不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

女性宅建士の平均年収は男性より約200万低い?年齢別でも解説!

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

近年では女性の就業率は著しく上向きになっており、不動産業界でも活躍している女性が増加しています。

宅建士として働く女性も多く、不動産の専門家として男性と肩を並べながら仕事にバリバリ取り組んでいる方も少なくありません。

今回は女性が宅建士として働く場合の平均年収やメリットなどについて解説をします。

これから宅建士として働くことを考えている女性の方はぜひ、この記事を参考にしてください。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

1.女性宅建士の平均年収

1.女性宅建士の平均年収

宅建士の年収は働く会社の規模や条件により大きく異なり、女性宅建士の平均年収はユーキャンの調査では278万円~538万円となっています。

残念ですが年収には男女差があり、男性の年収は381万円~713万円で女性の方が少ない金額です。*1

男女の年収に格差がある理由としては、女性は出産・育児で一旦退職をした後、復職しても非正規で働く割合が多いことがあげられます。

内閣府の調査では、平成29年における非正規雇用労働者の割合は女性が55.5%、男性は21.9%となりました。女性の非正規雇用の割合は過半数を超えており、男性の2.5倍となっています。*2

非正規労働者の賃金は正規労働者より低いため、女性の方が男性より年収が低いのが実情です。

関連記事はこちら!
宅建士(宅地建物取引士)とは?仕事内容・試験概要・合格ラインを1から紹介

1-1.資格手当

宅建士の資格を持っている人が不動産会社で働く場合、月に1~3万円程度の宅建資格手当が支給されます。

金額は会社により違いがありますが、ここでは男女で差はありません。取得していれば同じようにもらえます。営業成績には関係なくもらえるのもうれしいポイントです。

年間にすると大きな金額になるので、不動産業界で働くならばもらいたい手当です。

関連記事はこちら!
宅建事務とは?土日休み・未経験歓迎・重説だけの求人も解説

1-2.その他・条件別(年齢・地域別)

宅建士の平均年収は実績を積み上げていくほど高くなるのが一般的です。

勤務年数が長いほど平均年収は高くなるため、年齢が上がるほど増加します。ただしピークの年齢は50代で、60代以降は徐々に減っていく傾向です。

以下が年齢別年収の一覧表となります。

【宅建士の年齢別 年収】

年代 平均年収 平均年収の中央値
20代 300万円~400万円 350万円
30代 400万円~500万円 450万円
40代 500万円~600万円 550万円
50代 600万円~700万円 650万円
60代 450万円~550万円 500万円

出典)不動産購入の教科書「宅建士の年収を年代や地域別で徹底比較!仕事はきつい?資格取得難易度や勉強時間、収入アップのコツを解説」

地域別の平均年収は東京が756万円でトップです。東京は土地や建物の売買価格や賃貸借料の仲介手数料などが高いので、その分年収が高くなります。

最下位は沖縄県の432万円で、地方になるほど仲介手数料が少なくなり年収にも格差が生じてきます。このように宅建士の年収は地域ごとの経済力も影響してくるのが実情です。

