不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

管理業務主任者の平均年収は?手当の相場も解説【マンション管理士と比較】

「管理業務主任者」「マンション管理士」ダブル受験されることの多い国家資格です。「宅建」と合わせたトリプルホルダーも少なくありません。

しかし、実際のところ「管理業務主任者」の年収がどの程度なのかという点は、意外と知られていないのではないでしょうか。

そこで今回は、管理業務主任者の平均年収を紹介するとともに、管理業務主任者が年収を上げるための4つの方法についても解説しました。管理業務主任者を目指したい人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

不動産業界で
転職をご検討の方へ!

はじめまして!
不動産業界専門の転職支援サービスを運営している
宅建Jobエージェントです

経験がなくても、資格がなくても大丈夫!
不動産業界で働きたいすべての方をご支援しています。

  1. 専任キャリアアドバイザーが徹底サポート
  2. スマホ1台で気軽に転職相談ができる
  3. 非公開求人含む1,000件以上の中から精査し提案
無料で相談する

1.管理業務主任者の平均年収は300~500万円

1.管理業務主任者の平均年収は300~500万円

管理業務主任者の平均年収は、300万円から500万円くらいです。平均的なサラリーマンと変わらないレベルだと言えるでしょう。

そもそも管理業務主任者独立起業のための資格ではありません。基本的には、マンション管理会社に雇われて活躍する「雇われ」の資格です。

ここでは「資格手当」の内容「マンション管理士の年収との比較」を見てみることにしましょう。

ポイント管理業務主任者平均的な年収は、300万円から500万円のレンジです。

1-1.資格手当てはある?相場は?

宅建業にとって「宅建士」必置資格であるように、「管理業務主任者」必置資格とされているのが「マンション管理会社」です。

委託を受けた管理組合の30組合につき、1人以上の管理業務主任者を社内で用意しなければなりません。

そのため、マンション管理会社の中には「管理業務主任者」資格の取得者に対して「資格手当」を支給する会社があります。

資格手当の相場は、約1~2万円です。マンション管理士が5,000~1万円なのを比べると、高いですね。

ポイント「管理業務主任者」資格は「宅建」資格と同じように、「独占業務」があり、かつ「必置資格」でもあるという共通点があります。

1-1-1.「資格手当あり」としている主な管理会社

たとえば、自社のウェブサイトの採用情報で「資格手当」と記載している主な管理会社は以下の記事にまとめられています。

Q:管理業務主任者資格で手当がもらえる会社はあるか? | マンション管理士・管理業務主任者資格取得Navi

しかし「資格手当あり」と書かれていても、その手当の対象が「管理業務主任者」資格であるかどうかは、きちんと確認する必要があります。

なぜならば「宅建」資格「マンション管理士」資格に対して支給するケースもありうるからです。

注意求人情報を見るときは「資格手当」の中身についても、しっかり確認するようにしましょう。詳細内容が募集要項に記載されていないケースもあります。

1-1-2.「資格手当」の内容は事前に確認を

たとえば、マンション・ビル管理やリフォーム等を手掛ける株式会社ユーホームの場合、「管理業務主任者、保険代理店資格、マンション管理士の全てを取得で30,000円」という規定になっています。

一方で「資格手当」を支給しているのは「マンション管理会社」だけに限りません。不動産ビジネスを手掛ける会社にとって「管理業務主任者」は有用な存在です。新たにマンション管理業への進出を検討している会社もあるでしょう。

もし転職希望先に「資格手当」の制度がある場合、必ずその内容詳細を確認するようにしましょう。「資格手当」制度が無いとしても、その他の評価で重用されるケースもあります。

ポイント「管理業務主任者」資格に対する「資格手当」の制度が無い会社でも、その他の手段で優遇している可能性もあります。

1-2.マンション管理士との比較

「管理業務主任者」ダブル受験されることが多いのが「マンション管理士」です。

マンション管理士の年収については、公式なデータがありません。しかし求人データなどを分析してみると、多くの場合は「500万円程度」になっているのが実態のようです。

管理業務主任者の平均年収は「300万円から500万円くらい」なので、平均的には管理業務主任者よりも高い数字だと言えるでしょう。

マンション管理士の年収に興味のある方は、ぜひ以下の記事も参照して下さい。副業として働くケースや、年収の高いマンション管理士になる方法も含めて紹介しています。

マンション管理士で年収1000万円は可能?平均や定年後についても解説

ポイント「マンション管理士」「管理業務主任者」も、「マンション管理を担う」という点が共通しています。「管理業務主任者」の合格を狙うなら、ぜひ「マンション管理士」試験のことも調べてみましょう。ダブルで受験して、同時に合格する人も少なくありません

2.管理業務主任者が年収を上げる方法

2.管理業務主任者が年収を上げる方法

管理業務主任者の年収「300万円から500万円くらい」というのが実態です。平均的なサラリーマンと変わらないレベルですが、「年収を上げる方法」が無いわけではありません

そこで今度は、管理業務主任者が年収を上げるための4つの方法を紹介します。

ポイント管理業務主任者は、今後の可能性を秘めた仕事です。その将来性にも注目しましょう。

2-1.サラリーマンとして実績を積む

1つ目の方法は「サラリーマンとして実績を積む」ということです。

先ほど紹介した「300万円から500万円くらい」という数字は、あくまでも「平均」に過ぎません

会社で着実に仕事をこなし、実績と信頼を得ることができれば、昇進の機会はきっと得られるはずです。キャリアを積むにつれて、年収も上がっていくことでしょう

そもそも「管理業務主任者」の資格は、2001年にスタートしたばかりの新しい資格です。「宅建」のように業界の歴史が積み重なれば、待遇制度も次第に充実していくことでしょう。

