不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

不動産営業は未経験でも転職可能?他業界の転職先も多い?【志望動機の書き方も解説】

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産営業はハードなうえに大きな金額が動くため、未経験では転職しにくい仕事のようなイメージがないでしょうか?

実は不動産営業は未経験でも転職しやすい職種なのです!学歴や性別も問わないため、飛び込みやすい仕事になります。

今回は不動産営業マンへの転職の難易度や志望動機の書き方、転職をする際の注意点などを詳しく解説しました。少しでも興味のある方はぜひ、参考にしてください!

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

1.不動産営業への転職は比較的簡単【未経験OK・学歴・性別不問】

不動産営業への転職は比較的簡単【未経験OK・学歴・性別不問】

不動産業はノルマがきつくハードなせいか、もともと離職率が高い業界です。

そのため常に求人募集をしており、経験や学歴がない人でも採用されやすい傾向があります。また女性でも比較的簡単に転職が可能です。

不動産営業は大変なことも多いですが、給料はインセンティブ制のため、成果を上げれば高年収を叩き出せるやりがいのある仕事でもあります。

ただ転職となると年齢によって制限があることも事実です。20代の内は実績がなくても転職しやすいですが、40代以上になると実力があったとしても厳しい場合があります。

1-1.年齢別に転職の難易度を紹介

ここでは年齢別に分けて不動産営業への転職の難易度を解説していきましょう。

若い世代ほど転職がしやすいことが分かります。

転職時の年齢 難易度 概要
20代 簡単 ・求められるポイントとしては「やる気」や「成長意欲」
・多少職歴が浅くても、ポテンシャル採用が期待される
20代という若さが武器で、今後の成長も期待できる点が会社から評価を受ける
30代 やや難しい 実務経験があれば可能
・給与など、条件面でのこだわりは少ないほうが成功しやすい
・実務経験がある場合でも自分の実力に見合った条件で交渉すると良い
40代 難しい 「実務経験」+「実績」があれば転職が可能
・やる気だけではなく、具体的な実績や数字が必要
・数字を持っているベテランでないと厳しい
50代 非常に難しい 実績があったとしても転職は厳しい
・既存社員が求職者よりも年下が多く、自分よりかなり年齢の若い上司がいることも多い
・マネジメント経験が求められるなど、高年齢という不利な条件をひっくり返すだけの圧倒的な実績と実力が求められる

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

宅建は転職に有利!40代までなら未経験可能な理由と転職先を紹介!

2.不動産営業マンの転職先

不動産営業マンの転職先

不動産営業マンの転職先は主に「不動産業界」と「他業界」に分類されます。

ここでは不動産営業マンの転職先について解説していきましょう。

2-1.不動産業界内での転職

不動産営業マンの転職先は、同じ不動産業界の他社が圧倒的に多いです。

これまでの経験が活かせるので、より有利に転職活動を進めることができるのでしょう。

中には営業を辞めて「事務」や「企画」など他の職種になる人もいます。営業に向かなかった人の場合、若ければ未経験の職種に就くことも基本的には可能です。

不動産営業は未経験も転職可能!仕事内容や役立つ資格、志望動機の書き方も詳しく解説

2-2.他業界への転職

不動産の営業マンを辞めて、他業界への転職をする人もいます。

人材業界、金融業界、建設業界、IT業界、など他業界でも営業職はありますから、今までの営業経験を活かして転職することは多いです。

他業界の中でも、「金融業界」「建設業界」への転職は、不動産業界での知識を活かすことができるので、特におすすめでしょう。宅建を持っているとさらに有利になります。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

3.不動産営業マンが転職するときの志望動機の失敗しない書き方

不動産営業マンが転職するときの志望動機の失敗しない書き方

不動産営業マンが転職するときに書く志望動機は、一体どのように書けば良いのでしょうか?

まず大切なのは業界を一通り理解することです。基本的な知識は必ず押さえておくようにしましょう。また転職では「転職理由」が必ず聞かれますので、こちらも丁寧に書くようにしてください。

