不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

賃貸不動産経営管理士とは?合格率、勉強時間・国家資格化についても解説

「賃貸不動産経営管理士」は、創設されて15年経たない新しい資格ですが年々重要度は増し、難度が上がっていると言われています。

「賃貸不動産経営管理士について知りたい」
「資格のニーズはどんなこと?」
「試験日程や受験の流れは?」
「どう試験対策したらいい
の?」

「ニーズが増し」「難化が進んでいる」といわれると、気になってしまいますよね?

ということで、「賃貸不動産経営管理士」の概要について見ていきましょう。取得を検討中の人も、試験準備をする人も、目が離せません!

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.賃貸不動産経営管理士とは?【国家資格になる予定】

1.賃貸不動産経営管理士とは?【国家資格になる予定】

賃貸不動産経営管理士「賃貸管理のプロ」の資格です。

賃貸管理とは広告宣伝・客付けの賃貸取引を除いた賃貸業務全般とでも言い換えたら、わかりやすいでしょうか。入居者とオーナーの間に立ち、高度な専門知識を用いて賃貸業務全般の遂行をサポートしていきます。

資格の成り立ちを簡単に言いますと「いままで宅建士が行っていた仕事が分化専門化され、今後さらに専業化すべく進んでいく」ものです。

人口減少する社会であらたな着工戸数は減り、築古の建物を維持管理していくような賃貸ニーズの増加に対応できる人材が求められてくることもあり、国を挙げてニーズ増を想定していることが伺われます。

※賃貸不動産経営管理士 公式紹介動画

賃貸管理業務に関して「賃貸住宅管理業者登録制度」が改正され、事務所につき1人の設置が義務付けられるなど、業務の役割が増えている点から、受験者数は3千人単位のハイペースで増加し、これまで5万人が取得しています。

賃貸不動産経営管理士のニーズ増は、大きく以下2つの背景によるものです。

1-1.賃貸住宅の適正管理不足

現状=老朽化した物件の増加、単身世帯の増加外国人居住者の賃貸物件使用、管理者不足・住民の高齢化した賃貸マンションなど、専門知識でサポートすべき状況の増加に、人材確保が追い付いていません。

1-2.サブリース問題への対応の必要性

コロナ禍前・オリンピックを控えたインバウンド需要が冷め、同時に民泊のサブリースに関して「賃料を下げられた」「近隣とうまく行かない」「設備が充分でない」などのクレームが増加しました。

これらは賃貸業務は素人同然の民泊オーナーと、賃貸・宿泊の境目があいまいな状況に不慣れな宅建士の双方が起こした状況と言えるでしょう。

※賃貸不動産経営管理士の国家資格化については、こちらの記事もご参照ください。

賃貸不動産経営管理士は国家資格にいつなる?ならない?変更後の影響も解説

1-3.役割

賃貸不動産経営管理士は法令上でも、担う役割が以下のように次々に増えてきています。

1-3-1.必置義務の新設

2016年に制度が見直され、賃貸管理会社・登録事業者は事務所ごとに1名以上の「賃貸不動産経営管理士」の配置をしなければならないこととなりました。(もしくは6年以上の賃貸管理実務経験者の設置)この賃貸管理実務というのは宅建士の有資格では満たされず、賃貸管理6年の実績が必要です。

この対象者は実務経験6年以上を持つマンション管理士や管理業務主任者、一部の宅建士も該当しますが、これらの人たちの絶対数や、配置されている職場などから考えて「必要な現場には足りない」となるのは必至です。

1-3-2.賃貸管理の独占業務

賃貸住宅管理業者登録制度が改正され、以下2つが、賃貸不動産経営管理士の業務に加わりました。

賃貸不動産経営管理士の業務追加①賃貸住宅管理に関する重要事項説明および重要事項説明書の記名・押印
②賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印

これは、今まで宅建士の独占業務であったものが、賃貸不動産経営管理士の専門事務にも加わった形です。

1-3-3.民泊新報での役割規定

また、宅宿泊事業法(民泊新法)でも、賃貸不動産経営管理士の役割が記載されるようになりました。

「住宅宿泊管理業者」として登録する際の要件(個人)賃貸不動産経営管理士
住宅の取引又は管理に関する2年以上の実務経験を有する者 等

※「住宅宿泊管理業者」としての業務は「宿泊者等への対応業務」「清掃・衛生業務」「住宅・設備管理及び安全確保業務」を指します。

※賃貸不動産経営管理士のニーズについては、こちらの記事も参考にしてください。

賃貸不動産経営管理士の求人は多い?少ない?資格手当の相場も解説

1-4.目指すメリット

ここまででもお分かりのように、時代背景から今後は宅建と同じくらい、不動産業界内で重要な資格になると言われているのですが、実は他にも、メリットとして重要な要素があります。

賃貸不動産経営管理士の業務のメインは賃貸物件の管理で、それだけでもかなり幅広い内容ではあります。

しかしその他に市場調査から賃貸用建物の企画提案ほか賃貸住宅の経営に関するサポートも重要な責務で、収益を生み出すためのアドバイス節税・相続に関する相談、不動産証券化業務も請け負うなど、さまざまなかたちで物件オーナーの経営をバックアップします。

