不動産業界に関わる資格取得を応援するWebマガジン

宅建は1週間で合格可能?ラスト1,2週間前にやるべき勉強とは?

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

どんな試験にも「一夜漬け」の成功エピソードは付き物ですね。宅地建物取引士試験=宅建試験も、近年は20万人以上が受験するわけですから、短期間勉強合格の逸話はあちらこちらにあります。

それを求める思いの源はほぼ「受験は申し込んだものの、ここまで何にもできてない!自信がない。」という立場からくるものでしょう。

ただ、どんな立場にせよ、「最後の1週間でどんなことをすれば?最後に奇跡を起こせる?パワーを集中できる?」というプラスイメージを作っておくはとてもよいことだと思います。

では、いったい最後の1週間で何をすればよいのでしょう?

この記事では、宅建の試験1週間前の勉強で合格できるのか?最後の1週間で何をすれば合格には有効なのかを解説します。

試験準備締めくくりの参考にして、一発合格目指してください!

この記事を読むと分かること
  1. 宅建は1週間の勉強で合格できる?
  2. 宅建試験の1週間前には何をすればいい?何をしたらダメ?
  3. 宅建合格に必要な勉強開始時期のめやすは?

1.宅建は1週間のみの勉強で合格できる?

結論を申し上げれば、「1週間だけの勉強では無理」ですね。

昨年、合格点ギリギリで落ちて、今年は1週間だけ勉強する!とかであればまだ無理ともいい切れないですが、1年も経って、その間その知識を使っていなければ普通は忘れるので、可能性は限りなく低いと言わざるを得ません。

最後の1週間だけ、睡眠3時間でひたすら勉強したとしても、寝不足では知識は脳に定着せず、効率の悪い記憶となります。おまけに、睡眠3時間で頑張っても、初学者が宅建合格に最低限必要な勉強時間・300時間の半分以下なのです。

いや、肉体的に不可能ですから(笑)

これが3週間、1ヶ月前であっても同様です。さして変わりはありません。

宅建の受験理由はキャリアアップ・転職ですか?それなら「宅建Jobエージェント」にお任せ!

1-1.短期間では難しい理由

その最大の理由は、宅建の合格対策は、「できる部分」「できない部分」を切り分け、できない部分をできるようにしていくことで得点力をあげてゆくのですが、広大な試験範囲をさらってそこまでたどり着くまでに、一か月でも足りないからです。

「宅建を1週間の勉強で合格した!」という記事もあるが、よく読むと実は6ヶ月前くらいから少しづつ勉強を始めていた、ですとか、他の法律系の勉強経験や実務経験など有利な条件を背景にしているというケースが多いのです。逆に言えば「何もなしで1週間で合格はしない」ということになります。

理由は後述しますが、普通の条件、普通の頭脳の持ち主であれば、最低でも3ヶ月程度は必要となると思われます。

1-2.まぐれは起きない?

4択のテストを50問受け、まぐれで35問を正解できる確率は、諸説ありますが数千分の1以下です。まぐれ合格に頼るのは基本的には受験料と時間の無駄だと割り切りましょう!

それともうひとつ。短期間の付け焼刃でまぐれのように合格しても、実務で知識を使うようになってから苦労します。

※短期間合格・直前対策に関しては、こちらもぜひご覧ください。

宅建は最短1ヶ月の独学で合格できる!?必要な勉強時間と過去問の使い方を解説!

ここまで1週間「だけ」では無理な理由を書きましたが、本記事タイトルの「宅建は最短1週間でも合格出来るってホント!?」の答えとしては、「その可能性は十分あり」です。今まで勉強してきながら自信のなかった人が、最後の1週間で変身することは在りうるからです。

2.宅建試験1週間前の勉強ポイント

では、今度は頭を切り替えて、最後までベストを尽くすために1週間前に何をすべきか、何をしてはいけないのか、考えてみましょう。

2-1.宅建試験1週間前 絶対にやるべき! OKなこと

最後の1週間は極力効率よく「1点でも多く拾う」ことに集中します。

過去問を解くことに集中する

今まで解いてきた過去問の大部分にさよならをする時期です。完全にメリハリをつけ、「できない問題」に集中して繰り返し解きます。

ただし「権利関係」と「法令上の制限」の建築基準法など理解を要する一部の範囲はこの時点で除きます。

狙う分野は、比較的得点につなげやすい、

・宅建業法
・特定住宅瑕疵担保責任履行法
・国土利用計画法
・農地法
・宅地造成等規制法

を狙って、苦手問題を潰しましょう。

法改正の中で重要度が高い問題をチェックする

令和2年の宅建試験のハイライトは何といっても民法大改正です。権利関係分野の民法、中でも債権法と相続部分の用語の変更、過去問の正答変更箇所など、意識して対策をしましょう。

法改正点の出題は主催者も得点力より理解度を問いたいので、問題はひねりが少なく得点しやすい傾向にあります。

この他、この時期までに模試や答練など、本番に近い環境でのリハーサルをやっていない人は、120分の制限時間で解いたことのない過去問や予想問題を使って本番のように問題を解き、時間配分、解く順番などの感覚をつかみましょう。