それでは不動産営業の志望動機の書き方を「良い事例」と「悪い事例」に分けて解説していきましょう。

3-1.不動産営業の志望動機の書き方【良い事例】

不動産営業の志望動機の良い書き方の例はこちらになります。

この3点を明確にすることによって、良い印象を与えられますから、しっかり書くようにしてください。

3-1-1.会社選びの理由が明確

不動産業界には数多くの不動産会社があります。なぜ他の会社ではなく自社を選んだのかという点が、採用する側としては大変気になるポイントです。

なぜ他の会社ではなく、この会社を選んだのか」という点を明確に伝えることにより、応募する会社に対して真剣さを伝えることができます

他社と比較して、どこに魅力を感じるのかという点をしっかり伝えるようにしましょう。

3-1-2.職種選びの理由が明確

職種には営業から事務、経理、総務、人事など幅広くありますが、「なぜその職種でなくてはならないのか」という点を伝えることも必要です。

自分に適している理由や今までに培ってきた経験などを踏まえて、職種を選んだ理由を書くと、説得力が増して有利になります。

3-1-3.将来の目標が明確

将来の目標を明確に伝えることも大切です。

具体的にこれからの自分のキャリアビジョンを打ち出して、説明するようにしていきましょう。

会社としてもこれから長く働いてくれる人材かどうかということがつかめるので、採用を判断する基準となります。

あまり難しく考えずに「こんな風になりたい!」という未来の自分を紙に書き出して整理するのをおすすめします。

3-2.不動産営業の志望動機の書き方【悪い事例】

次に不動産営業の志望動機の書き方の悪い例をご紹介します。

ついつい書きがちな内容ですが、会社側に与える印象はあまり良くないため、気をつけるようにしてください。

3-2-1.待遇面(給料・残業・休日など)に関する意見が多い

実際に一番気になる部分であるかもしれませんが、待遇面に関する意見が多いのは良くありません

あまりに給料や残業など待遇面にばかりこだわりを見せてしまうと、この先さらに「待遇の良い会社が現れたら転職してしまうのではないか」という懸念を抱かれやすいのです。

とはいえ待遇面は誰もが確認したいポイントですから、その点は転職エージェントに依頼するなどして確認しましょう。

3-2-2.勉強したいアピールをする

以外かもしれませんが「勉強したい」というアピールは必ずしも良いことではありません。

なぜなら会社は学校ではなく利益を生み出す組織です。「勉強したい」という気持ちは悪いことではありませんが、自分自身で勉強をし、会社に利益を提供するのが仕事なのです。

同様に「将来独立するので、経験を積みたいです!」というのもやめましょう。スキルが身につけばすぐに辞めてしまうのではないかと思われかねないからです。

3-2-3.非論理的で漠然としている

志望動機が、非論理的で漠然としているのも悪い事例です。

例えば人見知りしやすいのに売買営業を志望しても、「本当に務まるのだろうか?」と疑問に思われてしまいます。

また転職理由で以前いた会社の悪口を言うのも、良い印象を与えません。確かにそうだったとしても、「人の批判ばかりして責任転嫁をしやすい人」という評価をされてしまう場合があるので気をつけましょう。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する
不動産営業の志望動機を例文で解説!未経験転職・第二新卒の場合も紹介

4.不動産営業マンが転職を考える際の注意点

4.不動産営業マンが転職を考える際の注意点

不動産営業マンが転職を考える際に注意しておきたい点を解説します。

効率よく転職活動をするためにも、気をつけておきたいポイントです。

4-1.年収が上がるとは限らない

転職をしたからといって、必ずしも年収が上がるとは限りません

むしろ下がることもありますので、年収に関しては事前にチェックをしておきましょう

大手企業に採用されたとしても社内の給与規定によって、スタートが決められている場合があります。福利厚生や諸手当も会社によって違いますので、トータル的に見てみると下がってしまう場合も時にはあるのです。

4-2.在職中に転職活動をおこなう

大変かもしれませんが在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

転職には意外に時間がかかりますので、辞めてしまうと履歴書に空白期間ができてマイナスになってしまうからです。

そのためにも内定が決まってから退職の切り出しをするようにしましょう。内定が出てからでも退職を切り出せば、時間的にも問題ないので現在働いている会社に迷惑をかけません。

4-3.自分一人で転職活動をしない

転職活動する際には企業選びから始まって、書類選考対策、面接対策、企業とのやりとりなど大変時間がかかってしまいます。

転職前の本業に支障をきたす可能性も高いので、準備の段階から気をつける必要があります。

また個人で会社の情報を収集するには限界がありますから、転職エージェントを上手く活用するのがおすすめです。

情報収集に失敗してしまうとブラック企業に就職してしまう恐れがありますので、抜かりなく転職活動をするようにしてください。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

5.「不動産営業 転職」のまとめ

不動産営業は未経験でも転職可能?他業界の転職先も多い?【志望動機の書き方も解説】

不動産営業マンは辛いことも多いですが、やればやっただけの報酬がもらえる非常にやりがいのある仕事です。

ただ「営業に向いていない」「もっと待遇の良い会社で働きたい」などの理由で、転職を考える方もいるかもしれません。

転職を成功させるにはきちんとした会社選びが必要となりますが、個人ではリサーチ力に限界がありますので、いささか不安があると思います。

転職先も不動産業界を考えている方はぜひ、宅建Jobエージェントにご相談をしてみてはいかがでしょうか?

宅建Jobエージェントは不動産業界に特化した転職エージェントなので、条件の良い非公開求人の情報もたくさん持ち合わせております。

プロのキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗りますので、安心して転職活動できるのがメリットです。

ご相談や登録に費用は一切かかりません。少しでも興味のある方はお気軽に宅建Jobエージェントまでお問い合わせをしてください!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

参考:転職で給料を上げる人と下げる人の決定的な差東洋経済ONLINE

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る