不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産業界での転職成功ノウハウを紹介会社が徹底解説します!【毎月600名の相談実績】

不動産業界で転職を検討していますか?

私たち不動産業界専門の転職エージェント「宅建Jobエージェント」では、毎月600名の方の転職のご相談にのっています

不動産業界の経験者でキャリアアップをお考えの方や、未経験者でこれからチャレンジしたい方、宅建の資格を活かしたい方など、毎日多くの方のサポートを行っています。

また、不動産会社の採用担当・人事の方とも毎日コミュニケーションを取っていますので、求められている人物像や必要なキャリア、細かな仕事内容なども、一般的な転職エージェントよりも深く理解しています。

本記事では、そんな私たち宅建Jobエージェントの中の人間だからこそお伝えできる、不動産業界での転職を成功するために知っておきたい全体像やノウハウについて徹底解説します。

  • 不動産の仕事内容や職種はどんなのがある?
  • 未経験でも転職できる?
  • 不動産営業の仕事って稼げるの?
  • 女性におすすめの不動産の仕事は?
  • 不動産業界での志望動機の書き方は?
  • 土日休みってあるの?
  • おすすめの企業は?
  • エリアごとの求人の特性は?
  • 学歴不問って本当?
  • 宅建などの資格を活かしてキャリアアップできる?
  • 30代、40代でも大丈夫?

などなど、日々求職者の方からよく質問を受ける内容についての回答もまとめました。

不動産業界で転職を成功させるために必要な情報を、どこよりも分かりやすく解説いたします!

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.不動産業界に転職を成功させるポイント

不動産業界に転職を成功させるポイント

1-1.目的を明確にする

転職を考える際は「目的」を明確化することが大切です。

今回、転職する目的は何でしょうか?

  • 給料を上げたい
  • キャリアアップしたい
  • 労働環境を変えたい
  • ライフスタイルを変えたい

など、転職を考えるには、必ず目的があるはずです。

ここを細かく言葉にしていくことで、会社選び、職種選びの基準が明確になり、その後の転職活動がスムーズに進みます

逆に、ここが明確でないと、転職活動がうまくいかないのはもちろん、もし仮に転職が成功しても次の会社で「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔するかもしれません。

まずは「なぜ今回、転職をするのか?」「叶えたいことは何か?」その目的を明確にしましょう。

不動産業界への転職成功は自己PR次第?未経験・新卒の例文も紹介

1-2.業界を理解する

次に、「不動産業界」を理解することが大切です。

「不動産業界」は、業種によって職種内容が違うからです。

不動産業界の仕組み

例えば、不動産業界の中でも「開発」「賃貸」「売買」「管理」では仕事内容が全然違います

不動産業界の業種開発:街や土地を開発する仕事。通称・デベロッパー

賃貸:居住用のマンションや一軒家、事業用の店舗などを探しているお客様に物件を紹介する仕事

売買:土地や戸建て、マンションなどの不動産を購入したいという人に販売する仕事

管理:物件オーナー(大家)から手数料を受け取り、物件管理、入居者募集、家賃の集金管理する仕事

そのため、同じ不動産営業でも、開発営業と賃貸営業では仕事内容が異なります。

自分のやりたかったことは、こんなことじゃない!」と、後から後悔しても遅いです。

そうならないために、不動産業界について正しく理解しましょう

不動産業界の職種と仕事内容を紹介!年収は?向いているのはどんな人?

1-2-1.不動産業界の将来性

不動産業界の将来性についても、知っておくと他の求職者より一歩抜きん出ることが出来ます

不動産業界は未だに電話・FAXが主流など、IT化が遅れている業界として知られています。

しかし少子高齢化、人手不足の影響もあり、今後は、

  • AI(人工知能)
  • IoT
  • VR
  • AR
  • ブロックチェーン

など「不動産テック」と呼ばれる最先端技術が導入され、生産性の向上、仕事の効率化が進むことが予想されています

不動産テックとは?仕組み・求人・日本アメリカ企業事例・学べる本も紹介!【カオスマップ付き】

1-3.転職スケジュールを作る

転職意思が固まった時点で、スケジュールを作りましょう

転職活動は、今日いきなり始めて明日には完了するようなものでは無いからです。

最低でも約1ヶ月以上、長い人では6ヶ月以上もの時間が必要になります。

また、「交通費」「飲食費」「対策に必要な資料費」など、何かと費用もかかります。

くれぐれも「仕事なんてスグ見つかるだろう」と甘く見て今の会社を辞めないことです

しっかりと転職スケジュールを作るだけで、余計な心配が減り転職活動はスムーズになります。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産業界に転職する良い点【メリット】