「資格手当」等の評価制度も含め、宅建のような「高年収が狙えるような環境」も、将来的にはあり得るかもしれません。

ポイント実績と信頼を重ねることができれば、きっと評価される時が来ます。

2-2.転職する

2つ目の方法は「転職」です。

さきほど「サラリーマンとして実績を積む」という方法を紹介しましたが、もし社内で昇進や昇給の機会が見込めそうもない場合、思い切って「転職する」というのも一つの方法です。

「管理業務主任者」年齢が高くても活躍できる仕事です。「年齢が高いから転職は難しいのでは?」とあきらめず、ぜひ求人情報を検索してみてください。

管理業務主任者には「独占業務」が与えられています。また冒頭で紹介したとおり、管理会社にとっては「必置資格」です。転職には有利な資格だと言えるでしょう。

「管理業務主任者」資格だけでなく、もし「マンション管理士」「宅建」の資格も所有していれば、なおさら有利な転職活動ができるはずです。

無料で相談する

ポイント転職するなら「マンション管理士」「宅建」も含め、ダブルライセンストリプルライセンスを狙うのもおすすめです。転職活動での差別化にもつながります。

2-3.資格を活かして副業する

3つ目の方法は「資格を活かした副業」です。

最近では、多くの会社で副業が解禁されるようになりました。「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、副業を支援するウェブサイトも増えています。

管理業務主任者の資格をもっていれば、資格学校で「管理業務主任者」の対策講座のセミナー講師を担当したり、教材作成や作問、試験の添削等の仕事が考えられます。

また「WEBライター」の案件も増えています。管理業務主任者の資格があれば、管理業務主任者に関する記事だけでなく、宅建マンション管理士もふくめ、幅広い不動産分野での執筆機会が得られることでしょう。

副業を通じて得られるものは「お金」だけではありません。副業による経験やスキルは、きっと本業にもプラスにつなげていけるはずです。また副業を通じて、より魅力的な転職先と出会える可能性も考えられます。

ポイント副業で得たスキルは本業だけでなく、転職をする際や独立をする際にもプラスになります。ただしサラリーマンとしての本業に差し障りがないように注意しましょう

2-4.独立開業をする

4つ目の方法は「独立開業」です。

ただし「管理業務主任者」として独立開業するのは、あまり一般的ではありません。基本的には、管理会社に属して仕事をするという資格だからです。

独立開業するなら、多くの場合は「自らで管理会社を立ち上げる」ということになります。順調に顧問契約が獲得できれば問題ありませんが、すぐに成功できるとは限りません

成功の可能性を上げるためには、他資格とのダブルライセンスやトリプルライセンスをはかって差別化をはかるのもおすすめです。

また「管理会社」としての業務だけでなく、「講師業」「執筆業」なども担えれば、より安定して収入を得られるようになります。

また「管理業務主任者」は、年齢が高くても活躍できる仕事です。高年収が狙えなかったとしても、自ら起業することで「定年後の仕事」とすることも可能です。この点については次項で詳しく紹介します。

注意「独立開業」も、年収を上げるための一つの方法です。ただし起業はリスクをともなうものでもあることに要注意です。

3.管理業務主任者は定年後の仕事としてもおすすめ【年収確保】

3.管理業務主任者は定年後の仕事としてもおすすめ【年収確保】

定年後の仕事としても「管理業務主任者」はおすすめの業種です。

一般的な仕事の場合、一定の年齢を過ぎると転職活動が不利になると言われています。しかし「管理業務主任者」の場合は、年齢が高めでも活躍できます

その理由は「管理業務主任者」には相応の人生経験や社会経験が求められるためです。

それなりの経験者であれば、50歳前後であっても年収400万円超の求人案件が狙えます

また、マンションやビルの管理では、住民のトラブルの仲介をしたり、マンション運営のアドバイスも求められます。一定の人生経験が求められるのは、そうした背景があるためです。

実際に「管理業務主任者」の入試傾向を見ると、シニア層の受験生も増えています。ダブル受験されることの多い「マンション管理」も取得できれば、さらに仕事を増やすチャンスにつながります。

管理業務主任者価値のある国家資格です。「定年後も思い切り仕事をしたい!」「定年後も年収を安定させたい」と考えるなら、管理業務主任者はおすすめの仕事です。

ポイント管理業務主任者の仕事は、定年後の活躍手段としてもおすすめです。詳細を知りたいなら、実際に活躍されている方々の事例を調べてみるのがおすすめです。

4.「管理業務主任者の年収」のまとめ

管理業務主任者の平均年収は?手当の相場も解説【マンション管理士と比較】

「管理業務主任者の年収」をテーマに解説してきました。

管理業務主任者の年収は、それほど高くありません。しかし歴史の浅い資格であり、今後の発展性が大いに期待される業界でもあります。

また高齢化社会を迎える中で、「高い年齢でも活躍できる」という点は大きな魅力ではないでしょうか。

年収を上げるための方法も解説しました。「管理業務主任者として活躍したい!」という人は、ぜひ今後に向けたヒントにしてみてください。

管理業務主任者に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 管理業務主任者資格を取得して給料を上げたい!
  • 管理業務主任者資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に管理業務主任者がどれくらい役立つか分からない
  • 管理業務主任者を優遇している会社はどの位あるの?
  • 管理業務主任者がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

これまで数々の転職を成功させてきた、専任のキャリアアドバイザーがあなた個別の状況に合わせて情報をお伝えいたします。

無料で相談する

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る