不動産営業は辛い?辞める人が続出する5つの理由と社員の声を紹介

「不動産営業の仕事は辛い」

不動産の営業マンを目指そうとしている方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?既に働いており転職を考えている方にとっては、常識かもしれません。

しかし、どうして不動産営業が辛いのか?について、言葉にして冷静に考える機会は中々ありません。そこが分かれば、仕事選びに活かすことができます。

そこで本日は、不動産営業が辛い5つ理由と、実際に働いている人の声、それでも続けるべき人・今スグ辞めた方が良い人を具体的に紹介します。

この記事を読むと分かること
  1. 不動産営業が辛い理由
  2. 不動産営業が辛いという社員の声【口コミ・評判】
  3. 不動産営業を続けるべき人・今スグ辞めた方が良い人

1.不動産営業が辛い理由5つ

不動産営業が辛い理由5つ

不動産営業が辛い理由を5つ紹介します。

1-1.営業ノルマが厳しい

不動産営業はノルマが厳しいです。

毎月、ノルマ達成を求められ、例え達成しても翌月からは0からのスタートです。不動産は金額が高く、不況も手伝いそう簡単に売れるものでもありません。

中には、お客さんを獲得するために1日中歩き回ってポスティング(チラシ配り)をさせられる会社もあります。1,000枚配っても反応があるのが1人というケースも珍しくなく、上司に詰められて精神的に疲弊してしまう人もいます。

※ノルマに関しては、こちらの記事「不動産営業ノルマはどのくらい?達成がきつい理由と売上目安を紹介」で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

1-2.給料が安定しない

不動産営業は、給料が安定しません

給料を決めるのは、売上に応じたインセンティブ です。売上が大きい月は給料も高いですが、成果が上げられなければ給料は、大卒初任給程度の基本給のみです。

インセンティブの額が大きい会社ほど、基本給は安く設定される傾向にあります。その不安定さから、不動産の営業マンなのに、自分が不動産を買うときにはローンが組めないという笑えない現実も忘れてはいけません。

※不動産営業の年収に関しては、こちらの記事「不動産営業の仕事内容とは?売買と賃貸の違い・年収・メリットを紹介」で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

1-3.休みが不定期

不動産営業は、休みが不定期です。

契約希望のお客さんが「日曜日の22時しか空いていません」と言うのであれば、スケジュール調整するしか選択肢はありません。

また、定時、残業という概念が当てはめにくいため、長時間労働になりがちです。特に、繁忙期の1~3月、9~11月は、その傾向が強くなります。仕事とプライベートをきっちり分けて仕事をしたい人は、注意が必要です。

1-4.クレーム対応がある

不動産営業の仕事には、クレーム対応がつきものです。

不動産は売買・賃貸どちらにしても、動く金額が大きくお客さんもシビアになるからです。例えば、契約書を作成しますと伝えた後、連絡するのを忘れてしまったら。

お客さんとしては「この営業マンは大丈夫なのか?」と不安になるのも当然です。中には、声を荒げて罵倒してくる人もいます。粘着性の強いしつこいクレーマーに当たると、時間が奪われ精神的にもすり減ります。

1-5.パワハラ体育会系体質

不動産企業の中には、パワハラ体育会系体質の会社があります。

古い考え方を引きずった経営者が残っており、精神論や根性論が蔓延しがちだからです。新人教育に関しても、手取り足取り教えるというよりは「見て盗め」的な考え方が根強いです。

業界自体の離職率も15.9%と高く「宿泊業・サービス業(28.6%)」「生活関連サービス・娯楽業(21.5%)」「サービス業(20.0%)」に次いで4番目に高い数字となっています。社員を売上のための道具としか考えず、使い捨てする企業もあるので注意が必要です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産営業が辛いという社員の声【口コミ・評判】