2.女性宅建士として働くメリット

2.女性宅建士として働くメリット

宅建は男女に関係なく不動産業界で活躍できる資格です。

ここでは、女性の宅建士として働くメリットについて解説します。

2-1.長く働くことが出来る

不動産会社は1つの事務所につき、従業員5名に1名の割合で専任の宅建士を設置しなければなりません。

したがって、宅建士の資格を取得していると正社員として働ける確率が高まります。

国税庁が調査した令和2年度の民間給与実態統計調査結果によると、不動産業・物品賃貸業における女性の平均勤続年数は13.6年でした。*3

男性の平均年数は13.4年となっており、やや上回る状況です。このことからも不動産業界では、男女ともに同じ程度の平均勤続年数であることがうかがえます。

全職種の平均勤続年数は12.4年となっており平均を上回る年数です。*4

したがって、不動産業は女性が平均より長く働ける業種であるといえます。近年では女性が長く働ける環境が整備されているため、結婚や出産をしても働き続けられるようです。

宅建士の資格を持っていると不動産業界では条件が良いので、長く働きたい女性におすすめする資格です。

2-2.雇用形態が柔軟に選べる

近頃は専任の宅建士のみならず、パートの事務員として宅建士の求人を募集している会社も多いようです。

正社員だけでなくパートやアルバイトなど、宅建の資格を活かして柔軟に働ける選択肢が多いといえます。

家庭の事情に合わせて正社員で働くことも、パートで短時間だけ働くことも選べるので、家庭を持つ女性でも就業しやすいのがメリットです。

日本では家事を担う時間は女性の方が長いので、家庭と両立させながら働けることが望ましいといえます。

パートでも資格手当が出るので、他の職種で働くより条件が良い場合も多いでしょう。宅建士の資格を持っていれば週3日程度の出勤でも時給1,100円以上なども少なくありません。

女性のライフスタイルに合わせて柔軟に働けるのがメリットです。

2-3.女性ならではの強みを活かせる

女性には親切、優しいなどのイメージがあり、宅建士の仕事の重要な任務である重要事項説明のときなど、女性というだけで安心してもらえる可能性があります。

したがって、女性ならではの強みを活かせると言えるでしょう。

不動産業界は男性が多いイメージがありますが、近年では女性の宅建士が多く働いており、重要事項説明や契約を締結するときなど重要なシーンで活躍する方が増えています。

3.女性が宅建士を目指すには

3.女性が宅建士を目指すには

近年では女性の宅建士は珍しくなく、これからも増えていく傾向です。

ここでは、女性が宅建士を目指す方法などについて解説します。

3-1.宅建試験を受ける

まだ宅建資格を取得していないのなら、まずは試験を受けて合格することです。

近年では宅建試験における女性受験者の割合は30%程度となっています。同じ不動産資格でもマンション管理士試験は10%強なので、女性が受ける割合は高いと言えるでしょう。*5

このことからも宅建は女性に人気がある資格といえそうです。

勉強方法に関しては、こちらの別記事をご参考にしてください。
関連記事はこちら!
宅建に独学で一発合格するロードマップ!勉強時間、勉強法を徹底解説!

3-2.求人サイトを見る

既に資格があり宅建士として登録してあるなら、求人サイトを見て不動産業界の仕事に応募しましょう。

宅建Job不動産業界や宅建士の求人を専門としている転職エージェントなので、宅建士の資格を活かせる求人を多数ご用意しております。

仕事の有無や就職の可否などは地域や年齢によっても違うため、個別相談で対応させていただきますからご安心ください。

下記のリンクから求人を探せますのでぜひ、ご覧ください。

宅建士歓迎(宅地建物取引士)の不動産求人/転職情報「宅建Job」

4.「宅建 女性 年収」のまとめ

女性宅建士の平均年収は男性より約200万低い?年齢別でも解説!

今回は女性宅建士の年収や働く際のメリットについて詳しく解説しました。

男女平等に働ける社会が目指されている中で、不動産業界も女性の活躍が目覚ましくなっています。

宅建は取得していると男女の性差に関係なく働ける資格のひとつです。取得していれば不動産の専門家とみなされ、高度な知識を役立てられます。

資格手当ももらえるので年収アップも実現可能です。ぜひ、まだ取得していない方は試験を受けて宅建士の資格をゲットしましょう。

宅建士の仕事に興味がある方へ!

宅建士の仕事にご興味がある方は、宅建Jobエージェントまでご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェント不動産に特化した転職エージェントで、信頼できるきちんとした企業の求人を多数保有しております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって、面接対策や志望動機の書き方まサポートしますので、不動産業界は初めてという方でもご心配には及びません。

登録やご相談は一切無料ですので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

出典1:ユーキャン「宅建があると年収はいくらに?宅建を取得するメリットを徹底解説」
出典2:内閣府男女共同参画局「第1節 就業をめぐる状況」
出典3:国税庁「第9表 業種別及び給与階級別の給与所得者数・給与額」P6
出典4:国税庁「第9表 業種別及び給与階級別の給与所得者数・給与額」 P15
出典5:アガルート「宅建士の女性の年収はどのくらい?資格手当や仕事の続けやすさも解説」

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る