不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

宅建は希少価値ゼロの資格?役に立たない・役に立つ・それぞれ主張と理由を解説!

宅建の資格について、ホリエモンが「バブルの時に宅建資格取った人山ほどいて希少価値ゼロ」とツイートして話題になりました。

ホリエモンの説によると、宅建(宅地建物取引士)資格は重要事項の説明の時しか要らないのでパートで雇えばいいレベルのものだそうです。ただ、「(宅建資格について)重要事項の説明だけの簡単な仕事だと誤解をまねく」といった反発も出て、色々な意見が交わされました。

さて、不動産従事者には必須と言われている宅建の資格についてですが、ホリエモンの言うように「持っていても価値のない資格」というのは本当なのでしょうか?

今回は宅建資格が役に立たないと言われる理由や、反対に役に立つと言われている理由に焦点を当てて、詳しく解説をしていきます。

これから宅建資格の取得を目指している方はぜひ、参考にしてください!

この記事を読むと分かること
  1. 宅建が役に立たないと言われる理由
  2. 宅建が役に立つと言える5つの理由【取得メリット】
  3. 宅建は勉強時間を考えるとコスパが良い【役に立たない?】

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.宅建が役に立たないと言われる理由

1.宅建が役に立たないと言われる理由

不動産業界で仕事をするには、「宅建の資格を持っていて当たり前」というイメージがありませんか。

宅建は現在、資格を持っている人が100万人以上おり、毎年20万人近くが受ける人気の国家資格です。物件契約の際には、宅建士でないとできない業務もあるため、不動産業界では取得していると有利な資格でしょう。

しかし宅建士であるからと言って、必ずしも仕事に役立てている人ばかりではありません。そのせいか、「宅建を持っていても役に立たない」という意見も、ちらほら見られます。

ここでは「宅建を持っていても役に立たない」と言われる理由について、いくつかの例をご紹介していきましょう。

1-1.宅建持っている売れない営業マンと宅建なしのトップセールスなら後者が選ばれる

不動産業界は売上成績を上げられる人が重宝される実力主義の世界です。

会社にとっては資格の有無よりも、いかに営業成績を上げられるかどうかという点で社員を評価します。例えば、宅建を持っている売れない営業マンと、宅建なしのトップセールスマンなら100%後者が選ばれることでしょう。

宅建を持っていなくても会社の利益に貢献できる営業マンの方が、優秀な人材として大切にされるのです。宅建資格がなくても契約行為ができる手段はありますので、資格の有無はそれほど関係ありません。

実際に、宅建は持っていないけれど、営業成績が良いので部長になった「宅建をもっていない部長」も存在します。

1-2.資格さえあれば食べていけるというのは幻想にすぎない

また、宅建に限らず「資格さえあれば食べていける」というのは全く幻想にしかすぎません。

資格を取得する動機としてキャリアアップを目指す方が多いようですが、ただ取得するだけではなく、資格を上手く仕事に活用しなくては意味がないのです。

宅建を持っていても、口下手でお客様とコミュニケーションをろくに取れないような営業では、成約にこぎつけるのはかなり難しいでしょう。逆に宅建を持っていなくても、コミュニケーション能力が抜群で、お客様の要望にきちんと応えられる営業マンならば、毎月のノルマも難なくこなしていけるのです。

資格を持っているだけで、営業スキルやコミュニケーション能力などを磨かない営業マンは、いずれ肩たたきされる憂き目に遭うかもしれません…。

1-3.宅建士の代わりはいくらでもいる

このように宅建を持っていなくても、不動産業界で活躍している人はたくさんいるのです。

上司や社長が宅建を持っていなくても全然、不思議ではありません。宅建資格取得者だけなら、パートで臨時で雇えば良いという考え方もでき、主婦の方が空き時間を利用して働いているケースも多数あります。

分かりやすい例えでいうならば、宅建資格は自動車免許のようなものです。実務と机上の勉強では全然中身が違います。不動産の仕事は経験がないと分からないことも多く、いきなり実務が出来るわけではないので「役に立たない」という人も多いのでしょう。

ただし冷静に見ると確かに「役立つ」と言っても全然間違いではありません。その理由は次の章で、詳しく解説をしていきます。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

2.宅建が役に立つと言える5つの理由【取得メリット】

2.宅建が役に立つと言える5つの理由【取得メリット】

宅建は有効活用しなければ確かに役に立たない資格かもしれませんが、それはどんな資格にも言えることではないでしょうか?

