですが、不動産業界にしては労働環境が良い方だと言えるでしょう。

4-4.スピード勝負で気が抜けない

人気のある立地条件の良い土地は、競合他社も狙うためスピード勝負で気が抜けません

幅広い情報収集力とフットワークの軽さがないと他社に出し抜かれてしまうでしょう。

マンション販売など大規模な開発事業には、用地仕入れは仕事全体の入り口にあたる非常に重要な仕事です。常にアンテナを張り巡らし、あらゆる人脈と知恵を使って狙った土地を取得する必要があります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.用地仕入れ営業に向いている人

用地仕入れ営業に向いている人

普通の不動産営業と違い用地仕入れ営業は、扱う金額も大きくスケールの大きな仕事と言えます。ここでは用地仕入れ営業に向いている人のタイプを解説しましょう。

5-1.ポジティブでチャレンジ精神がある

用地仕入れは数千万~数億円規模の大きなお金が動く仕事です。そのため度胸があって、チャレンジ精神がある人には向いているでしょう。大きな金額を動かすためタフでないとやっていけないからです。

ときには知らない人にも営業をかける必要もあります。ポジティブで押しの強い人でないと精神的に辛いかもしれません。他人を説得できるだけのトークのうまさだけでなく、信頼してもらえる人柄も大切です。

5-2.フットワークが軽い人

用地仕入れに必要な土地の情報収集には足で稼ぐ必要があります。地主や不動産会社を相手に良い土地がないか聞き込みをするのですが、いきなり訪ねてもすぐには良い情報など得られるはずもありません。

何度か通い詰めるうちに、ようやく少しずつ土地の情報を得られるようになっていくので、諦めずに顔を覚えてもらうことが必要でしょう。また良い情報が得られたら、すぐに現地調査を開始するなどフットワークの軽い人が向いていると言えます。

5-3.将来、起業して経営者になりたい人

用地仕入れの仕事は普通の人が1人では動かせない大きな金額を、会社の資金で動かすことができます。そのため経営感覚を肌で感じながら学ぶことができます

そのため将来、起業して会社を経営したい人が経験を積む場としては最適の職業と言えるでしょう。動かす金額が莫大なため、損失を出してしまうと大変なことになってしまいます。

常に緊張感を持ちながら仕事に取り組まなければならないので、経営感覚が研ぎ澄まされることでしょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

6.用地仕入れ営業として働くための志望動機の書き方

用地仕入れ営業として働くための志望動機の書き方

用地仕入れ営業として採用してもらうための志望動機の書き方としては、前職での実績を元に、「なぜ用地仕入れ職につきたいのか?」「なぜその会社なのか?」について論理的に説明することが大切です。

ここでは志望動機の書き方についてアピールしたいポイントなどを解説します。

6-1.用地仕入れ営業になるためのアピールポイント

用地仕入れ営業は不動産業界の中でも特殊な仕事で、高度なスキルや横の人間関係のつながりがキーポイントとなります。

ここでは用地仕入れ営業の求人に応募する際に有利となるアピールポイントをご紹介しましょう。

6-1-1.今までの営業の経験や実績

未経験でも採用してくれる場合もありますが、今まで他業種で営業経験がある人は実績などをアピールしてください

不動産の売買仲介営業で成果を出せた人は、なおさら有利になります。

不動産営業で実績のある人は用地仕入れ営業でも成果を出せる可能性が高く、採用する側にとっては魅力的な人材として映るのです。他業種でも営業経験がある場合は営業テクニックが分かっているため、業務に取り組みやすいでしょう。

6-1-2.不動産業界などの人脈

用地仕入れに関する土地の情報は、一般的には出回っていないレア物件も数多く存在します。

条件の良い土地ほど情報量が少ないので、日頃から不動産会社や税理士などと信頼関係を構築しておくと、横のつながりを持つ人材として高く評価されるでしょう。

特に売買営業などで培ったビジネス人脈を持つ人は重宝がられます。不動産業はどんな人脈を持っているかで仕事の成功率がだいぶ変わりますから、有力な人脈を持っている場合はどんどんアピールしていくようにしてください。

6-1-3.経営感覚に優れていること

用地仕入れの仕事は動く金額が大きいため、万が一損失が出てしまうと損失額も甚大になってしまいます。

そうならないためにも、確実に利益を生み出せるように用意周到にプランを練らなくてはいけません。

用地を仕入れしてから売却した後、どのくらいの利益が残るのかを、きちんとを計算できるような経営感覚を備えていること必要です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

7.用地仕入れ営業のまとめ

用地仕入れの仕事はきつい?【売上を上げるコツと志望動機の書き方も紹介!】

今回は用地仕入れ営業の仕事内容や志望動機の書き方のコツなどについて、わかりやすくまとめてみました。

用地仕入れ営業は動かす金額が大きく、プレッシャーも大きなものがありますが、プロジェクトが成功した場合は社会に貢献する力も大きく、非常にやりがいのある仕事と言えます。

基本的に土日祝日は休みで年収も平均以上なため、会社選びさえ間違わなければ満足のいく労働条件で働けるでしょう

宅建Jobエージェントでは、不動産に特化した条件の良い非公開求人を紹介しています。プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれる(※無料)ので、未経験でも安心して転職活動できるのでおすすめです。

用地仕入れ営業に興味を持つ方は、お気軽に宅建Jobエージェントまで、お気軽にお問い合わせください!

参照:用地仕入れ営業のやりがいとは?働き方と合わせて解説不動産&転職エージェント
参照:不動産土地仕入れ・用地仕入れのコツ!目標達成率400%-900%のトップ営業マンとの対談音声公開!
参照:不動産・建設 用地仕入れマイナビエージェント

おすすめの記事