不動産業界に転職する良い点【メリット】

2-1.実力次第でバリバリ稼ぐことができる

不動産業界の営業職は、実力次第でバリバリ稼げる仕事です。

「固定給+インセンティブ」が基本的な給与形態であり、売上を上げれば上げるほど給料に反映される仕組みだからです。

特に開発営業では1棟売るだけで約10万〜円以上、仲介なら手数料の10%などのインセンティブが給料に加算されることも珍しくありません。

そのため、自分の実力次第でいくらでも稼ぐことが可能です。現実的には難易度が非常に高いですが、理論的には20代で年収2,000万円を狙うことも可能です。

なお、フルコミッション(完全歩合制)の会社に就職すれば、インセンティブの割合も上がり、さらに高収入を狙えます。

営業は稼げる職種!20代で年収2000万円が可能な理由・おすすめの業界・会社の選び方を解説

2-2.学歴不問・未経験歓迎の採用が多い

不動産業界は、学歴不問・未経験歓迎の求人が多くあります。

特に営業職は慢性的に人手不足なので、多少学歴や職歴に自信がなくても、比較的簡単に仕事を見つけることだ出来ます

また、不動産業界で働くと金融や建築など様々な関連知識が身につくため、他業界への転職にも有利になります

不動産業界で働くことが、その後のキャリアの選択肢を広げることになる点は、あまり指摘されませんが実は良い点です。

もし仮に、40代など多少年齢が上の方でも、宅建資格があったり実績が優れていたりすると、即戦力が欲しい小さな会社からは重宝されるでしょう。

不動産営業は稼げるのか?年収1,000万円を狙える会社の選び方を紹介

2-3.独立がしやすい

不動産業界は、独立しやすい点もメリットです。

特に仲介の場合、在庫を持つ必要がなく、自分がそれまで広げてきた人的ネットワークさえあれば、1人で業務をおこなうことができるからです。

宅建資格は必要ですが、自分の営業力次第で、会社員時代より多くの収入を得ることもできます。

実際に、弊社でも求人を紹介している「オープンハウス」の代表取締役社長荒井正昭氏など、不動産会社の営業職として経験を積み独立し、成功している社長も多くいます

不動産業界の独立開業に資格は必要?儲かる?失敗する人の特徴も紹介

2-4.女性でも活躍することができる

不動産業界では、性別で差別されない会社もあります

会社としては、その人が「男性か?女性か?」よりも「売上が上げられるのか?」の方が重要だからです。

そのため、成績次第では男性以上に稼ぐことも可能です。実際に、未経験から不動産営業に就職し、年収1,000万円以上を稼いでいるエネルギッシュな女性もいます。

 

また、バリバリ稼ぐつもりは無く、少ない負担でじっくりコツコツ働きたい方にも「営業事務」という仕事があります。

主な仕事内容は営業マンのサポートです。

  • 電話対応
  • 来客対応
  • 書類作成

営業より給料の額は低いですが、残業も少なくて負担は軽めなので、女性に未経験者でも就職可能です。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産営業は女性でも転職可能!結婚・出産したら退職?年収は?【リアルな口コミ評判を紹介】不動産営業事務の仕事内容は?未経験女性にもおすすめな3つの理由

3.不動産業界に転職する悪い点【デメリット】

不動産業界に転職する悪い点【デメリット】

3-1.休日が不安定

不動産業界は、全てでは無いですが平日休みの会社が多く、休日が不安定です。

お客さんの休みに合わせて稼働する必要があることが理由です。また、自分が休日であっても緊急対応を求められる場合もあります。

働き方改革などの影響もあり、大手の不動産会社では週休二日制をキッチリ取っている会社もありますが、特に中小企業ではその傾向が強いです。

そのため、仕事とプライベートを分けたい方は、管理会社や法人向けの会社を選ぶ必要があります

不動産業界で水曜日の休日が多い理由とは?もう1日の休日も紹介

3-2.離職率が高い

不動産業界は、他業界と比べると突出している訳ではありませんが、離職率が高い傾向にあります。

年度 不動産業 宿泊業・飲食サービス業 生活関連サービス業・娯楽業 建設業 全業種平均
平成30年 13.7% 26.9% 23.9% 9.2% 14.6%
平成29年 16.5% 30.0% 22.1% 8.4% 14.9%
平成28年 11.5% 30.0% 20.3% 7.7% 15.0%
平成27年 15.9% 28.6%  21.5% 9.5% 15.0%
平成26年 11.8% 31.4% 22.9% 10.3% 15.5%

