不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

宅建士は未経験でも就職に有利?転職可能な年齢の限界も詳しく解説!

「不動産業界に転職してみたいけれど、未経験で宅建の資格もないし、採用されるには無理かな?」

不動産業界に興味はあるものの、未経験で不動産資格なども持っていない方は、転職するにあたっていささか不安があるかもしれません。

しかし、そんな心配はご無用です!

不動産業界は、やる気がある人ならば資格がなくても採用されやすい業種のため、全く経験のない方でも、基本的には転職しやすいと言えるでしょう。

ただ、もちろん、「宅建」があれば、断然、有利ではあります。

今回は、宅建があれば未経験でも就職や転職が有利になるということについて、詳しく解説をしていきますので、これから未経験で不動産業界に飛び込みたい方は、ぜひ、参考にしてください。

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.宅建があれば未経験でも就職・転職が有利になる?【女性主婦も?】

1.宅建があれば未経験でも就職・転職が有利になる?【女性主婦も?】

結論から申し上げますと、宅建があれば未経験でも就職や転職に有利です。

そのため、今、宅建の資格を持っている人は活かした方が良いですし、持っていない人はぜひ、取得した方がよいと言えるでしょう。

ここでは、具体的な理由をいくつかご紹介していきます。

1-1.宅建が未経験でも就職や転職に有利な理由

宅建が未経験でも就職や転職に有利な理由として、以下のものが挙げられます。

1-1-1.不動産・金融業界で知識や資格を活かせる

宅建を取得していると、特に不動産会社への転職には大変有利になります。

不動産の専門家としての知識が求められるだけでなく、宅建業を営む企業は5人に1人以上、資格保有者を設置しなければならないという法律上のルールがあるからです。

このルールは、東京だけでなく日本全国各地でも同様のため、宅建の資格がある場合は経験がなくても、採用されやすい傾向が見られます。

また、銀行・保険などの金融業界や建設業界などでも、「民法」や「税法」など、他の業種でも活かすことができる知識があるとみなされるため、持っていた方が転職に有利であると言えるでしょう。

1-1-2.性別やキャリアに関係なく働ける

宅建を持っていると、性別やキャリアに関係なく働けるため、有利であると言えます。

性別やキャリアによって差別されることもないので、主婦がパートとして不動産会社で働くことも可能なのです。

もちろん、女性で未経験の方でも、営業としてバリバリ働く道も開けてくるでしょう。

宅建があれば、即戦力になるとみなされるため、事務員としても営業としても採用されやすいと言えます。

1-1-3.国家試験のためプラス評価されやすい

国家資格である宅建士試験に合格したということで、勉強したという努力や姿勢はプラス評価がされやすいと言えるでしょう。

宅建は、合格率が毎年15%程度なので、真面目に一定期間勉強しないと簡単には受かりません

そのため、受かった人は、一つのことをコツコツ出来る人と認められることが多いようです。

これらのことは、どんな業界においても言えます。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

宅建資格が有利になる就職先は?未経験・女性・新卒でもOKな理由も紹介

2.宅建を活かして未経験で就職・転職できる職種【不動産業界】

2.宅建を活かして未経験で就職・転職できる職種【不動産業界】

宅建を取得していると、未経験でも不動産業界では、営業、管理、事務、経理などの職種に、就職や転職がしやすいとされています。

会社や職種によって、稼げるか、土日休みか、残業は多いかなどの点で違いがあるので、自分の希望に合わせて、選ぶようにしてください。

不動産業界の職種と仕事内容を紹介!年収は?向いているのはどんな人?