これらの業務は法的知識だけでなく、高いマネジメントスキルも要求される分、素人に近いサラリーマン大家さんがどんどん増えている今日、求められる比重が高まってゆくのです。

2.賃貸不動産経営管理士の試験概要

2.賃貸不動産経営管理士の試験概要

賃貸不動産経営管理士試験は年一回行われ、例年の実施概要例は以下です(令和2年)

令和3年以降も新型コロナウイルスの感染予防策として、試験の日程変更や実施方法に影響が出る可能性がありますので、公式ホームページ等で最新情報に留意しましょう。

試験日時 年一回。令和2年は
11月15日(日)13:00 ~ 15:00(120分間)
試験会場 北海道、岩手、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、熊本、沖縄 (全国24地域)
受験料 13,200円[税込]
出題形式 四肢択一・50問(令和2年より10問増加)
(免除講習修了者(令和元年度及び令和2年度)は45問)
5問免除 「賃貸不動産経営管理士講習」の受講で試験の一部(5問)が免除(修了から2年間有効)

令和2年7月7日(火) ~ 令和2年9月18日(金) (予定)
全国47都道府県 ・104会場

問合せ先【賃貸不動産経営管理士講習お問い合わせセンター】

TEL : 0120-243-229(受付時間:平日10:00〜17:00)

受験要件 年齢、性別、学歴等に制約なし
資料請求・受験申込期間 令和2年 8月17日(月)~9月24日(木)
資料請求期間:9月18日(金)12:00まで
合格発表 令和3年1月8日(金)
試験出題範囲 賃貸管理に関する実用的な知識を有するかどうか等を判定することに基準を置く。

  1. 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
  2. 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
  3. 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
  4. 管理業務の受託に関する事項
  5. 借主の募集に関する事項
  6. 賃貸借契約に関する事項
  7. 管理実務に関する事項
  8. 建物・設備の知識に関する事項
  9. 賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)
賃貸不動産経営管理士登録 試験合格者は登録手続きを行うことで賃貸不動産経営管理士として認定
登録料 6,600円[税込]

3.賃貸不動産経営管理士試験の難易度【合格率の推移】

3.賃貸不動産経営管理士試験の難易度【合格率の推移】

3-1.難易度

直近の令和2年の試験結果は合格率36.8%、合格点は29点でした。過去7年にわたる試験の合格率の傾向を見てみましょう。

賃貸不動産経営管理士試験の結果
年度 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成25年度 3,946人 3,386人 85.8% 28点
平成26年度 4,188人 3,219人 76.9% 21点
平成27年度 4,908人 2,679人 54.6% 25点
平成28年度 13,149人 7,350人 55.9% 28点
平成29年度 16,624人 8,033人 48.3% 27点
平成30年度 18,488 9,379人 50.7% 29点
令和元年度 23,605人 8,698人 36.8% 29点

平成28年度から翌年に、受験者数は一気に2.6倍に増加、その後も3千人、2千人、5千人というペースで上り調子の一途をたどっています。

反面昨年・令和元年からは受験者数に比例した合格者数は出さず、かなり合格率が下がってきていますね。

試験については、「難しくなった」という声が様々な形で聞かれます。国家資格化に向け、更に難しくなってゆく可能性も高いと言われています。

※賃貸不動産経営管理士試験の難易度や難化については、こちらの記事もご参照ください。

賃貸不動産経営管理士試験の難易度・偏差値は?必要な勉強時間も解説

賃貸不動産経営管理士試験は難化している?理由・対策方法を解説

3-2.宅建との比較

試験の難易度で言えば、合格率15~17%の宅建の方が現状では難易度は高いのですが、今後は最終的に同じくらいの難易度ということになってゆく可能性もあります。

そう考えるなら「今はまだ受験チャンス」と見ることもできるでしょう。

試験内容は、実務経験がある場合は、賃貸不動産経営管理士の方が内容はとっつきやすいかも知れません(オーナーの経営サポート部分を除く)。

逆に実務経験がない場合、不動産の基礎を幅広く学べ、本で学んだ知識からでも対応できる宅建の方が簡単な部分もあるかと思います。

※基礎知識というよりも「実務」に近い出題が特徴の試験です

※宅建の実務経験者が賃貸不動産経営管理士試験問題を解いてみたら?