法改正2020の宅建試験への影響は?難しくなる?【出題ポイント・勉強方法を解説】

統計の数字など、直前の暗記でも効果が高いものを覚える

専門学校や通信教育の教材、市販テキストの付録にはよく「直前に覚える暗記項目集」的なものがありますね。

それらのフル活用を開始します。私の場合は何となく自分で書いたものの方が覚えられそうな気がしたので、「権利」「業法」「法令」「税他」など分野ごとに自己流の手書きの表を作り、机やトイレに貼って念仏のように唱えていました。

また、統計に関する問題や5問免除対象の設問=問45~問50は、覚えなくてはならない内容がわずかなうえ、必ず出るため、着工戸数などの数字は最後の1週間で落とさないように必ず暗記をします。(5問免除を受ける人はこの統計等は得点対象外です)

不安を捨て、気分を盛り上げる

最後の1週間から本番までに、これも重要な要素になります。アドレナリンに気合いや頭の働きを促させるプロセスです。メンタルは軽視できませんよ。

・自分は何のために宅建の資格が欲しいのか
・宅建に受かったら何がしたいか
・自分にどんなご褒美をあげるか
・支えてくれた周りの人への感謝の気持ち

これらをもう一度意識し思い出しましょう。「 Yes. I can! 」と自分に言い聞かせます。

気合が入れば、不安はその分小さくなります。

2-2.宅建試験1週間前 やってはいけない!NGなこと

この項目は必然、やるべきことの逆になります。

何度やっても間違える、理解できない問題に時間をかける

この時期に克服できていない苦手部分で、すぐ得点につながる目途のないものは捨てましょう。残り1週間で民法に時間をかける等の行為は、模試でコンスタントに43点以上取れる人でもない限り、NGです。

新しいテキストを買う

この時期に別の教材に浮気するのも全く意味がありません。新しいテキストのメリットを感じるまでに本番を迎えてしまう事でしょう。この時期は既に解いたことがあるものを何度も解き続けるのが正解です。記憶のパズルの空いたピースを埋めている状況ですから、その方が記憶の補完には効率がいいのです。

信頼性が薄いところから「こんな問題が出る!」と情報を取得したりする

毎年試験本番が近づくと、あらゆる機関や個人から出題予想が公開されます。

有名講師や大手の専門学校などは宅建への見識の深さや最新の傾向把握を誇るべく、威信をかけて予想を行いますが、SNSの匿名アカウントなど、信頼性が低く余計な不安を持つだけです。

そもそもこの時期にはもう予想には深入りせず、「1点でも多く拾う」に賭けるのが最善策です。

宅建の受験理由はキャリアアップ・転職ですか?それなら「宅建Jobエージェント」にお任せ!

3.最短合格を目指すのに必要な勉強時間【始める時期】

先にも書いたようにギリギリで3ヶ月、少し余裕を持つのであれば6ヶ月、じっくりやるなら1年は必要なつもりで取り組むのが良いでしょう。

この根拠は、一日あたり確保できる勉強時間に関係が深いです。

3ヶ月=180日 180日×毎日2.5時間=450時間となります。これが理想かつ合格のために現実的な時間配分だとして、既に仕事を持っていて、予備校通学の時間も確保しなければならない社会人の場合、1日2.5時間というのは確保が大変なはずです。

休日などにまとめて時間を取るなども厳しいとなれば、もう少し早くから始めなくては、となります。

ちなみに開始時期の月は、
3ヶ月前:7月 6ヶ月前:4月 1年前:10月

となります。受験申し込みの7月から本格的に勉強を始める場合、毎日2時間以上は勉強に費やすことを自分に課すように、時間を工夫しましょう!

>>宅建の受験理由はキャリアアップ・転職ですか?それなら「宅建Jobエージェント」にお任せ!

4.「宅建 1週間」のまとめ

宅建は1週間で合格可能?ラスト1,2週間前にやるべき勉強とは?

今回は「宅建 1週間」というテーマで解説をしました。試験本番前・最後の1週間にのぞむイメージはつかめたでしょうか?

「宅建 1週間」 本記事のポイント
  • 試験1週間前からの勉強で宅建合格は無理。
  • 宅建試験1週間前からは、1点でも多く拾うメリハリ勉強を!
  • 1日に割ける勉強時間を意識して、試験準備のスタートを切ろう。

宅建に合格してキャリアアップしたい方へ

もし、この記事を読んだあなたが

  • 宅建資格を取得して給料を上げたい!
  • 宅建資格を活かして転職をしたい!
  • だけど、実際に宅建がどれくらい役立つか分からない
  • 宅建を優遇している会社はどの位あるの?
  • 宅建がある無いで内定率はどれくらい違うの?

このような疑問をお持ちでしたら、ぜひ一度、宅建Jobエージェントへご相談ください

無料で相談する

キャリア相談に、費用は一切かかりません!

宅建Jobエージェントの登録はこちら

不動産業界で転職をご検討の方!
宅建Jobに相談してみませんか?

※経験や資格は問いません。

Step1 Step2 Step3 Step4

ご希望の働き方

OK

お住まいの地域

OK

生まれ年

OK

就業状況

OK

不動産業界の経験年数

OK

ご希望の転職時期

OK

ご希望の職種(複数選択可)

OK

お名前

OK

携帯電話番号

OK

メールアドレス

OK

プライバシーポリシー利用規約に同意の上、
ご登録をお願いいたします。

戻る
戻る
戻る

不動産業界専門のキャリアアドバイザーと\ 不動産業界専門のキャリアアドバイザーと/あなたが本当に求めていた
理想の働き方に出会おう。

あなたにあった求人を受け取る