宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!

「宅建を持っていると転職に有利」と、聞いたことがあるけれど本当なの?

この記事を読んでいるあなたは、こんな疑問を持っているのではないでしょうか。

結論から述べると、実際「宅建は転職に有利」です!

とはいえ、具体的にどんな理由で「宅建が有利」だと言えるのか。また、未経験でも転職は可能なのか?どんな業界で宅建が活きるのか?など、疑問に思うはずです。

そこで本日は、弊社の宅建士に特化した転職支援サービス「宅建Jobエージェント」で実際に転職が決まった事例を根拠として「宅建が転職に有利」な理由を紹介します。

この記事を読めば、宅建士の転職に関する疑問をすべて解決できるような内容にしていますので、ぜひ読んでみてください!

この記事を読むと分かること
  1. 宅建(宅地建物取引士)とは
  2. 宅建(宅地建物取引士)が未経験でも転職に有利な理由
  3. 宅建(宅地建物取引士)が未経験でも転職できる年齢、職種
  4. 宅建(宅地建物取引士)が活かせる不動産以外の業界
  5. 宅建(宅地建物取引士)を活かして転職する際の注意点

1.宅建(宅地建物取引士)とは不動産取引に必要な国家資格

宅建士 仕事内容

宅建(宅地建物取引士)は、不動産取引に必要な国家資格です。

正式な定義は、次のようにされています。

宅地建物取引士とは、試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。

出典:「宅地建物取引士とは」一般社団法人・不動産適正取引推進機構

不動産取引は動く金額が大きく、不動産知識を持っていない方の損害が大きくなる可能性あります。

不動産の専門知識を持っている宅建士が、間に入り適正な不動産取引をサポートをする役割を担います。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

※宅建士の仕事内容については「宅建士の仕事内容メインは3つ!給料や就職・転職に有利な理由を解説」をご覧ください。

2.宅建(宅地建物取引士)があれば未経験でも転職できる!【年代・性別・職種別(営業・事務)に紹介】

宅建があれば未経験でも転職できる!【年代・性別・職種別(営業・事務)に紹介】

宅建があれば、未経験でも本当に転職できるのでしょうか?

ここでは、弊社の宅建士に特化した転職支援サービス「宅建Jobエージェント」で実際に転職が決まった事例を分析して、年代、性別、職種別(営業・事務)に紹介します。

2-1.【未経験の転職】20代→営業・事務ともに可能

20代の場合は、営業・事務ともに比較的簡単に転職が可能です。

29歳以下の宅建(宅地建物取引士)資格登録者数は、32,798人で全体の3.1%しかおらず、希少性が高いからです。

また、20代で今後の成長も期待できる点も会社から評価を受けるポイントです。若ければ宅建なしでもOKという会社も多いです。

2-2.【未経験の転職】30代→営業:他業種での営業経験あれば可能。事務:宅建事務の実務経験があれば可能

30代の場合は、営業・事務ともに「実務経験」があれば転職可能です。

営業は他業界での営業経験、事務は宅建事務の経験があれば可能になります。ただし給与など、条件面でのこだわりは少ないほうが成功しやすい点は注意です。

2-3.【未経験の転職】40代→営業:他業種で営業実績があれば可能。事務:宅建事務の実務経験があれば可能

40代の場合は、「実務経験」+「実績」があれば転職可能です。

他業種での営業としての実績があれば、転職は可能です。実際にどれくらいの「営業力」があるのかを示すために、具体的な実績を数字でアピールできると良いでしょう。

2-4.【未経験の転職】50代→営業:他業種での実績ありでも厳しい。事務:基本的に厳しい。

50代になると、営業・事務ともに、実績があったとしても転職は厳しいです。

既存社員が求職者よりも年下になる、マネジメント経験が求められるなど、様々な要因があります。

ただし、基本的にどの業界でも50代の転職成功率は下がるので、不動産業界に限った話ではないこともポイントです。

2-5.【未経験の転職】女性の場合→業種によっては優遇される

女性は、業種によっては優遇されます。

例えば、某大手不動産会社の営業マンは女性が主体です。女性の方がきめ細やかな接客ができ、内見で車に同乗するとき女性のお客様だと、男性と密室になるのを嫌がる等の理由があるからです。

こういった会社であれば、女性も転職可能です。

2-6.【未経験の転職】年代別比較表

年齢 難易度 必要スキル
20代 易しい 宅建なしでもOK
30代 やや易しい 実務経験
40代 やや厳しい 実務経験+実績
50代 厳しい

3.宅建(宅地建物取引士)があれば金融・建設(建築)など他業界への転職もできる!【土日休みも可能】

宅建があれば他業界への転職もできる!金融・建設など【土日休みも可能】

宅建(宅地建物取引士)資格があれば、不動産業界以外にも、金融業界、建設業界への転職も可能です。

3-1.金融機関

金融機関では、ローン審査の担保に使われる「不動産」を評価するのに宅建知識が役立ちます

実際、現在「マイナビ転職」で募集中のJASDAQ上場企業のグループ金融機関では、優遇する条件として、金融業界での業務経験の他に「宅建資格」を上げています。

3-2.建設(建築)会社

建設(建築)会社には、自社で作った物件を販売するため権利がありません。そこで、物件を販売することができる宅建士が求められます

実際、リクナビNEXTで募集中の東京都内のゼネコンでは、宅建士の資格手当として毎月3~6万円が支給されるため、条件が優遇されています。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.【転職の失敗回避】「宅建のみで即採用!」のような求人に要注意

【転職の失敗回避】「宅建のみで即採用!」のような求人に要注意

いくら宅建が転職に有利とは言え、あまりにも簡単に採用する企業には注意が必要です。

残念なことですが、条件を緩くして大量採用し、使い捨てのように従業員を扱う企業もあるからです。

実際、弊社の提携先候補だった企業の社長と面談したとき「3ヶ月の試用期間で成果出なかったらクビにするけど、大丈夫?」と言われて、こちらからお断りしたケースがあります。

せっかく転職するのなら、失敗は避けたいですよね。「宅建Jobエージェント」では、厳選した不動産会社の求人のみを取り扱っているのでご安心下さい。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.宅建(宅地建物取引士)は転職に有利な理由のまとめ

宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!

以上、「宅建が転職に有利な理由」を、弊社の宅建士に特化した転職支援サービス「宅建Jobエージェント」で実際に転職が決まった事例を根拠にして紹介しました。

この記事を読めば、宅建士の転職に関する疑問をすべて解決できるような内容になっています。ぜひ何度も読んでみてください!

そして、もしも何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

数々の宅建資格保持者の就職・転職を成功させてきた実績を持つ「宅建Jobエージェント」キャリアアドバイザーがご相談に乗らせていただきます!

おすすめの記事