不動産業界・宅建士の転職を成功に導くWebマガジン

プレミアライフ賃貸保証の審査基準は?承認までの時間や料金なども解説【更新料は?】

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

プレミアライフは、審査が易しいと評判の賃貸保証会社です。

他の保証会社で審査に通らなかった方でも、プレミアライフであれば承認される可能性があります。

とは言え、これからプレミアライフに申し込む人にとっては、審査にかかる時間保証料の金額会社の信頼性など不安に思うことも多いのではないでしょうか。

今回は、プレミアライフのサービス内容や審査基準、審査に通りやすい人の特徴についてお伝えします。これから賃貸に入居する人はもちろん、お客様に合った保証会社を選びたい不動産業者の方もぜひ参考にしてください。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

監修者棚田健太郎

この記事・サイトの監修者

棚田 健太郎

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士、行政書士、FP2級など多数

保有不動産業界歴10年以上。元上場企業不動産会社エイブルの営業マン。3000人の社員の中で、仲介手数料売り上げ金額第1位となるトップセールスを記録。個人のYouTubeチャンネル“棚田行政書士の不動産大学”では、登録者数7万人以上。

1.プレミアライフとは?【特徴と運営会社】

1.プレミアライフとは?【特徴と運営会社】

プレミアライフは、幅広い属性の方の申し込みに対応している地域密着型の家賃保証サービスです。

具体的なサービス内容は以下の通りで、賃貸住宅の入居者だけではなく家主や管理会社にとってもメリットのあるサービス内容となっています。

プレミアライフのサービス内容

  • 家賃保証 (家賃滞納の際にプレミアムライフが立て替える)
  • 収納代行 (入居者から家賃を回収し、管理会社・家主に振り込む)
  • 説明通訳サービス (外国人に入居時の説明を通訳※オプション)
  • 管理会社向けソリューション (入居者からの問い合わせ対応を代行 ※オプション)
  • 駆付けサービス (トラブル時の緊急対応を代行 ※オプション)

 

大きな特徴は、管理会社や物件オーナーの業務負担を減らしてくれるオプションが用意されている点です。

英語・中国語・韓国語などで、入居時の説明を通訳してくれる「説明通訳サービス」はとくに便利なサービスと言えます。なかなか意図が伝わらず苦労することの多い外国人入居者の入居手続きをサポートしてくれます。

その他にも、「駆付けサービス」では玄関鍵や水回り、ガラスの破損など物件のトラブル時の緊急対応を代行。「管理会社向けソリューション」では、入居者からの問い合わせに一次対応してくれます。

1-1.運営会社

プレミアライフの運営会社は、株式会社プレステージ・インターナショナル(東証一部上場)が100%出資している「株式会社プレミアライフ」です。

親会社が保険関連のサービスを提供していることもあり、保証業務のノウハウも持ち合わせています。また、東証一部上場企業のグループ企業という位置づけになるため経営基盤はしっかりとしており、信頼度は高いと言えるでしょう。

賃貸保証業界全体で見ると、プレミアライフは「独立系保証会社」と呼ばれるタイプに属しています。

保証会社には3つのレベルがあるとされていますが、その中でもっとも審査の難易度が低いのが独立系保証会社です。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

審査難易度の違い

  • 難しい:信販系保証会社 (クレジットカード会社のグループ企業など)
  • 普通:信用系保証会社 (全国賃貸保証業協会の加盟企業)
  • 易しい :独立系保証会社(どこにも属さずに独自で審査を行っている企業)

 