体育会系的な企業も多く、女性も多くないため、セクハラ・パワハラに関しては、良い状況とは断言できません。

特に、営業マンにはノルマが課される会社が多く、達成できない場合は、精神的・肉体的に追い詰められて辞めてしまう人もいます

不動産業界の離職率は高い?低い?職種ごとに違う理由を解説

3-3.大手財閥系は新卒採用が主流

住友不動産、三井不動産、三菱地所など、就活生や転職者に非常に人気に高い企業である「財閥系不動産会社」は新卒採用が主流で、中途採用のハードルが高いです。

古い慣習が残っており、転職で即戦力を採用するような前提が無いからです。転職に関するネガティブなイメージもあるでしょう。

よほどの実績があれば転職の可能ですが、新卒組が社内に多いため、転職組との間には見えない「壁」が存在します。

また、高学歴者しか基本的にはいないため、出生争いも激しいです。

財閥系不動産会社は年収が高い?就職・転職するメリットやデメリットも解説!

4.不動産業界への転職が向いてる人の特徴

不動産業界への転職が向いてる人の特徴

4-1.目標があり勉強熱心

不動産業界では、目標があり勉強熱心な方が求められます

不動産知識はもちろん、金融、日々変わる法律もアップデートして学び続ける必要があるからです。

例えば、将来的に独立したい!年収1,000万円稼ぎたい!など明確な目標があれば、決して簡単では無い勉強も続けることができます。

不動産業界の魅力とは?就職するメリット・向いてる人の特徴を解説!【業界の今後は?】

4-2.コミュニケーションが得意

不動産業界は、コミュニケーションが得意な人が有利です。

お客さんや同僚、上司、部下の他にも、物件オーナーや施工業者、役所の職員など、様々な立ち場の人と関わる機会があり、それぞれの利害を調整する能力が求められるからです。

自分がサービスを利用する立場で考えても、コミュニケーションが不得意な人からの提案は不安になるはずです。

自分だったらどう感じるかな?」と、相手の立場にたって考えることた大切です。

これは、志望動機・履歴書を書くとき、面接をするときにも大切な能力です。

不動産業界で内定を獲得する志望動機の書き方【新卒・中途・未経験】

不動産業界の面接で合格するコツとは?落ちる人の特徴は?【逆質問の答え方も解説】

4-3.精神的にタフ

不動産業界では、精神的なタフさも必要です。

扱う商材の金額も大きいことから、お客さんからの要求のハードルも高く、クレームを受ける可能性も高いからです。

また、成果が上がらない場合は、上司や同僚からツメられることもあります。

体育会系の部活経験者、営業経験者など、常に強いプレッシャーがある中でも成果を上げてきた方には向いているでしょう

もちろん、全ての会社がそうでは無く、最近はIT系の会社も増えてきています

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

【やめとけ】不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由

5.不動産業界での転職に有利な資格は宅建

不動産業界での転職に有利な資格は宅建

不動産業界で転職をするのであれば、宅建を持っていると有利です。

不動産業務には、宅建士にしかおこなうことができない「独占業務」が3つ定められているからです。

  • 契約締結前の重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名と押印
  • 37条書面(契約書)への記名と押印

上記3つに関しては、宅建以外がおこなうことが禁止されています

また、資格を持っているだけで、毎月約1~5万円程度の宅建手当がつく会社も多いです。

宅建士の仕事内容メインは3つ!給料や就職・転職に有利な理由を解説

また不動産業界で役立つ資格は、宅建以外にもあります。

  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 不動産鑑定士
  • 日商簿記2級
  • FP(ファイナンシャル・プランナー)

これらの資格を持っているのに、まだ活かしきれてない、今後は活かしていきたい!と考えている方にとっても、不動産業界への転職には役立つでしょう

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!
不動産営業は未経験も転職可能!仕事内容や役立つ資格、志望動機の書き方も詳しく解説!

6.「不動産業界の転職」まとめ

不動産業界は未経験も転職できる?土日休み?おすすめ会社・向いてる人等を解説【女性も活躍中】

以上、不動産業界に転職するなら知っておくべき知識を解説しました!

不動産業界は、転職のハードルが低い業界ですので、あなたにもチャンスは大いにある!ということが分かっていただけたのは無いでしょうか。

不動産業界での転職をお考えの方へ

もしも、あなたが不動産業界での転職をお考えでしたら一度「宅建Jobエージェント」にお問い合わせください。

ここでは紹介しきれなかった

  • 転職スケジュールの立て方
  • キャリア構築の考え方
  • 書類作成の仕方(志望動機・職務経歴書など)
  • 求人の検索、応募方法
  • 面接対策
  • 内定・退職までの手続き
  • 入社の手続きの注意点

などをプロの専任キャリアアドバイザーがサポートいたします!

ご相談や登録は一切無料です!

まずはお気軽に、一度お問い合わせをしてみてください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る