2-1.営業

不動産営業の仕事は、マンションや戸建て住宅などの不動産を個人や法人に販売したり、賃貸契約の仲介をしたりすることです。

不動産の中では1番就職しやすいとされている職種です。

仕事の内容は売買と仲介で異なりますが、どちらも稼げる反面ノルマなどが厳しい傾向があります。

業種 仕事内容・特徴 収入 仕事の厳しさ度
※ ★が多いほどキツイ
売買営業 ・テレアポや飛び込みがメインでアポイントを取る
・見込み客に購入の提案をして契約につなげる
・毎月のノルマが厳しい
・インセンティブ制
・実力があれば高収入
★★★★★
賃貸営業 ・来店したお客様に希望の賃貸物件をご紹介
・お客様を内見にご案内し希望に沿えば契約
・毎月のノルマはあるがWEB反響営業が主体のため、売買よりはきつくない
・インセンティブ制
・実力があれば高収入
★★★★

不動産営業の仕事内容とは?売買と賃貸の違い・年収・メリットを紹介

2-2.管理

管理は、物件のオーナーから管理を受託し管理手数料を受け取って、物件管理や入居者の募集、家賃の集金管理などをすることが主な仕事内容です。

営業のように毎月のノルマはありませんが、入居者からのクレーム等で精神を消耗する「きつい」仕事とも言われています。

また、未経験者でも比較的採用されやすい傾向です。

職種 仕事内容・特徴 収入 仕事の厳しさ度
※ ★が多いほどキツイ
管理 ・空室がでたら入居者を募集する
・入居者やオーナーの対応
・建物の清掃や修繕などの管理のをする
・仕事内容によりインセンティブ制があり
・営業のように大きく稼げないが安定性はある
★★★

不動産管理業の仕事内容メインは4つ!辛い?きつい?やりがいを紹介

2-3.事務

不動産事務は、営業マンのアシスタントとして日々の業務をサポートするのが仕事です。

具体的な業務としては、電話受付や、来店されたお客様の対応、書類作成や物件データなどの入力業務を行います。

事務の人は裏方として、営業マンが仕事をしやすい環境を作り、会社の業績に貢献します。

女性に向いている仕事であり、派遣やパートで働く人も多いです。

職種 仕事内容・特徴 収入 仕事の厳しさ度
※ ★が多いほどキツイ
事務 ・電話受付や来店されたお客様の対応
・契約書類などの作成
・物件データの入力
営業マンより低いが安定している ★★

不動産事務の仕事内容は4つ!未経験でも転職可能な理由とは?

2-4.経理

不動産会社の経理とは、一般的な会社と同様に、売上管理など財務にかかわる業務を担当し、業績などを管理するのが仕事です。

主に「経理」「財務」「会計」の3つに分類され、それぞれ仕事の内容には違いがあり、「売買」「仲介」「賃貸」によって、処理や仕訳の仕方も各々、異なります。

資格は特になくてもOKで、数字に強い人なら適任でしょう。

職種 仕事内容・特徴 収入 仕事の厳しさ度
※ ★が多いほどキツイ
経理 ・「経理」「財務」「会計」の3つに分類される
・売上金の流れや経費の支払い状況などを細かく把握する
・「売買」「仲介」「賃貸」では、それぞれ処理の仕方が違う
事務職の中では給与は高い ★★

不動産経理の仕事内容とは?資格は必要?きつい・難しいという噂は本当?【志望動機の書き方も解説】

2-5.他業界でも活躍可能

宅建を持っていると、不動産業界以外にも、建設、金融、保険など幅広い業界で活躍が可能です。

宅建で学ぶ知識に「民法」や「税法」など汎用性があるため、不動産以外の業種でも採用に有利な傾向が見られます。

宅建は就職に有利!取得をおすすめする3つの理由や平均年収等を紹介

また、FPなど他の資格もあると更に強い組み合わせとなり、マンション管理士や管理業務主任者などの資格も併せると、キャリアの幅も広がるでしょう。

不動産資格の難易度は?取得したら稼げる?転職に役立つ?【宅建のコスパが良い理由】
また、不動産業界が全くの未経験の場合、通常では独立・開業は現実的ではありませんが、フランチャイズなら可能性はあります。

フランチャイズなら、起業する際に必要な集客面や経営ノウハウなどについて、万全なサポート体制を敷いてくれるからです。

加盟金やロイヤリティの支払いはありますが、大手の看板を利用して商売ができるため、儲かる可能性が高いと言えます。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

不動産フランチャイズは儲かる?大手の看板で独立できる仕組みを解説!