ここでは宅建を上手く活用することによって、生まれるメリットをご紹介していきましょう!

2-1.転職・就職に役立つ

宅建が役に立つと言える理由の一つに、宅建士にしか出来ない「独占業務」と「設置義務」があります。

契約をする際の重要事項説明書の説明と記名・押印、契約書の記名などは、宅建士でないとできない独占業務なのです。書類自体は資格を持っていない社員でも作成できますが、お客様に交付をする際には宅建の資格がないと説明したり、記名や押印をすることができません。

また、営業所の社員5人に1人以上の割合で専任宅建士の設置が義務付けられています。

この要件を満たさないと営業活動が禁止されるため、不動産会社にとっては必要不可欠な資格と言えるのです。

不動産業界以外にも、建設、建築、金融、保険、小売、流通、など幅広い業界で学んだ知識を役立てることも出来、持っていると法律や不動産の知識があるとみなされて、転職に有利な場合もあるでしょう。

実際に20代後半で、職歴ほぼ無しから宅建資格を活かして不動産管理の仕事に就職できた事例もあります。

宅建は就職に有利!取得をおすすめする3つの理由や平均年収等を紹介

2-2.宅建手当で月給・年収が上がる

大抵の不動産会社では、給料に宅建手当として月2~5万円ほどプラスされます。

宅建を持っているだけで毎月自動的に支給されるので、非常にお得と言えるでしょう。月2万円としても年間にすると24万円の収入アップとなるのです。成績に関係なく支給されるため、不動産会社で働く際にはぜひ、取得をおすすめします。

事務のパートの方でも、宅建資格は支給される会社がほとんどでしょう。とにかく持っているだけでもらえる美味しい手当が宅建なのです。

2-3.副業・独立にも役立つ

本業以外にも平日夜や週末に宅建を活かして、スポットで重要事項説明のアルバイトをしたり、宅建講師や、Webライターなど、副業で活用している方もたくさんいます。

実は合格者の内、宅建士として就業している割合は3割ほどで、残り7割の人は不動産業で働いていないというデータもあるのです。オーナーが不動産業者と渡り合う際の知識を身に着けるために、自衛手段として取得することも多いでしょう。ただ単に、資格の取得のみが目的の場合もあります。

また、独立するときに宅建資格があると、自分一人で専任宅建士となれるため、余計な人を雇わなくて済むのも良い点です。開業時には何かと費用がかかりますから、コストをかけずに不動産業を立ち上げることができます。

2-4.自分の家を借りる・貸す・売る・買うときに役立つ

人が生活していくうえで住居は、なくてはならない大切なものです。

宅建の知識があると、賃貸住宅をを借りるときやマイホームを購入する際などに、非常に役立つと言えるでしょう。また自宅を貸したり売却する際にも知識をフル活用できます。

一般的に不動産は大変高額な金額で取引されます。確かな知識や情報を身に着けていれば、悪い不動産業者にも騙されません。何も知らないお客様の無知に付け込み、いいように契約してしまう業者もたくさんいるのです。

不動産業の取引で失敗すると、人生の破綻へとつながりますので、十分に気を付けてください。

特に宅建で学ぶ「民法」に関しては、詐欺や、金銭の貸し借りのルールなども学ぶので、日常生活にも必ず役に立つと言えます。また相続に関する知識も学ぶので、自分が資産を相続する際にも大いに役立つことでしょう。

2-5.他の資格取得の勉強にも役立つ

宅建は、他の資格取得の勉強にも非常に役立つ資格です。

例えば、FPなどダブルライセンス以上を目指す場合にも、試験範囲が被る部分があるので勉強した知識が役立ちます。どちらの資格もお客様に住宅ローンなどの説明や、ライフプランのご相談に乗れる知識が身に付きますので、不動産業にはもってこいの資格でしょう。

