不動産営業は楽しい?仕事のやりがい・魅力と楽しむためのコツを紹介

「不動産の営業は楽しい?」「きついと聞くけど、実際はどうなの?」

仕事は、人生の大半の時間を捧げる出来事です。どうせ貴重な時間を使うなら、楽しく働きたいですよね?

しかし世の中には、同じ仕事をしているのに

  • 「楽しい!」「やりがいがある!」と感じる人
  • 「きつい」「辞めたい」と感じる人

の2つに分かれます。この違いの理由は、どこにあるのでしょうか?

ここが分かれば、安心して不動産営業の職種で就職する決意ができます

宅建Jobエージェントでは、これまで数々の「不動産営業経験者」の方とお話させて頂いています。その中でも、働いていて「楽しい!」と感じた部分をピックアップしてまとめてみました

この記事では、不動産営業を楽しいと感じる理由、逆にきつい・辞めたいと感じる理由、楽しく仕事をするためのコツを紹介します。

この記事を読むと分かること
  1. 不動産営業が楽しい理由
  2. 不動産営業がきつい・辞めたい理由
  3. 不動産営業の仕事を楽しむコツ

1.不動産営業が楽しい5つの理由

不動産営業が楽しい5つの理由

まず、不動産営業が楽しい5つの理由を紹介します。

1-1.若手20代でも1,000万円を稼げる【年齢・性別・学歴不問】

不動産営業の仕事は、若手20代でも1,000万円を稼げる特徴があります。

完全実力主義のため、年齢・性別・学歴も関係なく、売り上げ次第でいくらでも年収アップを狙うことができます。実際に、20代で年収1,000万円を稼ぐ営業マンもいます。売上数字がインセンティブの金額を決めるので、「こんなに頑張ったのに、なぜ年収が上がらないの?」という不満も起きづらいです。

また、周りにも「お金を稼ぎたい!」という野心に溢れた人間たちが集まるので、刺激に溢れた環境で過ごすことができるでしょう。

1-2.多種多様な人に出会える【年齢・職業・国籍】

不動産営業の仕事では、多種多様な人に出会うことができます

不動産は、生活の基本「衣食住」の1つで必要とする人が多いからです。例えば、普通に仕事をしていたら会えないような医者、弁護士、会社経営者などの職業の方に、年齢関係なく会って話すことが出来ます。

また、この頃話題の海外投資家に売る機会に恵まれれば、国籍を超えた学びの機会を得ることもできます。人それぞれ抱えている悩みや、不動産に求める条件なども違うため、人生経験の幅も広がるでしょう。

1-3.お客さんの人生の一大イベントに関われる

不動産営業の仕事では、お客さんの人生の一大イベントに関わることができます

家を買うのは、お客さんにとって重大な意思決定だからです。「夢のマイホーム」という言葉があるように、日本人には家を買うことに対する憧れもあります。動く金額が大きいため、お客さんもシビアになりますが、安心して契約して頂ければ感謝され一生の付き合いに繋がることもあります。

実際、不動産営業マンが仕事の喜びを感じる瞬間に「お客さんに"ありがとう"と言われたとき」をあげる方も少なくありません。賃貸の場合、売買に比べると動く金額は少ないですが、生活の大部分を決める「家」選びに関わるという意味では、同じやりがいがあるでしょう。

1-4.不動産全般に詳しくなる

不動産営業の仕事を続けると、不動産全般に詳しくなります

お客さんに物件の説明をするために、不動産関連の情報に詳しくならざるを得ないからです。例えば、「資産価値が下がりにくい物件の特徴」「これから価値が上がる土地」「エリア別の家賃相場」などの知識です。

自分が家を買う・売る場合にも役立ちます。また、身の回りで不動産に困っている人がいた場合にも、アドバイスして助けることも出来るので学んで損することがありません。

1-5.資格取得がキャリアアップに繋がる

不動産営業の仕事は、資格取得でキャリアアップに繋げることができます

特に、「宅建」や「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格があると強みになります。不動産関連の法律知識と金融知識がつき、経済的な面からもお客さんの要望を整理することが出来るようになるからです。

具体的なプランを提示できればお客さんも安心するので、結果的に売上げアップに繋げることもがきます。「成果を出すために資格を取得する!」という目的が出来れば、普段の仕事にもやりがいが生まれるので楽しくなるでしょう。

※取得がキャリアアップに繋がる資格に関しては、こちらの記事「宅建士の仕事内容メインは3つ!給料や就職・転職に有利な理由を解説」で詳しく記載しています。ぜひご覧ください。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

2.不動産営業がきつい3つの理由

不動産営業がきつい3つの理由

では、逆に不動産営業がきつい理由はどこにあるでしょう?

ここでは、不動産営業がきついと言われる理由を3つ紹介します。

2-1.営業ノルマがある

不動産営業には、ノルマがあります

ノルマを達成するためには「飛び込み営業」「テレアポ」など、精神的に辛い業務にあたる必要があります。しかも、不動産は動く金額が大きいため、毎月何件も、ポンポン売れることは滅多にありません。お客さんも真剣になるので当然ですよね。

また、ノルマが達成できないと、上司に詰められる、会社に居づらくなるなど、辛い状況に追い込まれる可能性もあります。

※ただし、ノルマが無い会社もあります。不動産営業のノルマに関しては、こちらの記事「不動産営業ノルマはどのくらい?達成がきつい理由と売上目安を紹介」で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

2-2.給料が安定しない

不動産営業マンは、給料が安定しません

給料は、売上成績に応じたインセンティブが大部分を占めるからです。実績をあげたときは給料も高いですが、成績不振の場合は基本給しか支給されません。

基本給は、大卒の初任給程度くらいに安く抑えられているので、毎月安定的に給料が欲しい人には向いていません。

2-3.休日は不定期

不動産営業マンの休日は不定期です。

契約希望のお客さんの都合に合わせて動く必要があるからです。例えば、仮に翌日が自分の休日でも「明日の22時以降しか空いてません!」と言われてしまったら、スケジュール調整をしなければいけません。

定時、残業という概念が当てはめにくいため、長時間労働にもなりがちです。

※不動産営業がきつい理由に関しては、こちらの記事「不動産営業はきつい?激務・ブラック企業が多い5つの理由」で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

3.どんな仕事も本気で取り組めば楽しい【不動産営業】

どんな仕事も本気で取り組めば楽しい【不動産営業】

最後に、とても大切な事実をお伝えします。それは「どんな仕事も本気で取り組めば楽しい」ということです。

そもそも、仕事を始めたその日から「楽しくて仕方がない!」ということは滅多にありません。社内の仲間やお客さんと信頼関係を築くには時間がかかりますし、成果が上がるまでも一定期間が必要だからです。最初は失敗続きで、辛いかも知れません。

しかし、日々改善を繰り返すことで徐々に自分の成長を感じることができ、仕事が楽しくなってきます。成果が出始めれば、より楽しくなります。また、社内からも必要とされる人間になるので、後輩からも慕われ、やりがいを感じる機会も増えるでしょう。

なので、不動産営業の仕事は何が楽しいの?と考えるのではなく、楽しめるように頑張ろう!という前向きな考え方が大切です。

>>>宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.不動産営業が楽しい理由まとめ

不動産営業は楽しい?仕事のやりがい・魅力と楽しむためのコツを紹介

以上、不動産営業が楽しい理由を具体的に紹介してきました!

もしも何か不明な点、聞いてみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

数々の宅建資格保持者の就職・転職を成功させてきた実績を持つ「宅建Jobエージェント」キャリアアドバイザーが、ご相談に乗らせていただきます!

おすすめの記事