3-3.宅建とダブル取得

不動産業で働く場合、賃貸だけでなく売買取引にも通じている方が賃貸業務の幅が広がりますし、両方の業務ができる方がキャリア上有利なのは言うまでもありません。

宅建」・「賃管」両方の取得は非常に価値があります。

※宅建士とのダブル資格取得については、下記の記事もご覧ください。

賃貸不動産経営管理士と宅建士のダブル取得はできる?勉強時間の違い・メリット等を解説

4.賃貸不動産経営管理士試験に合格する勉強方法

4.賃貸不動産経営管理士試験に合格する勉強方法

勉強方法の基本は資格試験の例にもれず、基本テキストをしっかり読みこみ(インプット)過去問を何度も解き、間違う個所、曖昧な箇所をつぶしてゆく(アウトプット)のが良いです。

テキストは目的別で以下の2冊をご紹介します。

TACが独学者・初学者専用に開発したフルカラーテキスト。

短期間学習で合格水準の知識が身につく工夫多数。項目が細かく分かれ、スキマ時間でも学習しやすい。民法改正に完全対応、本試験50問化に向けて解説も対応しています。

賃貸不動産経営管理士の公式テキストです。すべての出題は「この本から出る」という基本のテキストで、5問免除講習にも使用されます。試験の設問数増加・難化に対応して、自分の関心のある分野やこれから重要度が高まりそう?と思う個所を深堀りしたり、時事系の問題での応用力をつけるなどに使用しましょう。

実務経験のない資格試験初学者は最初にはこれを使用せず、重点をまとめた分かりやすいテキストから学習に入りましょう。

4-1.勉強時間

試験合格までに必要とされる勉強時間は平均100~150時間くらいと言われています。

これは若さ=頭の柔らかさ、実務経験、資格試験受験経験、体調他でかなり個人差があり、これ以上の場合もあります。

自分に必要な勉強時間は模試を受けてみた成績などで判断修正してゆくと良いでしょう。

150時間必要として、勉強開始時期別に1日あたり必要な勉強時間に換算したのが以下の表です。

150時間・1日あたりの勉強時間
   1年間: 毎日25分
6ヶ月間: 毎日50分
3ヶ月間: 毎日1時間40分
1ヶ月間: 毎日5時間

※賃貸不動産経営管理士試験に必要な学習時間については、こちらの記事もご覧ください。

賃貸不動産経営管理士合格に必要な勉強時間は?1週間独学でも可能か解説!

4-2.過去問

過去問を解くのは試験勉強の王道です。基本的に過去問から外れた問題は出ません。過去問の出題から問題の形式、特性、ひっかけなどに慣れ、わからない、曖昧な部分を潰して基礎を確立します。

ただし、法改正の反映、時事の反映などからの出題傾向、出題数が50問に増えて増加する「見たことない」問題などは過去問にはない要素なので、模試や予想問題を積極的に活用して対応しましょう。

※賃貸不動産経営管理士試験の過去問学習については、こちらの記事もご参照ください。

賃貸不動産経営管理士の過去問おすすめを紹介!問題集との使い分けも解説

4-3.独学

現状の難易度であれば、独学での試験準備は可能です。

ただし、資格試験なれしている、実務経験があるなどの人に有利な試験なので、その個人差はあるでしょう。実務経験のない点を埋めるには、以下のやり方が有効です。

実務未経験の初学者はどれかひとつでも試す価値はあります。

実務を学ぶ方法

  • 不動産賃貸をめぐる時事問題に敏感になり、自分なりの意見を持つ。
  • 働いている人に聞いたり、書式を見せてもらったりする。
  • アルバイト等で実際に働いてみる。

※他の独学者の人の勉強法も参考にしましょう

※賃貸不動産経営管理士の独学合格については、こちらの記事もご参照ください。

賃貸不動産経営管理士は独学でも合格できる?テキストの使い方も解説

5.「賃貸不動産経営管理士」のまとめ

賃貸不動産経営管理士とは?合格率、勉強時間・国家資格化についても解説

以上、「賃貸不動産経営管理士」というテーマで解説をしました。資格や試験の概要、試験対策法などについて、理解をいただけたでしょうか?

世の中の背景からいって、重要視されてくるのは無理もないと言えますね?多少乱暴な言い方をすると「宅建士だけでは足りなくなってきた」ということでしょうか。

「難化して大変」とは言っても、難しい問題に向きあうのはすべての人が同じですから、あなただけが大変なわけではないわけです。それに今後さらに難化するかも知れない以上、今は「チャンス!」とも言えます。皆さんの健闘をお祈りします!

「賃貸不動産経営管理士」 本記事のポイント
  • 「賃貸不動産経営管理士」資格は近年ニーズが高まり、法令上の業務も増えている。
  • ニーズ増は賃貸住宅の適正管理不足・サブリース問題が背景にある。
  • 試験は難化傾向で、理由は国家資格化に備えるためと言われている。
  • 試験対策は「テキスト」「過去問」「公式テキスト」「5問免除」で!

賃貸不動産経営管理士に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 賃貸不動産経営管理士を取得して給料を上げたい!
  • 賃貸不動産経営管理士を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に賃貸不動産経営管理士がどれくらい役立つか分からない
  • 賃貸不動産経営管理士を優遇している会社はどの位あるの?
  • 賃貸不動産経営管理士がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

親身になって、
あなたの転職をサポートします!
キャリアアドバイザーへの
無料相談はこちらから!

無料で相談する

出典:賃貸住宅管理業者登録制度改正の概要(国土交通省)
出典:令和2年度 試験実施要領(賃貸不動産経営管理士・公式)

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る