また宅建は民法を勉強しますから、法律関係の初歩を学ぶことが出来ます。宅建を足掛かりにして、他に司法書士、行政書士、弁護士など法律系の上位資格を目指す際にも役立てるようになるのです。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.宅建は勉強時間を考えるとコスパが良い【役に立たない?】

3.宅建は勉強時間を考えるとコスパが良い【役に立たない?】

宅建合格に必要な勉強時間は、一般的には約300時間と言われています。

同じ法律系資格の弁護士は、何と10倍の3000時間の勉強時間が必要です。勉強時間だけ取ってもコスパが良いと言えるでしょう。

3-1.宅建試験の概要

ここでは宅建試験の概要についてわかりやすく表にまとめてみました。

これから資格取得を目指している方はぜひ、参考にしてください。

項目 概要
合格率 平均15%
合格点 平均35点前後
受験費用 7,000円
試験日 10月第3日曜日
試験時間 13:00~15:00(登録講習修了者は13:10~15:00)
受験地 原則、現在住んでいる都道府県
申し込み方法 郵送もしくはインターネット出願
受験資格 なし
試験方法 4肢択一式の筆記試験(マークシート方式)
試験内容 民法等 14問・宅建業法 20問・法令上の制限 8問・その他関連知識 8問
合格発表 例年12月の第1水曜日、または11月の最終水曜日

3-2.簡単ではないが受験資格がなくコスパも良い

合格率が毎年15%程度のため、簡単ではありません。

しかし受験資格はなく、独学の場合、参考書や問題集を購入すればよく、勉強にかける費用も安くて済むのがメリットです。受験料も7,000円なので、他の不動産系資格と比較すると手頃な方でしょう。

他の弁護士資格や司法書士資格などに比べると、勉強時間が少なく、合格率も低くなく、宅建手当で確実に給料も上がるため、非常にコスパが良いと言えます。

女性でも新卒でも、就職や転職でも、いつ誰が取得しても役立つ国家資格なのです!

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

宅建資格が有利になる就職先は?未経験・女性・新卒でもOKな理由も紹介

4.「宅建は役に立たない?」のまとめ

宅建は希少価値ゼロの資格?役に立たない・役に立つ・それぞれ主張と理由を解説!

今回は宅建の資格としての価値について詳しくまとめてみました。

宅建資格は取得するまでの時間や費用が、他の法律系国家資格よりかからず非常にコスパの良い資格です。簡単ではありませんが、独学でも十分合格できるレベルなので、働きながらスキマ時間に勉強をして合格している人も大勢います。

宅建は不動産会社で働いていれば、資格手当として毎月もらえますから、資格保持者本人にとっても年収アップにつながる役立つ資格です。また、お客様に対しては重要事項説明のときだけでなく、素人の方では分かりにくい複雑な不動産についての知識をアドバイスすることもできますから、決して無駄な資格ではありません。

宅建は、持っていても何も活かせなければ価値が高いとは言えませんが、資格勉強をした際に得た知識をお客様に提供し、安全な不動産取引の実現に向けて活かせれば、非常に価値の高い資格とみなされるでしょう。

不動産業務の本質は、もちろん机上の知識だけでなく、「見て判断する」ことにあります。しかし不動産取引は契約等の法律行為が絡むため、民法や宅建業法などの法律知識が必要となってくるのです。

宅建資格を活かして(もちろん資格のない方もOKです!)不動産業界で働きたいと考えている方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産業界に特化した転職エージェントで、条件の良い非公開求人をたくさん保有しています。プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗りますから、未経験の方でも安心して転職活動が可能です。

面接対策や志望動機の書き方など、初歩から丁寧にアドバイスしますので心配いりません!登録やご相談も無料ですから、ぜひお気軽にお問い合わせください!

あなたのご相談を心からお待ちしております。

無料で相談する

出典;ホリエモン、「宅建資格、希少価値ゼロ」とツイート J-CAST
引用:宅地建物取引士試験(宅建士試験)受験申込・試験スケジュール TAC

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る