2.プレミアライフの審査時間と保証料

2.プレミアライフの審査時間と保証料

プレミアライフに限らず、保証会社に申し込む際に気になる点と言えば、審査時間や料金面ではないでしょうか。

申し込みから結果が出るまでの時間や、保証料について下記で解説します。

2-1.審査時間

プレミアライフの審査にかかる時間は、申し込みから1~3日となっています。

具体的には、審査に通過した場合は2~3日審査が否決された場合は1~2日で審査結果が通知されるのが一般的です。

ただし、本人確認の電話がつながらない場合は1週間ほどかかる場合もあります。

本人確認の電話は、身分証明書や収入証明書などの必要書類がすべて揃った後に、申込者と緊急連絡人にかかってきます。

本人確認が1週間以上取れない場合は管理会社側が申し込みを取り下げるケースも多いため、注意しておきたいポイントです。

2-2.保証料

プレミアライフの保証料は「月額賃料の50%+更新料1万円」が目安です。

保証料としては一般的な相場におさまる金額と言えるでしょう。

これらの費用は契約期間ごとにかかり、初回は賃貸契約を結ぶ際に一括で収めるのが一般的です。

契約期間はプランによって1~2年と幅はありますが、契約を更新するときには更新料がかります

なお、具体的な保証料については公表されておらず、属性や加入プランによって保証料や契約期間が変わる場合もあります。詳しくは、申し込み前に確認が必要です。

3.プレミアライフの審査基準・難易度

3.プレミアライフの審査基準・難易度

プレミアライフの審査基準は、それほど厳しくはありません。

以下に、プレミアライフの審査に通過しやすい人・通りにくい人の特徴を紹介します。

3-1.審査に通る人の特徴

基本的にプレミアライフでは、社会的な属性や収入などに問題がなければ審査に通ります

社会保険に加入している人であれば、ほぼ問題なく承認されると考えて良いでしょう。

そして、属性や収入の面で他社では通らないような人でも、比較的審査に通りやすいと言えます。

保険の種類が国民健康保険の場合でも、在籍証明書や源泉徴収票を提出すれば承認される可能性は高いでしょう。

無職の方や外国人の方でも、条件を満たせば審査の土台に乗ります。

無職の方が申し込む場合は保証人が必須です。保証人は、できれば血縁者が望ましいとされています。

また、外国人の方の場合は、ある程度日本語を話せて日系企業に勤めていれば承認される可能性が高くなります。外国人であっても承認されやすい数少ない賃貸保証会社の一つです。

3-2.審査に通らない人の特徴

プレミアライフの審査が易しいとは言え、犯罪歴がある人や反社会勢力に属している人は審査に通りません。

また、申し込み書類に虚偽事項を書いていることが判明した場合も、審査に落とされます。

これらは最低限の審査基準で、プレミアライフに限らず、どの保証会社でもほぼ同じです。

一度審査に落ちたら、同じ保証会社での再審査は基本的に行われません。虚偽記載での申し込みは本人確認の際に判明するので、必ず本当の情報を記載するように気をつける必要があります。

3-3.他の保証会社との審査基準の違い

プレミアライフの審査基準を他の保証会社と比べた場合、次の点が異なります

  • 過去の家賃延滞などが影響しにくい
  • 金融系の信用情報が参照されない
  • 収入額や国籍にも寛容

このような違いがあるのは、プレミアライフは独自の審査基準を持っている「独立系保証会社」だからです。

『全保連』や『ニッポンインシュア』などのLICC(全国賃貸保証業協会)に加盟している「信用系保証会社」では共有のデータベースを利用して審査を行っています。

そのため、過去に家賃滞納や更新料未納などのトラブルがあれば、審査に落ちる可能性が高いと言えるでしょう。

また、『ジャックス』や『エポスカード』といった「信販系保証会社」では、金融系の信用情報を共有しています。

過去にクレジットカードや公共料金の滞納、消費者金融での滞納などがあれば審査に落ちると考えて良いでしょう。

しかし、プレミアライフでは他社と審査データを共有していないため、過去に各種の支払いが滞ったことのある人も審査に通る可能性があるわけです。

3-3-1.独立系の中でも審査の難易度が低い

そのうえ、プレミアライフは独立系の中でも審査の難易度が低いと言われています。

同じ独立系保証会社であっても、特定の属性の人には審査が厳しい場合があります。

たとえば『宅建ブレインズ』は独立系の中でも審査が厳しいと言われていて、家賃額に対する収入額が低い人や外国人は承認率が低めです。

また、『ほっと保証』のようにカード会社と提携している独立系保証会社は信用情報を参照している可能性が高く、クレジットカードやローンの滞納歴があれば難しいと言えるでしょう。

その点、プレミアライフは収入額や国籍にも寛容で、信用情報も参照されないため、これらの保証会社と比べても比較的審査が易しいと言えます。

・・・宅建Jobエージェントに無料で相談する

4.プレミアライフは更新料が必要?

4.プレミアライフは更新料が必要?

多くの保証会社と同じように、プレミアライフでも更新料を支払う必要があります

更新時期が近づくと、プレミアライフから入居者に「継続保証料」の案内が届きます。

その案内どおり料金を納めると、契約を継続できる仕組みです。

5.「プレミアライフ」のまとめ

プレミアライフ賃貸保証の審査基準は?承認までの時間や料金なども解説【更新料は?】

プレミアライフは、数ある賃貸保証会社の中でもとくに審査基準の易しい会社です。

非正規社員の方や外国人の方、各種の支払いの滞納歴がある方も申し込みできます。

審査にかかる時間は短く保証料も一般的な相場におさまる金額です。運営会社は一部上場企業のグループ企業のため、経営基盤もしっかりとしています。

問い合わせ対応の代行サービスや、駆け付けサービスなどを付帯することもできるため、不動産業者側としても利用価値のある賃貸保証会社と言えるでしょう。

不動産業界への転職を考えている方へ

賃貸不動産の業界では物件を紹介するだけにとどまらず、保証会社の申し込みなど無事に入居ができるまでのお世話も仕事の範囲です。

ときには難しい仕事もあるかもしれませんが、お客さんが理想の物件に入居できるように応援する「やりがい」があります。

宅建jobは不動産業界に特化した転職エージェントのため、非公表の高待遇求人も取り扱っています。やりがいを感じられる企業の求人はもちろん、営業としてバリバリ稼げる企業の求人も紹介可能です。

しっかりとヒアリングしたうえで求人を紹介いたしますので、不動産業界未経験の方もお気軽にご相談ください。利用や登録は完全無料です!

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

出典:プレミアライフとは – 株式会社 プレミアライフ

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る