不動産営業が辛いという社員の声【口コミ・評判】

ここでは、実際に不動産営業の職種で働いている方の声を紹介します。

わたしは長年不動産の建築事業部にいます。確かにできる営業マンは年収1000万以上稼ぎます。休みはあってないようなものです。

契約が取れない人間はやはり隅に追いやられ自然と辞めていきます。(会社に因りけりだと思いますが)厳しい業界ですが頑張れば頑張った分稼げますし成長できます。頑張って下さい。

以前、義理の弟が勤めていました。郊外の農家中心の飛び込み営業で、先輩の車で田舎まで行き農家の集落の近くで下ろされて徒歩で飛び込み営業をさせられたそうです。

真夏のカンカン照りの日でも大雨の日でも営業するそうです。家に帰るのは毎日10時ぐらいです。休みは殆どありません。1年以内に多くの人が退社するそうです。だから何時も人手不足で募集しているのでしょう。

不動産会社にもジャンルがあり住まいの分譲や仲介販売は楽です。一番きついのが投資1Rマンションの営業です。朝から夜まで電話営業と飛込訪問営業です。1か月売れないとガムテープで受話器頭に巻き付けられて朝5時出社夜中12時まで電話営業です毎日。

その代わり1件売ると歩合が100万~120万位貰えるけどどこの会社も3か月売れない奴は固定給が無くなり辞めていきます。 大体年間中途で100人位入ってきて1年持つ奴は4人位かな。うちの会社の場合一応上場企業だけど。

戸建て販売や新築のマンションなどは反響営業と言いまして、欲しい客が自ら来店してくるから簡単ですよ。

基本的に「辛い」「きつい」というのは間違いなく、離職率も高い。ただし、年齢・性別・学歴関係なく、成果次第でいくらでも稼げる実力主義の点はメリットである。という声が多数ありました。

3.続けるべき人・今スグ辞めた方が良い人【不動産営業が辛い】

続けるべき人・今スグ辞めた方が良い人【不動産営業が辛い】

不動産営業が辛い方の中には「もう辞めたい」と感じている方もいるでしょう。

ここでは、もう少し我慢して「続けるべき人」と「今スグ辞めた方が人」の2パターンを紹介します。

3-1.明確な目標がある人【続けるべき】

まず、「独立したい!」「年収1,000万円稼ぎたい!」など明確な目標がある人は、安易に辞めない方が良いです。

シンプルに、そう簡単に目標を達成できる訳がないからです。今は辛いかも知れませんが、どんな仕事でも成果が出るまでには時間がかかります。

修行期間だと割り切り、自分は今「何のために仕事をしているのか?」を明確に考えなおしましょう。

3-2.身体に異変が起きている人【今スグ辞めた方が良い】

ただし、身体に異変が起きている人は、今スグ辞めた方が良いです。

朝起きれない、動悸がする、手が震えるなどの症状は、「気合で乗り切れ!」みたいな精神論が通じる問題ではないからです。

悪化すると、うつ病、パニック障害、アルコール中毒などを引き起こし、取り返しがつかなくなります。会社からは心無い言葉をかけられるかも知れませんが、勇気を持って辞めましょう。

3-3.宅建ジョブエージェントで転職

不動産営業の仕事には、ノルマがない会社もあります

会社から酷い扱いを受けてまで、忠誠を誓う必要性は全くありません。もし今の会社での我慢が限界に達していたら「宅建Jobエージェント」まで、お気軽にご相談ください。

※自分が不動産営業の仕事に向いているのか?と疑問に感じた方は、まずこちらの記事「不動産営業に向いてる人7つの特徴!向いてない人や女性の場合も紹介」を読んで頂くことをおすすめします。ぜひご覧ください。

4.不動産営業が辛い理由まとめ

不動産営業は辛い?辞める人が続出する5つの理由と社員の声を紹介

以上、不動産営業が辛い理由を具体例をあげて紹介しました!

少しでも、この記事があなたの就職・転職の参考になっていれば幸いです!

もしも何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

数々の宅建資格保持者の就職・転職を成功させてきた実績を持つ「宅建Jobエージェント」キャリアアドバイザーが、ご相談に乗らせていただきます!

出典:「産業別の離職率」厚生労働省
おすすめの記事