3.宅建を活かして未経験で就職・転職した時の年収

3.宅建を活かして未経験で就職・転職した時の年収

宅建を活かして未経験で就職・転職した時の年収ですが、それまでの経験によるので一概には言えません。

しかし、不動産会社に入社した場合、たいていの会社は資格手当として、毎月約2〜3万円分が給料にプラスされます。年間にすると、24〜36万円ですから、かなり大きいと言えるでしょう。

仮に1万円だとしても年間で12万円なので、かなり年収に違いが出てくると言えます。

宅建手当をもらえたことで、前より良い暮らしが出来るようになったという人も、たくさんいるようです。

3-1.宅建を取得すると年収が上がる

ここでは、宅建を取得すると年収が上がるという「生の声を」をご紹介していきます。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.宅建があれば未経験でも就職・転職可能な年齢の限界は?

4.宅建があれば未経験でも就職・転職可能な年齢の限界は?

結論から申し上げますと、40代までであれば宅建の資格を持っていて、今までの実績がある方なら転職は可能であると言えます。

また、新卒で宅建をもっていると、かなり有利です。なぜかというと、20代で宅建を持っている人はそれほど多くはないからです。

ただ、50代になると、実績があったとしてもかなり厳しいと言えます。

不動産業界に限らず、50代での転職は定年が目前に迫っていることもあり、なかなか難しいのが現実でしょう。

4-1.年代別 転職の可能性

ここでは、年代別に転職の可能性について表にまとめてみました。

年代 転職できる可能性 理由 宅建の有無
20代 営業・事務ともに比較的簡単に転職が可能 今後の成長が期待できる なくてもOK
30代 営業・事務ともに「実務経験」があれば転職可能 即戦力とみなされる できればある方が良い
40代 「実務経験」+「実績」があれば転職可能 営業力や実務経験があるとみなされる 必須
50代 営業・事務ともに、実績があったとしても転職は厳しい マネジメント経験が求められるなど、様々な要因がある 必須

上記の表にあるように、20代の内は宅建の資格がなくても、将来性を見込まれて採用されやすい傾向があります。

しかし、年齢が上になるほど採用の可能性は低くなり、50代ともなると、宅建持ちで実績があったとしても、なかなか転職することは厳しいでしょう。

たいていの場合、遅くとも40代の内が、転職可能な年齢の限界と言えるかもしれません…。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する
宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!

「5.宅建あれば未経験でも転職が有利?」のまとめ

宅建があれば未経験でも就職に有利?転職可能な年齢の限界も詳しく解説!

今回は、「宅建があれば未経験でも就職・転職でも有利になるか?」ということについて詳しく解説をしていきました。

宅建は、不動産業界はもちろんのこと、金融や建設など、他業種でも転職に有利な資格です。

宅建を持っているだけで、「宅建業法」の他に「民法」や「税法」などにも精通しているとみなされるため、その方面の知識を活かせる人材として有利になります。

また、未経験の方でも、不動産の専門家と見られるため、即戦力としてバリバリ働くことも期待できるでしょう。

宅建は、一度合格すれば、生涯有効な一生モノの資格です。

マイホームを購入する際にも役立ちますから、ぜひ、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

宅建を活かして就職・転職を成功したい方へ

  • 宅建資格者は書類選考通過率がどれくらい?内定率も高まるの?
  • 宅建を優遇している会社の数は?宅建手当てはいくら?
  • 逆に宅建がなくてもOKもあるの?
  • 今の会社から転職するとしたら、どんな会社を選べるの?

などなど。あなた個人の状況に合わせて、個別に話を聞いてみたくないですか?

宅建Jobエージェント」では、これまで数多くの転職をサポートしてきた実績とデータを元に、あなたの要望に応じた情報を提供いたします

相談することだけは完全無料です!せひお気軽に、お問い合わせください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る